セシルのもくろみ動画(8話)見逃し無料はFOD!あらすじと感想も

  • この記事を書いた人:DRAMAP編集部

2017年8月31日(木)22時より放送のドラマ『セシルのもくろみ』第8話の感想やあらすじをご紹介!

放送前は『セシルのもくろみ』第8話の展開予想や見どころ、放送後は感想や評価を順次アップしていきます。

リアルタイムでの放送を見逃してしまった場合のお得な無料視聴方法もご紹介していますので、ドラマ『セシルのもくろみ』視聴にお役立てください!

なお、こちらの記事はユーザーボイス記事となります。

ドラまる
ユーザーボイス記事って何?
ラマちゃん
DRAMAP読者さんからいただいた展開予想や感想をまとめた記事よ。

ドラマの解釈や楽しみ方は人それぞれ☆

読者さんの声をご紹介することで、新たな発見をしてもらいたいと考えているよ!

[PR]『セシルのもくろみ』全話無料視聴(FOD)はこちら

スポンサーリンク

2017年夏ドラマ『セシルのもくろみ』第8話のあらすじ

2017年8月31日(木)22時00分〜放送のドラマ『セシルのもくろみ』第8話のあらすじをご紹介します。

奈央(真木よう子)は、舞子(長谷川京子)のお披露目を兼ねたトークショーでモデルを辞めようと思った理由を問われ、「モデルなんかより大事なものがあると気づいた」と発言し、集まったファンたちをざわつかせる。

失言に気づいた奈央は、舞子の巧みな話術によって助けられ、何とかその場を乗り切った。

だがその直後、レイナ(芦名星)がいきなり妊娠と『ヴァニティ』の卒業を発表し…。

晴海書房に戻った奈央は、江里(伊藤歩)とともにトークショーの反省会をする。

その席で江里は、編集長の南城(リリー・フランキー)が異動になり、由華子(吉瀬美智子)がカバーモデルを務める予定だった新雑誌創刊の話も白紙になったことを奈央に打ち明ける。

一方、『ヴァニティ』編集部では、新編集長の平林(石田佳央)がこれまでの共感路線を捨ててよりハイクラスな方向へと転換する編集方針を打ち出し、洵子(板谷由夏)たち編集部員を困惑させる。

そこには、舞子の意向が大きく反映されているらしい。

ある日、奈央は、古書店の店先にいたおしゃれな老婦人を見かけ、心をひかれる。

トモ(徳井義実)によれば、その女性はハナちゃん(大方斐紗子)と呼ばれている、ちょっとした有名人なのだという。

そんな折、奈央と江里は、南城からの呼び出しでとある高級中華料理店を訪れる。

するとそこに、由華子や舞子、洵子もやってきて…。

公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2017年夏ドラマ『セシルのもくろみ』第8話 放送前の展開予想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『セシルのもくろみ』第8話の見どころや展開予想をご紹介いたします。

てつや
『セシルのもくろみ』第7話のラストでトークショーで「モデルなんかより大切なことがある。」と発言してしまった宮地ですが、第7話はそこで終わってしまったので、とりあえずその場がどうなってしまうのかが気になります。

ただ、この発言は宮地の読モ生命の左右などといった大事にはならないと予想します。

また、第8話の予告を観る限り、第8話では宮地や舞子、黒沢たちと食事をするようで、その食事会が一体どんな感じになるのかが非常に楽しみです。

女同士の修羅場になるのでしょうか?

恐らく、『セシルのもくろみ』第8話の見どころになることは間違いなさそうです。

そのシーンが観られる来週が待ち遠しいです。

ペンネーム:てつや(20代・男性)

しょうくんパパ
宮地奈央を快く思っていない安永舞子と手島レイナが宮地を陥れるために陰湿ないじめを仕掛け始めると思います。

男っぽい性格の宮地は何とか耐え忍ぶと思いますが、不器用なところが災いして彼女たちの術中にはまってしまいそうな気がします。

しかしそんなピンチに陥った宮地を浜口由華子が手を差し伸べ救い出すように思います。

ハマユカの存在は宮地の今後のカギを握っているように思います。

ハマユカはモデルとしての行き場を失いました。

彼女は新たな行き場を求めていると思います。

そこでハマユカにとってキーマンとなり支えにもなるのが宮地だと思います。

2人はお互いを必要とし合い、今後の進む道を一緒に模索し始めるのではないかと思います。

ペンネーム:しょうくんパパ(40代・男性)

まる
今まで、さんざん真木よう子さんのことをこき下ろしていた長谷川京子さんが、トークショーの失言をカバーしてくれるのは、意外だなと思いますが、ファンからの好感度を上げるためなら、やるかも…と思いました。

とにかく、自分以外のモデルは全員、蹴落とすような雰囲気を漂わせている長谷川京子さんが、どこまで計算高く、どんなことをやるのかは『セシルのもくろみ』第8話の注目ポイントのひとつだと思います。

新しい雑誌の専属モデルを務めるはずだった吉瀬美智子さんは、その雑誌の創刊が見送られ、またヴァ二ティに戻ってこれたら良いなと思います。

真木よう子さんと一緒に、ヴァ二ティとそれに携わるスタッフを盛り上げていってほしいです。

ペンネーム:まる(30代・女性)

スポンサーリンク

2017年夏ドラマ『セシルのもくろみ』第8話 放送後の感想や評価まとめ

れれたん

『セシルのもくろみ』第8話のストーリー解説

ヴァニティが舞子主導でだんだんと変化してしまいました。

カシユカも引退して今までのヴァニティとはかけ離れて、もっとハイクラスな雑誌に変化していってしまいます。

そんな事態に懸念を抱いた宮地は葛藤しながらも、自分の思いのままに動き出します。

ヴァニティはかねてより、女性の生の声を大事にしながら身近な存在でいました。

ヴァニティは果たして、今までのスタイルを貫きとおせるのかがみどころです。

ヴァニティが真に輝いていた時代に舞い戻れるのか気になります。

新しい方針と古くからのスタイルとぶつかりあった8話でした。

女性のエネルギーを感じました。

『セシルのもくろみ』第8話の感想

ハマユカが引退してしまい、どんどんヴァニティを取り巻く環境が変わってしまって不安になりました。

宮地は負けないで自分なりのスタイルを貫き通してもらいたいと思って応援しながらドラマを観てました。

仕事に生きる女性はかっこいいです。

この仕事に生きる女性達が一同に介して食事を繰り広げるシーンがドキドキしてしまいました。

お互いに譲れないポリシーを各々に持っている人達の集まりです。

ぶつからないわけがありません。

女同士で牽制球を投げながら、マウンティングしながら食事をする光景は観ていて恐ろしかったです。

でも、この豪華な共演をドラマ内で見られただけでも幸せでした。

ペンネーム:れれたん(30代・女性)

てつや

『セシルのもくろみ』第8話のストーリー解説

トークショーで「モデルなんか」と失言をしてしまった宮地でしたが、舞子のフォローによりなんとかその場は問題に発展することなく終わりました。

しかし、そのトークショー中にレイナが妊娠しヴァニティーから離れることを宣言するという新たな問題も出てきてしまいます。

また、ヴァニティー新編集長の平林は、読者が手が届きそうだと共感を得られるこれまでの方針から、読者が憧れるようなハイクラスな雑誌にすると言い、宮地たちがやろうとしていた企画もボツになってしまう可能性が高まってしまいました。

ですが、宮地は新編集長がやろうとしている企画も自分たちがやろうとしている企画もどちらもやろうとしますが、結局舞子の判断でボツになってしまいます。

『セシルのもくろみ』第8話の感想

今回は何といっても、宮地、はまゆか、黒沢、沖田、舞子の女同士での中華料理屋のシーンのインパクトが大でした。

予想以上にこのシーンに尺を使ってましたし、制作サイドの本気が伺えました。

予想以上にみんなが本音をぶつけ合い、まさしく修羅場という感じで、討論がヒートアップするたびに観ているこっちも画面に釘付けでした。

でも、このまま討論がヒートアップして収集つかなくなるのかな?と思いきや、徐々に和解の方向へ行ったのが想定外でありながらも、すっきりしました。

このシーンで取り上げられていた宮地たちか感じる世間の声がリアルで、自分はモデルとは無縁ですが、頷きながら見ていた自分がいます。

ペンネーム:てつや(20代・男性)

まる

『セシルのもくろみ』第8話のストーリー解説

ファンの前で「モデルなんか…」という失言をしてしまった真木よう子さんのことを、モデルの意地でなんとか表面的に救った長谷川京子さんは、ヴァ二ティの路線を変更すると言い始めます。

リリー・フランキーさんは、編集長を外れて閑職に追いやられ、板谷由夏さんは年下の編集長の下で働かなければならなくなってしまいました。

そんな時、リリー・フランキーさんが、予約した高級中華料理店に吉瀬美智子さん、真木よう子さん、板谷由夏さん、長谷川京子さん、伊藤歩さんが集まり、女だけで本音トークをします。

そこで、打ち解けたかと思ったら、板谷由夏さんは退職し、吉瀬美智子さんと新しい雑誌を創刊することにして、その雑誌のカバーモデルを真木よう子さんに依頼します。

『セシルのもくろみ』第8話の感想

女だけで高級中華料理店の円卓を囲んで、またバトルが始まるのではないかと、ハラハラしてしまいましたが、長谷川京子さん以外は、意思の疎通はできているメンバーなので、今までになく和やかな雰囲気になってホッとしました。

女、母、妻と女性と言っても、いろいろな顔があり、あれだけ綺麗な女優さんが揃って、その分類について、手を挙げている姿は新鮮で、壮観でもありました。

最後にわかった吉瀬美智子さんと板谷由夏さんの新しい雑誌を立ち上げるという選択は、とてもかっこいいと思いました。

納得いかない仕事をするのではなく、自分のやりたいことを仕事にできるのが羨ましいです。

ペンネーム:まる(30代・女性)

とくさん

『セシルのもくろみ』第8話のストーリー解説

第8話はトークショーでの宮地奈央の失言から始まりました。

この失言に会場はざわつきましたが、安永舞子のフォローで乗り切ることができました。

新しい体制になった「ヴァニティ」は舞子の意向が大きく反映されることになりました。

舞子は編集会議で採用された企画にも意見するなど影響力を持っていました。

そんなギクシャク仕出したころ南城の計らいで宮地、沖田江里、黒沢洵子、舞子、そして浜口由華子の5人が顔を合わせて話すことになりました。

ここは大きなポイントになったようです。この後黒沢洵子は、晴海書房を退職し「ヴァニティ」から離れます。

浜口は新しいファッション誌を立ち上げるようです。

そして宮地は浜口から、そのファッショ誌のカバーモデルを依頼されます。

急に話の展開が速くなり、この回は次週の最終回に向けたラストスパートのように感じました。

『セシルのもくろみ』第8話の感想

高級中華料理店で宮地、江里、洵子、舞子、浜口の5人が話し合い、お互いの意見を戦わせた場面が大きなポイントにでした。

この場面で、それぞれの違いと分かり合えることがハッキリしたのではないかと思います。

ここで洵子は踏ん切りがつき、創刊のときから携わっていた「ヴァニティ」を離れる決意をしたのだと解釈しました。

そして浜口もこれを機に新しいファッション誌を立ち上げ、新「ヴァニティ」に挑もうと考えたのではないでしょうか?

そこで理想をともに共有できる宮地にカバーモデルの依頼をしたのだと思いました。

この後、洵子と浜口は合流するようです。

しかし2人だけでなく他にも「ヴァニティ」を離れ合流するものが出てくるように思いました。

ペンネーム:とくさん(40代・男性)

ドラマ『セシルのもくろみ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法は?

ドラマ『セシルのもくろみ』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンド(FOD)は、現在31日間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『セシルのもくろみ』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

フジテレビは『コードブルー3』をなんとしても、月9ドラマ視聴率復活のきっかけにしたいと考えていることもあり、これまでに放送された

・コード・ブルー シーズン1(2008年)
・コード・ブルー スペシャル(2009年)
・コード・ブルー シーズン2(2010年)

『コード・ブルー』シリーズ全話が期間限定で見放題というキャンペーンも行っているので、今のうちに是非チェックしてみてください!

[PR]フジテレビオンデマンド(FOD)はこちら

※紹介している情報は2017年7月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

まとめ

2017年夏ドラマ『セシルのもくろみ』第8話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。

7話以降も各話の情報を随時アップしていきますので、引き続きチェックのほど、よろしくお願いいたします!

ドラマ『セシルのもくろみ』第7話(前回)のあらすじや感想はこちら

ドラマ『セシルのもくろみ』最終回 第9話(次回)のあらすじや感想はこちら

ドラマ『セシルのもくろみ』視聴率一覧はこちら

[PR]『セシルのもくろみ』全話無料視聴(FOD)はこちら

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA