遺留捜査4(2017)視聴率速報!見逃し動画を無料で見る方法も

  • fodoctor
  • この記事を書いた人:Ryota

2017年7月クールのテレビ朝日の「木曜ミステリー」は、2011年から断続的に続いく上川隆也さん主演の人気シリーズ『遺留捜査 第4シリーズ』が放送されることが決定しました!

2013年放送の第3シリーズまでは、「水曜21時」枠での放送でしたが、今回からは木曜20時スタートの「木曜ミステリー」枠へと移動したう上、物語の舞台も京都へと移るということで、早くも話題を集めていますね。

こちらの記事では2017夏ドラマ『遺留捜査 第4シリーズ』の視聴率を初回(1話)から最終回まで更新していく他、見逃し動画の無料配信についてもお伝えしていきます!

なお、視聴率一覧はページ下部に掲載しています。

ドラマ『遺留捜査 第4シリーズ(2017)』視聴率を今すぐご覧になりたい方はこちらをクリック!

スポンサーリンク

2017夏ドラマ『遺留捜査 第4シリーズ』視聴率はどうなる?

まずはテレビ朝日の「木曜ミステリー(木曜20時)」枠で2016年春から2017年冬に放送されたドラマの視聴率を振り返っていきましょう。

警視庁・捜査一課長

初回(第1話)視聴率 11.4%
最終回(第11話)視聴率 12.3%
全話平均視聴率 10.03%

女たちの特捜最前線

初回(第1話)視聴率 11.6%
最終回(第6話)視聴率 6.6%
全話平均視聴率 7.40%

科捜研の女 第16シリーズ(2クール)

初回(第1話)視聴率 11.6%
最終回(第17話)視聴率 12.2%
全話平均視聴率 11.60%

20時台のドラマですので、視聴者の年齢層も高めということでシリーズ作品が多い「木曜ミステリー」枠。

驚くべきは『科捜研の女』シリーズでしょう!なんとこの時点で16シリーズ目というとてつもない快挙である上、全話二桁をきることがなかったという驚きの数字を打ち立てています!

しかも2クール(全17話)放送でこれだけの安定感ですからね。如何にこのシリーズが愛されているかが良く分かります。

単発ドラマから連ドラ化した『女たちの特捜最前線』に関してはコケたようですが、『警視庁・捜査一課長』は平均でも二桁を獲得し、十分な成功を収めたといえるでしょう。

その証拠にシリーズ化され、現在「season2」が絶賛放送中となっていますので、そちらの視聴率がどうなっているのか見ていくと…

警視庁・捜査一課長 season2

初回(第1話)視聴率 14.5%
第2話視聴率 9.6%
第3話視聴率 10.8%
第4話視聴率 12.1%
第5話視聴率 12.4%
第6話視聴率 12.3%
平均視聴率 11.95%

これまでの所は前作よりも好記録を叩き出しており、何より初回14.5%というのは非常に素晴らしいですね!

それだけに第2話で二桁を(微妙に)きってしまったのはイタかったですが、その後にしっかりと盛り返していますので、全話トータルでも前作を上回るのは間違いないでしょう。

さて、それではここで『遺留捜査』の過去のシリーズがどのような視聴率を記録したのかを見ていきたいと思います。

遺留捜査 第1シリーズ(2011年4月期)

初回(第1話)視聴率 17.0%
最終回(第11話)視聴率 14.7%
全話平均視聴率 14.27%

遺留捜査 第2シリーズ(2012年7月期)

初回(第1話)視聴率 13.3%
最終回(第8話)視聴率 13.1%
全話平均視聴率 12.53%

遺留捜査 第3シリーズ(2013年7月期)

初回(第1話)視聴率 14.6%
最終回(第9話)視聴率 13.3%
全話平均視聴率 11.48%

やはりシリーズ化されるだけあって、第1シリーズはとてつもない数字を叩き出していますね。

驚くべきは、このシリーズを通じて二桁をきったのが第3シリーズの第2話(9.8%)のたった一回限りだということ。

シリーズを通して安定感が抜群で、いかに固定ファンを掴んでいるかが窺い知れる結果となっています。

第3シリーズに向けて徐々に数字が下降していることが多少気になりますが、今回は久々の復活であることとメンバーが一新されたこともあり、また好記録が期待でそうです。

とはいえ今度は20時台へと移った訳ですので、それを踏まえるて視聴率を予想すると…初回で13%!ただし平均では11%台あたりを記録すると思われます!

スポンサーリンク

『遺留捜査 第4シリーズ』制作陣から視聴率を予想!

2017夏ドラマ『遺留捜査 第4シリーズ』の主要制作スタッフで現時点で発表されているのは、以下の方々になります。

ゼネラルプロデューサー:三輪祐見子
チーフプロデューサー:佐藤凉一
プロデューサー:藤崎絵三、丸山真哉
脚本:大石哲也、森下直 ほか
音楽:吉川清之
演出:兼﨑涼介、長谷川康、濱龍也

まず注目すべきは脚本を担当する大石哲也さんでしょう。1994年に脚本家デビューを果たした大石さんは、『金田一少年の事件簿』シリーズや『銀狼怪奇ファイル』などを手掛け、注目を集めました。

『遺留捜査』では第2シリーズから脚本を担当しており、最近では大人気の『刑事7人』シリーズも手掛けるなど、ヒット作を連発している印象ですね。

また、映画の世界のでも活躍されており、『デスノート/デスノート the Last name』(2004)や『彼岸島』(2010)、『BECK』(2010)、2017年公開の『無限の住人』など、話題性の高い作品に携わっています。

演出の面では、シリーズ開始時から変わらず務めている長谷川康さんに加え、今回が初参加の兼﨑涼介さんも注目の一人でしょう。

兼﨑涼介さんは『相棒』シリーズや『科捜研の女』シリーズといった超人気作品にも携わっている方ですので、きっと『遺留捜査』にも新たな息吹を吹き込んでくれるはず!

このように、豪華な制作陣が揃っていますので、必ずや視聴率にも好影響が生まれることは間違いないでしょう!

スポンサーリンク

『遺留捜査 第4シリーズ』ネットでの反応や感想は?

待望の復活ということで、Twitter上でも喜びの声が多数寄せられていました!

やはり根強いファンが多いようですね。ただ一方で楽しみにしているけど、これまでのメンバーが出ないのは寂しいという意見も多く…

…このようなツイートはかなり多く感じました。シリーズへの愛情が深いからこそ、こういった反応になるのでしょう。

1話限りのゲスト出演というのも可能性としては考えられなくもないので、そういったサプライズに期待しつつ、新メンバーにも注目していきたいと思います!

まとめ

『相棒』や『科捜研の女』に代表されるように、テレビ朝日は根強い刑事ものシリーズを生み出すことにかけては右に出る者がないと言えそうです。

今回は久々のシリーズ復活となる『遺留捜査』が、果たしてこれらの名シリーズの一員として名を連ねることができるのかは、この第4シリーズに懸かっているといっても過言ではないでしょう!

放送開始後はこちらの記事で視聴率を全話更新していきますので、是非チェックのほど、よろしくお願いします!

ドラマ『遺留捜査 第4シリーズ(2017)』視聴率一覧

第1話(2017年7月13日放送)視聴率

13.1%

『遺留捜査4』第1話のネタバレと感想はこちら

第2話(2017年7月20日放送)視聴率

8.8%

『遺留捜査4』第2話のネタバレと感想はこちら

第3話(2017年7月27日放送)視聴率

10.9%

『遺留捜査4』第3話のネタバレと感想はこちら

第4話(2017年8月3日放送)視聴率

10.8%

『遺留捜査4』第4話のネタバレと感想はこちら

第5話(2017年8月10日放送)視聴率

10.1%

『遺留捜査4』第5話のネタバレと感想はこちら

第6話(2017年8月17日放送)視聴率

10.8%

『遺留捜査4』第6話のネタバレと感想はこちら

第7話(2017年8月24日放送)視聴率

10.3%

『遺留捜査4』第7話のネタバレと感想はこちら

第8話(2017年9月7日放送)視聴率

11.2%

『遺留捜査4』第8話のネタバレと感想はこちら

第9話(2017年9月14日放送)視聴率

-%

『遺留捜査4』最終回 第9話のネタバレと感想はこちら

※ビデオリサーチ社調べ・関東地区
※ドラマ『遺留捜査 第4シリーズ(2017)』の視聴率は金曜午前10時前後に発表となります。

2017夏ドラマ『遺留捜査4』見逃し動画を無料で見る方法は?

テレビ朝日木曜20時のドラマ枠は放送終了後、1週間はTverで限定無料配信されますが、その後は消えてしまいます。

1週間以上経過した回を安全かつ無料で見る方法はU-NEXTがオススメです

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『遺留捜査』はポイントレンタル配信されているので、登録時にもらえる600ポイントを使えば無料で『遺留捜査』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

U-NEXTはこちら

※紹介している情報は2017年7月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA