ドラマ『ブランケット・キャッツ』6話ネタバレ感想!見逃し無料動画も

  • この記事を書いた人:波波

ブランケット・キャッツは愛用の毛布と共に貸し出される猫たちと家族の物語です。

椎名秀亮(西島秀俊)は妻・椎名陽子(酒井美紀)を2年前に事故で亡くして以来、彼女が大切にしていた猫と共に暮らしていますが、悲しみを乗り越えるため、猫たちの新しい飼い主をみつけようとしています。

原作ではレンタル猫ショップという設定ですので猫たちは単に貸し出されるだけですが、ドラマの中では少しずつ飼い主が見つかっています。

3匹は引き取られ、2匹は出戻り、残るは2匹。展開は読めません!

それではブランケット・キャッツ6話の感想をネタバレありで紹介していきます!

スポンサーリンク

ブランケット・キャッツ6話感想!(ネタバレあり)

ある日秀亮の家具ショップに以前勤めていた会社の同僚の片岡(小市慢太郎)という男が訪ねてきました。

陽子が亡くなったのを機に辞めてしまいましたが、秀亮は昔は名の知れた家具デザイナーでした。

片岡は秀亮に会社に戻って来てほしい、そして今度出店するパリ支店のデザイン部を任せたいと言います。

思いがけない良い話に美咲(吉瀬美智子)は喜びますが、秀亮は相手にせず、帰ってくれと言います。

ご近所のさくら食堂の奈緒子(美保純)は秀亮にまたお見合いの話を持って来ました。

文具店に30年勤続している48歳の桜井たえ子(富田靖子)という女性です。

例のごとく美咲はやきもきし、秀亮は聴く耳を持ちません。

ところが当の本人が猫がほしいと秀亮の店にやって来ます。

聞けば結婚もお見合いもする気はないと言うので美咲は胸をなで下ろします。

たえ子は“死ぬまでにやりたい10のこと”を実行していると言い、猫を飼うこともその一つだと話します。

秀亮はいつものように家庭訪問をして住環境をチェックした上で、毛布と共に黒猫の“クロ”を3日間のトライアルに出したのでした。

しかしたえ子は帰宅するとすぐにレンタカーを借り、クロを助手席に乗せ、旅に出ます。

それは“最後のドライブ”でした。

たえ子はクロに自分の来し方を語ります。

彼女は高校卒業後、すぐに家を出て永島文具に就職。30年間ずっとそこで働いてきました。

最初の結婚は25歳の時。働くことが嫌いでギャンブルを作るような男で3年も持ちませんでしたが、結局借金の肩代わりをしたのは彼女でした。

2回目の結婚は33歳の時。付き合っていた頃は優しかった夫が結婚すると暴力をふるうようになり、挙句に浮気相手に子供ができて別れました。

「ほんと私って男見る目ないよね」

永島文具は少人数で皆家族のように仲が良く、本当に良くしてもらった。それなのに…。

たえ子のお喋りをクロはただ黙って聞いています。

一方美咲は秀亮の店を訪れ、片岡の話を受けるべきだと言います。

しかし秀亮は「お前には関係ない、帰れ」の一点張り。

「いつまで逃げ続けるつもり?」

本当にやりたかったのは家具のデザインではないのか?仕事にかまけて陽子に寂しい思いをさせてしまった罪滅ぼしのつもりなのか?

美咲は問いかけますが、秀亮はだんまりのままです。

「分かった、もう何も言わない。生きてるのか死んでるのかそんな分らないような人生がいいんだったらね、好きにすればいのよ!」

何を言っても応じようとしない秀亮の態度に腹を立てた美咲はそう言って店を出て行きました。

今の秀亮は自分が好きだった秀亮ではないと思う美咲でした。

秀亮は思い出していました。

夜中に具合の悪くなったクロを病院に連れて行きたいから車を出して欲しいと言う陽子。

しかし明日のコンペまでにデザイン画を仕上げなければならない秀亮はそれを断りました。

陽子はクロを病院に連れて行く途中(帰り道?)で、トラックに轢かれて亡くなってしまったようです。

(陽子が病院から無事に家に戻った映像も流れていましたが、これは秀亮の夢でしょうか?詳しい描写がないので想像ですが…)

その頃、たえ子は途中で立ち寄った道の駅で家出してきたと思われる幼い兄妹を見掛けます。

離婚して千葉に住んでいる母親のところへ行く、父には言わないで欲しい、と言う彼らの話を聞き、たえ子は自分がそこまで送って行くと申し出ます。

そしてその夜はクロと彼らと共に高級旅館で泊まることにしました。

たえ子は何かに怯えながらクロに語りかけます。

「ねぇクロ、私ね、泥棒しちゃったの…会社のお金」

たえ子の黒い大きな鞄の中には札束がぎっしり詰まっていたのです。

秀亮は店に薬の入った巾着袋を落として行ったたえ子のことが気に掛かり、何度も彼女の携帯に電話を掛けますが、出てくれません。

嫌な予感がしてたえ子のアパートに駆け付けますが、インターホンを鳴らしても留守のようです。

そこへ永島文具の社長夫妻も彼女を訪ねてやってきました。

体調が悪いから2~3日休むと連絡があったきり連絡が取れないと言います。

永島夫妻からたえ子が昨年胃癌の手術をしていたと聞いた秀亮は、たえ子に再び癌が再発して自殺を考えているのではないかと不安を募らせるのでした。

結末は最終回に持ち越し!これは予想外でびっくりしました。

『助手席のブランケット・キャッツ』は原作では兄妹の下りは全く出てきません。

今回はかなり重たい話になりましたが、彼らの存在が死を選ぼうとしているたえ子にどのような影響を与えるのかがキーポイントのような気がします。

原作では最初から最後まで猫と二人きりの旅でしたが、離婚した母親に会いに行く兄妹と出会うことで、たえ子の旅が明るいものになっているように感じて心が温かくなりました。

“死ぬまでにやりたい10のこと”の最後の項目にたえ子が何を書くのかが気になります。

ブランケットキャッツ 6話視聴率

5.0%
※ビデオリサーチ社調べ・関東地区

スポンサーリンク

ブランケット・キャッツ6話ネットの反応や感想は?

来週が気になる!待ち遠しいけれども最終回なのは寂しい!というご意見が多かったですね。

色んな人の行き場のない思いが交錯していて切なくなってしまいましたが、最終回それぞれが良い決断ができるといいなぁと思います。

今回は感動のラストまでは行かなかったので残念だったという声も。週に一度の癒しタイムですよね、分かります…

全7話という短さなのでこのような声も。

DVD・ブルーレイの発売も未定だそうですし、民放ドラマほど注目されないのが何だか寂しいですね。

富田靖子さんの演技、光っていましたね!

でもクロは事故の時もしかしたら陽子さんの傍にいたかもしれない訳で…

だからたえ子さんはクロを選んだのかなぁと思うと鳥肌が立ちました。

たえ子さんもクロも無事でいて欲しいです!

今回はササミを茹でる椎名氏がキュートでした(笑)

水を飲まない猫にはササミの茹で汁を飲ませるといいのですね~勉強になります(・・φ

本日の主役クロちゃん。つやつやした黒い毛並みが綺麗で、助手席からたえ子さんを見つめる心配そうな目が可愛かったですね~(毎週メロメロ)

スポンサーリンク

ドラマ『ブランケット・キャッツ』見逃し動画を無料で見る方法は?

ドラマ『ブランケット・キャッツ』はNHKオンデマンドで配信されますが、有料となってしまいます。

そこで、ドラマ『ブランケット・キャッツ』を見逃してしまった時にオススメしたいのがU-NEXTです

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『ブランケットキャッツ』はポイントレンタル配信されているので、

登録時にもらえる600ポイントを使えば無料で『ブランケット・キャッツ』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

U-NEXT31日間無料お試しはこちら

※2017年7月22日現在、ドラマ『ブランケット・キャッツ』の見逃し配信は全動画配信サイト共通で放送終了後2週間となっています。

※紹介している情報は2017年7月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

ブランケット・キャッツ7話あらすじ

クロを預かったたえ子(富田靖子)がガンを患い、自殺を考えているかもしれないと悟った俊亮(西島秀俊)は、美咲(吉瀬美智子)とともにたえ子を探しに行く。

その頃、たえ子は、離婚した母親に会いたいという小学生の兄妹の願いを叶えようと、必死で子どもたちの母親の家を探していた。

しかし、その最中にクロがいなくなってしまう。さらに、たえ子は、勤めていた会社の金を持ち去っていたことが発覚するのだが…。

公式HPより引用)

まとめ

物語の結末は最終回に持ち越しになりましたね!

クロは陽子の死に深く関わっていた猫のようで、秀亮の苦悩も深いようです。

前に進まなくてはと思うけれども過去の後悔にがんじがらめになっていて動けない秀亮の気持ちも分かります。

でもそんな自分に真剣に向き合ってくれる美咲の気持ちも少しは受け止めてあげて欲しいですよね。

秀亮は自分の気持ちに決着をつけることはできるのでしょうか?

たえ子と兄妹たちの物語の結末、そして秀亮と美咲の恋の行く末。

見どころいっぱいの最終回も見守って行きたいと思います!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA