過保護のカホコ1話ネタバレ感想。天然すぎる高畑充希の演技評価は?

  • この記事を書いた人:波波

日テレ水曜ドラマで2017年7月12日よりスタートした『過保護のカホコ』は高畑充希さん演じる箱入り娘・カホコが世間の荒波の中に飛び込み、やがて巻き起こる家族の様々な問題に立ち向かっていくというホームドラマです。

高畑充希さんと言えば『とと姉ちゃん』がまだ記憶に新しいのですが、今回は社会でバリバリ働き一家を支える女性とは正反対のようですね。

脚本は『家政婦のミタ』や『偽装の夫婦』の遊川和彦さん。

最近は原作のあるドラマが多いですが、今回はキャストも先の話の展開が読めないといいます。

毎週先が楽しみなドラマになるといいですね!

それではドラマ『過保護のカホコ』第1話の感想をネタバレありで紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『過保護のカホコ』第1話感想!(ネタバレあり)

根本カホコは大学4年生で父(時任三郎)・正高と母・泉(黒木瞳)の3人家族。

一人っ子で大切に大切に育てられてきた女の子です。

泉がいなければ洋服を選ぶこともできませんし、大学に行く時は泉が車で送迎してくれるので駅まで歩いたこともありません。

泉はとにかく加穂子(以下、カホコ)第一で全てのことに構ってあげないと気が済まないようです。

母が娘にべったりなので正高は家の中で疎外されていて、泉の過保護ぶりに何か言いたいことがあるようですが、カホコの笑顔を見ると何でも許してしまいます。

これは想像をはるかに超える箱入りぶりですね!

毎晩母親と一緒に、父の買ってきたスイーツを食べながら自分の幼い頃のビデオを観るとか…(絶句)

最初から唖然とするほどの過保護ぶりでドン引きしました(苦笑)

しかも自分のことは“カホコ”と呼び、ふわふわと地上から何センチか浮いているような喋り方…開始1分でもう今までのイメージを覆してくれました。

しかしカホコの就職活動は難航し、20社以上落ち続けています。

そんなある日、カホコは大学で麦野初(竹内涼真)という美術科の男子学生と知り合います。

大学への送り迎えはママがしてくれる、お弁当はママの手作り(豪華三段弁当)、次に受ける就職試験の会場もママが手書きで地図を書いてくれる。

そんなカホコを見て初は「お前みたいな過保護がいるから日本がダメになるんだよ!」と言い放ちます。

カホコはただただビックリするばかりで何も言い返せません。

ある日カホコの誕生日パーティが泉の実家で行われます。

そこには泉の父・並木福士(西岡德馬)、母・並木初代(三田佳子)を始め、泉の妹たちやその夫も勢ぞろいでした。

泉の下の妹の並木節(西尾まり)は娘の糸(久保田紗友)にカホコの誕生日プレゼントにとチェロの演奏をさせます。

糸のチェロの腕前はプロを目指すほどのもので、泉は娘の才能を誇る節の様子が面白くありません。

何としてもカホコの就職を決めなければと、泉は正高に取引先の会社に頼み込むように念押しをします。

翌日再び大学でカホコに会った初は、カホコが父親のコネで就職しようとしていることを聞き、「お前は何のために働くのか?」と問いかけます。

ところが頼みの綱だった正高の取引先からも内定見送りの返事が来てしまいました。

泉はこうなったらもう就職はしなくてもいい、花嫁修業をすればいいと言い出します。

一方初は絵の道で有名になることを夢見ていましたが、担当の教師から夢を諦めて就職するよう勧められ、自暴自棄になります。

カホコが就職活動を止めて花嫁修業をすると聞いた初は激しく憤ります。

「親から自立する気があるのか?」「要するにお前はずっと子供のままでいたいんだよ。一生竜宮城にいて、社会に出て働くのが怖いんだよ。違うか?」

そう問いかけられたカホコは、どうして働くのか分らないので教えて欲しいと逆に初に問い返します。

初はそんなカホコに良いバイトがあると仕事を紹介します。

初はカホコに段ボールいっぱいのティッシュ配りをするよう命じ、終わるまで帰れないと言い残して去っていきました。

しかも自分はピザの配達の途中でちょくちょくカホコを見に来ては指導するふりをしてピザの配達まで替わりにさせてしまいます。

しかしカホコは不慣れなティッシュ配りもピザの配達も全力で取り組みます。

最初は遊び半分で自分の仕事を押し付けていただけの初でしたが、その真剣な姿を見て一緒にティッシュ配りを手伝います。

一方泉はなかなか帰ってこない娘を心配して四方八方に連絡をして回ります。

正高はそんな泉にカホコに過保護にしすぎてはないか?と言いますが、泉は

「私はあの子に挫折を味わわせたくない、何が起きるか分らない世の中でどんな危険からも守りたいの」と反論します。

泉の迫力押されながらも、このままではいつまでたってもカホコが母親を頼って生きてしまうことになる、カホコならきっと大丈夫と信じて独り立ちさせてやるのも親の勤めなのではないか?と正高は諭します。

しかし泉は「結局あなたは私の気持ちなんて分らない」と泣きだしてしまいました。

ティッシュを全て配り終えたカホコは空腹で倒れ込んでしまいました。

初に連れて行かれたファミレスで、カホコはご飯が今までよりも美味しいことに気付きます。

それは労働の後だからだと初は言います。

満腹になるとすぐに眠ってしまうという癖を持つカホコはそのまま眠ってしまいます。

その寝顔をスケッチする初。

そのままファミレスで夜を明かしたカホコは翌朝、テーブルに置かれていたスケッチブックの絵を見て見て驚きます。

「私…こんなの初めて!」

そして感動のあまり、初に絶対画家になるべきだ!何があっても絶対絵をやめないで!応援する!とまくしたてます。

自宅に戻ったカホコは泉に何のために働くのか分ったと言います。

「カホコは人を幸せにするために働きたい」

目をキラキラさせてそう言ったカホコは今までよりも確かに大人になっているように見えました。

ここで1話終了。

まず超過保護な家庭環境もそうですが、カホコのなかなか強烈なキャラクターにビックリしてしまいましたね。

カホコは本当にふわふわしていて、思っていることも表情だけでなかなか口にできないところが少しイラッとしてしまいましたが、何か一つのことに取り組む姿勢はとことん真剣で、思い込んだら一直線なところが純粋で何だかいいなぁと思いました。

初くんはエネルギッシュで、いつも何かに見えないものに対して怒っているようです。

両親はなく、大学も奨学金で通っている苦労人なのですね。少しズル賢いところもありますが、憎めない可愛いキャラです。

真逆の二人が知り合ったことで何だか物凄い化学変化が起こってしまったようです。

ドラマ『過保護のカホコ』第2話(次回)感想とネタバレはこちら

ドラマ『過保護のカホコ』視聴率一覧はこちら

スポンサーリンク

ドラマ『過保護のカホコ』第1話ネットの反応や感想は?

私も一人っ子なもので…正直笑えない部分もありましたね(苦笑)

自分も当てはまるとツイートしていた方も結構いらっしゃいました。

表情や喋り方がかなり独特で見事に不思議ちゃんになりきっていましたよね。

私は特に目の動きがすごいなぁと思って見ていました。

でも好き嫌いは分かれるかもしれません…。

右の写真は最近のドコモのCMでの「ブルゾンみつき」ですかね…ものすごいギャップ!

この振り幅を演じられる高畑さんやっぱりすごいですね。

正高パパが登場人物を全員動物に例えるのが可愛かったですよね。

パパは気が弱くてあまりママに強く言えませんが本質は分かっているので、ママとカホコの戦いが大変になりそうですね。

「どうして働くのか」ということを知りたくて一生懸命手伝う(というか、手伝わされた)カホコの姿は本当にピュアでしたね。

途中までカホコのキャラクターに引いていたのに、私もいつも間にか彼女やドラマに惹き込まれていました。

ドラマ『過保護のカホコ』見逃し動画を無料で見る方法は?

ドラマ『過保護のカホコ』は放送終了直後からHuluで見逃し動画配信がスタートします。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 過保護のカホコ
  • 脳にスマホが埋められた!
  • ウチの夫は仕事ができない
  • 愛してたって、秘密はある。
  • 孤食ロボット
  • わにとかげぎす

などが見放題となっています。

また、2017年夏ドラマで最も視聴者を釘付けにした作品『愛してたって、秘密はある。』の完結編『僕は誰だ?』も、もちろん無料で見られます!

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

Hulu 今なら2週間無料トライアル実施中

※紹介している情報は2017年7月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

過保護のカホコ2話あらすじ

自分は「人を幸せにするための仕事」がしたいのだと気づいたカホコ(高畑充希)に、母(黒木瞳)は専業主婦になって家族を幸せにすればいいと勧め、父(時任三郎)は娘の成長の兆しを感じていた。

カホコが大学の同級生(竹内涼真)から「社会に出て働くのが怖いのではないか」と指摘されたことを知った泉は、まるで自分が言われたかのように憤るが、父親や親戚の職場見学をして理想の仕事を見つけたいと言うカホコに同行することに。

正高は会社に見学に来たカホコに自分の仕事を説明するが、なぜ今の会社に就職したのかという質問にうまく答えられず、警官の叔父(佐藤二朗)と看護師の叔父(夙川アトム)は自分たちの仕事のキツい面やマイナス面がカホコには合わないのではないかと答える。
 
なかなかピンとくる仕事が見つからず悩むカホコは、初から勧められた色々な職業が紹介してある本を読み漁る。

しかし、どの仕事もカホコには向いていない理由が見つかるばかり。泉は結局就職より花嫁修業をするのが一番の得策なのだと主張する。

そんな中、カホコはプロのチェリストを目指す従姉妹のイト(久保田紗友)にチェロを始めた理由を尋ねに行くが、ウィーン留学のかかったコンクールを目前にイトが手首の痛みを隠して練習を続けていることを知ってしまう。

周りに心配をかけないために黙っていてほしいと頼まれるカホコだったが、イトの両親を始め親戚一同が寄せるイトへの過剰な期待とプレッシャーの前にカホコはママに初めて秘密をつくる。

コンクール当日。勝手にイトの優勝を確信する親戚たちの中、カホコは自分しか知らないイトの手首の痛みに気が気でない。そして、とうとうイトが演奏する順番が回ってくるのだが…。

公式WEBサイトより引用)

まとめ

ドラマ『過保護のカホコ』第1話(初回)からなかなか見応えのある内容でしたね!

カホコを取り巻く家族や親戚たち、たくさんの人が出てきてほのぼのしたムードもありつつ、母親や家族のあり方を問う重いテーマもしっかり描かれていました。

カホコが一人では何もできない子に育ってしまったのは、彼女自身に問題があるというよりも(全くないとは言えませんが)、母親の泉が彼女に構いすぎているからのような気がします。

「あの子が死ぬまで私は絶対死なない」という台詞にはちょっと異常なくらいの娘への執着が感じられて怖くなりました。

母親の思いも解らなくはないのですが…うーん、やっぱりちょっと重すぎですよね。

カホコにせっかく「人を幸せにする仕事がしたい」という自我が芽生えたのに母親はなかなかそうさせてくれそうにありませんね。

でも思いこんだら一途で一生懸命なカホコはきっと諦めないでしょう。

これからこの家族に色々な波乱を呼んできそうですね。

様々な困難を乗り越えて「こんなの初めて!」という体験を積み重ねていくカホコをこれからも見守っていきたいと思います!

ドラマ『過保護のカホコ』第2話(次回)感想とネタバレはこちら

ドラマ『過保護のカホコ』視聴率一覧はこちら

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 過保護のカホコの美術が素敵です。9日放送の窓際に置かれた花束の絵ぜひゆっくり見たいです。

    • コメントありがとうございます。

      9日放送分のデータを削除してしまったため
      アップすることが出来ないのです…

      ごめんなさい!

      Huluでは2週間無料で『過保護のカホコ』見放題なので
      もしよろしければご覧ください。

      今後ともよろしくお願いいたします!

  • コメントお待ちしています!

    CAPTCHA