警視庁いきもの係2話ネタバレと感想!無料見逃し動画情報も

  • この記事を書いた人:YUKIKO

ドラマ『警視庁いきもの係』第2話に登場する動物はペンギンです!!

橋本環奈ちゃんの愛くるしいまなざしがどんな風にペンギンに向けられ、どんな事件をどんな風に解決していくのかとっても楽しみです。

今回も渡部篤郎さん演じる須藤の親父ギャグが炸裂するのか見ものです(笑)

では早速ネタバレ、感想ありでお届けしたいと思います。

ドラマ『警視庁いきもの係』2話のネタバレと感想をお届けしていきます!

ドラマ『警視庁いきもの係』第1話(前回)ネタバレ&感想はこちら

スポンサーリンク

『警視庁いきもの係』2話ネタバレと感想

須藤(渡部篤郎)と圭子(橋本環奈)は大手食品グループ会長・藤原の自宅へと来ていました。

ペンギンがいるとのことでとっても嬉しそうな圭子に反し、ダウンコートに身をくるんだ須藤、「暑くないですか?」という圭子に「これでも心配なくらいだ」と薄着で来ている圭子にしてやったり顔。

ペンギンの様子を中に入ってみたいという圭子に須藤は極寒の世界で暮らすペンギンのいるところに入るのに薄着で入ろうとする圭子に凍ったバナナで釘が打てるほど寒いところで過ごしているんだぞ!とたしなめますが圭子はここで買われているのはケープペンギン、別名アフリカペンギンで南極に生息しているのはエンペラーペンギンや皇帝ペンギンと動物オタクっぷりを発揮します。

ダウンコートなんて全く必要がないことを知っていた圭子に須藤は「もっと早く教えろ」と不満げながらも事件の概要を話し始めます。

ペンギン=寒いって普通思いますよねぇ、ダウンコート着る気持ちわかります(笑)

ペンギンの餌やりをしているところ足を滑らしそのまま池に顔を沈めて溺死しているのを、妻の亜紀子が発見。

警察は、藤原がペンギンの世話をしている時に足を滑らせて後頭部を強打し、池に落下と断定したと話すと、藤原の遺体写真をみた圭子は、藤原がペンギンの世話をしていたとは思えない、事故ではなく他殺の可能性があるといい須藤を困らせます。

3時間前、総務部総務課に石松(三浦翔平)がやってきて大手食品グループ会長溺死事件の資料を持ってきて今度はペンギンのお世話という話をしていると弘子は(浅野温子)が「そこってレストランや居酒屋チェーンの?」と嬉しそうに話に入ってきて自分はそこによく行く!とハイテンション。

上からのお達しでペンギン屋敷のペンギンのお世話を頼まれたのでいきもの係にお願いしたいとのことでした。

いやいやタクシーで藤原邸に向かう中、圭子は嬉しそうにペンギンについて語りますが須藤は興味のない様子でした。

そして残されたペンギンを保護するために、須藤と圭子が藤原宅を訪ねるとそこに四十万拓郎巡査(横山だいすけ)が現れこの屋敷は相当広いので母屋まで案内するといいながら昔の須藤と一緒に捜査した事件の事を話し始めますが須藤は思い出せないまま話を適当に合わせ去っていきます。

ちょっとの時間ですがダイスケお兄さんが出るのが待ち遠しく感じるくらいインパクト大!!

事件ファイルを見た圭子は藤原の遺体の写真の腕を見て、ペンギンのお世話をしているのにあまりにも手がきれいすぎると疑問を抱き、「ペンギンのくちばしはかなり鋭く、動きは速いし、力も強いので気を付けていてもエサやりの時に傷がついてしまう、だから傷がついていないということは普段エサやりをしていない証拠になります」というと須藤は「右の指先に切り傷がある」と言いますがそれは関係ないと言い切ります。

つまり、ペンギンのお世話をしていないのにペンギンの飼育室でなくなっているのはおかしいと圭子は言うのです。

飼育室に入った須藤は「強烈だな」とペンギンのにおいがキツイことを言うと圭子は「ペンギンです!」と嬉しそう。

捜査一課の鬼頭勉管理官(寺島進)に石松和夫巡査部長(三浦翔平)が須藤が今回の事件を引き受けた報告をすると鬼頭は「生き物の世話という名目でも事件性があれば須藤は動くだろう」というと石松は「思惑通りですね」と何やら意味深な発言をします。

鬼頭勉管理官がこのまま何もないなんてことはありませんよねぇ、何を企んでいるのか気になります!!

室温23度、に日差しの入るサンルーフによく管理されていると関心の圭子は掛けてあった作業着をクンクンとにおい始めます。

作業服を見た圭子は、それが藤原が着ていたとは思えない大きなサイズだと気づき作業着にペンギンの匂いがしっかりと染みついていたことから、この作業服を着ていた人物こそが、藤原の代わりにペンギンの世話をしていたのではないかと推測します。

その時飼育室を見ていた男の姿を見た須藤は話しかけます、男は藤原の秘書の久慈(小柳友)といいペンギンにエサをやろうとやってきたといいます。

その様子を見た圭子は久慈に近寄ると、クンクンと匂いをかぎ始め「腕を見せてください」と腕を確認すると無数の傷が…

そして最後にエサをあげた時間を聞き、ペンギン達がお腹を空かしているからエサをあげると言いますが須藤に今あるやつはあげられないと言われ新しく注文した魚をあげることにします。

注文した魚が届くと、久慈は金属探知機で魚を調べ始めると須藤は「なぜ金属探知機?」と不思議そうに聞くと圭子は「魚が釣られる時に使う針などが残ったままペンギンにあげるとペンギンは魚を丸のみするので危険」と答えます。

へぇなるほどって思わず感心しちゃいました、動物の知識が入ってくるのもこのドラマのいいところですよね。

久慈と圭子がペンギンにエサをやっている様子を須藤が眺めているとそこに亜紀子の兄の青木(勝矢)が来て「久慈のやつ藤原会長が死んだのに楽しそうだな」といい自分は藤原会長にはお世話になりペンギンを見ているといろいろ思い出すと歓喜深げに話します。

久慈は2年前から藤原会長の秘書として働くようになり、もともとは飼育員になりたがっていたが飼育員になるのは狭き門で、藤原会長と久慈の父親が知り合いだったことから、ペンギンのお世話を久慈がするようになったと聞きます。

そこに亡くなった藤原の妻の亜紀子と顧問弁護士の多田が来て自分は久慈の事は反対をしていて、夫は久慈に殺されたと言います。

そんな中圭子は、皆のにおいをクンクンと嗅ぎはじめ怒られます。

青木の携帯に電話が入り不動産会社との打ち合わせに行くと屋敷を出ようとしたときに亜紀子に「兄さん腕のカフスは?」と聞かれ青木は「どこかで落としたみたいだ特注品だったのにな」と言って去って行ってしまいます。

屋敷を出た須藤と圭子は歩きながら亜紀子、青木、多田からはペンギンのにおいはせず、久慈だけがペンギンのにおいがしたので日常的にペンギンの飼育室に入っていたのは久慈だけだと圭子は言い、「においはうそをつきませんから」と言い切ります。

総務部総務課、警視庁いきもの係に戻った須藤と圭子は、石松(三浦翔平)から詳細を聞き事件を整理していくと、青木は多額の借金があり、久慈は藤原から叱責されることが多かったと聞きます。

他殺であれば、死亡推定時間に自宅にいた亜紀子、藤原の秘書の久慈(小柳友)、亜紀子の兄の青木(勝矢)が容疑者となりその中でも藤原会長から叱咤されていたことから弘子は、それを恨んでの久慈の犯行なのかもと聞くが須藤は何かが引っかかるも刑事の勘だとは言い出せずに黙ってしまいます。

通常のドラマは刑事の勘ってよく使いますけどね(笑)

亜紀子夫人と青木と個別に話を聞くために屋敷に向かおうとすると日塔警部(長谷川朝晴)に出くわし操作の邪魔をするなと小言を言われますが、圭子の姿を見つけた日塔は圭子にダムに一緒に行かないかと誘うも断られてしまい去っていきます。

屋敷に着き、青木を見つけた須藤は青木が一緒にいてた女性が昨日の電話の不動産会社の人だと聞き、「早急に決めたい話があるので…」と言います。

「なぜまだこの屋敷に泊まっているのか?」と聞くと「妹の暁子が心配だから」と答え、久慈が藤原と口論になっていたことを話します。

石松から連絡が入り、亜紀子と藤原は仮面夫婦で離婚寸前、しかも亜紀子は弁護士の多田不倫をしていたことがわかります。

それぞれに藤原殺人に関する疑わしい事情が出てきた中、圭子は「信じられるのはペンギンだけですねと」ペンギンをているとと気になる手形があることに気が付きます。

その時日塔がやってきて久慈を任意同行し、ここからは自分たちが捜査をすると言います。

捜査から外されてしまった須藤はペンギンのことばかり気にする圭子に苛立ちながら歩いていると、建設断固反対の旗を見つけそこに先ほど青木と一緒にいた女性の姿を見つけます。

青木が持っている土地にマンション建設の話をしていたのだが周辺住民の反対があり、通常こんなことはありえず、ある強力なところからの圧力がかかっていて売ればいい価格になるにもかかわらずいつも契約には至らないことを聞きます。

この場所に大きなマンションが建つと藤原邸が日陰になってしまうことに気付いた圭子に須藤は何か気づき弘子に電話で頼みごとをします。

弘子は言われたことを調べ、このマンション建設が上手くいかない土地は、亜紀子が青木に譲った土地だということがわかり「やっぱりそうか!」と何かに気付いたようでした。

状況証拠だけが揃っていく久慈に違和感を感じていた須藤は久慈は犯人じゃないと言い、圭子もまた久慈がペンギンのお世話を心底していたことからペンギンの飼育室で犯行を行うとは考えにくいと言います。

そして須藤は犯人は青木だと言い、動機は土地売買とペンギンだと言います。

久慈の無実と青木の犯人である証拠を探すために藤原邸にきた二人はまず、青木と藤原が言い争いになりその際に着いた手形、そして何とか逃げた藤原氏はバックヤードに隠れるも、殺されてしまうと思い犯人を知らせる証拠を犯人に気づかれないように隠したのではないかと、証拠を探します。

圭子は、本当だったら昨日ペンギンに与えるためにあった魚が怪しいと調べると魚の口の中には青木のなくしたはずのカフスが出てきます。

まさか!!ここにカフスとは…


青木は偽装工作し事故に見せかけるようにしていましたが、藤原氏は翌朝久慈がペンギンのエサやりで金属探知機でこのカフスを見つけてくれることに賭けたんだと推測します。

そこにナイフを持った青木が現れ「カフスをよこせ」と言い二人とも殺してやると襲い掛かってきます、危機一髪のところで圭子が投げた凍った魚で青木を抑えることができました。

無罪だった久慈はこれからどうしようと悩んでいると、そこに水族館のスタッフが来て藤原氏から推薦状が届いていたことを話し、ぜひうちに働きに来てくれないかと誘われます。

いつも藤原氏には叱られてばかりいたけれど自分の事を考えていてくれていたことがわかり久慈は、藤原氏の飼っていたペンギンたちも一緒に連れていきたいと願い出ました。

そして石松から、青木が罪を認めたことを聞き、そして次の動物のお世話はヘビと聞かされたところで今回は終わりました。

へび…これはキツイ任務となりそうですね。

ドラマ『警視庁いきもの係』第1話(前回)ネタバレ&感想はこちら

ドラマ『警視庁いきもの係』第3話(次回)ネタバレ&感想はこちら

ドラマ『警視庁いきもの係』視聴率一覧はこちら

スポンサーリンク

『警視庁いきもの係』2話ネットでの感想や評価

見た目の可愛い環奈ちゃんとキャラの可愛い渡部さん!どっちもいいですよねぇ!!

環奈ちゃんと石川恋ちゃんがヘビ好きな役で大健闘!見ものですね。

ダイスケお兄さんの登場シーンが毎回楽しみな私…数え天狗もびっくりなほどの豊かな表情に癒される(笑)

ドラマ『警視庁いきもの係』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法は?

ドラマ『警視庁いきもの係』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンド(FOD)は、現在31日間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『警視庁いきもの係』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

また、フジテレビは2017年夏の月9『コード・ブルー3』でなんとしても、月9ドラマ視聴率復活のきっかけにしたいと考えていることもあり、これまでに放送された『コード・ブルー』シリーズ全話が期間限定で見放題というキャンペーンも行っているので、今のうちに是非チェックしてみてください!

[PR]フジテレビオンデマンド(FOD)はこちら

※紹介している情報は2017年7月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

『警視庁いきもの係』3話のあらすじ

山脇という男性が海に投身自殺し、残されたペットの蛇を須藤(渡部篤郎)と圭子(橋本環奈)が保護することになった。

須藤と圭子、蛇好きの弥生(石川恋)の3人で、山脇宅を訪ねると、ゴミ溜めのような室内の奥の飼育部屋に蛇が2匹いた。

珍しい蛇にテンションがあがる圭子と弥生とは逆に、須藤は腰が引ける。

圭子は、飼育部屋の環境や蛇の状態から、山脇が愛情を持って蛇を育てていたと分析。ここまで蛇に愛情を注いでいた人が自殺するのはおかしい、と須藤に話した。

須藤は、それを石松(三浦翔平)に報告。すると、石松も、自分にも引っかかっていたところがあると明かした。

山脇が自殺したと思われるのは6月15日で、遺体の発見は19日。しかし、17日に隣人が山脇を見たと証言している、というのだ。

翌日、再び山脇宅に入った須藤と圭子は、浴室のカーテンに血痕が付いているのを見つける。

須藤は、何者かが山脇を浴室で殺害し、自殺に見せかけるため、海岸に運んだのかもしれない、と推測。

そんな時、圭子が見つけた便せんを見た須藤は、最初のページを鉛筆でこすった。すると、あるメッセージが浮かび上がった。

同じ頃、石松、日塔(長谷川朝晴)、桜井(清原翔)は、10年前に起こった強盗傷害事件を追っていた。

時効が3日後に迫った今、食い逃げ事件の現場から採取された指紋が、10年前の事件の容疑者と一致したのだ。そこへ、石松に須藤から連絡が入り…。

公式サイトから引用)

次回のキーマンはへび!!

見る分には平気ですが触れない私としては、ヘビ好きなキャラの圭子、弥生(石川恋)は体張ったなーと関心です。

実際もヘビ好きなら楽しい撮影なのでしょうが…

まとめ

今回のストーリーはなんだか犯人が最初からすぐに見当がついてしまう感じで物足りなさを感じたのは私だけでしょうか?

もう少し、環奈ちゃんとペンギンによる推理があっても良かったような…

やっぱりペンギンと絡むというのはちょっと難しかったのかもしれませんね(苦笑)

次回の動物はヘビです!環奈ちゃんヘビ大丈夫なんでしょうかっ!!

昔はよく見かけたチャウチャウ犬も予告では出ていたのでどんな展開になるのかまた次週楽しみに待ちたいと思います。

ドラマ『警視庁いきもの係』第1話(前回)ネタバレ&感想はこちら

ドラマ『警視庁いきもの係』第3話(次回)ネタバレ&感想はこちら

ドラマ『警視庁いきもの係』視聴率一覧はこちら

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA