警視庁いきもの係9話の動画無料視聴方法とネタバレ&感想!

  • この記事を書いた人:YUKIKO

前回の『警視庁いきもの係』では、「鐘の響きが聞こえるか?」と鬼頭管理官が銃で撃たれたところで終わってしまったので、今回のいきもの係ではどうなってしまうのか気になるところです。

最終回も目前にして、須藤と圭子の凸凹コンビの活躍も一層絆を増していきそうな予感ですね。

今回のお話はいきもの係のメンバーでの慰安旅行!なんだかとっても楽しそうです!

それでは今夜も早速、ネタバレあり感想ありでお届けしていきたいと思います。

ドラマ『警視庁いきもの係』9話のネタバレと感想をお届けしていきます!

ドラまる
ちなみに『警視庁いきもの係』を見逃しちゃった時はどこで見られる?
ラマちゃん
1週間以内ならTverでも見ることが出来るけど、まとめてみるならフジテレビが公式に運営している、フジテレビオンデマンド(FOD)一択ね!

[PR]警視庁いきもの係を全話無料で見る(FOD)

スポンサーリンク

『警視庁いきもの係』9話ネタバレと感想

鬼頭管理官が撃たれたとは知らず、いきもの係で慰安旅行が会催され、須藤友三(渡部篤郎)、薄圭子(橋本環奈)、弘子(浅野温子)のほか、捜査一課の石松(三浦翔平)、受付の弥生(石川恋)、二出川(でんでん)も参加して、バスで目的地に向かっていました。

圭子は目的地に原生林があるとはしゃいでいると、窓は全部閉まっていましたが、バスの中にハチが一匹飛び始めました。

大騒ぎするみんなに、圭子は冷静に窓を開けてくださいと指示をし、みんなに静かにするように言うと蜂は外に出て行きました。

誰も気づきませんでしたが、圭子は乗客の中に帽子をかぶった男性が気になりました。

ソフトクリームを食べながら山中にある目的地の温泉旅館に到着すると、なぜか四十万拓郎巡査(横山だいすけ)がいました。

どこにでも現れる四十万巡査、慰安旅行先でも須藤さんとのダジャレで楽しめるなんて。

須藤がびっくりしてわけを聞くと、ギックリ腰で動けない町の駐在の応援に来たいうことで、四十万と須藤はまたダジャレで人盛り上がりして楽しんでいると、石松が、到着した際に聞こえた事件とは何かと聞くと、旅館の女将雅子の娘・弓子(西畑澪花)が強盗被害に遭ったため、駆け付けたということでした。

弓子は入院していて明日退院のようで、女将から話を聞いていると動物のにおいをかいだ圭子は勝手に奥へ入って行っており奥には、弓子のペットのヨツユビハリネズミの「チュースケ」がいました。

圭子はきちんとしたいと言い、制服に着替え須藤を連れてハリネズミの世話をしに行きました。

エサは何をあげているのかと聞くとキャットフードだと言い、生餌はあげていないというと圭子は持参していたミルワームをチュースケにあげるとおいしそうにたべました。

圭子はチュースケを須藤に抱っこされると何か匂うといい、須藤の服についたソフトクリームの甘いにおいだと言いますがチュースケはあまり反応しませんでした。

そしてチュースケを良く見てみると、手とおなかに傷があり飼い主の弓子に詳しく聞きたいと圭子が言い病院に向かいました。

病院に向かう途中に四十万に事件のことを聞くと、弓子が学校からの帰宅途中、何者かに後ろから殴られ財布を盗まれたようで犯人はまだ捕まっていないとのことでした。

圭子は弓子から、去年の誕生日に買ってもらったものであまりなついていないと聞き、生餌は週2回、旅館の従業員でインド人のアッサークラがあげてるということでした。

旅館に戻った2人は早速アッサークラに話を聞き、ミルワームは食べないのでこおろぎをあげていること、アッサークラは甘いものは食べずカレーばかり食べていると聞きました。

あれあれ!?須藤さんも気づいていましたが、アッサークッラさん第4話に登場していましたよね(笑)このイントネーション忘れるわけがない!!

また、ハリネズミ友達がいて、ブラウンのハリネズミ「ハリー」を飼っている栗原と言う男性がいると言うことでした。栗原にはホステスをしてタバコを吸う妻、亜紀子がいましたが亜紀子は、浮気癖がはげしくハリネズミを嫌ってると言うことでした。

そして最近、そのタバコでぼやをおこしてしまったので引っ越したと言いました。

それを聞くと、圭子は栗原の新しい住所を早く教えてほしいと言い「今度はぼやじゃすまないかもしれません!チュースケが、チュースケが危ないんです」と言い、須藤と一緒に走り出しました。

栗原の家に着くと、すでに煙がでていて家の中に入り消火器で火を消すと須藤は倒れていた亜紀子を見つけ、圭子は2階にいたチュースケを助け出しました。

その頃、こっそり慰安旅行の様子を見に来ていた日塔(長谷川朝晴)と桜井薫(清原翔)は温泉に入っていて、桜井は日塔に圭子のどこを好きになったのか?と聞きました。

日塔は「見た目はもちろんのこと、すべてにおいて前向きなところ」と答えました。

ハリネズミを抱いた圭子と須藤が旅館に帰ってくると、ちょうど日塔たちが温泉から上がってきたところでバッタリ遭遇し、そこに石松が来て、須藤は強盗事件の犯人と、亜紀子を火事に見せかけて命を奪おうと思ったのも栗原だといってる圭子にそのわけを聞きました。

圭子が言うにはチュースケとハリーは入れ替わっていて亜紀子を殺害するために入れ替える必要があったと言いました。

栗原が、浮気癖が治らない亜紀子の命を奪うために、火事に見せかけたと言い、火事になってしまうとかわいがっていたハリーも巻き添えになってしまうので、弓子を襲い、弓子の飼っていたチュースケと栗原のハリーが入れ替えたと説明しました。

すると須藤が、明日弓子は退院してきてしまうので、火事を起こすのは今日しかなかったと話し、圭子は怒って言いました。

ペットはものではありません!どの子も大切な命なんです

そばで聞いていた日塔は「なになに全然わかんない」と圭子たちの話についていけずにいるとそこに弘子たちがやってきて宴会が始まりました。

弥生が何でそっくりなハリネズミなのに違うと気がついたのかと聞くと、傷、においと食べ物の好みでわかったと圭子は説明しまいた。

翌朝、みんながチェックアウトしていると、日塔の電話が鳴り鬼頭管理官が撃たれて意識不明で発見されたと連絡がはいりました。

そこに、登山者がハチにさされてふらふらになってやってきました、

圭子は救急車を呼び、応急処置ができる準備をみんなに手分けしてするよう指示を出し、須藤は日塔たちにすぐ捜査本部が開かれるだろうからすぐに帰るように言いました。

登山者は「はめられた」と話し、登山道のY字路に、山道の指道標がわざとハチの巣にいくように入れ替えられていたと話し、圭子と須藤は現地に向かうことにしました。

ハチに刺された登山者は今尾という男でフリーライタ、趣味の山歩きで1人で来ていたことがことがわかりました。

今尾の言っていた登山道のY字路につくと指道標はなく、土を埋め戻した跡があり圭子は、今尾を襲ったハチはオオスズメバチで、土の中に巣を作ると言うことでした。

今尾は音楽を聴いていてハチの警告に気づかず、周りを取り囲まれてから今尾が驚いて逃げ出した振動でオオスズメバチが襲ってきたんだと推測しました。

そしてさらに上っていくと、木の根元にハチの巣を掘った跡がありその穴の周りには、オオスズメバチの死骸がたくさん転がっていました。

足跡もないことから、数人で駆除して巣を持ち帰ったのではないかと圭子は言いました、須藤たちが通ってきた道も新しく作られた感じで、今尾を狙ったわけではなくて、誰でも良かったんじゃないかといいました。

そのとき、本部に戻っていた石松から電話があり栗原は、高速で事故を起こして亡くなっていました、そしておかしなことに車の中にはオオスズメバチの死骸が3つ、転がっていたことから運転中にハチが入り驚いてハンドルを切り損ねたと報告されました。

須藤は石松に鬼頭管理官の容態を聞くといまだ意識不明とのことでした。

須藤たちが総務課に戻ると、石松がやってきて、おかしなことがわかったと言い、栗原が事故を起こす前に、併走していた車がいたということ、「5年前から見てるぞ」と言うメッセージカードが出てきており、妻の亜紀子にそれを見せると、「あいつがくる。ころされる」とおびえながらつぶやいたと言いました。

そして、オモリだけが入ってる箱があったというと、圭子は車の窓が開いていなかったか確認し、その箱の中にハチを入れて窓から放り込んだと推測しました。

事件の話をしていると圭子のお腹が鳴り、3人でファミレスで食事をしながら続きをはなしました。

石松は最近スズメバチの被害が多いと言うと、圭子はあまりにも偶然過ぎて不自然だというと、須藤は生物テロじゃないかと言いました。

圭子は、壁際にいる怪しい男を見ながら「わたしは…」と言いかけると、トイレのほうで男性がハチが!と騒ぎ始めました、石松はトイレの中に入りそれを見ていた圭子は石松を止めようと追いかけますが物音が聞ず、中に入ろうとする須藤を止め様子を見ていると、我慢しきれず中に飛び込んだ須藤の前で石松は手首を刺されてアナフィラキシーショックを起こして倒れていました。

石松は苦しみながら「須藤さん…中はこ…栗原と…同じ…」といい石松は救急車で運ばれ須藤もが付き添いました。

圭子がテーブルに戻ると、妙な図が書かれたナプキンが置かれていて、証拠品だと感じた圭子はバッグに入れさっきまでいた怪しげな男のほうを見ると男はいませんでした。

須藤と圭子が病院に行くと日塔たちもいて鑑識がトイレの中のハチを退治すると、箱が出てきたと言い日塔は「あんたがついてて何だ、このざまは!前はお前の相棒でも今は俺の部下だ!俺が絶対逮捕する」と言ってでていきました。

すっごいいいセリフ言ってるんですけど、お顔はまだ落書きされたのが残ったままでした(笑)

そこに、黒いスーツを着た四十万がやってきて「須藤警部補、薄木巡査、一緒に来ていただけませんか」といつもと感じの違う四十万はニコリともせずに二人を連れて地下3階までやってきました。

そこはかなりセキュリティの厳しい場所で、監視の目がいくつもあり、ある部屋に入ると、そこに撃たれたはずの鬼頭管理官がいました。

「驚いたか、私が撃たれたのは本当だ。ギヤマンの鐘の信者にな」

そういうと、ギヤマンの鐘のシンボルマークを見せてくれ、それは圭子がファミレスのテーブルから持ってきたナプキンに書かれてるものと同じでした。

いやいや、今回は最後の最後に急展開なお話になり驚いてしまいました!

前半は、ほぼ日塔さんのお顔にしか目がいかず、笑いもない真剣なシーンなのにもかかわらず、クスッっと何度も笑ってしまいましたが、四十万巡査のいつもとは全く違う風貌にも驚かされました。

四十万巡査が須藤に会えているのに笑いもしないなんていままで1度もなかったので、今後なにが待ち受けているのかとっても気になります。

撃たれたはずの鬼頭管理官からのギヤマンの鐘とは…

そして四十万巡査の本当の役目とは…

ドラマ『警視庁いきもの係』第8話(前回)ネタバレ&感想はこちら

ドラマ『警視庁いきもの係』最終回 第10話(次回)ネタバレ&感想はこちら

ドラマ『警視庁いきもの係』視聴率一覧はこちら

[PR]警視庁いきもの係を全話無料で見る(FOD)

スポンサーリンク

『警視庁いきもの係』9話ネットでの感想や評価

すっとぼけた表情でもなんでも可愛いものは可愛い♡

本日の日塔さん3連発(笑)この顔で真剣なシーンばかりだから余計に笑える。

こんな親子いそうですよね。

ドラマ『警視庁いきもの係』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法は?

ドラマ『警視庁いきもの係』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンド(FOD)は、現在31日間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『警視庁いきもの係』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

また、フジテレビは2017年夏の月9『コード・ブルー3』でなんとしても、月9ドラマ視聴率復活のきっかけにしたいと考えていることもあり、これまでに放送された『コード・ブルー』シリーズ全話が期間限定で見放題というキャンペーンも行っているので、今のうちに是非チェックしてみてください!

[PR]警視庁いきもの係を全話無料で見る(FOD)

※紹介している情報は2017年9月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

『警視庁いきもの係』最終回(第10話)のあらすじ

2017年9月10日(日)21時から放送の『警視庁いきもの係』最終回(第10話)のあらすじをご紹介します。

須藤(渡部篤郎)と圭子(橋本環奈)は、四十万(横山だいすけ)に案内された警察病院の部屋で元気な鬼頭(寺島進)と対面する。何者かに撃たれ重傷を負ったと報告されたが、それは敵を欺くための偽装だったのだ。

敵とは、表向きは宗教法人だが実態は詐欺集団の「ギヤマンの鐘」だという。鬼頭は、そんな危険な集団と手を組み、無差別テロを主導している庄野(利重剛)の写真を見せた。圭子は、その顔に見覚えがあった。石松(三浦翔平)が蜂に刺されたファミレス、慰安旅行に向かうバスの中で見かけていたのだ。

実は今から5年前、庄野はある事件の容疑者となり、連日警察で取り調べを受けていた。

結局、無関係だと分かり解放されたが、その間にやってきた台風が庄野の経営する養蜂場を襲い、蜂が全滅するという悲劇が起こった。その事件を捜査し、庄野を取り調べたのが鬼頭だった。

庄野の所在の手がかりをつかむため、須藤と圭子は、庄野の養蜂場を訪ねる。そこに養蜂場の形跡はなく、古びた小屋があるだけだった。すると、小屋の方から犬の声が聞こえた。捨て犬かもしれない、と思った圭子は小屋へ向かう。

須藤がそれを制止しようとした時、目の前を空気を引き裂いて何かが横切った。

須藤はとっさに圭子に覆いかぶさり地面に伏せると、すぐそばの地面が爆ぜた。

周囲を見回すと、木陰に須藤たちを狙う庄野とギヤマンの鐘の信者の姿があった。

危険を感じた須藤は小屋に逃げ込もうとしたが…。

公式サイトから引用)

次回の最終回は、9話で圭子が見かけていた怪しい男の正体がわかるようですね。

予告では須藤が銃を持っていたりとなんだか波乱の予感もしますが、これまで『いきもの係』を楽しんできたものとしては、最終回もほんわかした感じでまとめていただきたい気持ちでいっぱいです。

ハチを使った無差別テロ、ギヤマンの鐘、無事解決を願います。

まとめ

今回のお話はほとんど頭に残らないほど、日塔さんに夢中でした(笑)

前回、日塔さんのマニアな趣味が出てこず今回楽しみに待っていたのですが全く違う方向から攻めてくれました。

顔に落書きされたままのシリアスなシーン、あれは日塔さんにしかできません!!

石松もアナフィラキシーショックで搬送されてしまいましたが大丈夫なんでしょうか?

あれもこれも気になる伏せんだけを残され、最終回を迎える形になりましたが「いきもの係」らしく笑いありで終わりを迎えてほしいですね。

次週が最終回なので寂しいですが、気になる内容に待ち遠しくてたまりません。

ドラマ『警視庁いきもの係』第8話(前回)ネタバレ&感想はこちら

ドラマ『警視庁いきもの係』最終回 第10話(次回)ネタバレ&感想はこちら

ドラマ『警視庁いきもの係』視聴率一覧はこちら

[PR]警視庁いきもの係を全話無料で見る(FOD)

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA