ハロー張りネズミ1話の感想。瑛太が太った?エンディングかっこいい!

  • この記事を書いた人:しいろ

2017年夏ドラマ、瑛太さん主演の『ハロー張りネズミ』の1話が、2017年7月14日(金)に放送されました。

ドラマ『ハロー張りネズミ』第1話の感想を多少のネタバレありで、ご紹介していきます!

スポンサーリンク

『ハロー張りネズミ』1話の感想(ネタバレあり)

『ハロー張りネズミ』は『島耕作シリーズ』でお馴染みの弘兼憲史先生の同名マンガ(1980年〜1989年連載)を原作にしたドラマで、脚本・演出は映画『モテキ』、ドラマ『まほろ駅前番外地』などの手がけた大根仁さんが担当されます!

昭和の雰囲気を残したノスタルジーを感じさせるコミカルな演出は、どこか『まほろ駅前番外地』を感じさせるような気がしました。

1話では、瑛太さん演じる主人公・ゴローが所属する「あかつか探偵事務所」に、「死んだ娘を探してくれ」という変わった依頼が舞い込んできました。

余命1ヶ月の妻に「娘は生きている」と嘘をつき、せめて亡くなる前に一目会わせたい…というのが依頼内容でした。

ゴローと、同じく「あかつか探偵事務所」の所員であるグレ(森田剛さん)はテレビ局の伝をたどって子役を探したりもしたものの、なかなか理想通りの子どもに巡り会えずにいた中、ゴローとグレは依頼人の娘にそっくりな少女・遥(三本采香さん)と出会います。

当初は2人の話を拒否していた遥ですが、ゴローの必死な想いが通じ、依頼に協力してくれました。

遥が「ママ、死なないで」と泣くシーンは涙なしでは見られませんでしたね…。

そして最終的には、依頼人に引き取られることとなった遥。

今度こそ幸せに暮らして欲しい…と思いますが、所長・かほる(山口智子さん)の「(娘の)代用品なんじゃないの?」というセリフには、考えさせられましたね。

これが本当に、2人のためになるのか…。

それはグレの言う通り、「なるようになる」しかないのだとは思いますが…。

個人的には、似ていても本当の娘ではないという部分にいつか引っかかりを感じたとしても、ゆっくりでいいから『家族』になって欲しいなあ…と思います。

1話から、コミカルな演出を入れつつも考えさせられるテーマを入れてきた『ハロー張りネズミ』。

今後はどのようなテーマを扱っていくのか楽しみです!

ドラマ『ハロー張りネズミ』第2話(次回)のネタバレ&感想はこちら

ドラマ『ハロー張りネズミ』視聴率一覧はこちら

スポンサーリンク

ドラマ『ハロー張りネズミ』1話のネットの感想や評価は?

やはり、『まほろ駅前シリーズ』に雰囲気が似ている!という感想も多く見られました。

瑛太さん主演×大根仁さん脚本・演出のため、ついつい思い出してしまいますよね。

東京の中でもどこか昭和の雰囲気が漂っているところや、事務所の雰囲気(『まほろ駅前〜』は探偵事務所ではなく便利屋ですが…)も、どことなく似ています!

現代の小ネタも交えつつ、一昔前の小ネタもたくさんあって探すのが楽しいドラマでしたね!

個人的には『家なき子』のパロディ『米なき子』が好きでした(笑)

今後もこのようなパロディを織り交ぜて視聴者を楽しませて欲しいですね!

瑛太さんが太ったという感想も割と多く見られましたね…

瑛太さんは線の細い、繊細なキャラクターという印象が強かったので、確かに違和感を感じるのも分かりますが、『ハロー張りネズミ』の七瀬吾郎役はハマっているので、ここから俳優として新たなポジションを築いていくかもしれません!

エンディングテーマの『ユメマカセ / SOIL&”PIMP”SESSIONS feat. Yojiro Noda』への反応も非常に多かったですね。

Suchmos・ぼくのりりっくのぼうよみ・Nulbarich(ナルバリッチ)に代表される、2017年トレンドの気だるいアシッドジャズテイストをSOILとRADWIMPS野田洋次郎さんという超ハイレベルな組み合わせでやれば、それゃ名曲になるでしょ…と見ていてつい笑ってしまうくらいのかっこよさでした。

『セシルのもくろみ』もエンディングが好評でしたが、2017年夏ドラマのベストEDは『ハロー張りネズミ』に決定っぽいですね!

関連記事:ハロー張りネズミ主題歌歌詞と発売日!SOIL×RAD野田『ユメマカセ』

『ハロー張りネズミ』見逃し動画を無料で見る方法は?

『ハロー張りネズミ』は放送終了後、1週間はTverで限定無料配信されますが、その後は削除されてしまいます。

1週間以上経過した回を安全かつ無料で見る方法はU-NEXTがオススメです

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『ハロー張りネズミ』はポイントレンタル配信されているので、

登録時にもらえる600ポイントを使えば無料で『ハロー張りネズミ』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

U-NEXT31日間無料お試しはこちら

※紹介している情報は2017年7月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

ドラマ『ハロー張りネズミ』2話のあらすじは?

2017年7月21日(金)22時より放送のドラマ『ハロー張りネズミ』第2話のあらすじをご紹介します。

ある日、「あかつか探偵事務所」を一人の女性が訪ねてきた。

ゴロー(瑛太)とグレ(森田剛)が依頼内容を聞くと、四俵蘭子(深田恭子)と名乗る女性は、25年前の新聞記事を手渡した。

そこには「サンダー貿易副社長・自殺」の記事が。

副社長が飛び降り自殺したという報道だが、本当は殺されたと主張する蘭子は、殺された四俵乙吉(平田満)は自分の父だという。

ただならない依頼だと感じ取ったかほる(山口智子)は、全てを聞かずに蘭子の話を遮り断ってしまう。

失意に暮れて商店街を駅へと戻る蘭子だったが、その蘭子をゴローが呼び止める。

「困っている美人は放っておけない」というゴローは、蘭子から25年前に起こった事件のあらましを聞く。

それは、サンダー貿易の贈収賄および詐欺事件に関することだった。

なぜ蘭子の父・乙吉は殺されなければならなかったのか!?

そんな中、ゴローと蘭子は南(リリー・フランキー)という男と接触する……。

公式サイトより引用

まとめ

『ハロー張りネズミ』1話のネタバレあり感想と2話のあらすじを紹介しました。

お調子者でも実は熱い部分がある…というゴローは、瑛太さんにとってハマり役と言っていいのでは?と思うくらいにぴったりな役でした!

相棒ポジションのグレを演じる森田剛さんや、かほるを演じる山口智子さんの演技もとても味がありましたね。

また、王道な展開ながらもしっかりと泣かせる部分もあり、プライムタイムのドラマながら深夜ドラマの雰囲気があって、金曜日の夜というゆったりした時間帯に観るにはぴったりなドラマなのではないでしょうか。

2話では、1話でも少々顔を覗かせていた深田恭子さん演じるミステリアスな美女・蘭子が本格的に関わってくる予感です!

父親の自殺について疑問を持っている蘭子のようですが…。

そこに隠された秘密とは、一体どのようなものなのでしょうか?

『ハロー張りネズミ』、2話も絶対見逃せません!

ドラマ『ハロー張りネズミ』第2話(次回)のネタバレ&感想はこちら

ドラマ『ハロー張りネズミ』視聴率一覧はこちら

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA