ごめん愛してる坂口健太郎は本当にピアノ弾いてる?演技評価や感想も

  • fodoctor
  • この記事を書いた人:Ryota

2017年夏のTBS“日曜劇場”では、韓国で2004年に放送され大ブームを巻き起こした同名作品の日本版リメイクドラマ『ごめん、愛してる』が放送されることが決定しています。

TOKIOの長瀬智也さんを主演に迎え、ヒロインに吉岡里帆さん、その他にも大竹しのぶさんら豪華なキャストが集結しており、ますます盛り上がりを見せていますね!

こちらの記事では、そんな豪華な面々の中で日向サトル役として登場する坂口健太郎さんにスポット当てていきたいと思います!

スポンサーリンク

2017夏ドラマ『ごめん、愛してる』日向サトル役は坂口健太郎さん

まずは、坂口健太郎さんのプロフィールについて簡単にご紹介していきたいと思います。

坂口健太郎(さかぐち けんたろう)さんは、1991年7月11日生まれで現在25歳(ドラマ放送時には26歳)。(所属事務所:トライストーン・エンタテイメント)

その他の詳細なプロフィル―については、所属事務所HPにて以下のように紹介されています。

血液型:O型
出身:東京都
趣味・特技:読書、バレーボール
身長:183cm
(トライストーン・エンタテイメント公式HPより引用)

2010年、第25回『MEN’S NON-NO モデルオーディション』に合格。モデルとして芸能活動をスタートさせました。

2014年には映画『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』で俳優デビュー

翌2015年には『娚の一生』を皮切りとして、『ヒロイン失格』など多数の映画作品に出演を果たします。

同年には24時間テレビの『母さん、俺は大丈夫』でドラマ初出演。秋クールの『コウノドリ』では連続ドラマ初出演を飾りました。

さらに10月には、映画『俺物語!!』にて初主演(鈴木亮平さん、永野芽郁さんとトリプル主演)を務め、第11回おおさかシネマフェスティバル新人男優賞を受賞するなど俳優としての評価を高めることに。

2016年に入っても巣の勢いはとどまることを知らず、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』や『重版出来!』、NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』など、立て続けに出演を話題へと出演を果たします。

同年の映画『64-ロクヨン- 前編/後編』では、第40回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、注目を集めました。

本年(2017年)にもすでに、日本テレビドラマ『東京タラレバ娘』や主演を務めた映画『君と100回目の恋』など、俳優デビューからわずか3年に満たない中で濃厚なキャリアを築き上げていますね。

今回の『ごめん、愛してる』以降も、『ナラタージュ』(10月7日公開予定)や主演映画『今夜、ロマンス劇場で』(2018年公開予定)の公開も控えており、今後の活躍からも目が離せません!

スポンサーリンク

2017夏ドラマ『ごめん、愛してる』日向サトルはどんな役?

こちらでは、ドラマ『ごめん、愛してる』で坂口健太郎さんが演じることになる日向サトルの役柄について見ていきましょう。

まず、『ごめん、愛してる』は、2004年に韓国で放送されていた同名作品の日本版リメイクにあたるものです。

ドラマの公式サイトでは…

誰にも愛されたことがない男は、自分を捨てた母に復讐を誓った…
そして、運命の出会い
男は、生まれて初めて人を愛すること、愛されることを知る…
愛する人を求め、母親を求める男の物語
(公式サイトより引用)

主演を務める長瀬智也さんは、ここで紹介されている「誰にも愛されたことがない男」岡崎律(おかざき りつ)役として登場します。

幼い頃に母親に捨てられた律は、ある経緯から(韓国の)裏社会で生き抜くことに。

そして彼を捨てた母親というのが、大竹しのぶさんが演じる元一流ピアニストの日向麗子。

その麗子の息子が、今回坂口健太郎さんが演じることになる日向サトルなのです。

母親からピアニストとしての英才教育を施されたサトルは、卓越した演奏技術に加え端正な顔立ちから絶大な人気を誇るアイドルピアニストとして活躍しているというキャラクター。

坂口健太郎さんご本人は、「サトル」の人物像について…

サトルは一見、屈託のない姿で人々を魅了しますが、どこか悲しく、寂しそうな印象も受けました。まずは彼を知って、自分に重ねて、サトルにとっての愛の形、姿を見せられるように精一杯お芝居をしたいと思います。
(公式サイトより引用)

…このようにコメントを残されています。

サトルという人物の裏側に隠された影の部分を一体どのように表現してくれるのか、興味深い所ですね。

吉岡里帆さんが演じる幼馴染の三田凜華から恋心を抱かれる一方で、サトル自身はクールで個性的なサックス奏者・古沢塔子(大西礼芳)に夢中になるという展開も用意されており、この恋模様についても注目です!

今回、日本版にリメイクするにあたってどの程度まで改変されているのかは、現時点で不明ですが、ここからはサトルが迎えることになる結末について少しだけ触れていきたいと思います。

絶対にネタバレを見たくないという方はこちらをクリックして、次のブロックまで進んでください。

もしくは以下のリンクから『ごめん、愛してる』に関する別の記事をご覧ください!

ドラマ『ごめん、愛してる』関連記事一覧はこちら

ドラマ『ごめん、愛してる』日向サトルに関するネタバレ

重要な点は、サトルが日向麗子の息子であるということつまり律とサトルは兄弟だということでしょう。

さらには、凜華がサトルに魅かれる一方で、律は凜華のことを気になる存在としてみるようになります。

つまり、日向サトルという人物は、「律と麗子の親子関係」「律と凜華の恋愛関係」のどちらにも深く関わってくる人物なのです。

韓国版では衝撃的展開が待ち受けている訳ですが、果たして日本版でも同様の展開を用意しているのでしょうか!?(韓国版ドラマの結末ネタバレを知りたい方は、以下をご参照ください!)

坂口健太郎さんが受けた「どこか悲しく、寂しそうな印象」というものが一体何を意味するのか…

要注目です!

スポンサーリンク

ドラマ『ごめん、愛してる』放送開始前の坂口健太郎さんへのネット上の反応は?

まずはこちらのツイートから。

今回はピアニストの役だということで、Twitter上では早くもピアノ演奏姿への期待が高まっています!

こちらの方も同様で、悶絶必至のピアノ演奏シーンとなることは間違いなさそうです(笑)

最後にこちらをご紹介。

日向サトルを演じる坂口健太郎さんが実際にピアノ演奏を披露することになるのかは不明ですが、やはり期待は大きいようですね。

坂口健太郎さんがピアノを本当に演奏しているかについて、正確な情報は見つかりませんでしたが、天才ピアニストという役回りなので、演奏そのものは坂口健太郎さんご本人ではないと予想されます。

ただ、間違いなくプロのピアニストから演技指導を受けているはずなので、どこまでリアリティを持った演奏シーンを見せてくれるか、注目です!

余談ですが、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』での入浴シーン以来、同様のシーンに期待されてる方がかなり多く、そんなところにも注目が集まっています!(笑)

ドラマ『ごめん、愛してる』放送開始後の坂口健太郎さんへの評価と感想

DRAMAP
編集長
とにかく、ピアノ演奏シーンへのリアクションがすごかったですね。

そして、私自信も坂口健太郎さんの俳優としての努力の凄まじさには感動しました…!

ピアノを弾ける方からしたら、天才ピアニストには見えないのかもしれませんが、一般人の私からしたら、十分過ぎるピアノ演奏シーンの素晴らしさでした。

まとめ

『MEN’S NON-NO』の2017年7月号をもって専属モデルを卒業した坂口健太郎さん。

おそらく、今後は俳優業がメインとなると思われるので、『ごめん、愛してる』を皮切りにさらなる飛躍の一年となることを期待しましょう!

そんな大注目のドラマ『ごめん、愛してる』は、TBSテレビにて2017年7月9日(日)より放送がスタートします(毎週日曜夜9時~)。ぜひお見逃しなく!

スポンサーリンク

2 件のコメント

    • 情報、ありがとうございます!

      スゴイですね!

      ドラマ放送開始が、さらに楽しみになりました!

  • コメントお待ちしています!

    CAPTCHA