ごめん愛してる河合魚(さかな)子役は大智!プロフィールや演技評価

  • fodoctor
  • この記事を書いた人:Ryota

2017年夏のTBS“日曜劇場”は、韓国で一大ブームを巻き起こした同名ドラマの日本版リメイク作品『ごめん、愛してる』が放送されるということで、大きな注目が集まっています!

TOKIOの長瀬智也さんや吉岡里帆さん、坂口健太郎さんら豪華キャストも集結しており、ますます盛り上がりは増すばかりといったところでしょうか!

こちらの記事では、そんな豪華俳優陣の中で子役(河合魚役)としてキャスティングされた大智くんにスポットを当てていきたいと思います!

スポンサーリンク

2017夏ドラマ『ごめん、愛してる』河合魚役は大智くん

まずは、大智くんのプロフィールについて簡単にご紹介していきたいと思います。

大智(だいち)くんは、2008年9月10日生まれで現在8歳。

芦田愛菜ちゃんや鈴木梨央ちゃんが所属していることで有名な子役事務所「ジョビィキッズ」に所属しています。

ドラマ出演作品としては、2014年5月2日放送の『金曜プレステージ 山村美紗サスペンス「羽田空港殺人事件~黒の滑走路4~」』がおそらく最初かと思われます。

2016年4月クールのフジテレビドラマ『早子先生、結婚するって本当ですか?』の第4話にも出演していました。

また、映画作品では桐谷美玲さん主演の『ヒロイン失格』(2015)が初出演のようですね。

2017年6月17日(土)より公開が予定されている滝沢秀明さん主演の『こどもつかい』でも、こどもの霊役(保役)としても出演しており、少しずつ大きな役柄を任せられるようになってきています。

その他、CMにも多数出演しており、花王の「クイックルワイパーウェットシート/+除菌編」(こども博士役)や、マクドナルドのハッピーセットシリーズでもその姿が見られました。

今回は初めて連続ドラマ(しかも“日曜劇場”で!)のレギュラーキャストとして出演することになる大智くんが、一体どのような演技を披露してくれるのか…楽しみになってきましたね!

スポンサーリンク

2017夏ドラマ『ごめん、愛してる』河合魚はどんな役?

こちらでは、ドラマ『ごめん、愛してる』で大智くんが演じることになる河合魚(かわい さかな)の役柄について見ていきましょう。

まず、『ごめん、愛してる』は、2004年に韓国で放送されていた同名作品の日本版リメイクにあたるものです。

ドラマの公式サイトでは…

誰にも愛されたことがない男は、自分を捨てた母に復讐を誓った…

そして、運命の出会い

男は、生まれて初めて人を愛すること、愛されることを知る…

愛する人を求め、母親を求める男の物語

(公式サイトより引用)

…このように紹介されています。長瀬智也さん演じる主人公の律は、幼い頃に母親に捨てられ養護施設で育つことに。

その施設から養父母に引き取られることになるのですが、彼らの赴任先である韓国で逃げ出し、以来韓国の裏社会で必死に生き延び、成長し、あるカジノの用心棒として働いていました。

律が幼い頃に過ごしていた養護施設では、河合若菜(池脇千鶴)という女性と同時期を過ごしており、そこから20年以上もの時を経て律と若菜は再会することに。

大智君が演じる河合魚は、この河合若菜の8歳の息子にあたる人物なのです。

しかし、若菜は子供の頃に遭った事故の影響で、事故当時の年齢(7歳)程度の知能で止まってしまっているという高次脳機能障害を患っていました。

律にとっては「自分が守らなければ」と思わせる存在ですので、息子である魚のことも同時に守るべき存在となるはず。

現時点では若菜自体がどのような役割を果たすことになるのかも明らかにされておりませんので、大智くんが演じる魚に関してもほとんど情報はありません。

元々の韓国版『ごめん、愛してる』では、若菜と魚に該当するキャラクターがおり、設定としてもそこまで変更は加えていないようです。

河合魚の韓国版は「キム・ガルチ」という役名で、名前の意味が「太刀魚」から来ているという点も同様ですね。

韓国版のガルチは、学校にも行かず働いて生計を立てているという健気で優しい役柄でしたが、果たして日本版でも同様に描かれることになるのでしょうか?

映画『アイ・アム・サム』のように、親の精神年齢(7歳)を超えてしまったことで(魚は8歳という設定)、何か変化が生まれるような脚色も考えられるかと思いますが、果たしてどうなるのでしょうか…要注目ですね!

スポンサーリンク

ドラマ『ごめん、愛してる』放送開始後の大智くんへの感想や評価は?

DRAMAP
編集長
「魚」という独特の名前にネット上では困惑の声も多く見られましたが、

・韓国版ドラマの子供の名前
・母親「若菜」の名前とのかかり具合
・若菜役の池脇千鶴さんの代表作が『ジョゼと虎と魚たち』

など、多重構造で必然性のある名前なんじゃないかなぁと感じました。

また、大智くんはモサッとした感じの見た目なので、最初登場した時は「大丈夫かな?」と思いましたが、非常に味と愛嬌のある、良い子役だったので、2話以降も登場シーンが楽しみです!

まとめ

今回が連続ドラマで初めてレギュラー出演することになる大智くん。

果たして、寺田心くんや豊嶋花ちゃん、住田萌乃ちゃんら大人気子役たちに続くことが出来るのか!?

注目のドラマ『ごめん、愛してる』は、TBS“日曜劇場”にて7月から放送開始予定です!ぜひお見逃しなく!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA