過保護のカホコネタバレ感想をドラマ最終回まで!高畑充希の評価も

  • fodoctor
  • この記事を書いた人:Ryota

今最も旬な女優・高畑充希さんが、意外にも民放の連ドラ初主演を務めることになる痛快ホームドラマ『過保護のカホコ』。(日本テレビ:毎週水曜夜10時00分から放送開始予定)

こちらの記事ではドラマ『過保護のカホコ』のネタバレと感想を初回から最終回まで更新していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『過保護のカホコ』ネタバレ&感想更新中!

以下、ドラマ『過保護のカホコ』各話の感想とネタバレを抜粋してご紹介しています。

記事の続きは各話の詳細記事へのリンクをクリックしてご覧ください。

ドラマ『過保護のカホコ』第1話感想とネタバレ

根本カホコは大学4年生で父(時任三郎)・正高と母・泉(黒木瞳)の3人家族。

一人っ子で大切に大切に育てられてきた女の子です。

泉がいなければ洋服を選ぶこともできませんし、大学に行く時は泉が車で送迎してくれるので駅まで歩いたこともありません。

泉はとにかく加穂子(以下、カホコ)第一で全てのことに構ってあげないと気が済まないようです。

母が娘にべったりなので正高は家の中で疎外されていて、泉の過保護ぶりに何か言いたいことがあるようですが、カホコの笑顔を見ると何でも許してしまいます。

↓続きは以下のリンクからどうぞ↓

ドラマ『過保護のカホコ』第1話の感想とネタバレ詳細記事はこちら

ドラマ『過保護のカホコ』第2話感想とネタバレ

「人を幸せにするために働きたい」と宣言したカホコでしたが、泉は「だったら花嫁修業して専業主婦になればいいじゃない。家族を幸せにするのもとっても素敵な仕事よ」と言って就職することには賛成しません。

自分にしかできない仕事を探すため、カホコは父・正高(時任三郎)の職場に見学に行きたいと言います。
泉は了承しましたが自分も一緒に付いていくと言いました。

父の職場にやってきたカホコと泉は正高から保険の仕事について説明を受けますがあまり興味がある様子ではありません。

カホコは「パパは何でこの会社に入ったの?」と質問しますが、正高はうまく答えられません。

看護士をしている叔父の並木厚司(夙川アトム)、同じく叔父で警官の並木衛(佐藤二朗)の職場にも見学に行きますが、精神的にキツいことや労働条件の面でカホコには向いていないのではないかと言われます。

また叔母の教子(濱田マリ)からは資格でも取ったらいいと言われます。

↓続きは以下のリンクからどうぞ↓

ドラマ『過保護のカホコ』第2話の感想とネタバレ詳細記事はこちら

ドラマ『過保護のカホコ』第3話感想とネタバレ

手首の故障のためチェロのコンクールを断念したイト(久保田紗友)のお見舞いに訪れたカホコは、これまで見たことのないイトの言動を目の当たりにし、人には表と裏があると知って強いショックを受けます。

泉にも打ち明けられなかったこの出来事を麦野に話すと、彼は意外にも優しく慰めてくれました。

やがて泣き疲れて眠り込んだカホコを家まで送って行った麦野は、彼女のマンションの前で両親と鉢合わせしてしまいます。

泉は麦野にカホコとは住む世界が違うから二度と会わないで欲しいと一方的に告げます。

翌朝目覚めたカホコは泉からそのことを聞き、もう麦野とは会ってはいけない、カホコにはママが良い人を見つけてあげるからと言いますが、麦野のことを夢にまで見るようになったカホコは納得できないようです。

↓続きは以下のリンクからどうぞ↓

ドラマ『過保護のカホコ』第3話の感想とネタバレ詳細記事はこちら

ドラマ『過保護のカホコ』第4話感想とネタバレ

麦野と会うことを禁止された上、彼について偏見に満ちた悪口を言われたことでカホコは生まれて初めて母親に口答えをして家を飛び出しました。

固い絆で結ばれていた母娘の関係が少しずつ変わり始めていました。

翌朝、カホコはいつものように泉に服を選んでもらいますが、手にしていたのは母の好みのいつものカラフルなワンピースと、初めて自分で選んだシックな色のワンピース。

泉は当然前者を勧めます。しかしカホコが着たのは自分で選んだワンピースでした。

これは明らかな反抗ですね!

カホコと泉は直接口をきかず、父・正高(時任三郎)を通してしか会話をしません。

正高は冷戦状態の二人の間で板挟みになり、うろたえるばかりです。

↓続きは以下のリンクからどうぞ↓

ドラマ『過保護のカホコ』第4話の感想とネタバレ詳細記事はこちら

ドラマ『過保護のカホコ』第5話感想とネタバレ

正高(時任三郎)は自分が家の中で都合の良い時だけしか相手にされないことに不満を爆発させ家を出て行ってしまいます。

「俺はお前のスポンサーじゃない!」と叱責されたカホコは正高のことが心配になりますが、泉はパパが謝ってくるまで連絡する必要はないと言い切り、全く連絡しようとしません。

麦野から絵のモデルを頼まれたカホコは彼に正高のことを相談しますが、すぐに帰ってくるから放っておけ、と言います。

「今までぬくぬく守られてきたお前には分かんないんだよ。親に愛されて育つのがいかに幸せなことか」

麦野の父親は物心つく前に亡くなり、母親は別の男性とどこかで暮らしていると聞かされたカホコは動揺します。

正高は実家に身を寄せますが妹・教子(濱田マリ)からの風当たりは強く居心地の悪い思いをしていました。

次の日になっても正高は帰ってきません。

↓続きは以下のリンクからどうぞ↓

ドラマ『過保護のカホコ』第5話の感想とネタバレ詳細記事はこちら

ドラマ『過保護のカホコ』第6話感想とネタバレ

カホコが自分のことは何でも自分でやると宣言したことで泉が家出をしてしまい、根本家の朝ご飯はとてもお粗末なものになっていました。

泉を心配するカホコと正高の元へ泉の母・初代(三田佳子)から泉はうちにいると連絡が入ります。

事情を聞いた初代は、泉がもう自分は必要とされていないと思ったのではないかと話します。

そんなつもりはなかったのに…とショックを受けるカホコでしたが、脱過保護宣言をした以上は泉が戻って来るまで家事を頑張ろうと決意します。

しかし慣れないことばかりで家の中は大変なことになってしまいます…。

↓続きは以下のリンクからどうぞ↓

ドラマ『過保護のカホコ』第6話の感想とネタバレ詳細記事はこちら

ドラマ『過保護のカホコ』第7話感想とネタバレ

カホコは母親から自立するために朝は自分で起き、服も自分で選び、朝食も自分で作るようになります。

泉は手助けをしたい気持ちを押し殺して敢えて突き放した態度を取っています。

その日、初代から呼び出されたカホコは、初代が心筋症という病気でいつ死んでもおかしくない身体だということを打ち明けられます。

そして初代は入院や手術はしたくない、これまで通りの生活をしたいからこのことは誰にも言わないで欲しいと懇願します。

カホコは初には相談しますが、本当に泉たちに話さなくてもいいのかと悩みます。

そんな中、初代は恒例行事である従妹の糸(久保田紗友)の誕生日会をしようと言い出しますが、糸は腕の故障でチェロの夢が断たれてしまって以来、反抗的な態度を取るようになっていました。

↓続きは以下のリンクからどうぞ↓

ドラマ『過保護のカホコ』第7話の感想とネタバレ詳細記事はこちら

ドラマ『過保護のカホコ』第8話感想とネタバレ

初から「付き合うのやめよう」と言われてしまったカホコは夜も眠れないほど落ち込みますが、父・正高(時任三郎)の前では笑顔で振る舞います。

初代は糸の誕生日会の席で親戚一同に病気のことを打ち明け、心配した母・泉(黒木瞳)は実家に泊まっていました。

そこへカホコがやって来て、早く初代に孫の顔を見せたいので婚活を始めると超ハイテンションで宣言します。

正高はカホコが麦野と別れたと聞いて心配しますが、泉は携帯の連絡先などを消去するよう勧めます。

カホコは一瞬迷いますが、泉に携帯を渡し、全てデータを削除してもらいます。

一方初の元には糸が訪れ、カホコと別れたのなら自分と付き合おうと言い出します。

↓続きは以下のリンクからどうぞ↓

ドラマ『過保護のカホコ』第8話の感想とネタバレ詳細記事はこちら

ドラマ『過保護のカホコ』第9話感想とネタバレ

初代が倒れたと知らせを受けたカホコたちは病院へ向かいます。

しかし何でも自分勝手に進めようとする泉は治療方針を巡って環や節(西尾まり)と再び喧嘩になってしまいます。

カホコは泉に本気で反対するとはどういうことなのかと尋ねますが、「勘当よ」「どうしても初くんと結婚するなら親子の縁を切ってからにしてね」と言われてしまいます。

泉の本気さにカホコは大きなショックを受けます。

カホコは初に泉から結婚するなら勘当と言われたことを話し、これからどうしよう…と途方に暮れます。

初は初代に意識を取り戻した時に喜んでもらえるように家族の問題を二人で解決し、結婚も許してもらえるように頑張ろうと励まします。

↓続きは以下のリンクからどうぞ↓

ドラマ『過保護のカホコ』第9話の感想とネタバレ詳細記事はこちら

ドラマ『過保護のカホコ』第10話感想とネタバレ

カホコは初代を失った悲しみがなかなか癒えず、泉も看病疲れで体調を崩してしまいます。

しかしカホコはそんな泉に改めて初との結婚を認めてもらえるように頑張ると宣言します。

妻を亡くして落ち込んでいる祖父・福士(西岡德馬)を心配してカホコは家を訪ねますが、家の中は人気がありません。

電話を掛けると、「バアバに会いに行ってくる。そこにはバアバとの思い出がいっぱい詰まってるから。もう探さないでくれ」と言って切られてしまいます。

ジイジは死のうとしているのではないか?

嫌な予感がしたカホコは警官の衛(佐藤二朗)に協力を仰ぎ、そこへ環(中島ひろ子)や節(西尾まり)も駆け付けてきます。

カホコは福士が行きそうな場所に心当たりはないかと尋ねますが誰も思い当たりません。

↓続きは以下のリンクからどうぞ↓

ドラマ『過保護のカホコ』最終回(第10話)の感想とネタバレ詳細記事はこちら

ドラマ『過保護のカホコ』視聴率一覧はこちら

ドラマ『過保護のカホコ』見逃し動画を無料で見る方法は?

ドラマ『過保護のカホコ』は放送終了直後からHuluで見逃し動画配信がスタートします。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 過保護のカホコ
  • 脳にスマホが埋められた!
  • ウチの夫は仕事ができない
  • 愛してたって、秘密はある。
  • 孤食ロボット
  • わにとかげぎす

などが見放題となっています。

また、2017年夏ドラマで最も視聴者を釘付けにした作品『愛してたって、秘密はある。』の完結編『僕は誰だ?』も、もちろん無料で見られます!

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

Huluで過保護のカホコ全話を無料で見る

※紹介している情報は2017年9月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

2017年夏ドラマ『過保護のカホコ』はどんなドラマ?

ドラマ『過保護のカホコ』は原作なしのオリジナルストーリーで、脚本は遊川和彦さんが担当することが決定しています。

このドラマの大きなテーマは、“史上最高の箱入り娘は、家族の危機を救えるのか?”ということだそうで、主人公・カホコはあまりにも過保護すぎる親たちに育てられた箱入り娘。

そのカホコを高畑充希さんが演じることになる訳ですね。

そして、彼女の母・根本泉を黒木瞳さんが、父・正高を時任三郎さんがそれぞれキャスティングされています。

母親などの周囲の人間から溢れんばかりの寵愛を受けて成長した結果、“究極の箱入り娘”となってしまった女子大生の根本加穂子(カホコ)は、現在21歳。

そろそろ就職間際という年でした。

しかし、いつも車で送ってもらうなどで駅まで歩いたこともなく、ましてやアルバイト経験も皆無であるカホコが果たしてこの厳しい社会でやっていけるのか…?!

当然彼女には何もできず、出会った青年からはこう言われてしまいます。

お前みたいな過保護が日本をダメにするんだ

こうしてカホコは、自分がいかに温室育ちであったかに気付かされ、これまでに知りえなかった“自分自身”というものを探っていくことになるのです。

カホコが「自分探し」をしていく内に、次第に彼女の能力が開花し始め、家族に巻き起こる様々な危機に立ち向かっていく、そんなドラマになるようですね!

プロデューサーを務める大平太さんは、この作品を企画するにあたって…

「高畑さんが出演してくれなかったら、この企画はやめてたと思う。実際にお会いして、『彼女なら、素敵な加穂子を演じられる!』と確信した。一刻も早く視聴者の方に高畑さんが演じる『僕らの愛する娘』を見てほしい」

…と、語っておられます。高畑充希さんという存在がいかに大きなものであったかが窺い知れますね。

果たして、彼女でなければ務まらないカホコというキャラクターを一体どのように表現して見せてくれるのか…非常に楽しみです!

スポンサーリンク

2017年夏ドラマ『過保護のカホコ』の期待度や感想は?

ドラマ放送開始後は各話の感想やネタバレをご紹介していきますが、放送開始前なのでTwitterでの期待度や感想・反応をご紹介していきます!

まずはこちらのツイートからご紹介致します。

ウエディングドレス姿が披露された高畑充希さんの可愛さらしさには、みなさんヤラレているようで…(笑)

コチラの方も…

…こんな感じでメロメロになってしまってますね~(笑)

高畑さんの笑顔にはいつも癒されますね!

さて、お次はこちら。脚本を遊川和彦さんが担当するということも、このドラマの注目ポイントですよね。

果たして、今回はどんなヒットメーカーぶりを発揮してくれるのでしょうか?!

期待が高まっています!

最後にこちらをご紹介致します。この「一人の青年」のキャストはまだ発表されておらず、ファンの方々もかなり気になっているようですね。

間違っても人気優先でのキャスティングは控えて欲しいとは思いますが…

とにかく発表を待ちたいと思います!

まとめ

意外にも今回が民放の連続ドラマ初主演となる高畑充希さん。

まだ25歳ながらコメディからシリアスまで演じ分けられる素晴らしい才能の持ち主ですよね。

2017年にはアニメーション映画『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』(声優)や、舞台『エレクトラ』でも主演を務めるなど、その活躍の場も多岐に渡っており、その評価はうなぎのぼりといったところでしょうか!

当サイトでは2017夏ドラマ『過保護のカホコ』放送開始後にネタバレや感想などを全話更新していきますので、是非ご覧ください!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA