コード・ブルー3話ネタバレ。シアン化合物で冴島の赤ちゃんに影響は?

  • この記事を書いた人:しいろ

2017年夏ドラマ、山下智久さん主演のドラマ『コード・ブルー−ドクターヘリ緊急救命-THE THIRD SEASON(コードブルー3)』の第3話が、2017年7月31日(月)に放送されました。

こちらの記事ではあらすじネタバレを中心にご紹介していきます!

スポンサーリンク

『コードブルー3』3話のネタバレ

ドラマ『コードブルー3』第3話は「命と命より大切なもの、どちらを選択するか」がテーマでした。

藍沢は、「命があればいつか乗り換えられると信じている(だから、命を優先する)」と考えたものの、脳外科医で出会った患者・奏(田鍋梨々花さん)の姿を見て、迷いが生じていましたね…。

白石(新垣結衣さん)の言う通り、非常に難しい問題だと思います。

その人にとっては、命が助かったとしても、それまで大切にしていたもの以上のものが見つけられなければ、より苦しむことになる場合も考えられますし…。

事故で手指の麻痺を患った緒方(丸山智己さん)は、非常にポジティブで「自分自身が厨房に立つ姿が見える」という、ある意味精神論のようなもので障害を乗り越えようとしていましたが、全員が全員そうなれるというわけでもありません。

この問題は、このシーズンでの藍沢の1番の悩みになるかもしれませんね。

藍沢がどのような結論を下すのか、非常に楽しみです。

また、3話ではもう1つ大きく動いたものがあります。

それは、藤川(浅利陽介さん)と冴島(比嘉愛未さん)の関係性。

汚染されたヘリに搭乗していたため、中毒を起こしてしまった冴島に寄り添う藤川が出した答えは、「『はるかとともに生きたい』から、結婚したい」ということでした。

このプロポーズのシーンは、藤川のまっすぐさが伝わって来る非常に良いシーンでした!

冴島も今回の件で、自分にとって大切なものが見えたようです。

しかし、まだこの2人にも「今後仕事をどうするか」という課題が残っているんですよね…。

お腹の子どもが大切でありながらも、仕事にやりがいを見出している冴島。

子どものためにもヘリを降りて欲しい藤川。

その辺りがどうなるのか、明確に描かれることがあるのかな?というのは、少し気になりますね。

流れからして、冴島の搭乗回数が減ったりするのかな?とも思いますが…

それはそれで寂しい気もします。

回を重ねるごとに気になる部分が出てくる『コード・ブルー3』、引き続きチェックしていきたいと思います!

ドラマ『コード・ブルー3』第2話(前回)の感想とネタバレはこちら

ドラマ『コード・ブルー3』第4話(次回)の感想とネタバレはこちら

ドラマ『コード・ブルー3』視聴率一覧はこちら

スポンサーリンク

ドラマ『コードブルー3』第3話のネットの感想や評価は?

冴島が目を覚ましたことで、よかったと安堵する人が非常に多かったです!

また、冴島と藤川の2人を祝福する声も多く見られました。

妊娠初期のシアン化合物中毒ということで、お腹の赤ちゃんについて心配する声も。

後遺症はない、と藍沢が説明していましたが…。

それはあくまで冴島はるか自身のことで赤ちゃんがどうか、ということについては言及していませんでしたが、無事であると信じたいです!

特に冴島は前シーズンでも色々と辛い思いをしているキャラクターなので、幸せになってほしいところです。

毎回名言が多いコード・ブルーですが、3話の白石の「臆病であることも医者の素質として必要」という言葉は、勇気付けられた人も多いのではないでしょうか?

自分がデメリットだと思っていることも、実は何かに必要なことなのかもしれない…と思うと、前向きに受け入れることができそうですよね。

この白石の言葉で、フェローの灰谷(成田凌さん)も成長してくれると良いなあ…と思います。

スポンサーリンク

ドラマ『コード・ブルー3』第4話のあらすじは?

2017年8月7日(金)21時より放送のドラマ『コード・ブルー−ドクターヘリ緊急救命-THE THIRD SEASON』第4話のあらすじをご紹介します。

藍沢耕作(山下智久)に、天野奏(田鍋梨々花)がけいれん発作で入院したという報告が新海広紀(安藤政信)から入る。

新海は、奏が藍沢と話したがっていると伝えた。

奏はこのような状況でもまだ手術は受けないという。

望みは藍沢の説得なのだ。

しかし、奏に藍沢もなんと声を掛けてよいか分からない。

そんな中、河川敷でバーベキュー中にケガをした家族救出のドクターヘリ要請が入った。

同時に橘啓輔(椎名桔平)には、三井環奈(りょう)から長男、優輔(歸山竜成)の容体が急変したという連絡が。

橘はドクターヘリを藍沢に任せ、息子の元へ駆けつける。

すると優輔の口元には吐血した痕跡。

三井によると、優輔は急に腹痛を訴えたらしい。

橘は循環器内科医師、井上宣顕(滝藤賢一)とともに、急遽、処置室で優輔の処置に当たる。

一方、藍沢、名取颯馬(有岡大貴)、雪村双葉(馬場ふみか)は河川敷に降り立つ。

事故現場を目指し花火大会に向け集まっている大勢の野次馬たちを駆け抜け、たどり着いた患者の姿を発見し驚く。

8歳の少年の首にはバーベキュー用の串が刺さっていた。

現場での処置は難しいとの名取の判断で、少年はすぐさま翔北の処置室に運ばれる。

そこでは、橘が優輔の治療を続けていた。

藍沢の監督のもと、名取、横峯あかり(新木優子)は少年の治療にあたる。

白石恵(新垣結衣)たちも加わるが、少年の治療にはあらゆる困難が立ちはだかっていた。

公式サイトより引用

『コード・ブルー3』第4話の見どころや展開予想はこちら

ドラマ『コード・ブルー3』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法は?

ドラマ『コードブルー3』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンド(FOD)は、現在31日間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『コードブルー3』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

フジテレビは『コードブルー3』をなんとしても、月9ドラマ視聴率復活のきっかけにしたいと考えていることもあり、これまでに放送された

・コード・ブルー シーズン1(2008年)
・コード・ブルー スペシャル(2009年)
・コード・ブルー シーズン2(2010年)

『コード・ブルー』シリーズ全話が期間限定で見放題というキャンペーンも行っているので、今のうちに是非チェックしてみてください!

[PR]フジテレビオンデマンド(FOD)はこちら

※紹介している情報は2017年7月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

まとめ

『コードブルー3』第3話のネタバレあり感想と4話のあらすじを紹介しました。

次回は橘(椎名桔平さん)の息子の容体の急変やバーベキューでの事故、加えて奏の説得など、またもや様々な困難が待ち受けている様子です。

藍沢をはじめとする救命の面々は、次回の事故にどのように立ち向かって行くのでしょうか?

また、橘の息子の容体も気になるところです。

『コード・ブルー3』第4話も非常に楽しみです!

ドラマ『コード・ブルー3』第2話(前回)の感想とネタバレはこちら

ドラマ『コード・ブルー3』第4話(次回)の感想とネタバレはこちら

ドラマ『コード・ブルー3』視聴率一覧はこちら

スポンサーリンク

2 件のコメント

    • ご指摘ありがとうございました。

      修正させていただきました。

      今後とも、よろしくお願いいたします!

  • コメントお待ちしています!

    CAPTCHA