コードブルー3冴島の流産に衝撃&名取に注目の5話ネタバレと評価

  • この記事を書いた人:しいろ
ドラまる
『コードブルー3』の5話が、2017年8月14日(月)に放送されたね。

今回はすごく辛い回だったなぁ…

ラマちゃん
シリアスな展開をしっかり描くのがコード・ブルーの魅力ではあるけどね…

こちらの記事では、『コード・ブルー −ドクターヘリ緊急救命- THE THIRD SEASON』第5話のネタバレをご紹介します。

スポンサーリンク

『コードブルー3』第5話のネタバレと評価

『コードブルー3』5話は、観ていて涙が止まらない展開でした…。

冒頭で幸せいっぱいに藍沢(山下智久さん)にのろける藤川(浅利陽介さん)の姿を観ていただけに、冴島(比嘉愛未さん)の流産がショックで仕方ありませんでした。

特に、「今まで美味しくなかったごはんが美味しい」というセリフで、喪失感を描写しているところは辛かったですね…。

冴島も本当は、ごはんが美味しくない状況でいたかったはず。

それを分かっていて、何も言えない藤川の表情は、今までのストーリーの中でも見たことのないものでした…。

しかし藤川がすごいのは、ただ辛いと落ち込むだけではなく、相手をしっかりと思いやれるところ。

「自分のせいで赤ちゃんが亡くなってしまった」と自分を責める冴島に、「はるかはシアン騒動のとき、最初に赤ちゃんのことを考えた。いいお母さんだと思う」と励ましていました。

そのおかげで、冴島も少し前を向いて、「最後のおでかけをいい思い出にしたい」と言えるようになりました。

赤ちゃんが結婚のきっかけだった2人にとって、流産は非常に辛い経験のはず。

しかし、藤川の優しさと冴島の強さがあれば、乗り越えて幸せになれる…。

そう信じたいなと思わされる展開でした。

ファーストシーズンからレギュラーキャラクターであるだけに、ついつい2人に感情移入してしまいます。

今後の展開で、少しでも2人にとっての「希望」が見えると良いなあと思います。

『コードブルー3』第6話以降ではどんな展開が待ち受けているか、引き続きチェックしていきたいと思います!

ドラマ『コード・ブルー3』第4話(前回)の感想とネタバレはこちら

ドラマ『コード・ブルー3』第6話(次回)の感想とネタバレはこちら

ドラマ『コード・ブルー3』視聴率一覧はこちら

スポンサーリンク

ドラマ『コードブルー3』5話のネットの感想や評価は?

骨盤骨折に現場で気がつけなかった名取(有岡大貴さん)。

患者を急変に追い込んでしまいます。

それにもかかわらず、「次がある」「いい経験になった」と反省しなかった上に、初期の処置を誤った患者に対しても調子の良いことを言う名取に、視聴者からの厳しい声も。

「言い訳ばかりする人間に命を預けたいと思うか?」という患者の声には、流石に名取も堪えたようですが…。

名取には隠された背景もありそうですし、それが見えてくれば名取に対する見方も変わるかな?と思います。

しかし、視聴者にここまで厳しい声を上げさせるということは、それだけ「名取」という人間を演じるのが上手いということ。

名取を演じる有岡さんの演技力に、今後も期待したいところです!

藤川との子どもを流産してしまった冴島に、試練が多すぎるとの声も。

前シーズンで元彼を亡くしたりと辛い思いをしたいだけに、幸せになって欲しかったのですが…。

藤川が「なんではるかばっかり」と言っていましたが、同じ気持ちの視聴者も非常に多かったようです。

こんなにも大きな試練が次々訪れたら…と自分の身に置き換えて考えると怖すぎます…。

また、藤川が「優しい」「格好良すぎる」と話題になっていました。

冴島が流産し、夫である藤川も辛いはずなのに、決して辛さや大変そうな態度は見せず、現場で骨盤骨折に気がつくことができなかった名取のフォローまで…。

冴島の前でも、できる限り明るく振舞っていました。

ファーストシーズン、セカンドシーズンではお調子者の一面が強かった藤川ですが、サードシーズンとなると医者としても人間としてもかなり成長しているんだな…としみじみと思わされました。

藍沢も、その明るさを認めていましたしね。

藍沢が藤川に言った通り、結婚は2人で辛さを乗り越えていくもの。

藤川の優しさと明るさで辛さを乗り越えて、冴島のことを幸せにして欲しいですね。

スポンサーリンク

ドラマ『コードブルー3』6話のあらすじは?

2017年8月21日(月)21時より放送のドラマ『コードブルー3』第6話のあらすじをご紹介します。

藍沢耕作(山下智久)と新海広紀(安藤政信)により、天野奏(田鍋梨々花)の手術は無事に終わった。

しかし、白石恵(新垣結衣)が新海に手術のことを聞くと、どうも歯切れが悪い。

奏の両親は手術結果に納得しているらしいのだが…。

一方、17歳の男子高校生が脳死判定を受けることに。

それは橘啓輔(椎名桔平)の息子、優輔(歸山竜成)のもとに移植可能な心臓が来るかも知れない可能性を示唆していた。

循環器内科医の井上宣顕(滝藤賢一)の指摘に、橘は期待を抱いてはいけないと自分を制する。

その頃、冷凍倉庫内で荷崩れ事故が発生。

翔北救命センターにドクターヘリ出動要請が入り、藍沢と藤川一男(浅利陽介)、雪村双葉(馬場ふみか)が向かう。

商品保護のため冷凍室の電源を切れないという寒さの中、藤川らは治療を開始。

患者を救命センターに搬送する藤川は、灰谷俊平(成田凌)、横峯あかり(新木優子)と交代した。
灰谷たちは藍沢の指示の元、冷凍室内の負傷者のもとへ。

すると治療を初めて間もなく電源が落ちてしまった。

暗闇の冷凍室内に、灰谷と横峯は負傷した作業員と閉じ込められる。

落雷が原因の停電で復旧には2時間ほどかかる。

しかも、未だ落雷の可能性があるためドクターヘリも飛べない…。

そんな中、冷凍室の外で藍沢が診ていた作業員の容体が急変。さらに冷凍室内の灰谷と横峯は、多量の出血をしているもう1人の作業員を発見。

フェロー二人だけでこの事態に対処しなければならなくなる…。

公式サイトより引用

ドラマ『コード・ブルー3』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法は?

ドラマ『コードブルー3』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンド(FOD)は、現在31日間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『コードブルー3』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

フジテレビは『コードブルー3』をなんとしても、月9ドラマ視聴率復活のきっかけにしたいと考えていることもあり、これまでに放送された

・コード・ブルー シーズン1(2008年)
・コード・ブルー スペシャル(2009年)
・コード・ブルー シーズン2(2010年)

『コード・ブルー』シリーズ全話が期間限定で見放題というキャンペーンも行っているので、今のうちに是非チェックしてみてください!

[PR]フジテレビオンデマンド(FOD)はこちら

※紹介している情報は2017年7月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

まとめ

『コード・ブルー−ドクターヘリ緊急救命-THE THIRD SEASON』5話のネタバレあり感想と6話のあらすじを紹介しました。

ドラまる
冴島が前シーズンに引き続き、辛い目に遭っているのを見るのは辛かったなあ…。
ラマちゃん
でも、藤川が隣に居てくれるなら乗り越えられるはず!

2人には幸せになって欲しいわね。

冴島の流産や、名取のミス、さらには緋山(戸田恵梨香さん)の恋?の進展など、様々な問題が襲いかかってきた5話でした。

特に冴島の流産のエピソードには、涙が止まらず…。

辛い思いばかりしてきた冴島。

藤川にはしっかり冴島を支えてもらって、幸せになって欲しいものです。

さて、次回の6話には4話で手術をした奏(田鍋梨々花さん)や、5話でメインとして描かれた橘の息子・優輔(歸山竜成さん)が出てくる様子。

今まで描かれてきたエピソードにひと段落…という形になるか、それともさらに彼らに試練が襲いかかってくるのか…。

さらに、フェローだけの対処を迫られるようですし、本格的にフェローの成長回になるかもしれません!

『コード・ブルー−ドクターヘリ緊急救命-THE THIRD SEASON』、次回も非常に楽しみです!

ドラマ『コード・ブルー3』第4話(前回)の感想とネタバレはこちら

ドラマ『コード・ブルー3』第6話(次回)の感想とネタバレはこちら

ドラマ『コード・ブルー3』視聴率一覧はこちら

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA