愛ある川口春奈の演技評価や感想!立花爽(さわ)は黎と結婚する?

  • fodoctor
  • この記事を書いた人:Ryota

秋元康さんが企画・原案を担当している2017年夏の日本テレビドラマ『愛してたって、秘密はある。(愛ある)』は、ある「秘密」を抱えた主人公・奥森黎を中心に描かれる“自問自答ラブミステリー”だということで、注目を集めています。

今回ヒロイン役として、大人気若手女優・川口春奈さんがキャスティングされたこともあり、その注目度はますます上昇中といったところでしょう!

こちらの記事では、ドラマ『愛してたって、秘密はある。』で立花爽(たちばな さわ)役を演じることになる川口春奈さんについて掘り下げていきます!

スポンサーリンク

2017夏ドラマ『愛してたって、秘密はある。』立花爽役は川口春奈さん

まずは、川口春奈さんのプロフィールについて簡単にご紹介していきたいと思います。

川口春奈(かわぐち はるな)さんは、長崎県出身で、1995年2月10日生まれの22歳。(所属事務所:研音)

2007年に「nicola第11回オーディション」でグランプリを獲得したことをきっかけに芸能界デビューを果たしました。

同年9月にはファッション誌『ニコラ』にて専属モデルとしてデビュー。(2011年5月号まで)

2009年には三井のリハウスの第13代リハウスガールに抜擢され、一気に注目を集めることに。

そして、同年秋クールのフジテレビ“月9”ドラマ『東京DOGS』で初めて女優としてデビューを果たしました。

翌2010年にはBSフジの単発ドラマ『初恋クロニクル』で初主演。同年4月クールにはTBSテレビドラマ『ヤンキー君とメガネちゃん』にメインキャストとして出演。

2011年にはTBSテレビドラマ『桜蘭高校ホスト部』で連ドラ初主演を果たし、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』では映画初出演と着実にステップアップを重ねています。

その後も『金田一少年の事件簿』シリーズや『夫のカノジョ』、福士蒼汰さんと共演した映画『好きっていいなよ。』、『一週間フレンズ。』などの話題作に立て続けに出演。

その他にも、「味の素 クノールカップスープ」や「三井住友海上火災保険」など、CMにも多数出演しており、今では川口春奈さんを見ない日はないというほど大活躍をされていますね!

まだ22歳ながら、豊富なキャリアを誇っており、今後の活躍がますます期待される女優さんといえるでしょう!

スポンサーリンク

2017夏ドラマ『愛してたって、秘密はある。』立花爽はどんな役?

こちらでは、ドラマ『愛してたって、秘密はある。(愛ある)』で川口春奈さんが演じることになるヒロイン・立花爽(たちばな さわ)の役柄について見ていきましょう。

まず、『愛してたって、秘密はある。』のあらすじは公式サイトにて以下のように紹介されています。

主人公・奥森黎(福士蒼汰)は、中学生の頃に母親(鈴木保奈美)をDVから守るため、
父親を殺害した過去がある。
彼の殺人は、父親が失踪扱いになったことで、母と2人だけの「秘密」となった。
「自分には友達も恋人もいらない」と、
誰とも深く関わらずつつましく生きてきた主人公だったが、
ある女性(川口春奈)と出会って恋に落ち、彼女と母が望むなら…と結婚を決意する。
しかし、プロポーズの直後から、
「秘密」を知る何者かからの不気味なメッセージが届き始めて…!?
(公式サイトより引用)

この中で登場する「ある女性」というのが、川口春奈さんが演じる立花爽です。

爽の父親である立花弘晃(遠藤憲一)が検事正ということもあり、彼女自身も検事を目指し、司法修習生として日々勉強に励んでいるという役柄。

その時に出会うことになるのが、ある「秘密」を抱えた主人公・奥森黎(福士蒼汰)ということです。

彼らは恋に落ち、結婚まで決意する程の関係を築き上げるのですが、そこへ黎の「秘密」を知る何者かからメッセージが届き始めるというミステリアスな展開を迎えることに。

川口春奈さんは今回のこの物語に関して…

脚本を読んで本当に面白いと思いました。
色々な顔を持った、色々な秘密を抱えた人たちが出てくる中で、
この先ドラマがどのように展開するのか、
そして、自分自身がどうなっていくのか、
本当にワクワク楽しみにしています。
(公式サイトより引用)

…このような感想を述べてらっしゃいました。この中で重要な発言は「色々な顔を持った、色々な秘密を抱えた人たちが出てくる」ということでしょう。

つまり、「秘密」を抱えて生きているのは黎だけではないということです。

その辺りについては現時点で全く明かされておりませんので、この点が物語の鍵を握ってきそうですね。

もしかしたら、爽自身にも何か「秘密」があるのかもしれないので、注目して見ていくべきポイントになるはず。

そして、何よりこの物語最大の争点は、黎と爽は結婚することになるのか?ということかもしれません。

いずれかの時点で黎が殺人を犯したという「秘密」を知ることになる爽が、一体どのような行動に出るのか?

検事を目指している自分(爽)と、黎を愛している自分(黎)、どちらが勝ることになるのか…?

それとも愛しているからこそ自首を薦めることになるのか?そして、爽は黎の帰りを待つことになるのか?

様々な可能性が考えられますが、これを自分自身に置き換えると非常に恐ろしい選択ですよね。

秋元康さんが狙っているのはまさにその点で、「あなたならどうしますか?」という究極も“自問自答”をぶつけるドラマが『愛してたって、秘密はある。』なのだと思われます。

果たして、川口春奈さん演じる爽はどのような決断を下すのか…要注目です!

スポンサーリンク

まとめ

どちらかといえば爽やかで清純な印象の強い川口春奈さんですが、2017夏ドラマ『愛してたって、秘密はある。(愛ある)』では大人のラブミステリーということで、一体どのような演技を披露してくれるのか…

非常に気になる所ですよね。

この作品は、良い意味でこれまでのイメージを覆し、新たな「川口春奈」像を築き上げるきっかけとなるかもしれません。

オトナの女性となった川口春奈さんの新たな魅力に要注目です!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA