ブランケットキャッツ5話のネタバレと感想。見逃し無料動画情報も

  • この記事を書いた人:波波

ブランケット・キャッツは新しい飼い主を見つけるため、愛用の毛布と共に貸し出される猫たちと家族の物語です。

椎名秀亮(西島秀俊)は妻・椎名陽子(酒井美紀)を2年前に事故で亡くして以来、彼女が大切にしていた猫と共に暮らしています。

原作に反して3話・4話は無事に椎名家具店の猫は新しい飼い主に貰われていきました。

今週は一体どうなるのかちょっと予想がつきません。

それではブランケット・キャッツ5話の感想をネタバレありで紹介していきます!

スポンサーリンク

ブランケット・キャッツ5話感想!(ネタバレあり)

今回はある若いカップルのお話です。

卓也が住んでいるマンションは駅から徒歩3分、築5年、オートロック…と好条件にも関わらず家賃は月5万円という破格の金額。

しかし一つ問題がありました。

大家の権田(伊武雅刀)が大変気難しく、住人の細かいミスを見掛ける度にあれこれと細かく注意をしてくるのです。

しかも時々どこからか猫を連れて来て、住人が隠れてペットを飼っていないかチェックをします。

ペット厳禁の彼のマンションではそれが見つかれば即退去、一切容赦はありません。

そんな卓也には悦子という彼女がいました。

いつものように仕事帰りにデートをしていると悦子は子猫を拾ったので母親と喧嘩になり、その勢いで家を出て卓也のマンションで一緒に住むと言ってしまったという。

思ってもいない申し出に卓也は喜びましたが彼のマンションはペット厳禁。

どうしようかと途方に暮れているところ、権田が猫を連れて椎名家具店に入っていくところを目撃します。

権田は秀亮の猫(タマ)を借りていたようです。

卓也はその猫を譲ってもらえば大家さんはペットがいるかどうかチェックすることができなくなると考えます。

卓也は勇んでタマを譲って欲しいと申し出ますが、秀亮の代わりに対応した美咲(吉瀬美智子)は写真付きの身分証明書を見せて欲しいと言います。

25歳でフリーターの卓也は写真付きの身分証明書は持っていません。

財布の中のあらゆるポイントカードを並べる卓也を見かねて悦子は自分が譲ってもらうことにすると社員証を出します。

美咲はいつも秀亮がするようにタマを愛用の毛布と共に二泊三日のトライアルに出しました。

卓也はタマに“ザツ”(雑種のザツ)と名前を付けることにしました。

余談ですが猫を連れて帰る卓也と悦子の後ろ、階段の上から猫が降りて来ていますね。これは偶然でしょうか、意図的でしょうか?(笑)

帰宅した秀亮は美咲からタマを譲ったと聞かされ、勝手なことをするなと怒ります。

「秀ちゃん、そろそろ前向こうよ」

美咲は苦言を呈して店を出ていきます。

卓也は悦子の拾った子猫の“チャーミー”と秀亮の店から借りた“ザツ”を無事に自分たちの部屋に運び込みます。

翌朝、悦子が出勤しようとすると、卓也はマンションの前に大家さんがいるから今部屋から出るのはまずい、と彼女を止めます。

悦子が遅刻すると言うと「俺は一生懸命やってるのに!」と卓也は逆ギレしてしまいます。

悦子は卓也の計画性の無さのせいで母親が彼との交際に反対していると話します。

何か夢や目的があってフリーターをしている訳ではなく、何の考えも計画性もなく適当にフリーターをやっているのが信用できないというのです。

彼のことは好きだけれど不安、いつかは私も結婚したいし…と本音を話す悦子に卓也は何も言い返すことができません。

卓也が家を出ようとすると権田が住人のゴミを整理していました。

権田は今日はゴミを出す日ではないから自分の部屋で預かる、とゴミを持って行こうとしますが途中でこけてしまいます。

卓也は見かねて散らかったゴミを集め、大家の部屋までゴミを持って行きます。

そそくさと立ち去ろうとした彼を呼び止め、権田はお茶でも飲んで行けと言います。

仕方なく大家の部屋に入った卓也は仏壇に若い夫婦と娘たちが写った写真があることに気が付きます。それは権田の息子夫婦でした。

卓也が「もしかして全員…?」と言うと、権田は彼らが火事で亡くなったことを話します。

意外な事実に卓也は言葉を失います。

彼らの暮らすマンションは、以前、権田とその息子夫婦の住む二世帯住宅だったといいます。

台所から火が出て家族は一旦全員逃げ出しましたが、猫が逃げ遅れたために、娘たちが家に探しに戻り、その後を追った息子も嫁も亡くなったのでした。

しかし猫は自分で逃げ出したのか、次の朝戻って来たのです。

このマンションでペットを禁止しているのは猫を恨んでいるせいなのかと尋ねる卓也に権田は恨んではいないと言います。

それでも猫を見ると亡くなった孫たちのことを思い出して辛くなってしまうので、知り合いに譲ることにしたのです。

「けど、もう帰って来れんようだ。新しい飼い主に貰われるらしい。いいんだよこれで…」

実は大家さんが猫を譲ったのは秀亮の亡き妻・陽子でした。

彼が時々マンションに連れて来る猫は、昔孫たちが可愛がっていた猫だったのです。

寂しげに呟く権田の姿を見て、卓也は自分がやったことの意味を悟り愕然とします。

自分の部屋に戻った卓也はすぐにザツを秀亮の店に返しに行きました。

「最低っスよ」

卓也は後先何も考えないで目の前の問題さえ解決すればいいと軽率な行動をしてしまった自分を責めます。

会社から帰って来た悦子は卓也がザツを返したと聞いて、行きあたりばったりの彼の行動に不信感を募らせます。

チャーミーのことも同棲していることも絶対にすぐにばれると言って、悦子は猫を連れて彼の部屋を出て行きました。

しかしその夜、悦子はチャーミーが元気がないと言って美咲の病院に駆け込んできます。

元気がないのはストレスを抱えているせいではないか?と問われ、悦子はチャーミーをザツから引き離したせいだと正直に答えます。

秀亮の店に行き、悦子はチャーミーとザツを引き合わせます。

卓也は計画性はないけれども優しいところも沢山ある。そんな彼のことを支えたいし、一緒に生きていきたいと思っている。

「でももう無理なのかな…」悦子はすっかり弱気になっています。

そんな彼女に秀亮は「もう諦めるのか?」と言います。

少なくとも卓也がタマ(ザツ)を返しに来たのはいい加減な気持ちからではない、自分で確かめろと言う秀亮。

翌日、卓也が仕事から帰っていると、マンションの近くで悦子が待っていました。

悦子は再び家を出てきたと言います。

「やっぱりたっくんと一緒にいたいから。たっくんのこと諦めたくないから」

二人は卓也の部屋に戻ります。

「俺ちゃんとしたい。とにかく俺、全然ダメだから。もっと人としてちゃんと。ちゃんとえっちゃんを守れる男になりたい」

卓也はチャーミーを飼うことを正直に大家に伝える決心をします。

「大家さん、許可してもらえませんか?」

しかしここはペット禁止で、入居者は一名のみだから同棲も駄目だと言う権田。

「出ていけ。ちゃんと働いて、金貯めて、一人前になって出ていけ」

卓也は思いがけない言葉に驚きながらも「はい!」と大きく返事をする。

権田に深々と頭を下げながらあふれる涙を拭うのでした。

今回も心温まるエンディングでしたね!

頑固で気難しい大家さんが卓也に対して意外にも温情ある対応をしてくれたことに胸が熱くなりましたね。

そして何事にも行き当たりばったりで無計画だった卓也も、悦子と猫を通して、一歩成長できたようでホッとしました。

結局タマ(ザツ)は大家さんのところに引き取られることになったので、また秀亮の元から一匹お嫁に行ってしまいましたね。

タマ(ザツ)に懐いているチャーミーのことを思って近くに置いてやりたいと思ったのでしょうか…大家さん実は優しすぎなのでは?(笑)

ブランケットキャッツ 5話視聴率

4.7%
※ビデオリサーチ社調べ・関東地区

スポンサーリンク

ブランケット・キャッツ5話ネットの反応や感想は?

今回も号泣した、うるうるきた、という声が多かったですが、和歌山ではこんなニュースが入ってきていたのですね(笑)

我が家の猫と一緒に見ているという方も多いみたいですね。微笑ましい(*^_^*)

悦子役は松本穂香さん。どこかで見たと思ったらひよっこの澄子さんだったのですね!

眼鏡を外すと雰囲気が変わりすぎて全然気が付きませんでした。

卓也役の太賀さんにも注目が集まっていました。

『ゆとりですがなにか』での演技が強烈でしたが、今回もフリーター役を見事に演じられていました。

今回の主役のタマ(ザツ)ちゃん、まんまるで可愛かったですね。

チャーミーと本当に仲良さそうにじゃれ合っていたので、個人的にはいつもの二倍癒された回になりました(笑)

あっ、あの猫さんはエキストラだったのですね!(笑)

すごいタイミングで現れましたね(笑)

スポンサーリンク

ドラマ『ブランケット・キャッツ』見逃し動画を無料で見る方法は?

ドラマ『ブランケット・キャッツ』はNHKオンデマンドで配信されますが、有料となってしまいます。

そこで、ドラマ『ブランケット・キャッツ』を見逃してしまった時にオススメしたいのがU-NEXTです

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『ブランケットキャッツ』はポイントレンタル配信されているので、

登録時にもらえる600ポイントを使えば無料で『ブランケット・キャッツ』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

U-NEXT31日間無料お試しはこちら

※2017年7月22日現在、ドラマ『ブランケット・キャッツ』の見逃し配信は全動画配信サイト共通で放送終了後2週間となっています。

※紹介している情報は2017年7月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

ブランケット・キャッツ6話あらすじ

秀亮(西島秀俊)のお見合い相手のたえ子(富田靖子)は、2回結婚して子供がいないという。

たえ子は椎名家具を訪ねて来て猫を譲って欲しいと秀亮に頼み、「死ぬまでにしたい10のこと」が猫を飼うことだと告げる。

秀亮は、たえ子のアパートを下見して猫を預ける。しかし、たえ子は猫を車に載せドライブに出発する。たえ子は、ドライブインで母親に会いに行くという小学生の兄妹と出会い、彼らのために母親を探し始めるが…。(公式HPより引用)

お見合い相手!?そうきましたか…。

原作とはだいぶ設定が変わっています!先が読めないのでかなり楽しみです。

まとめ

今回は悲しすぎる過去を持つ大家さんと猫が出てきましたが、大家さんが猫を譲ったのが秀亮の奥さんの陽子だったのですね。

原作では亡くなった孫が大切にしていた猫という設定は同じですが、レンタル猫ショップから月に一度借りてくるということになっていましたので、ドラマの方がより人間らしいお話になっています。

原作の流れを壊さないように配慮しつつ、秀亮の人間性や彼らを取り巻く人間模様がより深く表現されていて温かいドラマになっていると思います。

七匹もいた猫たちも残るは四匹です。

でも二匹はトライアル期間後に出戻って来ていますのであと二匹。最終回までに無事飼い主は見つかるのでしょうか?

秀亮は美咲に「そろそろ前を向こうよ」と叱られていましたが、過去の自分の罪(仕事の忙しさにかまけて妻に向き合うことができなかった)を乗り越えることができるのでしょうか?

残るは2話なので急展開が予想されますね。次回も見逃せません!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA