ハロー張りネズミ風かほる役女優は山口智子!ドラマ出演いつぶり?

  • fodoctor
  • この記事を書いた人:Ryota

『島耕作』シリーズでその名を知られる弘兼憲史さんが、1980年代に『週刊ヤングマガジン』にて連載していた同名マンガを原作とするTBS金曜ドラマ『ハロー張りネズミ(ハロネズ)』。(TBS:毎週金曜夜10時より放送開始予定)

瑛太さんを主演に迎えた豪華キャスト陣には、2015年のフジテレビドラマ『心がポキッとね』以来約2年ぶりの連続ドラマ出演となる山口智子さんも名を連ねており、大きな注目が集まっていますね!

こちらの記事では、そんな山口智子さん(風かほる役)にスポットを当てていきたいと思います!

スポンサーリンク

2017夏ドラマ『ハロー張りネズミ』風かほる役は山口智子さん

まずは、山口智子さんのプロフィールについて簡単にご紹介していきたいと思います。

山口智子(やまぐち ともこ)さんは、1964年10月20日生まれで現在52歳。(所属事務所:研音)

1986年に東レ水着キャンペーンガールとして芸能界デビュー。翌年にはアサヒビールのキャンペーンガールも務め、人気を博しました。

1988年にはNHK連続テレビ小説『純ちゃんの応援歌』でいきなり主演に抜擢され、女優デビュー。

以降、フジテレビドラマ『同・級・生』(1989)や『過ぎし日のセレナーデ』(1989)、『もう誰も愛さない』(1991)などに出演を果たします。

1992年の日本テレビドラマ『いとこ同志』からは、『ダブル・キッチン』(1993)、『スウィート・ホーム』(1994)、『29歳のクリスマス』(1994)と立て続けにトレンディドラマで主演を務めることに。

1995年には俳優の唐沢寿明さんと結婚。同年には三谷幸喜さんが脚本を手掛けた『王様のレストラン』にも出演し、大好評を博しました。

1996年にはあの伝説的ドラマ『ロングバケーション』で葉山南役を演じ、今でもこのイメージが鮮烈に残っているという方も多いでしょう。

この年以降、徐々に女優業を縮小。単発ドラマ『向田邦子の恋文』(2004)や『崖の上のポニョ』(2008)で声優を務めることなどはありましたが、連ドラへの出演はありませんでした。

そして2012年秋、フジテレビ系ドラマ『ゴーイング マイ ホーム』でなんと『ロングバケーション』以来16年ぶりの連続ドラマ出演でカムバックを果たした山口智子さん。

2015年には、日本テレビの『心がポキッとね』にもメインキャストとして名を連ね、変わらぬ存在感を発揮していましたね。

本作『ハロー張りネズミ(ハロネズ)』は、そこからさらに2年ぶりとなる連続ドラマということで、一体どんな姿が見られるのか…今からもう楽しみです!

スポンサーリンク

2017夏ドラマ『ハロー張りネズミ』風かほるはどんな役?

こちらでは、ドラマ『ハロー張りネズミ(ハロネズ)』で山口智子さんが演じる風かほる(かぜ かおる)の役柄について見ていきたいと思います。

ドラマ『ハロー張りネズミ』は、『島耕作』シリーズでお馴染みの弘兼憲史さんの同名マンガを原作としており、演出・脚本を担当するのは大根仁さんです。

ドラマ公式サイトでは、イントロダクションとして以下のように記載されていました。

東京都板橋区の下赤塚にひっそりと事務所を構える「あかつか探偵事務所」。誰も引き受けたがらない面倒な案件ほどやりたがる、という一風変わった探偵「ハリネズミ」こと七瀬五郎とその仲間たちが、ときには人情味あふれた哀しい事件を、またあるときには想像を超えた難事件に挑んでいきます。
(公式サイトより引用)

山口智子さんが演じるのは、「あかつか探偵事務所」所長の風かほる(かぜ かおる)

所員には七瀬五郎(瑛太)やその相棒・木暮久作(森田剛)がおり、かほるは彼らの奮闘ぶりを温かく見守っていくことになります。

2人の所員からは厚い信頼を寄せられる人格者である一方、昼間から酒を浴びるような豪快さも持ち合わせているキャラクターのようですね。

そのためか、未だに独身で、かほるの過去についても全く分からないのだそう。

もしかしたら、ドラマの中でその「過去」が明らかになっていくことになるのかもしれませんね。

今回2年ぶりの連ドラに挑む山口智子さんは、このように意気込みを語っておられました。

子供の頃、“探偵モノ”のテレビドラマが大好きで、「あんな大人になりたいな」と思いながら育ちました。人生の機微や、社会の枠に捕われず立ち向かう勇気を、探偵ドラマに教えていただいたように思います。
今回、最年長の「所長」としての私は、丹波哲郎さんや石原裕次郎さんのようなボス的役割を担う立場ではありますが、瑛太さん、森田さん、深田さん、そして大根監督、若い皆さんがとても頼もしいので、思い切り甘えさせていただきながら、スカっと壮快、かつヒューマンなドラマに挑んでゆきたいです。
(公式サイトより引用)

山口智子さんがおっしゃるように、『キイハンター』や『Gメン』シリーズの丹波哲郎さん、あるいは『太陽にほえろ!』の石原裕次郎さんが演じた「ボス」的存在のようになっていくのかも注目ポイントですね!

ただし、原作では「28歳の独身女性」という設定なので、その辺りを原作ファンがどう捉えるのかという点も大きく作用してくるかもしれません。

いずれにせよ、どのように「風かほる」を人物像を描き出してくれるのか…注目して見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

ドラマ『ハロー張りネズミ』に出演する山口智子さんへのネット上の反応は?

まずはコチラから。『ハロー張りネズミ』に山口智子さんが出演するという一報(おそらく6月17日放送の『王様のブランチ』)を受け、このような喜びのツイートが多数寄せられていました!

さらにこちらの方のように、番宣で『王様のブランチ』(6月17日放送分)に出演したこともあり、今後のテレビ出演にも期待が高まってきますね!

ちょー久しぶりでもないんですが(笑)、約2年ぶりの連ドラ出演になりますね。

やはり『ロングバケーション』以降、『ゴーイング マイ ホーム』と『心がポキッとね』の2本しか連ドラ出演がないことで、このように感じてしまうのも十分理解出来ますねー。

今の若い方の中には山口智子さんのことを知らない方たちもかなり多くいらっしゃるとは思いますので、一体どのような演技を披露してくれるのか…

要注目です!

ドラマ『ハロー張りネズミ』山口智子さん(風かほる役)の演技評価や感想は?

ドラマ『ハロー張りネズミ(ハロネズ)』で山口智子さんが演じる風かほる役の演技評価や感想はドラマ放送開始後、随時アップいたします!

まとめ

『ハロー張りネズミ(ハロネズ)』という作品、実は過去にも何度か映像化されているのですが、なんと最初に映画化(1991年)された時に主役の五郎を演じたのが唐沢寿明さんだったのです。

そして、今回同じ作品で今度は所長役として山口智子さんが出演するというのは、なんとも運命的というか…

不思議な巡り合わせですよね。

そんな注目のドラマ『ハロー張りネズミ』は、2017年7月14日(金)夜10時00分よりスタートします(初回15分拡大)。ぜひお見逃しなく!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA