ドラマ【遺留捜査4】2話のネタバレと感想。見逃し動画無料視聴方法も

  • この記事を書いた人:YUKIKO

今夜も糸村ワールドがどんな風に繰り広げられるのかとっても楽しみな「遺留捜査4」

今夜は寺田心君も出演しますので名演技も見ものですね!!

個人的には村木さんの糸村の悪意のない無茶ぶりに振り回されてるシーンが早く見たいです(笑)

では早速、ネタバレあり感想ありでお届けしたいと思います。

ドラマ『遺留捜査4』2話のネタバレと感想をお届けしていきます!

スポンサーリンク

『遺留捜査4』2話ネタバレと感想

放火殺人の容疑で逮捕された赤木一雄(近藤公園)はトイレで警官を襲い所轄署から逃走します。

翌朝、会社員・坂田治(山田アキラ)の刺殺体が発見され、糸村聡(上川隆也)も現場に急行、そして遺体の近くに将棋の駒が1枚落ちているのに気づき、その駒は一部が焦げていて、血痕が付着していました。

しかも、銀なのに、裏が角であることに、糸村は「銀の裏って角だったっけ?」と疑問を抱きます。

その後の調べで、将棋の駒や坂田の衣服から逃走犯である赤木の指紋が検出され、桧山亘(段田安則 )、佐倉路花(戸田恵子)、雨宮宏(永井大)、神崎莉緒(栗山千明)は捜査会議をし「逃走資金を奪うため?」と莉緒は推測しますが、坂田は赤木の放火殺人事件の目撃証人だったことがわかります。

目撃証言されたことによる逆恨みで赤木が、坂田を殺害したのではと考えますが、佐倉が「目撃証人が坂田だとは赤木は知るはずがない!」というと実は拘置所で同室だった男が坂田と知り合いで目撃していたことを赤木に話していました。

赤木は放火がらみの前歴があり2年前に出所、それから町工場で働いていたがそこも1年前に解雇されていた、そして3か月前に放火殺人事件を起こしていました。

この話を聞いていた糸村は、「調書によれば赤木は放火殺人の容疑を否認していますが…」というと「事件を逃れるための嘘だろうと」言われてしまいます。

そして放火の手口も一緒でろうそくを使ってのものであることがわかると、糸村は事件現場に落ちていた駒を取り出し、「ではなぜこんなものが事件現場に落ちていたんでしょう」と遺留品を持ってきており皆を驚かせ、疑問に思っていた銀の裏がなぜ角なのかを問うと「そんなことはどうでもいい!早く事件を解決しろ」と怒鳴られてしまいます。

開始早々の、糸村ワールド前回になんだかワクワクが止まりません!!

赤木はもうひとりの目撃証人西崎みちる(酒井若菜)を狙うかもしれないと言う桧山、目撃者であることは赤木は知らないはずだが万が一ということもあるので糸村と神崎莉緒(栗山千明)はその目撃者、みちるのもとを訪れることにします。

早速向かおうとすると糸村は莉緒にちょっと寄りたいとこがあると言い村木繁(甲本雅裕)の元に訪れ、気になっていた駒のことを聞きこの駒が京都将棋に使われるものだと教えてもらいます。

普通の将棋盤は縦横9マスずつで81マス、でも京都将棋は縦横5マスで一手動くごとに駒を裏返すのがルールだと言い、それを聞いていた糸村は駒を動かすたびに駒の動きが変わることを教わり、村木に持ってきていた駒の焦げた部分を調べてほしいと頼みます、莉緒は「その古家が事件と関係あるんですか?」と聞くも糸村は「それは分かりません」と相変わらずマイペース。

糸村と村木のやり取りはいつも楽しく見れますね♪

その頃、佐倉と雨宮は坂田の勤務先に聞き込みをしそこで不審な電話があり電話を切った後すぐ会社を早退し出ていったことを聞きます。

糸村と莉緒はかつて赤木が勤務していた町工場で働くみちるに話を聞きに行き、目撃者であることから万が一のことがあるかもしれないとの話をします、すると工場の社長が「善意で目撃証言をして逆恨みされてはたまらないね」と話し始めます。

赤木がこの会社をクビになったのはある投書があり”赤木は前科がありやめさせてくれ”とそして赤木が辞めてから2か月ほどして倉庫の裏でボヤ騒ぎがありこれは赤木の仕業だと思いすぐに警察に通報したことがあったと聞きます。

ほかの社員からも赤木は「暗い男で休憩時間なども誰とも口を利かなかった」「ぼんやりすることが多かった」などの情報を聞いていると、その横で京都将棋をする社員の姿が。

糸村は「ボク、それ知ってます」と話しかけ赤木も京都将棋をやっていたのかと聞くとこの将棋が流行りだしたのは赤木が辞めてからで優太(寺田心)が教えてくれたと言い、糸村が「優太?」と聞くとそこにちょうど優太が学校から帰ってきます。

優太は西崎みちるのひとり息子で将棋の天才だと聞き、糸村は優太に赤木と将棋を一緒にやったことがないかと聞くも首を横に振るだけでした。

心君の髪型が…おかっぱ!?大河ドラマに出ているせいでしょうか(笑)

みちるは夜はスナックで務めているため優太は工場で西崎の帰りを待っているようでした。

その頃、桧山は赤木に目撃証人の話をした男に事情を聴きに拘置所に来ており、男から坂田の話を聞き出します。

坂田は、カジノによく顔をだし毎回2~30万落としていくことを聞きその羽振りの良さにお金の出所を聞くも教えてもらえず、西崎みちるの名前を出してみるも知らない様子でした。

坂田は赤木に呼び出され殺害された場所に出向いていたことがわかりますが坂田が違法カジノに出入りしていたことから何らかの接点があるのではとにらみます。

1人工場でみちるの帰りを待っている優太を気にした莉緒はお弁当をもって優太も元を訪れますが寂しそうな姿にかける言葉も見つかりませんでした。

スナックでお客さんの見送りをしていたみちるの元に赤木が姿を現しますが、何も言わず去ってしまい警察に来たみちるに糸村は「大丈夫でしたか?」と声をかけるとみちるは「あの人はきっと、私のことを恨んでる」と言い糸村が「証言のことですか?」と聞くとみちるは「違います、あの人を工場から追い出したのは私です」と…

糸村は「それはどういう…ことでしょうか?」と聞くと「あの頃赤木さん一人で私の帰りを待つ優太の相手をしてくれてたんです」と優太と将棋をして遊んでくれていた赤木の話をします。

優太の実の父親はDVがひどく、優太が物心つく前に離婚しており父親の愛情を知らないまま育ったので赤木の優しさが優太にとってすごくうれしかったんではないかと思っていたが、工場で赤木に前科があるのではないかと噂がありみちるが工場に投書を送ったことを聞きます。

村木に依頼していた駒の鑑定結果が出て、わずかに鉱物油が検証されおそらく工場油ではないかと、そして糸村はこの焦げがいつぐらいに着いたものか聞くと1か月以上前のものだと、そして村木はもう一つ気になることがあると言い、駒に付着していた血痕が浸透していないことから犯行時間の数時間後に置かれたものだと言います。

今回は糸村あと村木のやり取りが多くていい感じで楽しく見れてうれしいです。

翌日、赤木の遺体が見つかり現場に駆け付けた糸村は落ちていた財布に入っていた坂田の運転免許証に疑問を抱きます。

捜査会議で糸村は坂田を殺した犯人は赤木ではなくほかにいるのではといい、赤木を放火犯に仕立て上げたものがいるのではと違法カジノ、目撃証言の偽証などから利益が出ているものがいないか洗いなおすことに…

糸村はこの2日間赤木がどこに潜伏していたのか、逃走後どこで駒を手に入れたのかというと桧山はニヤリとし糸村に赤木の遺留品を調べるよう指示します。

みちるの元を訪れた莉緒は3か月前に目撃した放火事件の状況を再度聞き、「本当に赤木を見たんですか?」とみちるには借金があり赤木を見たと証言した後すぐに借金がすべて返済されていることを、お金と引き換えに証言の偽装を頼まれたのではないかと、そして昨日の夜赤木にあっていたのではないかと詰め寄りますが「会ってません!!」と怒鳴られ去って行かれてしまいます。

赤木の遺留品を捜査していた糸村に赤木の潜伏していた場所の情報が入り、糸村はその将棋倶楽部に行き赤木が幼いころ父親に連れられた来ていたことを聞きます。

そして、持っていた焦げた駒を見せ見覚えがないか聞くと赤木の父親が作った駒ではないかと言われ、まわりを見ると公衆電話の下にレシートが落ちていることに気づきお弁当を2つ飼っていたことがわかります。

レシートの発行されたコンビニで聞き込みをするとフードを被った男が1時間ほど雑誌のコーナーにいたことがわかり、糸村は自分の歓迎会を楽しみにしている村木を無理やり放火のあった現場に連れていき現場検証してほしいと無理難題を言います。

明日に回してもらえないかという村木に糸村は「明日に回された今日は二度と巡ってこない今日だ!と誰かが言っていました」と嫌がる村木に盾突き、「そういえばやると思っているんでしょう」という村木に「はい」と言い村木はいやいや承諾します。

名言を言うも糸村が言うとなんだかポワ~ンとした感じになってしまうところがいいんですよね。

捜査の洗い直しから、放火のあったベーカリー妻が夫のDVから逃れるために起こしたもので保険金を5000万受け取り直後に2000万もの大金が引き出されていたことから殺害を依頼しその報酬として支払っていたお金だとわかり、その共犯者が赤木の務めていた工場の社長だと判明します。

赤木の犯行に見せかけ、坂田と工場の社長は違法カジノで知り合っていたことが判明、坂田に金の無心をされていた社長は赤木と坂田が合う約束をしていることを知り坂田を殺害し、その後赤木は殺されている坂田を発見し社長に助けを求めるも殺されてしまいます。

そしてみちるがお金に困っていたことを知っていた社長は坂田を使いみちるにも偽証するようにお金で操っていたのです。

みちるの元に訪れた莉緒は所まで同行させようとするがそこに糸村が現れ「3分だけ時間をいただけますか?」と…

赤木がみちるの元に会いに来た理由がやっとわかったと言う糸村にみちるは「そんな話聞きたくありません、あの人の事なんてどうでもいい、どうせ私のことなんて恨んでいたと思います」というと糸村は「それは誤解です」と言います。

赤木は満のことを恨んでおらずその証拠に、工場をやめた後も何度も優太に会いに来ていたこと、赤木は優太が寂しい思いをしていないか気にかけていたこと、そして脱走をしたその日も優太に会いに来ていたことを話します。

赤木はパイロマニア(放火癖のある人の呼び名)で幼いころに親から虐待を受けていたり、肉親から十分な愛情を受けていなかったりするとなることがあり赤木はまさにそんな人だったと。

赤木が幼いころ父親と通っていた将棋倶楽部の人から聞いた話によると二人はいつも楽しそうに将棋を打っていたそうですが、その父親が亡くなりまもなくして母親は別の男と蒸発してしまい、親戚に預けられた赤木は毎日のように将棋クラブで過ごしておりどこにも居場所がなかったんではないかと言います。

母親が蒸発して1年ほどたったころ、将棋クラブでちょっとしたボヤ騒ぎがありその犯人が赤木だったらしくその後赤木は二度と将棋クラブに来ることはなかったことを話すと、みちるは「そのことと優太とどういう関係があるのよ」と去ろうとしますが糸村はみちるに言います。

「もう気づいているのではないですか?赤木と優太の境遇が似ているということに、赤木はずっと心配していたんです、優太が自分のようになってしまうのではないかと」すると莉緒は似た境遇だからと言って同じようになるとは限らないと言いますが糸村は優太にその兆候が見えていたことを話します。

1年以上も前からその症状が出ていてそれに気づいた赤木は優太を心配しずっと優太の傍にいたが工場を去らなければならなくなり、その後の放火も優太がしたもので赤木からもらった駒に火をつけたのも優太で、赤木が脱走したのも自分の無実を証明するためだけではなくみちるに優太に寂しい思いをさせず今の優太に気づいてほしいと伝えるためだったのではないかと糸村は言います。

糸村とみちると莉緒は優太の元に来て「言いたいことがあるならきちんと言わないとお母さんには伝わらないよ」と言います。

すると優太は「お母さん、もう一人は嫌だよ」と泣きつきみちるは優太を抱きしめます。

そして小田和正さんの曲が流れ回想シーンで今回は終わりました。

途中経過が急にこの人が犯人??みたいになっていましたがストーリー的にはいいお話でしたね。

ドラマ『遺留捜査4』第1話(前回)のネタバレ&感想はこちら

ドラマ『遺留捜査4』第3話(次回)のネタバレ&感想はこちら

ドラマ『遺留捜査4』視聴率一覧はこちら

スポンサーリンク

『遺留捜査4』2話ネットでの感想や評価

この糸村ワールドがあってこその遺留捜査です(笑)

癖になる名コンビ(笑)

スポンサーリンク

2017夏ドラマ『遺留捜査4』見逃し動画を無料で見る方法は?

テレビ朝日木曜20時のドラマ枠は放送終了後、1週間はTverで限定無料配信されますが、その後は削除されてしまいます。

1週間以上経過した回を安全かつ無料で見る方法はU-NEXTがオススメです

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『遺留捜査』はポイントレンタル配信されているので、登録時にもらえる600ポイントを使えば無料で『遺留捜査』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

U-NEXTはこちら

※紹介している情報は2017年7月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2017年夏ドラマ『遺留捜査4』第3話のあらすじ

子ども向け科学番組のMCとしても人気の大学准教授・梨田智也(袴田吉彦)の刺殺体が、自宅マンションで発見された。梨田の女性関係はすこぶる派手で、特別捜査対策室は異性トラブルの線で捜査を進めることに。

だが、糸村聡(上川隆也)だけは、被害者の部屋に落ちていた“やじろべえ人形”が気になってしまう。

まもなく、殺された梨田の同期で、かつて研究パートナーでもあった栗原篤志(平岳大)が捜査線上に浮かぶ。10年前、梨田と栗原は大学の名誉教授・富田孝二郎(下條アトム)の推薦により、共に大手化学メーカーへ。

そこで大学が主導する新型エネルギーの研究に打ち込んでいたが、10カ月前、梨田だけが大学に戻って准教授に就任したという。梨田が第一線の研究から退いたのは、ひそかに不倫関係にあった栗原の妻・恵(陽月華)が謎の爆破事件に巻き込まれ、不慮の死を遂げたショックによるものと考えられた。

そんな中、糸村は恵が梨田と同じやじろべえ人形を持っていたことを知って…!?

公式サイトから引用)

まとめ

今回の『遺留捜査4』2話は糸村と村木のやり取りの多さにとっても楽しみながら見れました。

毎回、多すぎるっ!!ってくらいこのコンビのやり取りを入れてほしいと願ってしまうほど名コンビです!

次回のゲストは平岳大、袴田吉彦、下條アトム、陽月 華など盛りだくさんで『遺留捜査4』を盛り上げてくれそうです。

余談ですがスマートフォンサイトで、メインテーマ曲着メロ配信中!とのことですので小田和正さんの美声に癒されるとしましょう♪

それではまた次週を楽しみに待ちたいと思います。

ドラマ『遺留捜査4』第1話(前回)のネタバレ&感想はこちら

ドラマ『遺留捜査4』第3話(次回)のネタバレ&感想はこちら

ドラマ『遺留捜査4』視聴率一覧はこちら

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA