セシルのもくろみ4話の見逃し無料動画視聴と感想【2017夏ドラマ】

  • この記事を書いた人:DRAMAP編集部

2017年8月3日(木)22時より放送のドラマ『セシルのもくろみ』第4話の感想やあらすじをご紹介!

リアルタイムでの放送を見逃してしまった場合のお得な無料視聴方法もご紹介していますので、ドラマ『セシルのもくろみ』視聴にお役立てください!

なお、こちらの記事はDRAMAP読者さん参加型のユーザーボイス記事となります。

スポンサーリンク

2017年夏ドラマ『セシルのもくろみ』第4話のあらすじ

奈央(真木よう子)は、家庭も『ヴァニティ』も何も手放すつもりはない、という由華子(吉瀬美智子)の強い思いを知る。一方、江里(伊藤歩)は、洵子(板谷由夏)と副編集長の石田(眞島秀和)が密談しているところを偶然目撃し、ふたりの間で何らかの取り引きがあったことを察する。

『ヴァニティ』では、新たな専属モデルとして手島レイナ(芦名星)と契約する。そして、読者モデルの中から昇格したのは、奈央ではなく葵(佐藤江梨子)だった。葵が発案したメイク企画が、読者アンケートでも反応が良かったことが決め手となったらしい。 そんな折、江里は、石田と葵が車の中で抱き合っているところを見てしまう。奈央と会った江里は、石田たちのことを話し、このネタを使わない手はない、と言い出す。しかし奈央は、そんなやり方で専属になんかなりたくない、と言って江里を諭す。 

同じころ、洵子の元にも石田と葵がホテルに入っていくところを撮影した写真が送られてくる。差出人は不明だった。
洵子に会いに行った江里は、石田との密談の件を切り出す。そこで江里は、葵を専属モデルにしたい石田と、読者モデルから専属モデルを出したい洵子が手を組んでいたことを知る。
洵子は、編集会議の場で葵の不倫を報告する。編集長の南城(リリー・フランキー)は、石田に休養を命じると、洵子を副編集長代理に指名し…。

公式サイトより引用

スポンサーリンク

2017年夏ドラマ『セシルのもくろみ』第4話 放送後の感想や評価まとめ

ドラマ『セシルのもくろみ』第4話の感想や評価をご紹介します!

れみ

『セシルのもくろみ』第4話ストーリー解説

女同士の戦いがリアルに描かれていて、観ていてドキドキしてしまいました。

女だらけの世界って怖いです。

しかし、女だけの職場ではよくあるようなネタもあり気持ちがわかりました。

宮地は異質な存在ですが、汚いプレイはしないで自分の実力で勝負していくと信じています。

汚い世界には染まらないで自分の考えをとことん貫いてもらいたいと思っています。

まさに今回は修羅場でした。

女同士がここまで揉める光景はなかなか見られないです。

昼ドラみたいで今回は観ていてドキドキしました。

修羅場の中でも、宮地は相変わらずでやっぱり好きなキャラクターです。

『セシルのもくろみ』第4話の感想

読者モデルからの次の座を巡って女同士の戦いが熾烈を極めます。

主人公の宮地は女同士の戦いから一歩ひきながらも自分自身の道を探ります。

今回は女同士の争いがメインの回でした。

互いに脚を引っ張りあいながらも誰よりも先に出ようと、モデル同士の戦いがかなりえぐいです。

男性には分かりにくい世界かもしれませんが、女ならわかるような裏のどろどろした部分が今回はクローズアップされていました。

芸能界の現実や汚さなどがよく描かれていました。

まさに今回は女同士の戦いがストーリーのメインでした。

芸能人はやっぱりイメージが大事だなと感じました。

ペンネーム:れみ(30代・女性)

ふみ

『セシルのもくろみ』第4話ストーリー解説

モデル同士が専属モデルの座をかけて、激しい戦いをした4話。

インスタグラムのフォロワーを買ったり、副編集長に取り入ったりして、必死に専属モデルになろうとする読者モデルたちでしたが、結局どれも表に出てしまい、モデルの立場を追われる羽目になった。

その醜い言い争いのなかで、ミヤジに八つ当たりした拍子にミヤジが氷水をかぶってしまう場面が一番ドキっとした。

ミヤジはそれでも、卑怯な手を使うことの虚しさを説き、最終的に黒沢がその場を治める。

ミヤジも、必死で戦う読者モデルたちの気持ちを理解し始め、人に見られる仕事であることを自覚する。

その証拠に、最後の撮影のシーンでは、やじ馬たちに見られることで豹変し、今までで一番きれいなミヤジを見ることができた。

『セシルのもくろみ』第4話の感想

モデルは、人に認めてもらわなければ成り立たない仕事である。

そのやり方が多少ズルくても、のし上がっていくには必要なことだ。それでも、後ろめたいことを避けるミヤジは、きっと家族に胸を張れる仕事でなければ意味がないと思っているのだと思う。

ミヤジも少しずつ、承認欲求が芽生えだし、ほかのモデルと同じように自分を魅せることに目覚めたが、そのせいで、ミヤジの持つ良さが薄れてしまったのかもしれない。

周りの人に左右されず、自分の道を貫くのはとても難しいと思った。どんなことでも、正解は一つではない。ハマユカが正解であるように、ミヤジも新しい正解を生み出せると思うが、そこにたどり着くまでがとても険しいものだと思った。

ペンネーム:ふみ(20代・女性)

レンちゃん

『セシルのもくろみ』第4話ストーリー解説

読者モデル同士の醜い争いでした。

読者モデルの中から専属モデルを1人出すことになり、葵は副編集長と不倫をしていた。そんな嫌らしい手段を使っていたことを知った者が、読者モデル担当の洵子に葵が不倫している写真を送ったことで大事になった。

一方で江里も見ていてそれを洵子に伝える。それを会議で洵子はスキャンダルを取り上げて、副編集長は休暇をもらい、洵子が副編集長代理になった。

その後 読者モデル同士で争いになり、葵は江里を疑った。そこで奈央は、江里はそんなことをする奴じゃないとかばった。

するともう1人の読者モデルの萌子が入り、葵はばばあの金持ちの面白くないブログに文句を付けて、フォロワーを買ってるだけじゃん!とチクった。そんな揉み合いをしてるなか、洵子が現れて、萌子がチクった犯人だと分かり、二人は解雇となってしまた。

そして最後、洵子に江里と奈央が呼ばれ、11月号を持って卒業と告げられる。

『セシルのもくろみ』第4話の感想

やっぱり女って醜いなぁ~と思いました。

不倫をしてでも、嫌らしいことをしてでも専属モデルになりたいんだぁ~とか、やっぱりこうゆうことって、あるんだぁ~とも思いました。

そして嫌らしいことをしているとこを見たら、誰でもチクったりすると思うので、江里は全然悪くないと思いました。

真面目にやってるからこそ、そんなやり方は許せないと思うので、正々堂々と洵子に告げた江里は逆に偉いと思いました。

それとは違うやり方でチクった萌子こそ、やり方が汚いと思いました。

そして、奈央が「あれモデルじゃない」と言われた瞬間、スイッチが入ったようにモデルになったので、それが超カッコヨカッタです。

ペンネーム:レンちゃん(30代・女性)

スポンサーリンク

ドラマ『セシルのもくろみ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法は?

ドラマ『セシルのもくろみ』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンド(FOD)は、現在31日間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『セシルのもくろみ』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

フジテレビは『コードブルー3』をなんとしても、月9ドラマ視聴率復活のきっかけにしたいと考えていることもあり、これまでに放送された

・コード・ブルー シーズン1(2008年)
・コード・ブルー スペシャル(2009年)
・コード・ブルー シーズン2(2010年)

『コード・ブルー』シリーズ全話が期間限定で見放題というキャンペーンも行っているので、今のうちに是非チェックしてみてください!

[PR]フジテレビオンデマンド(FOD)はこちら

※紹介している情報は2017年7月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

まとめ

2017年夏ドラマ『セシルのもくろみ』第4話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。

5話以降も各話の情報を随時アップしていきますので、引き続きチェックのほど、よろしくお願いいたします!

ドラマ『セシルのもくろみ』第5話(次回)のあらすじや感想はこちら

ドラマ『セシルのもくろみ』視聴率一覧はこちら

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA