【コード・ブルー3】4話の感想とあらすじ。見逃し無料動画を見る方法も

  • この記事を書いた人:DRAMAP編集部

2017年8月7日(月)21時より放送のドラマ『コード・ブルー3』第4話の感想やあらすじをご紹介!

放送前は『コード・ブルー3』第4話の期待度や気になる見どころ、放送後は感想や評価を順次アップしていきます。

リアルタイムでの放送を見逃してしまった場合のお得な無料視聴方法もご紹介していますので、ドラマ『コード・ブルー3』視聴にお役立てください!

なお、こちらの記事はDRAMAP読者さん参加型のユーザーボイス記事となります。

スポンサーリンク

2017年夏ドラマ『コード・ブルー3』第4話のあらすじ

藍沢耕作(山下智久)に、天野奏(田鍋梨々花)がけいれん発作で入院したという報告が新海広紀(安藤政信)から入る。

新海は、奏が藍沢と話したがっていると伝えた。

奏はこのような状況でもまだ手術は受けないという。

望みは藍沢の説得なのだ。

しかし、奏に藍沢もなんと声を掛けてよいか分からない。

そんな中、河川敷でバーベキュー中にケガをした家族救出のドクターヘリ要請が入った。

同時に橘啓輔(椎名桔平)には、三井環奈(りょう)から長男、優輔(歸山竜成)の容体が急変したという連絡が。

橘はドクターヘリを藍沢に任せ、息子の元へ駆けつける。

すると優輔の口元には吐血した痕跡。

三井によると、優輔は急に腹痛を訴えたらしい。

橘は循環器内科医師、井上宣顕(滝藤賢一)とともに、急遽、初療室で優輔の処置に当たる。

一方、藍沢、名取颯馬(有岡大貴)、雪村双葉(馬場ふみか)は河川敷に降り立つ。

事故現場を目指し花火大会に向け集まっている大勢の野次馬たちを駆け抜け、たどり着いた患者の姿を発見し驚く。

8歳の少年の首にはバーベキュー用の串が刺さっていた。

現場での処置は難しいとの名取の判断で、少年はすぐさま翔北の初療室に運ばれる。

そこでは、橘が優輔の治療を続けていた。

藍沢の監督のもと、名取、横峯あかり(新木優子)は少年の治療にあたる。

白石恵(新垣結衣)たちも加わるが、少年の治療にはあらゆる困難が立ちはだかっていた。

公式サイトより引用

2017年夏ドラマ『コード・ブルー3』第4話 放送前の期待度まとめ

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『コード・ブルー3』第4話の見どころや期待度をご紹介いたします。

りこ
この後の展開は、やはりあのピアノの上手な女の子と橘先生の息子さんがどうなって行くかと言うところでしょうか。

人生の選択肢が多ければ幸せと言う訳でも、楽しいと言う訳でも無いんだなぁと思いながら見ています。

男の子も賢くて物分かりが良いだけに、余計に哀しさ切なさを感じます。

やはり皆手術が上手くいって助かる事を強く望みますが、どうなのでしょう。

実際の人生は上手く行かない理不尽な事ばかりが、横行している様に感じている私にとっては、せめてドラマの中だけでもと思います。願望がかなり入っています。

藍沢先生と白石先生の関係も気になるところです。

ペンネーム:りこ(50代・女性)

ゆめまま
次週はピアノの女子高生の手術になるのではないかと思います。

ただ簡単に手術の同意書にサインした、というのではなくためらっている内に急変して倒れ、緊急手術になり手にマヒが残るが、葛藤の末前向きに生きていくのでないと思います。

橘先生の息子さんはどうにか手術で一命を取り留める…いや、取り留めてほしいと思います。

あれだけ大切にされた息子さんなのでどうにか回復していく展開を期待しています!

冴島は無事退院し、お腹の赤ちゃんのためにヘリを降りるのではないでしょうか?

白石と脳外科の先生のお食事は…実現しなさそうですね。

ペンネーム:ゆめまま(20代・女性)

masujun
今後の展開予想は、まず若きフェロー名取がメインの話があると思う。

恐らく家庭の問題等が出てくるのでは?

また、同じく新人フライトナース見習いの雪村がメインのストリーもあるだろう。

自信家の雪村がとんでもない失敗をするという話ではないだろうか?

そして天才ピアニスト奏でや、緒方が中心のストーリーもあり、やはり橘と三井の息子・優輔の話もあるであろう。

そしてやはり期待してしまうのは、かつての恩師黒田先生が出てくるのか、どうかが一番の注目ポイントと考えている。

第1話の最後に短冊に黒田の名前を書いた白石、やはり伏線として考えてしまう。

これだけで話を膨らませるキャストが揃っているので、最終回まであっという間に思う。

ペンネーム:masujun(40代・男性)

ぴっぴ
椎名桔平の息子のドナーが果たして見つかるのか、もし見つからない展開にした場合、バッドエンドな方向に向かわせてしまうのか、その展開が気になります。

しかし、バッドエンドは好きではないのでドナーが見つからなかったにしろ、海外での治療を試してみるなど、希望の持てる方向に作品を作っていってほしいです。

あと、新垣結衣が食事に誘われていたので実際行ったというエピソードを入れてもらい、山下智久が複雑な心境を覗かせてくれたら少し恋愛もあるのかなという楽しみが増えます。

月9なので、比嘉愛未と浅利陽介以外の恋愛ネタも少し織り交ぜてくれたら嬉しいです。

ペンネーム:ぴっぴ(20代・女性)

ななまる
脳外科の女子高生。

彼女はピアノが弾けない生活が考えられないと言います。

でも親は命は助かって欲しいと考えています。

葛藤があるんじゃないかなと思いました。

藍沢は主治医ではないけど、それでも気にしていました。

いつもクールな藍沢が気にかけているというのはちょっとした愛情なんだと思います。

橘と三井の子どものことも気になりますが、この女子高生のことも気になります。

子どもの医療というのは、厳しいこともたくさんありますし、深刻な事態に陥ることもあると思います。

それに藍沢たちがどう対処をしていくのか、という点がポイントになってくるんじゃないかなと思います。

ペンネーム:ななまる(30代・女性)

スポンサーリンク

2017年夏ドラマ『コード・ブルー3』第4話 放送後の感想や評価まとめ

red

『コード・ブルー3』第4話ストーリー解説

冴島は藤川との結婚と出産を決めて、ヘリを降りる。

白石はフェローたちの評価や指導方針に悩み、緋山は周産期医療の研究で戻る場所がなくなったと落ち込み、藍沢はピアニストの女の子が手術の同意書にまだサインをしていない事を聞かされ、説得を依頼される。

そんな中、橘と三井の子が急変し、ドナーとして待たなければいけない家族の心境と向き合う。

緋山は前回手に麻痺が残ってしまった料理人の入院患者緒方と距離を縮めていく。

緋山にやってきたロマンスにひどく興奮したのですが、このロマンスも一筋縄ではいかず、緒方は妻帯者である事が物語の終盤で発覚してしまい、逆にロマンスがどのように進むのかヒヤヒヤして楽しみになりました。

『コード・ブルー3』第4話の感想

藍沢は結局、ピアニストの女の子の説得に成功するのですが、その説得がズルかったです。

滅多に表情を見せない藍沢のキャラが、目の錯覚かな?と思うぐらいの微妙な笑みを見せただけで、私までドキドキしてしまいました。

藍沢が手術に立つことで手術に同意を得られたのですが、彼女にとって命よりも大切だと思っていたピアノがまた弾ける日が来るのか、気になります。

一方、橘夫妻の子供も大事な局面にきました。お友達の男の子の命を救えなかったことで発した橘先生のドナーを待つ家族の辛く切ない心境を聞いて思わず涙が出ました。

全体的に今回は今まで引いてあった伏線を辿るお話の方が多くて、好きでした。

ペンネーム:red(20代・女性)

熱帯夜

『コード・ブルー3』第4話ストーリー解説

手術を決断できずに症状が悪化していく天野奏、容体の急変する橘・三井の息子である優輔、そして河川敷でのバーベキュー中に首筋に串が刺さってしまった幼い少年。

そんな子供達を救うべく藍沢達、翔北救急救命センターのスタッフが奔走します。今回は脳外科の新海や循環器内科の井上も応援に駆け付け、まさに総出で手術に臨む光景が見られました。

しかしそんな彼らの奮闘をもってしても全ての命を救えるわけではありませんでした。

優輔の友達で、彼と同じように臓器移植を待っていた少年・暁人くんが亡くなってしまいます。

両親を心配させまいといつも通りに振る舞おうとする優輔の姿に、橘と三井は心を痛めていました。

藍沢もまた手術の後遺症を恐れるピアニスト・天野奏に何と声をかけるべきか悩みます。

今の彼らに出来る事は、苦しむ患者を笑顔で元気づけてあげることだけでした。

『コード・ブルー3』第4話の感想

白石から「この病院で最も手術の上手い二人」と紹介された藍沢と新海が協力して手術に臨むシーンの頼もしさはすごかったですね。

作中でもフェロー達がその手際の良さに驚いていましたが、テレビの前で見ているこちらも同じ気持ちになりました。

その後のフェロー達がこぼした感想の違いも面白かったですが。

ここまでいまいちモチベーションが感じられない名取の過去が気になります。

しかし藍沢達とて誰でも救えるわけではなく、物語冒頭で容体の悪かった3人を無事に安定させた一方で、その後に急変した暁人くんまでは助けられませんでした。

こういった現実が優輔や天野奏に接する際のぎこちなさに繋がるのかもしれませんが、それでも患者を安心させるために笑顔で「大丈夫だ」と保障してみせる藍沢達は強いですね。

ペンネーム:熱帯夜(30代・男性)

れみ

『コード・ブルー3』第4話ストーリー解説

第4話は、三井、橘先生の息子さんが体調を悪くします。

息子がどれだけ心を痛めているのかを知り、家族で息子と向き合っていきます。

一方、藍沢達はドクターヘリで大怪我を追った男の子を搬送します。

首もとに大きく串が刺さってしまい、除去するために大手術を迫られます。

藍沢達は小さな命を救うために難しい大手術へと挑みます。

そして、藍沢に好意をよせる患者、奏にも異変が訪れます。

手術をすれば後遺症が出てしまい、二度とピアノを弾けなくなるかもしれないと痛みと戦いながら必死で手術を拒否し続けていました。

藍沢は提供できる医療があるならと奏に手術をすすめる事を決意します。

『コード・ブルー3』第4話の感想

第4話は、三井、橘先生の息子のエピソードがメインでした。

幼くして移植を待たなければならない辛さや、それを支える両親、家族それぞれに苦しい思いが描かれていていました。

医者だからこそわかる息子の病状や辛さがクローズアップされていて泣けました。

一方、藍沢は大手術に挑みました。

どうにかして命を救うために治療する藍沢がかっこよかったです。

脳外科医時代のライバルの医師とともに難しい手術に挑むシーンに息をのみました。

救える命と救えない命がある事が今回は様々な人物の視点から描かれていていました。

命についていろいろ考えさせられた回でした。

ペンネーム:れみ(30代・女性)

tomo

『コード・ブルー3』第4話ストーリー解説

3話まででフェロー2人のエピソードでしたが、4話では最後の1人、灰谷(成田凌)のエピソードがありました。

医者の息子で性格に難があり向上心の無い灰谷を、難しい患者を処置する藍沢を見ても気にも留めない性格は、さすがに見ている側も自覚が足りないことがわかります。

これまでの2人とは明らかにこじらせた性格なので、どう自覚を持たせるのか興味がありましたが、このテーマは4話1回だけでは終わりませんでした。

やる気の無い医師の意識を変えるのはそれだけ難しいのでしょうね。

彼の個人的な背景は他の2人とは違うようなので、その部分も膨らませていくのかもしれません。

藍沢が灰谷の意識をどう変えていくのか楽しみです。

『コード・ブルー3』第4話の感想

今回は藍沢と緋山のストーリーが並行して進んでいき、医師の葛藤が描かれていて見どころがありました。

4話では藍沢も緋山も「医師は負けず嫌い」という信念のもと、難病の治療と戦っていてその姿に胸を打たれます。

藍沢は脳腫瘍とピアノとの間で悩む少女と、緋山は脳の損傷で右腕が動かなくなった板前と、患者が別に人生を歩む姿へ懸命に寄り添う姿に感動しました。

サードシーズンでは藍沢、緋山、白石の成長が見られて頼もしいですね。

また橘と三井が息子優輔くんの治療に葛藤する姿も胸が苦しくなりました。

優輔くんの今後の展開は最後まで続いていくと思うので注目したいと思います。

ペンネーム:tomo(40代・男性)

ななまる

『コード・ブルー3』第4話ストーリー解説

藤川抜きで冴島との結婚のお祝いを白石、緋山、藍沢で行っていたのがちょっと笑えました。

しかも藤川のどこに惹かれたのか、どこがいいのか、どこが好きなのか?という話になった時、冴島がすぐには答えずに悩んでしまったところが面白いと思いました。

藍沢も「1つぐらい言ってやれよ」とクールな顔で言っていたので、無表情でそんなことを言うのかな、と思ってしまいました。

橘と三井の息子の急変、その息子と同じ病気の男の子の死、同年代の少年がバーベキューの串が首に刺さってしまい、救命をするという内容が3人とも同世代なのに、どうして状況が違ってきてしまうのだろう?と考えさせられました。

『コード・ブルー3』第4話の感想

冴島がヘリを降りて、内勤になり、代わりにフライトナースになった看護師。

初めての1人での出動で患者家族への配慮が全く出来ていなくて、物凄い冷たい人なんだと思いました。

冴島だったらすぐに家族への配慮をしてくれると思ったのです。

実際その搬送されてきた男の子に病室からの花火を見せたいということで、ベッドを動かすなどの配慮をしてくれたのは、冴島でした。

フライトナースとして仕事が出来るだけではなく、看護師の基本的な患者と患者家族への心使いが出来る人なので、やっぱり冴島がいないとダメなんじゃないかなと思いました。

ペンネーム:ななまる(30代・女性)

ドラマ『コード・ブルー3』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法は?

ドラマ『コードブルー3』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンド(FOD)は、現在31日間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『コードブルー3』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

フジテレビは『コードブルー3』をなんとしても、月9ドラマ視聴率復活のきっかけにしたいと考えていることもあり、これまでに放送された

・コード・ブルー シーズン1(2008年)
・コード・ブルー スペシャル(2009年)
・コード・ブルー シーズン2(2010年)

『コード・ブルー』シリーズ全話が期間限定で見放題というキャンペーンも行っているので、今のうちに是非チェックしてみてください!

[PR]フジテレビオンデマンド(FOD)はこちら

※紹介している情報は2017年7月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

まとめ

2017年夏ドラマ『コード・ブルー3』第4話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。

5話以降も各話の情報を随時アップしていきますので、引き続きチェックのほど、よろしくお願いいたします!

ドラマ『コード・ブルー3』第3話(前回)のあらすじや感想はこちら

ドラマ『コード・ブルー3』第5話(次回)のあらすじや感想はこちら

ドラマ『コード・ブルー3』視聴率一覧はこちら

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA