僕たちがやりました(僕やり)9話見逃し動画無料視聴!感想とあらすじも

  • 編集長りとぽん
  • この記事を書いた人:編集長りとぽん

2017年9月12日(火)21時00分より放送のドラマ『僕たちがやりました(僕やり)』第9話の感想やあらすじをご紹介!

放送前は『僕たちがやりました(僕やり)』第9話の期待度や気になる見どころ、放送後は感想や評価を順次アップしていきます。

リアルタイムでの放送を見逃してしまった場合のお得な無料視聴方法もご紹介していますので、ドラマ『僕たちがやりました(僕やり)』視聴にお役立てください!

なお、こちらの記事はユーザーボイス記事となります。

ドラまる
ユーザーボイス記事って何?
ラマちゃん
DRAMAP読者さんからいただいた展開予想や感想をまとめた記事よ。

ドラマの解釈や楽しみ方は人それぞれ☆

読者さんの声をご紹介することで、新たな発見をしてもらえたら、うれしいわ!

スポンサーリンク

『僕たちがやりました(僕やり)』第9話あらすじ

2017年9月12日(火)21時から放送のドラマ『僕たちがやりました(僕やり)』第9話のあらすじをご紹介します。

市橋(新田真剣佑)が自ら命を絶ち、がく然とするトビオ(窪田正孝)。

飯室(三浦翔平)は、爆破事件で人生が一変し、生きることに不自由を覚えるようになった市橋が、自由を求めて自殺を選んだのではないかと指摘。結局、事件の真相を市橋に隠し通したままのトビオに「こんなこと言ってもわからないか。君は今“自由”だもんね」と追い打ちをかける。

市橋への罪悪感があふれ出したトビオは「俺が殺した」と錯乱状態に。その姿に蓮子(永野芽郁)は、トビオがただならぬ秘密を抱えていることを察する。

同じ頃、父・輪島(古田新太)に愛されていないことを思い知らされたパイセン(今野浩喜)は、輪島への復しゅうに失敗した菜摘(水川あさみ)に「後は俺に任せて」とある決意を告げ…。

一方、飯室の言葉が頭から離れないトビオは、本当の“自由”を手に入れるための道は自首しかないと考え、決意を固める。

翌日、学校に集まった伊佐美(間宮祥太朗)、マル(葉山奨之)、パイセンも時を同じくして、それぞれの思いから自首する覚悟を決めていた。しかし警察に出頭しても、また輪島にもみ消されてしまうと考えた4人は、パイセンの全財産を注ぎ込み“世の中がひっくり返る最高の自首”をしようと計画。

それぞれの逃亡生活を送ってきた4人が、再び心を一つにする。そこでトビオが思いついた作戦とは…。

決行の日を前に、蓮子をデートに誘うトビオ。すべてを打ち明けようとするも言い出せず、言葉少ないトビオに蓮子は胸騒ぎを覚えるが…。

公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2017年夏ドラマ『僕たちがやりました(僕やり)』第9話 放送前の期待度まとめ

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『僕たちがやりました(僕やり)』第9話の見どころや期待度をご紹介いたします。

やっぴ
トビオのメンタルはどうなってしまうのか!またレンコはこの市橋の死をどう思おうのか。

そして伊佐美は綺麗になりたいとつぶやき、マルは自分がひとりぼっちだったと実感し、「パイセン」と先生は父親に絶望し…

それぞれの感情やエピソードが強すぎて、この後どのようにまとまり、最終話へ向かっていくのか全く想像できません!

漫画では登場しない水川あさみ演じる先生の役が大きすぎます!!

まだこの後も物語に関わってくるのでしょうか?悔しい思いや「パイセン」の父親への恨みは消えていないはずです。果たして!

漫画『僕たちがやりました(僕やり)』ではこの後「自首する人ー?」のかけ声で新たな展開へと進んでいくのですが、どこまで実写で再現できるのかが見物です。

最初は一度壊れた友人関係にギスギスするでしょうが、再度団結して作戦実行していく姿を楽しみにしています。

ペンネーム:やっぴ(20代・女性)

ケーコ
まさかまさかの市橋があんなことになってしまい、トビオもレンコも恐らく落ち込むでしょうし、今回幸せオーラ満開だったのに、今後の関係にも響くのではないかなと心配です。

それよりも、今宵ちゃんの気持ちは女性として分かるのですが、伊佐美も本気になったので、しっかり本気を見せて今宵ちゃんに認めてもらいたいなと思います。

今回それぞれにダークな感じで終わってしまいましたが…

マルは友達を懐かしみ、伊佐美は今宵と真剣に向き合い、パイセンは親との関係性の事実と向き合い、トビオは市橋とレンコと、その関係性をいい方につなげる為に皆団結して頑張ってもらえたらと思います。

最終回まで9話を含めて2話?でしょうし、ドラマ『僕たちがやりました(僕やり)』がどんな結末を迎えるのか、楽しみです。

ペンネーム:ケーコ(40代・女性)

スポンサーリンク

2017年夏ドラマ『僕たちがやりました(僕やり)』第9話 放送後の感想や評価まとめ

やっぴ

『僕たちがやりました(僕やり)』第9話のストーリー解説

前回のラストで飛び降り自殺をした市橋を見てしまったトビオ。

三浦翔平演じる、トビオ達が爆破事件の犯人と知る刑事と再び遭遇し、「うまくやったな。反吐が出る。」という言葉を残して去っていく。

せっかく取り戻したはずの幸せも失われ、ついに自主を決意する。

翌日部室へ行くと、なんとマルと伊佐美がすでにそこに。

話がある、といった瞬間、ここぞのタイミングで「パイセン」登場!

「自首する人ー?」の声に三人はそろって手を挙げる。

ここで問題になるのが自主方法。警察はパイセンの父親とお金でつながっており、また真実をもみ消されかねないので、別の方法を考える。

そしてトビオが見つけたのは、公園で行われるバンドのライブ。

このライブ会場をジャックし、ネットも利用して日本全国民に向けた自主作戦「where is the love」を開始する。

自主前夜の、普通の生活を送れる最後の夜には、伊佐美は自分で考えた赤ちゃんの名前を今宵に伝えに行き、トビオはレンコと別れた。

いよいよ自主当日!ビラを配り、ライブ中のバンドに少し時間をもらい、やっと全国に向けて自主出来た!と、思ったのもつかの間。

謎の四人組に四人は襲われてしまう。

『僕たちがやりました(僕やり)』第9話の感想

またまた最後が漫画とは違う展開ですね!

最初は市橋の自殺にショックを受け、三浦翔平演じる刑事の言葉が重く深く心にのしかかっているトビオが、ついに自主を決意。

もし自分だったら…と、あり得ないながらも考えてみると、とても怖いです。

パイセンの言うとおり、社会的に死んでしまうことになるので、今後の人生のことを考えると怖くてたまりません。

しかし、確かにおびえながら、生きた心地がしない毎日を送るよりは、すっきりしてしまった方が良いのかなぁとも思いました。

しかしトビオは大好きなレンコと別れ、伊佐美は必死に考えた我が子の名前を今宵に伝え、それぞれがけじめをつけている姿に、自首するんだという決意を感じました。

正直以外だったのはマル。

うららちゃんと再会し、お店で楽しんでいたので、うららちゃんの「また前みたいに来てくれるよね?」という言葉に二つ返事で「うん!」と答えるかと思っていたので、「もう来ないよ」と答えたときには驚きました。

いよいよ次回がラスト!いったいどんな展開が待っていて、どんなラストを迎えるのでしょうか?!

ペンネーム:やっぴ(20代・女性)

ケーコ

『僕たちがやりました(僕やり)』第9話のストーリー解説

市橋が自殺した。刑事に責められ悩むトビオが出した決断は自首。

共犯者であるパイセン、マル、伊佐美にも声をかけると皆がそれぞれの理由で自首を決断していた。

以前逮捕されてももみ消された過去から、最高の自首をするために作戦を練る。

自首の準備をしながらも、伊佐美は今宵と向き合い、トビオはレンコと大切なひと時を過ごす。

自首前夜、皆それぞれの夜を過ごし、それぞれの別れをする。

翌日、お金をばらまき宣伝しながら、ライブ会場で罪を告白するが…

『僕たちがやりました(僕やり)』第9話の感想

市橋の自殺は真剣祐の露出が減ってしまうという点からもショックでしたが、物語が終わりに向けて一気に加速していき、必要なことだったのかなと思います。

今回のレンコとトビオのデートシーンが、どちらも胸キュンものでした。トビオの頭ポンポンも、レンコがトビオに抱き着く姿もとても可愛くて微笑ましかったです。

しかし、登場シーンは少なかったものの、今宵ちゃんの存在感とちょうどいい肉付きの体つきがとても好感が持てて本作で改めて好きになりました。

タイトルの「僕たちがやりました」はこういう発表の仕方の為のタイトルだったのかなと予想はしていましたが、最終回に向けての今回の展開は結構意表を突かれました。

ペンネーム:ケーコ(40代・女性)

ドラマ『僕たちがやりました(僕やり)』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法は?

『僕たちがやりました』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されています。

1点注意点としては、『僕たちがやりました』はフジテレビ系列での放送なのですが、制作は関連放送局である関西テレビが担当しています。

2017年放送のドラマだと『嘘の戦争』『CRISIS』がそうですね。

関西テレビ制作のドラマは、FODで配信されるものの、通常の見放題プランでは見られないというパターンになっており、2017夏ドラマ『僕たちがやりました』もそのような扱いになっています。

そのため、『僕たちがやりました』の見逃し動画配信を無料で見る方法は基本無いのですが、U-NEXTを利用すれば見逃した回を無料で見ることが出来ます!

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『僕たちがやりました』はポイントレンタル配信されているので、

登録時にもらえる600ポイントを使えば無料で『僕たちがやりました』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

U-NEXT31日間無料お試しはこちら

ちなみにFODも31日間の無料期間があり、『コード・ブルー』を筆頭に2017年夏ドラマが無料で見放題、さらには映画や雑誌なども無料で見られるので、こちらも試してみる価値はありますよ!

[PR]フジテレビオンデマンド(FOD)31日間無料お試しはこちら

※紹介している情報は2017年9月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

まとめ

2017年夏ドラマ『僕たちがやりました(僕やり)』第9話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。

放送後の感想などは随時アップしていきますので、引き続きチェックのほど、よろしくお願いいたします!

ドラマ『僕たちがやりました(僕やり)』第8話(前回)のあらすじや感想はこちら

ドラマ『僕たちがやりました(僕やり)』視聴率一覧はこちら

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA