過保護のカホコ5話の見逃し動画を無料で見る方法!感想とあらすじも

  • この記事を書いた人:DRAMAP編集部

2017年8月9日(水)22時00分より放送のドラマ『過保護のカホコ』第5話の見逃し動画を無料で視聴する方法や、あらすじ&感想をご紹介!

放送前は『過保護のカホコ』第5話の期待度や気になる見どころ、放送後は感想や評価を順次アップしていきます。

リアルタイムでの放送を見逃してしまった場合のお得な無料視聴方法もご紹介していますので、ドラマ『過保護のカホコ』視聴にお役立てください!

なお、こちらの記事はDRAMAP読者さん参加型のユーザーボイス記事となります。

スポンサーリンク

2017年夏ドラマ『過保護のカホコ』第5話のあらすじ

2017年8月9日(水)22時00分より放送のドラマ『過保護のカホコ』第5話のあらすじをご紹介していきます。

カホコ(高畑充希)と泉(黒木瞳)が都合のいい時にだけ自分を頼り、スポンサーとしか思っていないことにキレた正高(時任三郎)は家を飛び出す。心配するカホコをよそに泉は「反省するのは正高の方だ」と主張し、正高に連絡することを禁じる。一方、実家に身を寄せた正高は、出戻りの妹・教子(濱田マリ)から煙たがられ、生気の無い両親のもとで居心地の悪さを感じるが、妻と娘の方から謝ってくるだろうと意地を張っていて…。

初(竹内涼真)から絵のモデルを頼まれたカホコは、親に甘えるのをやめて将来のことを考えるいい機会なのではと助言される。社会経験を積むためにアルバイトとインターンを探し始めたものの、当然のようについてきた泉が勝手に職場を決めてしまうばかりか、失敗ばかりするカホコを見ていられず、仕事でも手助けしてしまう…。

そんな中、親戚の間でもトラブルが続発!衛(佐藤二朗)との今の幸せが壊れることに不安を感じる環(中島ひろ子)は喘息で病院に運ばれ、チェロが弾けなくなり非行に走ったイト(久保田紗友)は警察に補導される。再び初に相談したカホコは、初が自分を捨てた母親に今でもただならぬ思いを抱いていることを知る。問題だらけの親戚のため、そして家族のいない初のために何かできることがないかと考えるカホコに成長を感じた祖母の初代(三田佳子)は、カホコを信じて子離れするよう泉に助言をするが…。

同じ頃、カホコからの連絡に待ちくたびれ、途方に暮れた正高の元にカホコが現れる。喜ぶ正高だが、カホコは家に帰ってきてほしいと言い残し、全速力で姿を消してしまうのだった…。

カホコはもう一人、自分が救いたい初の元へ向かっていた…。

公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2017年夏ドラマ『過保護のカホコ』第5話 放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『過保護のカホコ』第5話の展開予想や見どころをご紹介いたします。

れれたん
カホコは酔った勢いで麦野の元に向かいました。

麦野の絵を見て正直な感想をぶつけます。

麦野はカホコほど正直に自分の絵を評価してくれる人に出会ってきませんでした。

これから麦野の絵や絵の方向性が変わっていきそうな予感がします。

カホコと出会って麦野がどんな風に今後変化していくのかが、みどころです。

残念ながらカホコは麦野には振られてしまいましたが、これから二人の関係が進展していくのかも気になります。

過保護はタイプじゃないと言われましたが、カホコがこれからシッカリとしてくれば、麦野との恋愛の可能性も出てくるのかな?とちょっと期待しています。

ペンネーム:れれたん(30代・女性)

あり
麦野くんと気まずい関係から友達に戻って、次は麦野くんがカホコの良いところに気が付いて異性として見ていく展開になれば良いなぁと密かに思いながら4話も楽しみに観たいです。

お父さんとお母さんの関係がギクシャクしそうで、そこでカホコが悩みそうな予感がしますが、自分の力ではどうする事も出来ず葛藤する雰囲気があり、次の話も観るのが楽しみです。

私も昔から親に過保護に育てられてきたので、カホコのもどかしい気持ちが少し分かるなぁと思いながら毎回観ています。

失恋も学生時代の時を思い出して懐かしく感じたり、母と喧嘩した事を思い出したり、カホコと微妙な感情も重ねて観て楽しんでいます。

これからの展開も楽しみにしています。

ペンネーム:あり(30代・女性)

M&R
一番楽しみなところは、やはりカホコと麦野くんのこれからの関係性です。

イトちゃんも出てきて、恋のライバルができそうな予感がします。

また、絵を通じてお互いが気付く気持ちがあると思います。

そして、怒って家を飛び出したパパですが、どうやって家族と仲直りするのか気になるところです。

今まで何もパパの気持ちに気付かなかったカホコが、ママのためにもまた家族が一致団結できるように頑張るんだと思います。

しかし、一人では上手くいかず麦野くんの手助けのもと、不甲斐なさを感じながらもいつものカホコらしく解決していくと思います。

ペンネーム:M&R(30代・女性)

やすく
今後、カホコと糸がライバルとして麦野くんを取り合う(?)のかなと思います。

麦野くんは糸ちゃんの方が好みだけど、カホコのことも放っておけない。麦野くんはカホコに恋はしていないけど、妹のように感じていて家族愛のようなものがあると思うので、それ+恋愛感情が生まれればうまくいくだろうけれど、そこをどう描いていくのかがポイントだと思います。

そしてお父さんが家族の中で居場所を見つけられるのかもとても気になります!

ちょっと頼りないお父さん、お母さんに軽んじられっぱなしで、次回予告でも向こうから謝らせようとしてたけれど、そこでカホコが頑張るのかなと思います。

お父さんが情けないけどちょっと可哀想に毎回感じてたので、報われて欲しいです。

あと、借金を作っちゃったお父さんの妹はどうなるのかも気になります。

ペンネーム:やすく(30代・女性)

こぶた
次回は父の正高とのことを含め、家族関係がメインになるのでしょうか。4話でも、泉がいない実家で、加穂子がきっかけとなって会話が始められるシーンがありました。

だんだん受け身だけではなくなってきている加穂子なら問題解決ができると思います。

もともとお互いに対する愛情は充分すぎるほどあるのですから、加穂子が中心になって、家族が一つにまとまってくれたらと思います。

加穂子と麦野の関係は、今まで一方的に加穂子が頼っていた感じでしたが、少し対等な関係になってきたふたりのこれからがとても楽しみです。

その二人に、糸がライバルとして関わってくると面白い展開になると思います。

ペンネーム:こぶた(40代・女性)

スポンサーリンク

2017年夏ドラマ『過保護のカホコ』第5話 放送後の感想や評価まとめ

ターナー

『過保護のカホコ』第5話のストーリー解説

麦野初(竹内涼真)はカホコ(高畑充希)との話の中で家庭になにかしらあったことや高校生まで施設で育ったことを打ち明けていました。それを聞いて力になりたいとも思うカホコでしたが、自分に出きることはなんなのかを考え込みます。

自分に出来ること、みんなが仲良く笑っていれることはなにかと家族・親戚も関わってきてカホコが悩み抜く第5話でした。

過保護にされている事を少しずつ気づき始めたカホコ。考え込むカホコに、初からも自立を勧められ過保護から自立を意識し始めました。おばあちゃん(三田佳子)に教えてもらって自分で作った初めてのおにぎりを初に食べてもらおうと届けにいきます。

その中身がおにぎりとわかると初は、食べないと言い、その理由も素直に話してくれます。

お金がなかった母にかってもらい大事にしていた赤色絵の具。

その絵の具を買ってもらっていた記憶と、ごめんねと最後の置き手紙に添えてあったのはおにぎりでした。

なのでおにぎりが食べれなかったようです。

大事にとってあった赤色の絵の具を川に投げ捨てた初でしたが、それを必死で探すカホコに惚れたのでした。

『過保護のカホコ』第5話の感想

前話までは、どんなドラマなのだろう、面白いのか魅力はなんなのか、と私自身興味はなかったのですが、第5話を見てからは、もうこのドラマに惹き付けられました。

高畑充希さんのカホコへの自然な感じの演技力を見ているとさすがだなと感じました。

竹内涼真さんもストレートな役回りで二人が上手く恋愛関係に進んでいくともっともっと視聴者として楽しんでみれるなぁと思いました。おばあちゃん役の三田佳子さんが言うセリフのなかで、(愛するより信じる方が難しいんだから)の一言が、過保護のカホコちゃんへのドーーンと心に残る印象的なシーンでした。

ペンネーム:ターナー(30代・女性)

こと

『過保護のカホコ』第5話のストーリー解説

お父さんが出て行ってしまったが、お母さんもお父さんもお互いに意地の張り合いで自分から謝ろうとしなかったが、かほこのおかげでお父さんも戻ってきました。

また麦野くんの家庭環境や過去の出来事少しずつかほこに打ち明けるなか2人が相思相愛になってきて、麦野くんもかほこが必要な存在になり想いをよせていっていて、順調になりつつあるなか、川でビショビショになったかほこを麦野くんが家まで送り届けるとお母さんにもう会わないでくれと言われたが、麦野くんは真剣な眼差しでかほことの交際を考えている事を告白!

かほこも自分のことは自分ですると宣言すると今度はお母さんが出て行ってしまった。

一難去ってまた一難。

『過保護のカホコ』第5話の感想

過保護のかほこは個人的に自分に一致することが多いなと感じることが多いドラマです。

今回も夫婦喧嘩でお互いに意地を張り合って、向こうが謝ってくるから大丈夫だと思っていたり、こんな家庭よくありそうだなと思いました。

また、いとちゃん家でも、チェロが弾けなくなって反抗期に入ってしまったいとちゃんにもすごく共感しました。誰もが通る道なのかなと思います。

お父さんも帰ってきて一安心でしたが、次はお母さんが出て行ってしまい、一難去ってまた一難でひやひやしながら観ていました。

ただ今回で麦野くんがかほこへの想いに気付き始めていて交際を考えているの言葉にきゅんときました!”

ペンネーム:こと(30代・女性)

れれたん

『過保護のカホコ』第5話のストーリー解説

父親の反乱に伴い、母親とカホコの二人きりの生活になります。

父親は反旗をひるがえして実家に戻ってしまいます。

母親とカホコの二人きりの生活になると、二人のズレた生き方を誰も止めたりする人がいなくなります。

だから日々の生活が大変です。

どこにいくにも、どういう行動をするにも母親がついてくる始末です。

これではカホコの自立とはほど遠くなってしまいます。

これからカホコはどこに向かっていってしまうのか気になりました。

家族平和がなくなった今、カホコがとても心配です。

父親の問題だけではなくて、カホコは様々な問題に直面し悩んでいきます。

その姿が印象に残りました。

『過保護のカホコ』第5話の感想

カホコは母親と二人きりになり、また世間ズレしたトンチンカンな日常を送ります。

気弱な父親でしたが、母子二人になるよりはマシでした。

まともな考えの人が家庭からいなくなり、二人の行動は暴走し始めます。

どこに行くにも母親がついてくるし、母親の監視の目が厳しいです。

そんな中、カホコはアルバイトをし始めます。

アルバイト中さえ母親が監視しています。

やっと自立していくのかな、とカホコを応援していましたが結局まだカホコは変わってないんだなと感じました。

カホコはこれから両親から離れて、自立の道を歩んでいくのか気になります。

ペンネーム:れれたん(30代・女性)

たみ

『過保護のカホコ』第5話のストーリー解説

お父さんがカホコやお母さんに不満を言って家出をしてしまってからの内容です。

カホコの成長が見られるストーリーになっていました。

カホコの周りにたくさん問題が起こる回でした。

まずは、お父さんが家出をして帰って来ないこと。糸ちゃんが警察に補導されてしまい、迎えに来た両親に向けて酷いことを言ってしまうこと。

ムギノくんに過去のことをたくさん訪ねてしまい、ムギノくんと少し距離ができてしまいます。

これらの問題を乗り越える姿に成長を感じられました。ムギノくんがカホコに少しずつ好意を抱いてる様子でした。

最後にはカホコの両親に交際宣言をしました。

『過保護のカホコ』第5話の感想

お父さんの家出、糸ちゃんの補導からの喧嘩、ムギノくんの過去。様々なことが起こる回でした。

ムギノくんがいつも大切にしていたあの赤い絵の具に隠された過去がわかり、カホコも黙っていられないようでした。

なにかしたいのにできない!と泣くカホコちゃん、成長したなと思いました。親離れをしようとさまざまなことに挑戦してるカホコちゃんのこと心の中で応援していました。

脱!過保護!と葛藤するカホコちゃん、とても可愛らしいかったです。

ムギノくんとこれからいい感じになりそうで、これからの展開がとても楽しみです。付き合うのかも気になります。

ペンネーム:たみ(10代・女性)

ドラマ『過保護のカホコ』見逃し動画を無料で見る方法は?

ドラマ『過保護のカホコ』は放送終了直後からHuluで見逃し動画配信がスタートします。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 奥様は、取り扱い注意
  • 先に生まれただけの僕
  • 今からあなたを脅迫します
  • 過保護のカホコ
  • 脳にスマホが埋められた!
  • ウチの夫は仕事ができない
  • 愛してたって、秘密はある。
  • わにとかげぎす

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

Hulu 今なら2週間無料トライアル実施中

※紹介している情報は2017年7月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

まとめ

2017年夏ドラマ『過保護のカホコ』第5話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。

6話以降も各話の情報を随時アップしていきますので、引き続きチェックのほど、よろしくお願いいたします!

ドラマ『過保護のカホコ』第4話(前回)のあらすじや感想はこちら

ドラマ『過保護のカホコ』第6話(次回)のあらすじや感想はこちら

ドラマ『過保護のカホコ』視聴率一覧はこちら

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA