ドラマ『警視庁いきもの係』6話の見逃し動画無料視聴とネタバレ感想

  • この記事を書いた人:YUKIKO

ドラマ『警視庁いきもの係』第6話に登場する動物は「最も賢い」と言われる鳥ヨウムです!!

オウムじゃなくて?ヨウム!?いったいどんな鳥なのか気になりますね~。

そして、エンディングで流れる“いきものダンス” が話題となり、ドラマの主題歌「My Buddy」も大ヒット中の超特急が、8月13日(日)の「お台場みんなの夢大陸2017/めざましライブ」に出演!

そこに、橋本環奈さん、長谷川朝晴さん、清原翔さん、横山だいすけさんが飛び入り参加し、コラボレーションし大変盛り上がったそうです。

5話では四十万拓郎巡査演じるダイスケお兄さんの登場時間が少なかったので、今回は大いに活躍してくれることを願いながら見ていきたいと思います。

それでは早速ネタバレあり感想ありでお届けしていきたいと思います。

ドラマ『警視庁いきもの係』6話のネタバレと感想をお届けしていきます!

ドラマ『警視庁いきもの係』第5話(前回)ネタバレ&感想はこちら

スポンサーリンク

『警視庁いきもの係』6話ネタバレと感想

頭を打たれ記憶がない須藤友三(渡部篤郎)に石松(三浦翔平)はたい焼きの真実を話しますと言い話し始めました。

さかのぼること9か月前、追っていた事件の後、寝ていない石松に先に帰って寝るように言った須藤は大好きなたい焼きを買って歩いていると、そこに、警官2人と争っている男の姿がありました。

須藤が「どうしたの?」と一人の警官に事情を聴くと酔っ払いで道の真ん中をふらふらしていたと答えただの酔っぱらいだと思っていると男は拳銃を取り出し発砲し須藤は撃たれてしまいました。

石松は自分が先に帰ったせいで須藤が撃たれることになってしまったのだとずっと思い悩んでいたようで、たい焼きを見ると頭が痛くなる原因がわかりました。

話を聞き終わった須藤は頭が痛くなり倒れてしまい、夢の中で病院のベッドで寝ている自分と「須藤さん!!」と絶叫する石松の姿があり幽体離脱?と困惑する中、振り向いた石松の顔がたい焼きになっていたことにびっくりして目覚めました。

たい焼きの真実、そんなもん聞かされてもな~」と目覚めた須藤の元に薄圭子(橋本環奈)と弘子(浅野温子)がやってきて心配しますが大丈夫という須藤の言葉に弘子は「殺人現場に得体の知れない動物らしきものがいる」と、いきもの係に連絡が入り悪魔のような唸り声がして、誰も手出しができないので向かってほしいと言いました。

現場では日塔(長谷川朝晴)と桜井(清原翔)が、布がかかったケージの前で聞いたこともないような唸り声に、未確認物体や、悪魔などを想像してどちらが布を取るか争っていました。

そこに須藤と圭子が到着し、石松の顔を見た須藤は、突然頭痛に襲われます、ところが、圭子を見ると頭痛は止みまた石松を見ると頭痛が出てどうやら、たい焼きを見た時と同じ現象が現れ須藤は、石松に退出するよう頼みました。

須藤大好きな石松の顔を見ると頭痛が出て顔も見れないなんて…退出を言われた時の石松の顔が切なすぎました…(悲)

桜井によると、殺害された梶田(斉藤佑介)は、頭部を殴打され死亡、遺体は隣人が発見したと言いいます。

大きなケージがあるほかは、部屋は殺風景で料理などもしていない様子でした、日塔に指示され圭子が静かに布を取ると、中には体長30㎝ほどのヨウムがいました。

オウム?という須藤に圭子は「オウムはオウム目オウム科、ヨウムはオウム目インコ科です」とオウムとは別物だと答えました。

状態はいいけれど、「最も賢い鳥」と言われ知能が4歳児と同じと言われるヨウムは、飼い主が殺害された現場を目撃したため、おびえてエサを取らないのが問題で動かすことも難しいのでこのままここでお世話しますと圭子は言いました。

いきもの係に戻り捜査資料に圭子が目を通していると、石松が、梶田ともめていた伊勢(土平ドンペイ)という男が浮上したこと、ヨウムは、もともと伊勢が飼ってが会社が経営不振に陥ったため、鳥を買っている場合じゃないとペットショップから紹介された梶田に預けたこと、そして梶田が、誰かに大金を貸していたことも判明し警察は、梶田と伊勢の借金を巡るトラブルではないか、と推測していることを話しました。

そして石松は「薄ちゃん、須藤さんのことよろしくね」と須藤が自分を見ると頭痛が出てしまうことを気にしながら寂しそうに出ていきました。

石松の切ない顔、第2弾…もうやめてあげて~見ているこっちまで切なくなってしまいます。

伊勢が完全否定する中、ヨウムの世話をする圭子は、ヨウムが遊ぶブロックが外れていたことに気づき直してあげます。

須藤が犯行は伊勢で「セメントだな」というと圭子は意味が分からないという顔をしますが、須藤はセメントという意味を説明しながらシャレの通じる四十万拓郎巡査(横山だいすけ)が恋しくなります。

圭子は梶田の家のタンスをあさりだし、伊勢が犯人ではない証拠があると言い伊勢が着用していた作業着と眼鏡と同じものを見つけ出し、ヨウムはとても賢い鳥なので梶田がヨウムが飼い主が変ったことを悟らないよう注意を払ったと言いました。

そんな中、梶田が行きつけだったBARに来た石松は、ちょうど遊びに来ていた二出川昭吉(でんでん)と出くわし、元警察官で相棒だった鮫島(IKKOさん)を紹介してもらい梶田の写真を見せるとよく来るオカマBARの常連だったことがわかりました。

圭子と須藤が梶田の部屋でヨウムの世話をしていると、ついこの間圭子が直してあげたおもちゃの部品がとれ、圭子は何かに気づき部屋を探し始めると、冷蔵庫の横から1本のねじが出てきました。

いきもの係で事件のことを話していると、圭子は「私、犯人がわかっちゃったかもしれません」といいました。

須藤、圭子、石松の3人は梶田がよく働いていた出版社に行き、そして梶田は頭のよいヨウムを飼っていて、落ち着きを取り戻せば、犯人の名前をしゃべってくれるはずなので、協力ありがとうと言って帰っていきました。

その夜、梶田の家に女が現れ、ヨウムのいるゲージの布を外しました、すると待ち伏せていた須藤と、圭子、石松が現れ、ヨウムはここにはいませんと言います。

目撃鳥の口封じにノコノコやってくるだなんてボロ出しちまったな」と須藤は女装をした男に言いました。

女装をした男は出版社にいた野間(桜田通)でした、野間は梶田と付き合っていて、別れ話でもめていたと言う証言もオカマBARから取れていました。

ん、んっ!?話の展開がいきなりすぎやしませんか?IKKOさん登場からの女装の男が犯人??いやいやどんな展開?

梶田はヨウムの飼育を熱心にしていることで野間との間に距離ができ、梶田と仲直りしたいために野間は朝顔の花をもっていきますが、仲が戻るどころか逆に怒ってしまった、その理由は、朝顔の種子には毒があって、鳥が食べると亡くなってしまうこともあるのだと圭子が説明しました。

野間は夜中に梶田の家に戻ってきて梶田を殴り、反撃の際に梶田が手にしたナイフで腕を負傷、テーブルには野間の血がついてるはず、しかももともとあったテーブルはヨウムがかじっていて血がきれいに拭き取れず、野間はテーブルを解体し、家にあったテーブルを梶田の家に置いた、だから血の付いたテーブルが家にあるはずだというと。

全部ヨウムが悪いんです、僕から彼を奪ったあのヨウムが…」といってがっくり崩れ落ちました。

いきもの係に戻り、圭子は「朝顔の花言葉は”はかない恋”」と言いヨウムを見てると、前のヨウムの所有者の伊勢がやってきました。

伊勢の顔を見ると、ヨウムは「あきのり、だいじょうぶ、げんきだせ」と繰り返ししゃべりだしました。

隣にいた須藤は、断片的に頭を打たれた事件の日のことを思い出し、そして、石松を見ても頭痛は起きませんでした。

須藤は、屋上に石松を呼び出したい焼きを差し出し事件の日、石松のサプライズで行うバースデーパーティーためにたい焼きを買っていたのを思い出したんです。

石松が大好きなたい焼きを買ってくるのが須藤の役だったようで、須藤が撃たれた日、何も知らずに家に帰った石松はサプライスパーティーをしり、その場で須藤が撃たれ病院に運ばれたことを知り、自分が早く帰らなければ、たい焼きが好きじゃなければとずっと後悔していたのでした。

そして石松は「ねぇ、須藤さん、いつかまた捜査一課に戻ってきてくれますよね、待ってますよ!俺は須藤さんの相棒ですから」と笑いながらそして少し涙しながらたい焼きを食べました。

良かった、良かった、まだ全部じゃないけれど石松との思い出がよみがえってくれて本当に良かった(涙)

その様子を見ていた弘子と圭子はうれしい時も涙が出ると話し、人間って面倒くさいですねと、そして朝顔の花言葉をもう一つ思い出したと圭子が言いそれは「固い絆」といいました。

ドラマ『警視庁いきもの係』第5話(前回)ネタバレ&感想はこちら

ドラマ『警視庁いきもの係』第7話(次回)ネタバレ&感想はこちら

ドラマ『警視庁いきもの係』視聴率一覧はこちら

スポンサーリンク

『警視庁いきもの係』6話ネットでの感想や評価

オウムは知っていましたがヨウムは知りませんでした、いろんな動物が出てきてお勉強になります!

日塔さん曰く、巨大なインコそれがヨウム(笑)

みなさん!動物当てクイズ正解しましたか?

着ぐるみの頭を外すのは子供の夢を壊しますが、今回に限り許します♡

ドラマ『警視庁いきもの係』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法は?

ドラマ『警視庁いきもの係』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンド(FOD)は、現在31日間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『警視庁いきもの係』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

また、フジテレビは2017年夏の月9『コード・ブルー3』でなんとしても、月9ドラマ視聴率復活のきっかけにしたいと考えていることもあり、これまでに放送された『コード・ブルー』シリーズ全話が期間限定で見放題というキャンペーンも行っているので、今のうちに是非チェックしてみてください!

[PR]フジテレビオンデマンド(FOD)はこちら

※紹介している情報は2017年7月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

『警視庁いきもの係』7話のあらすじ

古い一軒家にひとりで住む高齢男性の川田(秋間登)が、首を絞めて殺された。発見したのは、友人の戸村(坪谷隆寛)で、戸村は川田が飼っていたピラニアを見せてもらうため自宅を訪ねた、と証言した。

須藤(渡部篤郎)と圭子(橋本環奈)は、ピラニア保護のため川田宅へ。そこで、日塔(長谷川朝晴)から、水槽の底に沈んでいるものを取るよう指示される。圭子が取ると、それは、戸村が勤める宅配会社の社章だった。石松(三浦翔平)は、戸村がピラニアを巡り川田ともめていたこと、さらに、周囲の防犯カメラに、戸村が川田の家に石を投げつける様子も映っていた、と説明した。

事件からさかのぼること2週間前、川田宅の近所の公園の池にピラニアが放流され、その後、区役所に「公園で遊ぶ子どもの声がうるさい」と苦情が寄せられるという騒動が起こっていた。須藤は、この“いかにも川田の犯行”と思える事件の流れを不審に思う。
川田宅の水槽を見ていた圭子は、「ナッテリー」という初心者向けのピラニアの状態が悪いことに気づく。水槽や設備が新しいのを見ても、ピラニア飼育のベテランの川田がナッテリーを飼い始めるとは思えない、と圭子は須藤に話した。ふたりは、近くでピラニアを扱っているペットショップへ行き、オーナーの草野(夕輝壽太)に聞くと、草野は川田をよく知っていると答えた。やがて、動物に関する知識が豊富な草野と圭子は意気投合し、草野は圭子をデートに誘う。

公式サイトから引用)

次回の動物キーマンはピラニア!?

熱帯魚が教えてくれる真実とはいったい…

そして、ついに圭子に恋!?

気になる見所はたくさんありそうですが、個人的には日塔さんの圭子への片思いがいつか実ってくれることを隠れながら願っているのはわたしだけでしょうか?

色んなマニアな趣味を持つ日塔さんと動物マニアな圭子…お似合いだと思うんですけど!

そのへんも楽しみに次回放送まで楽しみに待ちたいと思います。

まとめ

今回のお話はなんだかジ~ンとしてしまいました。

石松の須藤を思う気持ちがたい焼きの真実により記憶を取り戻してくれなんでしょうね(涙)

最後の石松のうれしそうな顔が、朝顔の花言葉固い絆にぴったりでしたね!!

また、動物の気持ちはわかるけれど、人間の気持ちは理解できない圭子の不思議ちゃんっぷりが最後までブレずにいい感じでした。

このドラマでは、動物の色々な生態や飼育法など教えてもらえたり、あまり身近にいない動物たちもたくさん出てきてそれだけでも楽しく見れるのですが、やはり登場人物の人間味あふれる姿には胸が熱くなってしまいます。

それではまた次週を楽しみに待ちたいと思います。

ドラマ『警視庁いきもの係』第5話(前回)ネタバレ&感想はこちら

ドラマ『警視庁いきもの係』第7話(次回)ネタバレ&感想はこちら

ドラマ『警視庁いきもの係』視聴率一覧はこちら

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA