僕やり蓮子役(れんこ)のかわいい女優は誰?永野芽郁の演技評価も

  • fodoctor
  • この記事を書いた人:Ryota

金城宗幸(原作)と荒木光(漫画)さんによる大人気コミックの実写化ドラマ『僕たちがやりました(僕やり)』。(フジテレビ系列:2017年7月〜9月毎週火曜夜9時より放送予定)

2017夏ドラマ『僕たちがやりました(僕やり)』では、主演の窪田正孝さんを始め、永野芽郁さんや新田真剣佑さんら今をときめく旬な若手俳優が集結しているということもあり、大きな話題を集めていますね!

こちらの記事では、そんな豪華キャストの中で蒼川蓮子(あおかわ れんこ)役を演じる永野芽郁さんにスポットを当てていきたいと思います!

スポンサーリンク

2017夏ドラマ『僕たちがやりました』蒼川蓮子役は永野芽郁さん

まずは、永野芽郁さんのプロフィールについて簡単にご紹介していきたいと思います。

永野芽郁(ながの めい)さんは、1999年9月24日生まれで現在17歳の現役女子高生。(所属事務所:スターダストプロモーション)

その他の詳細なプロフィールは、所属事務所HPにて以下のように紹介されていました。

血液型:AB型
出身地:東京都
趣味:写真を撮ること、ギター、ランニング
特技:スポーツ、ものまね
(スターダストプロモーション公式HPより引用)

2009年、子役として映画『ハード・リベンジ、ミリー ブラッディバトル』に出演し、デビューを飾りました。

翌2010年からは、ファッション雑誌『ニコ☆プチ』でレギュラーモデルを務め、注目を集めることに。(2013年~2016年には『nicola』でも活動)

同年には、テレビ朝日ドラマ『ハガネの女』でドラマ初出演(吉瀬美智子さんが演じた芳賀稲子の小学生期)。

2012年には大ヒット映画『るろうに剣心』の三条燕役として出演を果たします。

その翌年には初めてのNHK大河ドラマとなる『八重の桜』にも出演し、徐々に女優としての知名度を獲得していくことに。

2015年にはオーディションを勝ち抜いいた末、映画『俺物語!!』のヒロイン役の座を掴み、評価を高めることに。

以降、フジテレビドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(2016)やドラマ初主演を務めた『こえ恋』(2016)にて存在感を発揮。

本年(2017年)にはすでに映画『ひるなかの流星』(主演)や『PARKS パークス』、『帝一の國』、『ピーチガール』とすでに4本もの映画に出演しており、今後の活躍がますます期待されていますね!

また、2016年夏からファッション誌『Seventeen』のモデルとしても活躍している他、CMにも引っ張りだことなっており、彼女の姿を見ない日はないといった所でしょう!

ということで、ここで少しだけ永野芽郁さん出演のCMをご紹介致します。

カルピスウォーター「全力で少年」編 30秒

UQモバイル「JKになる三女」篇

若干17歳にして様々なジャンルで豊富なキャリアを誇る永野芽郁さん。

彼女の今後の動向からますます目が離せなくなってきましたね!

スポンサーリンク

2017夏ドラマ『僕たちがやりました』蒼川蓮子はどんな役?

こちらでは、ドラマ『僕たちがやりました(僕やり)』で永野芽郁さんが演じることになる蒼川蓮子(アオカワ レンコ)の役柄について見ていきましょう。

ドラマ公式サイトでは、このようにあらすじが紹介されていました。

“そこそこ”で生きていた、いかにもイマドキな4人の若者たち。ある日、通っている学校の向かいにあるヤンキー高校の不良たちに、仲間をボコボコにされ、ちょっとしたイタズラ心で、復しゅうを企てる。ところが、計画実行の日、それはとんでもない大事件に発展してしまう。気付いた時には、向かいのヤンキー高校が火の海に!ワケが分からないまま、あっという間に“爆破事件の容疑者”になってしまった彼らが選んだ道は“逃げる”こと…。
(公式サイトより引用)

ここで紹介されている「いかにもイマドキな4人の若者たち」というのは、凡下(ぼけ)高校に通う主人公・トビオ(窪田正孝)、伊佐美(間宮祥太朗)、マル(葉山奨之)、OBのパイセン(今野浩喜)。

永野芽郁さんは、トビオらの同級生である蒼川蓮子(アオカワ レンコ)役として登場します。

トビオとは単に同級生と言うだけでなく幼馴染でもあり、美人で芯の強い女子高生と言うキャラクター設定のようですね。

蓮子とトビオは、互いに気になる存在ではあるものの、一歩踏み込むことができないでいました。

そんな中でトビオら4人が爆弾事件を起こし、逃亡を図ることになるのです。

果たして、この2人の関係は一体どうなってしまうのか!?という点がかなりの見所になってきそうですね。

また、メインキャストの中では唯一の現役女子高生であるだけに、永野芽郁さんが見せるリアルな女子高生像にも要注目ですね!

スポンサーリンク

ドラマ『僕やり』永野芽郁さん(蒼川蓮子役)の演技評価や感想は?

ドラマ『僕たちがやりました(僕やり)』第1話を見た視聴者の方の永野芽郁さんへの演技評価や感想をご紹介していきます!

2017年最も勢いのある若手女優である永野芽郁さんがヒロインということで、注目している方も多かったのではないでしょうか?

演技のことよりも、とにかく可愛い!という反応がとにかく多かったですね。

若手女優が出てくると必ず「演技が下手」という意見が見受けられるのですが、永野芽郁さんはそれもほとんどなかったので、作品に溶け込む演技をしているという高評価なんだと感じました。

ちなみに原作の再現度に関しては賛否が分かれているところですね。

原作を連載時から読んでいた私の感想としては、もう少しクールというか、スレた女の子を演じているけど、実は根はしっかりしているキャラクターという印象でした。

とはいえ、すごくハマっているキャスティングだと思いますし、最終回まで見たら永野芽郁さんバージョンの蓮子にハマっている自分を容易に想像できます…(笑)

2話以降も要チェックですね!

関連記事:僕たちがやりました下ネタに批判?1話ネタバレと感想。再現度高い!

まとめ

ドラマや映画にとどまらず、CMやモデルとしても活躍している永野芽郁さん。

まだ17歳であるとは思えないほど、豊富なキャリアを誇っていますね。

2017年には本作以降にも映画『ミックス。』(秋公開予定)の公開も控えており、下半期も彼女から目が離せません!

今回の2017夏ドラマ『僕たちがやりました(僕やり)』の蒼川蓮子(あおかわれんこ)役では、一体どのような演技を披露してくれるのか…

注目して見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA