過保護のカホコ叔父や叔母の親戚キャスト俳優&女優は誰?一覧で紹介

  • fodoctor
  • この記事を書いた人:Ryota

今最も旬な女優・高畑充希さんが民放連ドラ初主演を務めることで、すでに注目を集めている2017年夏の日本テレビ新水曜ドラマ『過保護のカホコ』。(日本テレビ:毎週水曜夜10時00分~)

大人気若手俳優・竹内涼真さんら母親役の黒木瞳さんや父親役の時任三郎さんなど、豪華キャストも集結しており、ますます盛り上がりを見せています!

こちらの記事では、そんなドラマ『過保護のカホコ』で主人公・カホコの祖父母や叔父・叔母など、親戚キャストをまとめてお伝えしていきたいとと思います!

スポンサーリンク

2017夏ドラマ『過保護のカホコ』親戚キャスト一覧

並木家(カホコの母・泉の実家)

初代 / 三田佳子

三田佳子(みた よしこ)さんは、1960年に第二東映へ入社し、同年の映画『殺られてたまるか』で女優デビューを果たしました。

1984年の映画『Wの悲劇』では、第9回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞するなど、様々な賞レースを席巻。

NHK大河ドラマでは『いのち』(1986)と『花の乱』(1994)で2度も主演を務める(女優としては唯一)など、日本を代表する名女優としてその名を轟かせていますね。

本作では、カホコの母・泉(黒木瞳)の母親(カホコの祖母)である初代を演じており、過保護の娘を生み出した大元であるだけに、注目ポイントになっていきそうです!

福士 / 西岡德馬

1970年に文学座に入団後、『極道の妻たち』シリーズなどで強面の役柄を数多く務めていた西岡德馬(にしおか とくま)さん。

最近では、バラエティ番組にも多数出演するなど、70歳を迎えた今も第一線で活躍されていますね。

そんな西岡さんが本作で演じるのは、カホコの母・泉(黒木瞳)の父である福士。(カホコの母方の祖父にあたる)

どうやら孫であるカホコを溺愛しているようで、そんな甘すぎるおじいちゃんを西岡さんがどう演じているのかに注目です!

環 / 中島ひろ子

1990年の映画『櫻の園』で第14回日本アカデミー新人俳優賞を受賞し、一気にその名を知られるようになった中島ひろ子(なかじま ひろこ)さん。

その後も映画『緑の街』(1997)やNHK連続テレビ小説『すずらん』(1999)などに出演。

最近では、TBS“日曜劇場”『半沢直樹』(2013)にて石丸幹二さんが演じた浅野匡の妻・利恵役を演じていました。

今回中島ひろ子さんは、黒木瞳さん演じるカホコの母・泉(長女)の妹(次女)・環役として登場します。(カホコの叔母)

一体どのような役回りを果たすことになるのでしょうか!?要注目です!

衛 / 佐藤二朗

1996年に演劇ユニット「ちからわざ」を旗揚げし、俳優としての活動を開始した佐藤二朗(さとう じろう)さんは、その後劇団「自転車キンクリート」に入団し、舞台役者として活躍。

超個性派俳優として堤幸彦作品ではもはやおなじみとなり、その他にも様々なジャンルの作品に脇役として常に存在感を発揮しています。

そんな佐藤二朗さんが本作で演じているのは、環(中島ひろ子)の夫である衛。(カホコの叔父にあたる)

予告を見てみると、どうやら交番のおまわりさんのようですので、どんな独特の演技を披露してくれるのか…期待が高まりますね!

節 / 西尾まり

1979年にNHK大河ドラマ『草燃える』で子役としてデビューした西尾まり(にしお まり)さん。

その後もTBSテレビドラマ『うちの子にかぎって…』(1985)や『パパはニュースキャスター』(1987)、『ケイゾク』(1999)などに出演し、人気を博しました。

今回西尾まりさんは、カホコの母・泉(黒木瞳)の妹(三女)・節役として登場します。(カホコの叔母)

三姉妹の中では末っ子となる節が、どのような役割を果たすことになるのか注目して見ていきましょう!

厚司 / 夙川アトム

2009年の「R-1ぐらんぷり」で決勝に進出するなど、お笑い芸人として活躍していた夙川アトム(しゅくがわ あとむ)さん。

しかし、2011年には芸人としての活動を休止。翌年から俳優として活動されています。

2012年には『13歳のハローワーク』でドラマ初出演。同年、『鍵のかかった部屋』や『リッチマン、プアウーマン』といった話題作にも出演を果たしました。

最近では、NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』(第9週~最終週)に出演し、印象的な演技を披露。スピンオフ作品の『恋する百貨店』ではドラマ初主演を務めており、俳優として高い評価を誇っていますね。

今回のドラマでは一体どのような演技を披露してくれるのか…要注目です!

根本家(カホコの父・正高の実家)

正興 / 平泉成

1966年に映画『酔いどれ博士』で俳優デビューを飾って以降、名バイプレイヤーとして様々な役柄を演じ分けてきた平泉成(ひらいずみ せい)さん。

最近でも、遊川和彦さんが脚本を手掛けた『家政婦のミタ』(2011)や、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』(2013)などに出演し、存在感を発揮していますね。

そんな平泉成さんが演じるのは、カホコの父・正高(時任三郎)の父親である正興。(カホコの父方の祖父)

優しいおじいちゃんも厳しい父親も、何でもこなすことの出来る平泉成さんの演技に注目です!

多枝 / 梅沢昌代

梅沢昌代(うめざわ まさよ)さんは、1974年に文学座の『ふるあめりかに袖はぬらさじ』で女優デビューを飾って以降、主に舞台を中心に活躍されています。

1994年の舞台『父と暮らせば』では第2回読売演劇大賞優秀女優賞を受賞しており、井上ひさしさんが脚本を手掛けた作品には欠かせない存在といえますね。

本作ではカホコの父・正高(時任三郎)の母である多枝(カホコの父方の祖母にあたる)を演じており、その演技に注目が集まっています。

教子 / 濱田マリ

元々は歌手として芸能界入りを果たしていた濱田マリ(はまだ まり)さんは、1990年代後半辺りから女優としての活動を開始。

以降、フジテレビドラマ『アンフェア』(2006)やNHK連続テレビ小説『カーネーション』(2011)、『マッサン』(2014)などの存在感を発揮してきました。

今回濱田マリさんは、カホコの父・正高(時任三郎)の妹・教子(カホコの叔母)を演じており、一体どのような役回りを果たすことになるのかに注目ですね!

スポンサーリンク

ドラマ『過保護のカホコ』見逃し動画を無料で見る方法は?

ドラマ『過保護のカホコ』は放送終了直後からHuluで見逃し動画配信がスタートします。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 奥様は、取り扱い注意
  • 先に生まれただけの僕
  • 今からあなたを脅迫します
  • 過保護のカホコ
  • 脳にスマホが埋められた!
  • ウチの夫は仕事ができない
  • 愛してたって、秘密はある。
  • わにとかげぎす

などが見放題となっています。

もちろん、無料トライアル期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

Huluで今すぐ視聴

※紹介している情報は2017年6月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

まとめ

黒木瞳さんや時任三郎さんを始め、上でご紹介させて頂いたベテラン実力派俳優の方々がガッチリと脇を固めており、コメディ路線でありながら重厚感すら漂っているドラマ『過保護のカホコ』。

今回が民放の連続ドラマ初主演を務めることになる高畑充希さんにとっても、彼らベテラン勢の存在は非常に心強いことでしょう!

注目のドラマ『過保護のカホコ』は、日本テレビにて2017年7月12日(水)夜10時00分よりスタートします。ぜひお見逃しなく!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA