ブランケットキャッツ1話感想と視聴率!見逃し無料動画情報も

  • この記事を書いた人:波波

2017年6月23日(金)からNHKドラマ10枠でドラマ『ブランケット・キャッツ』の放送が始まりました。

このドラマ枠は『セカンド・バージン』や『運命に、似た恋』など大人の女性を虜にする話題の枠ですね。

今回は重松清さん原作の『ブランケット・キャッツ』ということで、個人的に猫大好きな私は一も二もなく視聴を決めたのですが、可愛い猫を見ているだけで癒されるのは間違いなさそうです(笑)

ブランケットキャッツ…

毛布の猫というのはどういう意味なのか気になりますね。

では、早速ブランケット・キャッツ1話の感想をネタバレありで紹介していきます!

スポンサーリンク

ブランケット・キャッツ1話感想!(ネタバレあり)

家具修繕の店を営んでいる椎名秀亮(西島秀俊)は妻・椎名陽子(酒井美紀)を2年前に事故で亡くして以来、彼女が大切にしていた猫7匹と共に暮らしています。

最初のシーンは秀亮が寝起きの場面で布団の上にうじゃうじゃ乗っかっている猫たちをどかしたり、潜り込んでいる子を引っ張り出したりしていましたね。

個性あふれる7匹の猫ちゃんたちが可愛すぎて、もう最初だけでハートを鷲掴みにされてしまいました!(笑)

近所で動物病院を開いている獣医の藤村美咲(吉瀬美智子)は秀亮の幼馴染で、秀亮の過去の心の傷を心配しながら猫の譲り先を探したり何かと世話を焼いています。

しかし秀亮は、いざ猫が欲しいと言う人が来ると厳しすぎるくらいの審査眼を発揮して次々と追い返してしまいます。

一見無口で無愛想そうな秀亮ですが、猫たちが仕事の邪魔をしても決して邪険にしたりはしません。

奥さんが大事にしていた猫を家族のように思って愛情を込めて育てている様子がよく伝わってきます。

そんなある日、かつて飼っていた猫にそっくりな猫を探しているという女性・立花ヒロミ(蓮佛美沙子)が店にやって来て、ブラウンタビーの“ぺこ”を一目見るなりその子を下さい!と言います。

実はヒロミの祖母がもうすぐ施設に入ることになっており、最後に家で過ごす数日間のために彼女の好きだったロンロンという猫とそっくりな子を探しているのでした。

ロンロンが死んでしまったことを祖母には伝えていないと言います。

秀亮は身替わりで譲ることはできないと一度は断りますが、どうしてもと頼み込むヒロミに条件を付けます。

それは3日間のトライアル期間を設け、その間猫を預かって何事も問題がなければ譲るというものでした。

また、猫は環境の変化に弱い生き物だから餌はこちらで用意したもの以外は与えないこと、そしていつも使っているお気に入りの毛布を傍に置いておくこと、と更に注文を重ねます。

なるほど…猫ちゃんが環境の変化に対応できるように毛布を一緒に連れて行くのでブランケットキャッツなのですね。

私も飼い猫を病院に連れて行く時によく使う手です(笑)

秀亮がヒロミの家まで足を運んで実際の生活環境をチェックしたり、密かにヒロミの家を訪れて塀の隙間から覗き見しているという親バカぶりにはかなりびっくりです!(笑)

痴呆が進んでいたヒロミの祖母は、幸い猫が本物ではないことに気付かないようで、ロンロンとの再会を喜んでくれました。

ところが今度はヒロミの婚約者に会いたいと言い出し、ヒロミは大いに慌てます。

ヒロミには長野という交際相手がいましたが、彼の転勤がきっかけで自然消滅の状態になっていたのでどうしても連絡をする気になれません。

それでも祖母を安心させてあげたいと思ったヒロミは秀亮に交際相手の身替わりになってくれるよう頼みます。

しかし長野(身替わりの秀亮)を招いての食事会の最中、祖母の様子が一変してしまいます。

むさぼるように刺身を食べてみたり、サラダを勧められるとボールごと一人で抱え込んでしまい、息子であるヒロミの父がたしなめると泥棒するな!と怒鳴り失禁までしてしまいます。

ヒロミの家を去る間際、秀亮は祖母に「お元気で」と声を掛けます。

すると祖母は「ケンカをしたらいいんですよ。夫婦になるんだったらね」と言います。

身替わりまで用意して下手な芝居をしたけれども、祖母は全てお見通しだったのではないか?秀亮はヒロミに言い、彼女はハッとします。

祖母の言葉をかみしめるように思い出したヒロミはその場で本物の長野に電話をします。「ケンカしよう!」と。

いつもお互い遠慮ばかりして言いたいことも飲み込んできたけれど、そういうのは止めようと本音をぶつけます。

すると長野から「その電話を待っていた。今から東京に向かう」と返事が返って来たのでした。

帰宅したヒロミは祖母の前で、嘘をついていたことを謝ります。

「ありがとう…ありがとう」何度もそう口にする祖母。

“ぺこ”をロンロンの身替わりにすることに申し訳なさを感じたヒロミは、結局秀亮の元に“ぺこ”を返す決心をしたのでした。

すがすがしくて温かいエンディングに思わず涙…でした。

実は原作では秀亮の存在はレンタル猫ショップの“店長”としか描かれておらず、ブランケット・キャッツたちも名前を持たないレンタルに徹した存在なのです。

動物病院の美咲(吉瀬美智子)楓(島崎遥香)も登場せず、猫をレンタルした家族だけに焦点を当てて描かれています。

原作を読んだ方の中には「猫の扱いがひどくて嫌な気持ちになった」「レンタル猫業という設定もひどい」という声もあるので、原作にはない店長の人物像―――亡くなった奥さんが大切にしていた猫の貰い手を探す、という描き方をすることで物語に温かみが宿っているという見方もできると思います。

加えて秀亮の幼馴染である美咲は彼に軽口を叩きながらも、ちょっぴり恋愛対象として意識もしているという描き方をされていて、微笑ましい要素もプラスされています。

しかし、物語の本筋にまで店長が関わってきているので、原作とは少し違う展開になっており、肝心なところで猫が持つ魅力を伝え切れていないのが少しだけ残念かもしれません。

でも猫が家にやって来たことを通してヒロミが自分の生き方を見つめ直し、前を向いて進むことができたのは感動的でした。

ブランケットキャッツ 1話視聴率

6.6%
※ビデオリサーチ社調べ・関東地区

スポンサーリンク

ブランケット・キャッツ1話ネットの反応や感想は?

“ぺこ”ちゃんが可愛くて終始デレデレしてしまいました(笑)

ちょっと困ったようなお顔をしながら肩に飛び乗ってくる姿が何ともチャーミングな猫さんです!

これも大いに共感できますね!

CRISISの寡黙でストイックな刑事から、ちょっと影のあるお茶目な店長とのギャップ!

西島さんが猫と戯れているだけで癒されます (笑)

とにかく西島さんと猫ちゃんとの組み合わせがたまらないという人多数!! (笑)

動物病院でアシスタントとして働く楓(島崎遥香)の存在もドラマの中で良い味を出していますね。

幅広い役柄を演じ分ける島崎さんの演技も話題になっています。

スポンサーリンク

ドラマ『ブランケット・キャッツ』見逃し動画を無料で見る方法は?

ドラマ『ブランケット・キャッツ』はNHKオンデマンドで配信されますが、有料となってしまいます。

そこで、ドラマ『ブランケット・キャッツ』を見逃してしまった時にオススメしたいのが1週間以上経過した回を安全かつ無料で見る方法はU-NEXTです

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『ブランケットキャッツ』はポイントレンタル配信されているので、

登録時にもらえる600ポイントを使えば無料で『ブランケット・キャッツ』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

U-NEXT31日間無料お試しはこちら

※紹介している情報は2017年6月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

ブランケット・キャッツ2話あらすじ

リストラされてしまった隆平(マギー)は、借金返済のために自宅を売りに出していた。

隆平は、職探しの帰り道、猫の飼い主募集の張り紙があるのを見つける。

子どもたちのために自宅での最後の思い出づくりをしようと、秀亮(西島秀俊)に頼み込んで猫を預かる。

家に帰った隆平は、子どもたちに猫を見せるのだが、子どもたちの反応は冷ややかだった。

そして、猫と一緒に預かってきた毛布がなくなってしまうのだが…。

公式HPより引用)

次回も色々と問題のある家族が猫を預かるようですね。

まとめ

このドラマは猫がレンタルされる家族を描いていく1話完結のお話です。

今回は介護という重たいテーマを孕んでいましたが、猫を通してヒロミがずっと音信を絶やしていた恋人と前に進む決心ができたり、その姿を通して家族も変わっていく兆しが見えて明るい希望もあるお話でした。

そしてやっぱり可愛らしさ全開の猫ちゃんたちと西島さんに心癒され、期待以上に楽しめました!

結局“ぺこ”を貰ってもらうという当初の目的は達成されませんでしたが、これからのお話で貰い手を見つけることはできるのでしょうか?

また秀亮が抱える心の傷を心配し見守っている美咲との関係には変化があるのでしょうか?

様々な家族を通して、そしてそこにやって来る猫を通してどんなドラマが描かれるのか、これからもこの癒しの時間を楽しみに待ちたいと思います!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA