僕やり(僕たちがやりました)伊佐美役俳優は間宮祥太朗!演技評価も

  • fodoctor
  • この記事を書いた人:Ryota

2017年夏クール(7月〜9月)カンテレ・フジテレビ系火曜ドラマは、窪田正孝さんや永野芽郁さんら今最も旬なキャストを迎える『僕たちがやりました(僕やり)』が放送されることが決定しています。

本ドラマは、実写化困難とも言われていた金城宗幸さん(原作)と荒木光(漫画)による大人気同名コミックが原作だということもあり、大きな話題を集めていますね!

こちらの記事では、そんな豪華キャスト陣の中で伊佐美翔(いさみ しょう)役を演じる間宮祥太朗さんにスポットを当てていきたいと思います!

スポンサーリンク

2017夏ドラマ『僕たちがやりました』伊佐美翔(イサミ)役は間宮祥太朗さん

まずは、間宮祥太朗さんのプロフィールについて簡単にご紹介していきたいと思います。

間宮祥太朗(まみや しょうたろう)さんは、1993年6月11日生まれで現在24歳。(所属事務所:トライストーン・エンタテイメント)

その他の詳細なプロフィールは、所属事務所HPで以下のように紹介されていました。

血液型:O型
出身:神奈川県横浜市
趣味・特技:ギター、映画、音楽鑑賞、野球
サイズ:身長179cm/靴28cm
(トライストーン・エンタテイメント公式HPより引用)

中学生の頃に雑誌『Hana*chu→』の読者モデルとしてすでに注目を集めていた間宮さんは、2008年の日本テレビドラマ『スクラップ・ティーチャー〜教師再生〜』で俳優デビューを果たしました。

その後、TBSドラマ『ヤンキー君とメガネちゃん』(2010)やフジテレビドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011』(2011)にレギュラーキャストとして出演し、人気を博します。

以降、『ミス・パイロット』(2013)や『弱くても勝てます』(2014)、『水球ヤンキース』(2014)などに出演し、存在感を発揮。

2016年には映画『高台家の人々』や『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』に出演した他、連ドラ初主演となった『ニーチェ先生』(讀賣テレビ制作)など、様々なジャンルの作品に出演し、高い評価を獲得しました。

また、その活躍ぶりはテレビや映画に限ることなく、2012年から舞台『銀河英雄伝説』シリーズにも出演するなど、多岐に渡る分野での活躍が目立っていますね。

本年(2017年)には、すでに映画『帝一の國』に出演した他、映画初主演となる『お前はまだグンマを知らない』や『トリガール!』の公開も控えており、今後の活躍からますます目が離せない存在となっています。

スポンサーリンク

2017夏ドラマ『僕たちがやりました』伊佐美翔はどんな役?

こちらでは、ドラマ『僕たちがやりました(僕やり)』で間宮祥太朗さんが演じることになるイサミこと伊佐美翔の役柄について見ていきましょう。

ドラマ公式サイトでは、このようにあらすじが紹介されていました。

“そこそこ”で生きていた、いかにもイマドキな4人の若者たち。ある日、通っている学校の向かいにあるヤンキー高校の不良たちに、仲間をボコボコにされ、ちょっとしたイタズラ心で、復しゅうを企てる。ところが、計画実行の日、それはとんでもない大事件に発展してしまう。気付いた時には、向かいのヤンキー高校が火の海に!ワケが分からないまま、あっという間に“爆破事件の容疑者”になってしまった彼らが選んだ道は“逃げる”こと…。
(公式サイトより引用)

間宮祥太朗さんが本作で演じることになるのは、ここで紹介されている「いかにもイマドキな4人の若者たち」の内の一人。

イケメンでオンナ好きな凡下(ぼけ)高校の生徒・伊佐美翔(いさみ しょう)。通称“イサミ”。

4人の仲では唯一、新里今宵(川栄李奈)という彼女がいるキャラクター設定となっていますね。

主人公・トビオ(窪田正孝)とマル(葉山奨之)、そしてOBのパイセン(今野浩喜)といつもつるんで何となく過ぎていく日々を送っていました。

向かいにあるヤンキー高校の矢波(やば)高からは、いつもカモにされており、ある時マルが彼らの悪口を言っていることが耳に入ってしまい…。

ボコボコにされてしまったマルの復讐として、彼ら4人は矢波校に爆弾を仕掛けることになるのです。

そうして、思ってもみなかった大惨事を迎えることになり、4人は“逃げる”という道を選択することに。

恋人の今宵とも離れ離れになってしまうことになる伊佐美ですが、彼を待ち受けている運命とは一体…!?

そして、間宮祥太朗さんが“伊佐美”というキャラクターをどのように表現しいてくれているのか…

要注目です!

スポンサーリンク

ドラマ『僕やり』間宮祥太朗さん(伊佐美役)の演技評価や感想は?

ドラマ『僕たちがやりました(僕やり)』第1話を見た視聴者の方の間宮祥太朗さんへの演技評価や感想をご紹介していきます!

好意的な感想が多かったのが印象的でした!

『僕たちがやりました』第1話のメインはマルなので、間宮祥太朗さん演じる伊佐美の存在感は若干薄めでしたが(川栄李奈さんのエロカワっぷりにTwitter上では押されてましたね。笑)今後、伊佐美を中心に描かれる回も出てくるはずなので期待してチェックしていきましょう。

関連記事:僕たちがやりました下ネタに批判?1話ネタバレと感想。再現度高い!

まとめ

『帝一の國』での金髪ロングヘアー姿や本作での関口メンディーさん風の髪型(笑)など、独特のキャラクターを演じ分けることの出来る間宮祥太朗さん。

最近では主役級の作品も増えてきており、小林勇貴監督の映画『全員死刑』(2017年秋公開予定)でも主演に抜擢されるなど、ますます注目度は高まるばかりです。

今回のドラマ『僕たちがやりました(僕やり)』で演じる伊佐美役でも、その独特な存在感を見せつけてくれることを期待したいと思います!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA