ごめん愛してるキャストとあらすじ!韓国原作の最終回結末ネタバレも

  • fodoctor
  • この記事を書いた人:Ryota

2017年夏のTBSドラマ“日曜劇場”は、あの『冬のソナタ』を凌ぐ29.2%という高視聴率を記録し、当時大ブームを巻き起こした韓国ドラマ『ごめん、愛してる』のリメイク版に決定いたしました!

主演にTOKIOの長瀬智也さん、さらには今大注目の若手人気俳優の坂口健太郎さんや吉岡里帆さんに加え、大竹しのぶさんら豪華キャストが集結するということすでに注目が集まっていますね。

こちらの記事では2017夏ドラマ『ごめん、愛してる』のキャストやあらすじ韓国版ドラマの結末ネタバレと合わせて、初回と最終回の放送日についてもまとめていきます!

スポンサーリンク

2017夏ドラマ『ごめん、愛してる』キャスト一覧

岡崎 律(おかざき りつ) / 長瀬智也

なんと20年ぶりのラブストーリーになるという長瀬智也さんは、主人公・岡崎律を演じています。

長瀬智也さんは、「僕にとってストレートなラブストーリーは、19歳の「ラブとエロス」(1998年TBS)のとき以来」だと語っており、これだけ期間が空いてしまったことについて…

20年ぶりのラブストーリーになるのですが、これまでやらなかったということは、そこまでラブストーリーに興味がなかったんだと思うんです。「ラブなんか」とちょっと否定していた自分もいたかもしれませんが、今は素直に「自分がラブストーリーと向き合うならどうなるのか」という思いでやりたいです。これまで積み重ねてきたものも踏まえて、自分にしか出来ないキャラクター、ラブストーリーになったらいいんじゃないかなと思います。
(公式サイトより引用)

…とのコメントを残されているように、俳優としてキャリアを積み重ねて来た長瀬さんがどのような形で「愛」というものを表現するのかが注目ポイントになりそうですね!

連続ドラマとしては、2016年の冬ドラマ『フラジャイル』(フジテレビ)以来1年ぶりという事で、これまでとは全く違った長瀬さんの姿が拝めるかもしれません!

さて、長瀬さんが演じることになる岡崎律ですが、なんでも幼いころ母親に捨てられ不遇な環境で過ごしてきたことで、やがて裏社会に生きるようになってしまった男なのだとか。

その律がある一人の女性と出会ったことで、初めて「愛」というものに向き合うことになる様を演じる長瀬さんに注目です!

三田 凛華(みた りんか) / 吉岡里帆

今回が初の連続ドラマのヒロイン役となる吉岡里帆さんは、2014年に『週刊プレイボーイ』にて初めてグラビアに登場したことで、一気に注目集めることになった若手女優。

2015年には『マンゴーと赤い車椅子』で映画デビュー、同年の『明烏』ではヒロイン役に抜擢されるなど、女優として一気にその名を知られる存在となっていきます。

テレビドラマでもNHK連続テレビ小説『あさが来た』(2016)、日本テレビドラマ『ゆとりですがなにか』(2016)やTBSドラマ『カルテット』(2017)にも出演し、高評価を得ていますね。

そんな今大注目の吉岡里帆さんが演じるのは、ヒロインとなる三田凛華。『カルテット』で演じた悪女とは真逆の役柄になるそうで、他人ののために自己犠牲をいとわないまさに「愛」そのもののような存在になるのだそう。

吉岡里帆さんの柔らかな表情にピッタリとハマりそうで、彼女がどんな演技を見せてくれるのか…期待が膨らみます!

日向 サトル(ひゅうが さとる) / 坂口健太郎

元々、『MEN’S NON-NO』のモデルとしてキャリアをスタートさせた坂口健太郎さんが俳優としてデビューしたのは意外にも最近で、2014年の映画『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』からなんだそう。

2015年の映画『俺物語!!』で鈴木亮平さんらとトリプル主演の一人として抜擢され、同年のTBSテレビドラマ『コウノドリ』で連続ドラマ初出演し、一気にブレイクを果たします。

2017年の日本テレビドラマ『東京タラレバ娘』でもKEY役として印象深い演技を披露し、現在最も注目されている若手俳優の一人と言えますね。

そんな坂口健太郎さんが演じることになるのは、大竹しのぶさん演じる日向麗子の息子・日向サトル。

元ピアニストである母から英才教育を受けて育ち、現在女性に大人気のアイドルピアニストとして活躍するサトルというキャラクターを坂口さんがどう演じているのか、そしてすでにピアノレッスンを開始しているという腕前はいかほどなのか…注目です!

日向 麗子(ひゅうが れいこ) / 大竹しのぶ

誰もが認める大女優・大竹しのぶさんが民放の連続ドラマに出演することになるのは、おそらく2011年のフジテレビドラマ『それでも、生きてゆく』以来になろうかと思われます。

さらに主演の長瀬智也さんとの共演となると、1997年のTBSテレビドラマ『Dearウーマンスペシャル』以来まで遡るのだそう。

そんな大竹しのぶさんが本ドラマで演じているのは、日向サトルの母で元ピアニストの日向麗子。

そしてそれと同時に、麗子はかつて律を捨てた母親でもあるのです。愛情をこれでもかとサトルに注いでいた麗子の目の前に現れた律にどう反応し、名女優・大竹しのぶさんがその複雑な感情をどう表現してくれるのか…要注目です!

スポンサーリンク

2017夏ドラマ『ごめん、愛してる』のあらすじは?

ドラマ『ごめん、愛してる』は、2004年に韓国のKBSテレビで制作された同名ドラマの日本版リメイクにあたるものです。

ちなみに公式サイトで発表されているドラマ『ごめん、愛してる』の大まかなあらすじは以下の通りです。

誰にも愛されたことがない男は、自分を捨てた母に復讐を誓った…
そして、運命の出会い
男は、生まれて初めて人を愛すること、愛されることを知る…
愛する人を求め、母親を求める男の物語

幼い頃に母親から捨てられてしまった岡崎律(長瀬智也)。彼が生きる道はもはや裏社会しかありませんでした。

そんな底辺で生きる日々を過ごしていた律と、ある一人の女性が運命的な出逢いをすることから物語はスタートします。

その女性の名は、三田凛華(吉岡里帆)。ひょんなことから彼女を助けたことで、律の止まっていた歯車が再び動き出すことに。

ある日、事件に巻き込まれて重傷を負ってしまった律は、余命いくばくもないことを悟り、自分を捨てた母親に最後に会って親孝行をしたいという考えを抱くようになりました。

何とか情報を掴み、母親である日向麗子(大竹しのぶ)を見つけ出した律でしたが、彼の目の前に広がっていた光景に愕然としてしまいます。

それは、裕福な家に暮らし、母親が息子のサトル(坂口健太郎)に溢れんばかりの愛情を注いでいたこと。

これは、貧しいことを理由に捨てられたと律が信じ込んでいた事実を覆すもので、そんな光景を見せつけられた律に湧き上がってきた感情は憎しみしかありませんでした。

すると、そんな律の前に再び現れた凛華。彼女はサトルの幼馴染で、彼に好意を抱いていたのですが…。

このように展開される『ごめん、愛してる』ですが、次に韓国版の同名ドラマがどのようなものだったかをご紹介いたします。

スポンサーリンク

2017夏ドラマ『ごめん、愛してる』韓国版のネタバレ

2004年(11-12月)に韓国KBSテレビで放送された『ごめん、愛してる』。以下、ネタバレを含みますので、結末を知りたくない方はご注意ください。

まずは、韓国版『ごめん、愛してる』のキャストと日本版とで該当するキャストをご紹介します。

チャ・ムヒョク

 
韓国版キャスト:ソ・ジソブ、日本版キャスト:長瀬智也

ソン・ウンチェ

韓国版キャスト:イム・スジョン、日本版キャスト:吉岡里帆

チェ・ユン

 
韓国版キャスト:ジョン・ギョンホ、日本版キャスト:坂口健太郎

オ・ドゥリ

 
韓国版キャスト:イ・ヘヨン、日本版キャスト:大竹しのぶ
 
時代設定や人物設定が微妙に異なるので、一概にこうとは言えないかもしれませんが、おそらくこんな感じで当てはまると思います。

韓国版では主人公のムヒョクは、幼い頃に養子に出された後(なんとオーストラリアへ!)、そこから抜け出し、ストリートチルドレンとして生きていたのだそう。

そしていつしか裏社会へと入っていくことになるそうなので、大まかな設定としてはこの辺りは変わらないようですね。

ヒロインとなるウンチェとの出会いは、メルボルンでフラフラと歩いていた彼女をムヒョクが良いカモだと思って近付いていくようなので、この辺りはもしかしたら設定は変更しているのかも。

そして、ムヒョクはある結婚式でスナイパーに頭部を撃たれた(?!)ことで、余命いくばくもない身体になってしまうのだそうです。

大きな構図としては変わらないものの、やはり細かい所はかなり脚色していかないと厳しいかもしれませんね。

ちなみにムヒョクの兄弟となるユンは、双子という設定でここも大きく変わる点のひとつですね。さらにこのユンというキャラクター実は重い心臓病を抱えているというのも結構ポイントになるのですが、日本版ではどうなのでしょうか。

さて、ここから一気に結末まで話は飛びますが、まず衝撃の事実として、実はユンは母オ・ドゥリの本当の息子ではないということがありますね。

ムヒョクを捨てた後に、彼のことが忘れられずに養子として迎え入れたのだそうですが、この辺りは結構衝撃的なので、日本版でも採用されるかもしれません。

そして肝心のムヒョクとウンチェとの恋の行方はというと、結論として2人は愛し合うことにはなるのですが、最後に電話で「ごめん、愛してる」と伝えた後、ムヒョクは死んでしまいます!

そしてその心臓がユンに移植され、彼は一命を取り留めることになるのだとか。

さらにここからもう一捻りあって、1年後にムヒョクの墓を訪れたウンチェはその墓前で睡眠薬を飲み、命を絶ってしまうのです!

何という結末でしょうか?!これを日本版でどこまで再現し、どこからオリジナリティを出していくのか…注目ですね!

2017夏ドラマ『ごめん、愛してる』放送はいつからいつまで?

最後にドラマ『ごめん、愛してる』の初回放送日と最終回放送日の情報をご紹介します。

まず、『ごめん、愛してる』の放送話数についてはまだ未定ではありますが、2016年の同枠ではほぼ10話構成(ただし『仰げば尊し』を除く)ですので、今回もそれに倣うでしょう。

また、放送開始日については歴代の夏ドラマが大体7月の2週目もしくは3週目からスタートになっており、このことを踏まえると放送日程は以下のようになると推測されます。

2017年夏ドラマ『ごめん、愛してる』放送日程

初回(第1話)放送日 2017年7月16日
最終話(第10話)放送日 2017年9月17日

…となりそうですね。詳細な放送日程が発表され次第、随時更新していきます!

まとめ

長瀬智也さんが久々のラブストーリーを演じる上、人気の高い韓国ドラマの日本版リメイクということもあり、すでに話題を集めているドラマ『ごめん、愛してる』。

坂口健太郎さんや吉岡里帆さんら若手俳優にももちろん注目ですが、長瀬さんと20年ぶりの共演となる大女優・大竹しのぶさんがどういった演技を見せてくれるのかも楽しみですね!

当サイトでは『ごめん、愛してる』放送開始後も各話あらすじ・ネタバレや感想など、随時記事を更新していきますので、ぜひお楽しみ下さい!!!

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • ドラマを楽しみにしてる者です。前知識なしに見ていたら、韓ドラが原作と聞いて納得の話の展開でした。原作通りの結末なのか気になる所ですが、後追い自殺とかは、今の世の中的に受け入れられない印象がありますね。
    1話2話と見て、池脇千鶴の「双子の片割れが幸せに暮らしていたら、よかったと思う」と言う言葉と、母親に溺愛されている弟の存在から、最期は弟の命を救って死ぬのかな。と想像してました(笑)憎いとも感じる母親の為に、愛する弟が生き長らえる方を選ぶのではないのかな。と。迷惑でも、母親を想う気持ちが本物だと思うから。「ごめん、愛してる」なのかなぁ。と。
    そんな風に勝手に想像できるのも、楽しかったですね。韓ドラは、結構人の心の在り方についても掘り下げて触れる部分がありますよね。

  • コメントお待ちしています!

    CAPTCHA