ブランケットキャッツネタバレ感想!最終回まで更新中

  • fodoctor
  • この記事を書いた人:Ryota

重松清さんの同名短編集を原作とし、大人気実力派俳優の西島秀俊さんと吉瀬美智子さんが主演を務めるということですでに大きな話題を集めているNHKテレビの金曜ドラマ『ブランケット・キャッツ』(NHK総合・毎週金曜夜22時00分から放送開始予定)

こちらの記事ではドラマ『ブランケット・キャッツ』のネタバレと感想を初回から最終回まで更新しています!

スポンサーリンク

2017年夏のNHKドラマ『ブランケット・キャッツ』はどんなドラマ?

西島秀俊さんと吉瀬美智子さんが主演を務めるNHKテレビの金曜「ドラマ10」枠で放送予定の『ブランケット・キャッツ』は、重松清さんの同名短編集に基づいたストーリー

ドラマのイントロダクションとして、公式サイトで以下のように記載されています。

新しい飼い主を見つけるため、ブランケットと共に2泊3日でトライアルされる7匹の「ブランケット・キャッツ」。猫の飼い主探しをする謎の家具店店長と、幼馴染の獣医師が、猫を通じて人々の人生に小さな光を灯します。
(公式サイトより引用)

謎の家具屋店長・椎名秀亮を演じるのが西島秀俊さんで、その幼馴染で獣医師の藤村美咲を吉瀬美智子さん演じることになるドラマ『ブランケット・キャッツ』。

全7話ということですでに発表されており(原作の短編集も同様の話数)、7匹の「ブランケット・キャッツ」が毎週1匹ずつ引き取られていくというストーリーになりそうですね。

原作では2泊3日のレンタル猫として描かれており、主に借り受けた家族の話が紡がれる物語となっていますので、ドラマ版とでは少し趣きが異なるかもしれません。

第1話のゲスト出演者として蓮佛美沙子さんがキャスティングされており、毎回異なる出演者が猫の引き取り手として登場するようなので、その辺り非常に楽しみです!

そして、そんな引き取り手の人々と、秀亮や美咲、そして「ブランケット・キャッツ」を通じた心の交流をする、そんな心温まるエピソードが多々盛り込まれていそうで、その辺りが見所になりそうですね!

スポンサーリンク

『ブランケット・キャッツ』原作は重松清さん

ドラマ『ブランケット・キャッツ』は、重松清さんの同名短編集を基にしたストーリーとなっています。

重松清(しげまつ きよし)さんは、1963年3月6日生まれで現在54歳の作家。

早稲田大学教育学部国語国文学科を卒業後、しばらく出版社にて勤めてからフリーのライターとして独立。

1991年には処女長編『ビフォア・ラン』を発表。

1997年に発表した短編集『ナイフ』では、坪田譲治文学賞を受賞。1999年発表の『エッジ』では山本周五郎賞を受賞するなど、高い評価を獲得します。

また、『定年ゴジラ』(1998)や『カカシの夏休み』(2000)は直木賞候補にも選出された後、『ビタミンF』(2000)で見事直木賞を受賞

『ビタミンF』は2002年にNHKでドラマ化もされ、2002年度文化庁芸術祭参加作品にも選出されていますね。

その後、TBS“日曜劇場”でドラマ化された『流星ワゴン』(2002)、本ドラマの原作となった『ブランケット・キャッツ』(2008)を発表。

2010年には『十字架』吉川英治文学賞を、2014年には『ゼツメツ少年』毎日出版文化賞を受賞するなど、1991年のデビュー以降、常に高い評価を受け続けているという稀有な作家が重松清さんなのです。

これまでに映像化された作品は多数ある作家さんだけに(しかも良作ばかり!)、今回の『ブランケット・キャッツ』も非常に楽しみになってきましたね!

スポンサーリンク

ドラマ『ブランケット・キャッツ』の期待度や感想は?

ドラマ放送開始後は各話の感想やネタバレをご紹介していきますが、放送開始前なのでTwitterでの期待度や感想・反応をご紹介していきます!

まずは、こちらのツイートからご紹介。現在放送中の『CRISIS』など、刑事ものが多い西島秀俊さんがほんわかしたドラマに出演するとあって、ファンの方々の喜びの声が多数寄せられていました!

続いてこちらも西島さんファンからのツイート。猫と戯れる感じはあまり想像がつかない(笑)だけに、このドラマは見逃せないものとなりそうですね!

さて、お次は島崎遥香さんファンの方からのツイート。女優として本格的に動き出した島崎さんは、6月から朝ドラ『ひよっこ』にも登場するようで、今後の活躍がますます期待されていますね!

最後に、原作をすでに読まれた方のツイートをご紹介。ドラマとはかなり設定が変更されているようで、果たしてどのようなオリジナリティを出していくのか…その辺りが注目ポイントになりそうですね!

まとめ

重松清さんを原作とする映像作品は本年(2017年)にもすでに1本制作されており(映画『恋妻家宮本』)、その人気の高さが窺い知れますね。

脚本を手掛ける江頭美智留さんが、どのように脚色し、アレンジを加えながらストーリーを紡ぎあげていくのか…想像しただけでワクワクします!

当サイトでは2017夏ドラマ『ブランケット・キャッツ』放送開始後にネタバレや感想などを全話更新していきますので、是非ご覧ください!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA