セシルのもくろみ7話ネタバレ感想!視聴率アップは長谷川京子効果?

  • glass
  • この記事を書いた人:ぐらす

ドラマ『セシルのもくろみ』第7話が2017年8月24日(木)に放送されましたね。

視聴率はなかなか厳しくなっていますが、第2章ということでついに宮地奈央(真木よう子)が専属のプロモデルとしての道を歩み始めて見どころも増えてきたように感じています!

ドラまる
今回はハマユカがヴァニティを引退でまたひと騒動ありそうだね。
ラマちゃん
やっとハセキョーが登場するわねー!

ミヤジとレイナともバチバチかな?

こちらの記事では2017年夏ドラマ『セシルのもくろみ』第7話のネタバレと感想、第8話のあらすじをご紹介いたします。

スポンサーリンク

2017年夏ドラマ『セシルのもくろみ』第7話のネタバレと感想

新カバーモデル決定

ファッション雑誌『ヴァニティ』のカバーモデルだったハマユカこと浜口由華子(吉瀬美智子)は、新しく創刊する40代キャリア女性向け雑誌の表紙となるためにヴァニティモデルを引退することになりました。

そして新しくカバーモデルとなるのが元ヴァニティの専属モデルだった、OGの安永舞子(長谷川京子)と発表されます。

舞子は、専属モデルたちをずらりと並べ、「いつどこで見られていてもヴァニティの名に恥じないようにしてほしい。ここに戻ってきたのは、ヴァニティの読者を一人でも増やすため。ついてこられない人は自分から降りていただきたい」と説教。

宮地を明らかに毛嫌いしている感じではあるけれど、プロ意識の高さの感じられるセリフです!

新しい雑誌の創刊に携わることになり編集長を退くことになった南城(リリー・フランキー)、これは黒澤洵子(板谷由夏)が編集長に?という予感が。

舞子の話を聞いて、ライターの沖田江里(伊藤歩)は宮地に「話し方教室」を勧めるも、「このままの私でいいと言ってくれてたのに…!」とふてくされて出ていってしまうのでした。

黒沢は、ライターとモデルのタッグをシャッフルしてウェブ企画を競合させて、トップのモデルには舞子とのトークショーに出てもらうと会議で発表、他のライターと組ませることで、それぞれのモデルを成長させようとしているようです。

江里と組むことになった専属モデルのレイナ(芦名星)は、「トップ取れなかったらあんたのせいよ」と厳しく当たりますが、負けじと「そういうところなんじゃないんですか?カバーできなかったの」とズバッ。

一方の宮地も、ライターの平井が提案した企画に色々意見を言うものの、「なめてんの?読モの頃は人と違うところを受け入れられたから調子に乗っている。ミヤジのさんのそういうところが嫌いです。と、バッサリ。

「言われたとおりにやるか、嫌なら辞めるか、あなたの選択肢はないから。」

平井は宮地に対して視聴者が思っていたモヤモヤ感を代弁してくれたような気がしますね、自分らしさを大事にしすぎて、これまで「雑誌を作る意識」が足りなかったような気がします。

平井の企画で「同窓会コーデ特集」をすることになった宮地は、前回の撮影現場でNGを出されてしまったカメラマンに撮ってもらうことになるのですが、特訓の成果でモデルとしてポージングがバッチリ。

公式ツイッターより、キレイな宮地♡


厳しい女カメラマンに「またね」と言ってもらえて喜ぶ宮地と微笑む平井、そしてウェブ企画のアンケートは、宮地・平井組がなんと1位に選ばれ、ミヤジは舞子とのトークショーに出演することになるのでした。

宮地の盗撮動画がネットに!

パート先のお惣菜屋さんでも宮地は声をかけられるようになったのですが、相変わらずラフな格好で言動もオヤジっぽいべらんめえ口調。

しかし、その様子をネット動画にアップされて「同じ私立中学校に子どもを通わせている保護者として恥ずかしい」と書かれてしまい落ち込む宮地。

息子のヒロキは動画のことは知っていたものの、「気にしないで、そういうこと言う人達は、お母さんのいいところ知らないだけでしょ」と逆に励ましてくれます。

とても多感な頃のはずなので普通なら母親を責めたりしそうなものですが、ヒロキは驚くほど大人だなーと感心します!!

宮地は口は悪いのですが、決して夫や息子に対して馬鹿にしたり不満を言ったりすることがなく大切にしてることを感じられるので、きっとそれでいい子に育っているのかもしれませんね。

一方、ハマユカとともに新しい雑誌を創刊するはずだった南城編集長は、雑誌を作る部署でないところへ飛ばされ、会社が新しい雑誌の創刊も取りやめたことでハマユカの表紙の話も白紙になってしまいます。

申し訳なさそうにする南城の前ではハマユカは気丈に振る舞うも、帰り道に涙を流します。

雑誌業界も不況と言われている今、こういう話は現実にもあるんじゃないか?と思ってしまいますよね。

息子に迷惑をかけてしまったと落ち込んだ宮地が、モデルをやめたいと黒沢へお願いしたことを聞き、自宅を訪れた江里。

「私がモデルをやって、ヒロキをさらしものにしてしまった。一番大切な人を傷つけちゃった」と涙声で語るみやじを励まして、「今辞めたら、ヒロキ君が自分のせいだと思ってしまう」と悟すのでした。

宮地は品のある女性を目指すために、以前江里が進めてくれた話し方教室へ行こうと決め、早速実行に移します。

  • ゴソゴソしない、落ち着きがなく見える。
  • 上品に話すには、語尾を相手の前に置くようにする

など、ドラマを見ていてためになる情報が!ちなみにこちらの先生は、実際に「話し方教室」の講師の先生なのだそうですが、美人でハキハキして明るく聞きやすい声なので、女優さんかと思ってしまいました!

10・20代などの若い内は、元気があっていいねで済んだことも、年令を重ねると「恥ずかしい」「品がない」と見えてしまうことも…「話し方教室」是非行ってみたいっ。

動画の騒動で、トークショーには宮地ではなくレイナに出てもらうことにしていたのですが、声の出し方や話し方を一生懸命学んでいる宮地を、「トークショーに出したい」と直談判する江里に、黒沢は難色を示します。

それは聞いていた舞子は「3人で話しましょう!」と快く受け入れてくれるのですが、実は奇数だと自分がセンターになるからという舞子の自分本位の理由だったのでした。

江里に恋のライバル!

江里は嬉しそうにカメラマンの山上航平(金子ノブアキ)へ行き飲みに誘うも、なんと編集部の小池雅美(小野ゆり子)と先に約束していたのでした!!

優しくて、自由で、特定の彼女は作らないというオシャレイケメンの山上、かなりモテそうですね。

恋愛要素はあまりないドラマなのですが、盛り上げるためにちょっと付け加えたのかな?と予想もできますね!

ドラえもんでいうとスネ夫っぽいけどなんだか憎めない小池のキャラクターが、小野ゆり子さんにハマリ役だと思います!!

そしてヴァニティ編集部に新しい男性編集長やってくるのですが、それは皮肉にも黒沢の後輩で、舞子のスタイルブックを担当した編集者だったのです。

居酒屋に飲みに行った黒沢と小池、いつも冷静な黒沢も感情的に愚痴ったギャップがとても良かったです!!

トークショーでピンチ!

トークショー当日緊張する宮地でしたが、練習の成果が出て品よくトークをすることが出来ていた矢先、ここで舞子が「辞めようと思っていたのはどうして?」と意地悪な質問を投げかけてきます。

動揺する宮地はヒロキの姿を会場で見つけて「モデルなんかより、大事なものがあると思ったからです」と答えますが、その言葉にざわつく会場。

けれどなにかまた宮地は「覚醒」したような表情に見えましたので、次回の冒頭で何か挽回する言葉を語るような気がします。

今回は宮地とヒロキがお互いに想い合う親子の絆に泣ける回でしたし、そのために自分を変えようと努力する姿にも励まされ、トークショーのシーンでは応援したくなるほど感情移入してしまいました!

トークショーのメイク、ファッション、品のある話し方をする宮地は本当にキレイで、真木よう子さんが一番輝いて見えましたね。

ちなみにヒロキ役の佐藤瑠生亮(さとうるいき)くん、2017年現在で13歳ですが10ヶ月の赤ちゃんの時から子役としてお仕事をされているので芸歴は10年以上のベテランで、2012年にはドラマでレイナ役の芦名星さんの息子役をされていたということも発見、2017年は映画『帝一の國』に出演されていたそうです!

公式ツイッターより、癒し系のお二人♡

佐藤瑠生亮(さとうるいき)くんの公式ブログもありましたのでご紹介いたします!

『セシルのもくろみ』第7話の視聴率は4.4%と、わずかながらアップ!

レイナを上回るヒール役の舞子が登場し長谷川京子さんという華やかさもあり、そして江里の恋のライバル登場など後半になって面白さが増してきたように思いますし、平井、小池のサブキャラ的な存在が後半になって意外といい味を出しているのも視聴率アップの要因がかもしれませんね。

ちなみに原作小説では主人公の不倫もあるのですが、宮地にこれからロマンスがあるとは中々考えにくい…

けれどそんな予感もあれば、ますます注目されそうです。

ドラマ『セシルのもくろみ』第6話(前回)のネタバレ&感想はこちら

ドラマ『セシルのもくろみ』第8話(次回)のネタバレ&感想はこちら

ドラマ『セシルのもくろみ』視聴率一覧はこちら

スポンサーリンク

2017年夏ドラマ『セシルのもくろみ』第7話の視聴者の感想は?

ドラまる
2017年『セシルのもくろみ』第7話の視聴者の感想を調査してみたよ!


宮地とヒロキの素敵な親子愛でしたね、泣けました。


悪役は嫌がる人も多い中、バッチリ演じてくれています!


きっとそれを上回るナイスなセリフを言ってくれること間違い無し!

ドラマ『セシルのもくろみ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法は?

ドラマ『セシルのもくろみ』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンド(FOD)は、現在31日間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『セシルのもくろみ』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

また、フジテレビは2017年夏の月9『コード・ブルー3』でなんとしても、月9ドラマ視聴率復活のきっかけにしたいと考えていることもあり、これまでに放送された『コード・ブルー』シリーズ全話が期間限定で見放題というキャンペーンも行っているので、今のうちに是非チェックしてみてください!

[PR]『セシルのもくろみ』全話無料視聴(FOD)はこちら

※紹介している情報は2017年8月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

2017年夏ドラマ『セシルのもくろみ』第8話のあらすじは?

2017年8月31日(木)22時00分〜放送のドラマ『セシルのもくろみ』第8話のあらすじをご紹介します。

奈央(真木よう子)は、舞子(長谷川京子)のお披露目を兼ねたトークショーでモデルを辞めようと思った理由を問われ、「モデルなんかより大事なものがあると気づいた」と発言し、集まったファンたちをざわつかせる。

失言に気づいた奈央は、舞子の巧みな話術によって助けられ、何とかその場を乗り切った。

だがその直後、レイナ(芦名星)がいきなり妊娠と『ヴァニティ』の卒業を発表し…。

晴海書房に戻った奈央は、江里(伊藤歩)とともにトークショーの反省会をする。

その席で江里は、編集長の南城(リリー・フランキー)が異動になり、由華子(吉瀬美智子)がカバーモデルを務める予定だった新雑誌創刊の話も白紙になったことを奈央に打ち明ける。

一方、『ヴァニティ』編集部では、新編集長の平林(石田佳央)がこれまでの共感路線を捨ててよりハイクラスな方向へと転換する編集方針を打ち出し、洵子(板谷由夏)たち編集部員を困惑させる。

そこには、舞子の意向が大きく反映されているらしい。

ある日、奈央は、古書店の店先にいたおしゃれな老婦人を見かけ、心をひかれる。

トモ(徳井義実)によれば、その女性はハナちゃん(大方斐紗子)と呼ばれている、ちょっとした有名人なのだという。

そんな折、奈央と江里は、南城からの呼び出しでとある高級中華料理店を訪れる。

するとそこに、由華子や舞子、洵子もやってきて…。

公式サイトより引用)

舞子は意地悪なキラーパスをしながら、フォローはしっかりしてくれたようですね。

「ハイクラス雑誌」への転向ということで、庶民派が売りの宮地は厳しい展開に…。

来週は、トモが何か宮地にアドバイスをしてくれそうですね、「おしゃれをする」ことに抵抗があった宮地に何かトモがアドバイスをしてくれるのかもしれません。

まとめ

2017年夏ドラマ『セシルのもくろみ』第7話のネタバレありの感想と、第8話のあらすじをご紹介いたしました。

ドラまる
ま、舞子様こわすぎっ!!
ラマちゃん
悪役がいると主人公を応援したくなるわよね!

「面白くなってきた」という声も増えてきているし、視聴率もじわりと上がっているので最後まで見逃せないわねっ!

ドラマ『セシルのもくろみ』第6話(前回)のネタバレ&感想はこちら

ドラマ『セシルのもくろみ』第8話(次回)のネタバレ&感想はこちら

ドラマ『セシルのもくろみ』視聴率一覧はこちら

[PR]『セシルのもくろみ』全話無料視聴(FOD)はこちら

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • このドラマが、視聴率の悪さで名を挙げているようだが、変だと感じている一般視聴者は多いと思う。一話から見れば、決して筋も荒くないし、丁寧に人物は書いているし登場人物の独白が、穏やかで知的で良いと思うが、視聴率に変な手が入っているように感じられるのは、一人私だけだろうか?企業に勤めた事のあるきちんとした人達には、他人事でなくこの展開は共感できる所ばかりだ。一つ真木よう子の通常から外れている演技が、そんな人間は企業内の戦場にいないと、大向こうを唸らせる仕掛けなら、評価は二分すると思う。後で二度見したら、評価アップでしょう。

  • コメントお待ちしています!

    CAPTCHA