僕たちがやりました9話ネタバレと感想!自首の結末は?【僕やり】

  • この記事を書いた人:Keiji

2017年夏ドラマ各作品佳境に入ってきましたが、『僕たちがやりました(僕やり)』もいよいよクライマックスに!

普通の高校生がヤンキーに仕返しするだけのつもりが大事件に発展してしまう・・・というのが大まかな内容なのですが、これがまた笑えるところもあって俳優さんたちの好演が光るんです。

終盤からなのかさすがに笑いは少し影を潜めていますが、それでもコミカルさは完全には失っていません。

最終回前となる第9話は、トビオ(窪田正孝)たちの一世一代の行動を見せてくれるようです!犯罪を犯した彼らがなにをするのか、見逃し厳禁です!

スポンサーリンク

ドラマ『僕たちがやりました』9話のネタバレと感想

市橋(新田真剣佑)が飛び降り自殺を図った・・・

冒頭からドシリアスな展開となってしまいました。

騒ぎになり駆けつけた蓮子(永野芽郁)は、事実を受け止められずただただ泣くことしかできませんでした。

トビオはというと、自分が殺したのだと思い込み、幸せを感じていたはずなのにまたどん底に落ちていく。

パイセン(今野浩喜)はパイセンで父親から全く愛されていないことを知り、こちらも同様に落ちていく。

しかしトビオは、この出来事をきっかけにあることを思いつくのでした。

そう、「自首」です。

やはり犯罪を犯した自分が決着をつけるのはこれしかありませんからね。このまま幸せになど、なれないわけですし。

後日学校に登校し、みんなが集まる部室に集合する。

トビオが自首を提案する前にパイセンが先に発言する!

みんな同じ考え、なんだかんだ仲間なのですね。

ただ、彼らはそのまま警察に自首しに行くわけではありません。

彼ら流の「最高の自首」をしようと計画するのでした!具体案はこの時点では全くなかったようですが・・・

それから試行錯誤し、なにやらいい案を思いついたようで、決行は4日後!運命の一戦が始まるのです。

ここからは原作にない展開なのですが、ひょんなことから担任(水川あさみ)に自首しようとしていることがバレてしまいます。

パイセンの父親の輪島(古田新太)に楯突く行動をしようとしている彼らを静止するのでした。

最後にどう影響してくるかは分かりませんが、なにやら原作にはない波乱が一つぐらいはありそうですね!

自首前に恋人となった蓮子と幸せなひとときを過ごすトビオ。

リア充すぎるのですが・・・ある意味爆発してほしいと思ったのが本音です。

そして結構前夜になり、それぞれ好きなことをして過ごすのですが、マル(葉山奨之)とパイセンは緊張感なく、いかがわしい店にでも行きましょうとのんきなものでした。やはりマルは大物です。

伊佐美(間宮祥太朗)は彼女の今宵(川栄李奈)のもとへ自分の子供の存在を確かめに行く。

そしてトビオは、蓮子に唐突すぎる別れを告げる。

それはもちろん、蓮子のことを好きすぎるがゆえの決断だったのです。

わざわざもう一生会いたくないと言ったのは決意の現れなのでしょうね。

夜が明け、いよいよ決行日当日!彼らはネット配信を利用して自首する計画を立てたのです!それもとびっきり盛大に。

これぞとばかりにチラシをばらまきまくる!

それもパイセンのありったけのお金を添えて。

なるほど、こうすれば必ず人は見るというわけですね。ちょっと感心してしまいました。

効果は抜群で動画のアクセス数はうなぎ登り!そしてここからが本番!ライブ会場に乱入しありったけの真実を吐き出す。「僕たちがやりました」と。

しかしそこに乱入してくる謎の集団がいた!

おそらく輪島の関係者なのでしょうが、またもみ消されてしまうのか!?それとも成功するのか!

次回は、いよいよ『僕たちがやりました』最終回です。

ドラマ『僕たちがやりました』第8話(前回)のネタバレはこちら

ドラマ『僕たちがやりました』最終回 第10話(次回)のネタバレはこちら

ドラマ『僕たちがやりました』視聴率一覧はこちら

スポンサーリンク

ドラマ『僕たちがやりました』9話に対するネットの反応は?

盛大な自首を繰り広げた彼らでしたが、はたしてネットの評判はどうなのでしょうか?

ここで少し見てみましょう。

理不尽なパイセンの父親に抗う彼らの行動には感動を覚える部分もありました。

普通の高校生という設定だからこそそう思えるのでしょう。

パイセンは全然普通ではないですが・・・

そのとおりだと思います。あくまで普通の高校生という設定ですからね。後半に成長している可能性はおおいにあったわけです。パンツでホームレスだったあの頃が懐かしいですね。

そうですね・・・原作も最高の終わりかと言われたら怪しいところです。とくに連続ドラマはラストがダメだと全てダメだったように思われますからねー。このまますっきりとドラマらしくハッピーに終わってほしいところです!

スポンサーリンク

ドラマ『僕たちがやりました(僕やり)』最終回(第10話)あらすじ

2017年9月19日(火)21時から放送のドラマ『僕たちがやりました』最終回(第10話)のあらすじをご紹介します。

ライブ会場に乱入し、大勢の観客の前で「僕たちがやりました!」と罪を告白するド派手な自首をぶち上げた、トビオ(窪田正孝)、伊佐美(間宮祥太朗)、マル(葉山奨之)、パイセン(今野浩喜)。

ところが、動物のマスクを被った謎のグループに襲われて気を失い、そのまま連れ去られてしまった。

トビオらを拉致したのは、輪島(古田新太)の指示を受けた西塚(板尾創路)、玲夢(山田裕貴)たちだった。4人が前代未聞の自首を決行する一方、事件の真相を告白する動画を公開していたせいでネットは騒然。この騒動に激怒した輪島から、パイセンを殺せと命じられたというのだ。

「小坂秀郎はこれから殺される。あなたたちはもう関係ない。全部忘れてください」。西塚はトビオ、伊佐美、マルにそう言い放つと、絶体絶命のパイセンを残して10秒以内に消えろと迫り…。

一方、動画を見た蓮子(永野芽郁)はトビオを苦しめていた事件の全貌をようやく知り、トビオの元に駆けつけるが、すでにトビオらの姿はなく…。

同じ頃、安否もわからないトビオらの行方を追う飯室(三浦翔平)に、菜摘(水川あさみ)はある重大な事実を打ち明ける。

ささいなイタズラ心をきっかけに、大きな過ちを犯してしまったトビオたち。

罪の意識にさいなまれ、過酷な逃亡生活を経験した結果、“最高の自首”を選んだ4人。

認められない罪が認められ、彼らは罪を償う事ができるのか!?

原作を超える衝撃のラストが待ち受けている!

公式サイトより引用)

ドラマ『僕たちがやりました(僕やり)』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法は?

『僕たちがやりました』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されています。

1点注意点としては、『僕たちがやりました』はフジテレビ系列での放送なのですが、制作は関連放送局である関西テレビが担当しています。

2017年放送のドラマだと『嘘の戦争』『CRISIS』がそうですね。

関西テレビ制作のドラマは、FODで配信されるものの、通常の見放題プランでは見られないというパターンになっており、2017夏ドラマ『僕たちがやりました』もそのような扱いになっています。

そのため、『僕たちがやりました』の見逃し動画配信を無料で見る方法は基本無いのですが、U-NEXTを利用すれば見逃した回を無料で見ることが出来ます!

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『僕たちがやりました』はポイントレンタル配信されているので、

登録時にもらえる600ポイントを使えば無料で『僕たちがやりました』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

U-NEXT31日間無料お試しはこちら

ちなみにFODも31日間の無料期間があり、『コード・ブルー』を筆頭に2017年夏ドラマが無料で見放題、さらには映画や雑誌なども無料で見られるので、こちらも試してみる価値はありますよ!

[PR]フジテレビオンデマンド(FOD)31日間無料お試しはこちら

※紹介している情報は2017年9月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

まとめ

原作通り最高の自首を繰り広げた彼ら、そして予想通り輪島の差し金が乱入しここから怒涛の展開へ。

愛する人に別れを告げる者がいたり、変わらずに過ごしたり最後まで彼ららしくていいと思います。

シリアスになりすぎない雰囲気だったので、想い気持ちで見ることはなく楽しめる方も多かったのではないでしょうか。

原作通りなら最後もかなり衝撃の展開が待っているのですが、お膳立ては十分といったところでしょう。

最後でコケる作品はいっぱいあるので、このまま良いまとまりを見せてほしいところです!

ドラマ『僕たちがやりました』第8話(前回)のネタバレはこちら

ドラマ『僕たちがやりました』最終回 第10話(次回)のネタバレはこちら

ドラマ『僕たちがやりました』視聴率一覧はこちら

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA