僕たちがやりました6話ネタバレ。飯室刑事(三浦翔平)の演技がスゴい!

  • この記事を書いた人:Keiji

僕たちがやりました(僕やり)第5話では、逆転満塁ホームランともいうべき事態が起きました!

なんと爆破事件の真犯人を名乗る男が出頭したのです。

晴れて自由の身となったトビオ(窪田正孝)たち。

しかしこの一見にはまだまだ裏があるようで、どうも担任教師(水川あさみ)が怪しい・・・

原作にはない展開なので、真相は全くわかりません。

どのようにして絡むのか、じっくり見ていきたいと思います。

こちらの記事ではドラマ『僕たちがやりました(僕やり)』第6話のネタバレと感想、第7話のあらすじをご紹介していきます。

スポンサーリンク

ドラマ『僕たちがやりました』6話のネタバレと感想!

真犯人が現れたことにより冤罪になったトビオたち。

再会したトビオたちは、以前のようにカラオケでバカ騒ぎする!

マル(葉山奨之)は、お金を盗んだ罪悪感など全くないようですね。さすが、大物になりそうです。

その後実家に帰ったトビオは、家族とも再会するのでした。

蓮子とも再会をはたし、安心するのもつかの間、まだ事件は終わっていなかったのです。

一方市橋(新田真剣佑)は、一命をとりとめ、病院に入院しているようでした。原作との違いは市橋のおばあちゃんが登場したことぐらいでしょうか。

パイセン(今野浩喜)は、トビオたちの担任教師のなつみ(水川あさみ)に呼び出される。

何やらここに今回の大きな秘密が隠されているようでした。

盗聴器を使い会話を盗み聞きするトビオたちでしたが、あっさりバレてしまい会話は聞けず・・・

全く原作では絡んでこなかったので、一体どんな秘密があるのか、非常に気になるところです!どうやらパイセンの父親である輪島(古田新太)に恨みがあるようで、そのためにパイセンを利用したという驚愕の秘密があったのです!

いつものように遊ぶトビオたち。そのなかで、それぞれがこれまでに体験した秘密を暴露し、トビオはヤングに襲われたことなどを話す。

そして・・・パイセンの一言で喜びは急降下するのでした。

爆破事件の犯人は「やっぱ俺らやねん」。真犯人はでっち上げ。これが真実でした。

絶句するトビオたち。

パイセンの冗談など耳にも入らない様子。

事件をもみ消したのはパイセンの父親、輪島。闇社会の首領の財力を使い、全てをなかったことにしたのです。

取り乱すトビオたちでしたが、全部黙っていれば済むだろうというパイセンの発言に、次第にそれでいいのでは?と考える伊佐美(間宮祥太朗)とマル。

そんな彼らの前に現れたのは、刑事飯室(三浦翔平)でした。飯室は、刑事としては動けないが、殺した人間の顔を一生忘れず、罪を背負い一生苦しめ!と言いに来たのです!原作にも劣らない、いやそれ以上の迫力があったと言っても過言ではありませんでした。

飯室の言葉を聞いたトビオたちは、ただひたすら無言で立ち尽くす。そして自然に別れて、それぞれの家路につく。

普段の生活に戻るも、幸せが気持ち悪く感じるトビオ。マルは普段どおり、伊佐美はトビオを見かけても素通り。みんなもう関わることはないのでしょうか。

空虚な気持ちになったトビオは、屋上から夕日に向かってジャンプ!はたしてトビオの生死は!?

ドラマ『僕たちがやりました』第5話(前回)のネタバレはこちら

ドラマ『僕たちがやりました』第7話(次回)のネタバレはこちら

ドラマ『僕たちがやりました』視聴率一覧はこちら

スポンサーリンク

ドラマ『僕たちがやりました』6話に対するネットの反応は?

驚愕の事実が発覚する重要な回でしたが、みなさんはどのような感想をお持ちなのか、ここでネットの反応をご紹介します!

私も同じ気持ちです。

誰かが真実を知り、誰かが決して許さない。

それだけで幸せを全力で感じることは一生できなくなる。

罪の重さを感じました。

暗い話ばかりではなく、蓮子とは順調に距離が近づいているようですね。

しかしそれが犯した罪によってどう変化するのか、その結末もまた見逃すことはできません。

スポンサーリンク

『僕たちがやりました(僕やり)』第7話あらすじ

2017年8月29日21時00分〜放送のドラマ『僕たちがやりました(僕やり)』第7話のあらすじをご紹介します。

爆破事件の真犯人は、やはりトビオ(窪田正孝)たちだった――。

飯室(三浦翔平)に真相を突きつけられ、逃れられない罪の意識に苦しむトビオは、校舎の屋上から衝動的に飛び降りるが、骨折だけで奇跡的に命をとりとめる。

トビオが運ばれたのは、偶然にも市橋(新田真剣佑)が入院している病院だった。やけに明るいトビオの振る舞いに戸惑う市橋。

実はトビオには、ある決意があった。

「死んだら、それで償おう。でももし生きたら、新しい俺を始めよう―」事件後、どん底を味わった自分は「幸せになってトントン」と言い聞かせ、罪の意識から逃れるように、今までとは違うトビオになっていく。

そんなある日、市橋から蓮子(永野芽郁)への思いを打ち明けられたトビオは、2人の恋を応援すると市橋の背中を押す。一方、心情の変化や入院の事を知らせず、ぷっつりと連絡が途絶えていたトビオに、蓮子は気をもんでいた…。

同じ頃、伊佐美(間宮祥太朗)は飯室が言い放った「一生苦しめ」という言葉に罪悪感をあおられ、事件の被害者たちの家を一軒一軒訪ねては遺影に手を合わせる日々を送っていた。

マル(葉山奨之)は事件のことなど忘れたかのように、クラスメートとのんきにカラオケに出かける日常を取り戻していた。

パイセン(今野浩喜)は、飯室から「お前は父親に愛されていない」と告げられたことで、「愛」を知らない空虚な自分に絶望。父・輪島宗十郎(古田新太)に会って愛情を確かめようと決意。

一度も会った記憶のない輪島のことが知りたいと、菜摘(水川あさみ)のもとを訪ねるが…。

公式サイトより引用)

ドラマ『僕たちがやりました(僕やり)』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法は?

『僕たちがやりました』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されています。

1点注意点としては、『僕たちがやりました』はフジテレビ系列での放送なのですが、制作は関連放送局である関西テレビが担当しています。

2017年放送のドラマだと『嘘の戦争』『CRISIS』がそうですね。

関西テレビ制作のドラマは、FODで配信されるものの、通常の見放題プランでは見られないというパターンになっており、2017夏ドラマ『僕たちがやりました』もそのような扱いになっています。

そのため、『僕たちがやりました』の見逃し動画配信を無料で見る方法は基本無いのですが、U-NEXTを利用すれば見逃した回を無料で見ることが出来ます!

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『僕たちがやりました』はポイントレンタル配信されているので、

登録時にもらえる600ポイントを使えば無料で『僕たちがやりました』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

U-NEXT31日間無料お試しはこちら

ちなみにFODも31日間の無料期間があり、『コード・ブルー』を筆頭に2017年夏ドラマが無料で見放題、さらには映画や雑誌なども無料で見られるので、こちらも試してみる価値はありますよ!

[PR]フジテレビオンデマンド(FOD)31日間無料お試しはこちら

※紹介している情報は2017年8月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

まとめ

ドラマ『僕たちがやりました(僕やり)』第6話は物語の核となる話でした。

悪いことをした人間は裁かれるのが一般論です。

そのためトビオたちも償うべきなのかもしれません。

普段面白おかしくしているのですが、このドラマは意外にも考えさせられる部分があり、そちらも大きな魅力です。

原作と違い輪島に恨みを持つ教師・立花菜摘が今後どう絡んでくるのかも予想できませんし、後半戦も楽しみたいところですね!

ドラマ『僕たちがやりました』第5話(前回)のネタバレはこちら

ドラマ『僕たちがやりました』第7話(次回)のネタバレはこちら

ドラマ『僕たちがやりました』視聴率一覧はこちら

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA