愛してたって秘密はある最終回ネタバレ!Huluでラスト結末に不満も

  • この記事を書いた人:波波

ドラマ『愛してたって、秘密はある。(愛ある)』最終回(第10話)が2017年9月17日(日)に放送されました。

奥森 黎(おくもり れい/福士 蒼汰)の母・ 晶子(鈴木保奈美)が父・皓介(堀部圭亮)を殺害したとして黎の代わりに自首、そして逮捕されてしまいました。

皓介の日記には皓介自身も弘晃から執拗な取り調べを受けたことが書かれてありましたが、そのコピーを持っていたのは何故か弁護士の香坂 いずみ(山本未來)。

そして黎はついに自分が皓介を殺したと立花 爽(たちばな さわ/川口 春奈)に告白します。二人はこれからどうなってしまうのでしょうか?

黎の二重人格も明らかになってしまい、もう怪しい人物のカオスです…。

これまでの数々の不穏な事件は誰が何のために起こしたことだったのか?どんな結末が待っているのでしょうか?

それでは『愛してたって、秘密はある。(愛ある)』最終回(第10話)のネタバレと感想をご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『愛してたって、秘密はある。(愛ある)』最終回ネタバレと感想

黎は11年前父親を殺したことを爽に告白しますが、爽はショックのあまり何も言えず黎を拒んでしまいます。

黎は爽ならどんなことがあっても受け入れてくれると信じていましたが、現実はやはりそう甘いものではありませんでした。

翌日刑事の一ノ瀬(矢柴俊博)と井上(佐伯大地)が奥森家を訪ねて来ました。

爽に凶器のトロフィーを送り付けた人物が分かったと言います。

防犯カメラの映像に映っていたのは何と晶子でした。

刑事は庭を掘り返し凶器を持ち去ったのは晶子だったのではないかと話します。

何度も何度も黎に幸せになるようにと言っていた晶子。

黎はどうしても彼女が結婚を壊そうとしていたとは信じられません。

黎は香坂に晶子の弁護を依頼し、母に事情を聞きたいので接見の際は同席させてほしいと頼みます。

その際香坂は皓介の日記のコピーがポストに入っていたと言い、爽が読むべきだと思って渡したと話します。

日記のせいで黎と爽の関係が壊れてしまったのではないかと思った香坂は謝りますが、黎はこれで良かったのだと言います。

風見(鈴木浩介)に刺された弘晃(遠藤憲一)は一命を取りとめ意識を回復します。

そんな中、黎はリビングに皓介の日記が引き裂かれて散乱しているのを発見し驚愕します。

よく見ると椅子の上に一枚のDVDがあり、いつの間にかリビングの隅にはビデオカメラが設置されています。

恐る恐るそれを再生して見ると、リビングでビリビリに日記を裂く男の姿が…やがてその男はカメラに顔を向けますが、それはあろうことか黎自身だったのです。

庭を掘り返し、遺骨を送っていたのは自分だったのか…?

黎は自分のことが分らなくなり夜の街を彷徨います。

爽は虎太郎(白洲迅)から黎と連絡が取れないと聞いて心配になり、奥森家を訪ねます。

そこで待っていたのはいつもとは全く様子の違う黎でした。

「やっぱり突き放すんじゃん」

「俺さ、大っきらいなんだよね、お前のことも、お前の言う綺麗事も。偽善者」

黎は自分を拒む爽を罵り、追い出します。

翌日、晶子に接見する香坂に爽も付き添ってやって来ました。

警察署の前で黎と合流すると、爽は前日に自分と会ったことを覚えているか?と黎に尋ねますが黎は覚えていません。

晶子に会うと、黎は皓介の日記を読んだことを話します。

晶子は「思い出したの?」と言いますが、黎は何のことか分らず「どういうこと?」と聞き返します。

「黎、一度読んでるのよ、あの日記」

黎は自分が皓介を殺したことは爽にも香坂にも告白したことを晶子に明かし、事情を分かるように説明してほしいと頼みます。

庭を掘り返したのは自分なのか?トロフィーを送ったのは晶子なのか?と問う黎。
無言の晶子はそれを肯定していました。

“自分は正しいことをした。父さんは殺されて当然の悪人だった”

そう思い込むことで精神のバランスを保っていた黎は、大学生の頃皓介の日記を読み、父が立花弘晃から受けていた酷い取り調べに苦しみ、それが原因で暴力をふるうようになったことを知り、強いショックを受けました。

そして真実を受け止め切れなかった黎の意識の底から“朔”というもう一つの人格が現れ、その人格が父を殺した罪悪感を打ち消すようになったのです。

ところが黎の結婚が決まると朔は怒って結婚を潰すと言い出し、従わなければ黎を殺すと脅して晶子に協力を求めました。

晶子は朔に言われるまま、黎にメールを送り花束を置き、風見からキーホルダーを盗んで黎に送ったり、声を機械で変え海に車が沈んでいると警察に通報をしました。

まさか朔が庭を掘り返すとは思わなかったと言います。

全て黎自身(朔)が命令してやっていたこと。

しかし、爽の父が検事の立花弘晃だと知った晶子は朔がどうして結婚を止めさせようとしていたのか悟をります。

皓介の日記に書かれていた妻への暴力の原因を黎が知ることはどうしても避けなければいけなかったのです。

晶子は弘晃を呼び出し、皓介に取り調べのことは黙っているように釘を刺し、結婚を取り止めにするために自ら階段から転落したのです。

晶子はこれまで犯人が仕掛けてきた全てのことは自分と朔がやったと告白します。

燃やしたはずの皓介の日記のコピーが香坂の事務所のポストに入っていたのは、朔がコピーを取っていたからだと言います。

爽のお陰で黎が再び笑えるようになったことを感謝しているのに、こんなことをしてしまったと晶子は爽に泣きながら詫びます。

「普通でいたかった…息子の幸せを願う普通の母親でいたかった…」

爽は黎のことも自分の気持ちも見失ってしまい、途方に暮れます。

虎太郎はそんな爽に黎から盗んでいた婚約指輪を返し「100の嘘も1つの真実には叶わない」と励まします。

虎太郎の言葉に背中を押された爽は再び奥森家に向かいます。

朔の人格が出てきている黎は自分は何も悪いことをしていないと自首することを拒みますが、黎を自首させるため爽は彼氏から暴力を受けていると110番通報をします。

警察がやって来て朔を取り押さえようとしますが、彼は激しく抵抗します。

爽は必死で呼び掛けます。

「償うんでしょ?暗い所から抜け出すんでしょ?!黎!」

やがて力なく崩れ落ちた黎。

自分を取り戻した黎は「爽…ありがとう」と微笑んで家を後にしました。

弘晃の退院の日、爽は検事ではなく弁護士になると父に告げます。

「罪を償って人生を生き直そうとする人の居場所になろうと思う」

「そんなことをしたって何も変わりはしないよ。一度失敗したらそこで終わりだ」と言う弘晃。

しかし爽は「終わりじゃないよ。人は人を許すことができるから。パパがしたこともいつかきっと許されるよ」

キッパリと言い切る爽に弘晃は「勝手にしろ」と言うのでした。

結局息子を追い詰めてしまっただけだ、と晶子は深く落ち込んでいました。

そんな晶子に香坂は自分が息子の育児放棄をしてしまい、誕生日プレゼントに送った腕時計も受け取ってもらえず、ずっと自分が許せないと話します。

「でもあなたは自分を許してあげて下さい。だって一生懸命やっただけじゃないですか。愛する息子さんの幸せのためにただ一生懸命。誰が何と言おうとあなたは最高の母親です」

逮捕された黎が弁護士の接見のための部屋を訪れると、そこには爽が待っていました。

黎はまた嘘を重ね平気な振りをして爽を遠ざけようとしますが、爽は婚約指輪に刻まれた『ずっと、ふたりで』という言葉こそ真実だと諭します。

罪を償ったら結婚してずっと二人で過ごそうと言う爽。

「いいよ、朔がいても。黎は黎だから。黎のこと全部大好きだから」

黎のことを丸ごと受けとめようとする爽に、黎は再びプロポーズの言葉を口にします。

「俺と一緒に生きて下さい」

「これからもずうっとしょば(傍)にいます」

しかし一人になった黎はまた朔の人格が現われて…。

あっと驚くようなどんでん返しはなく、前回の予告どおり黎のもう一つの人格が黒幕というラストでした。

晶子が共犯関係だったというのは黎の二重人格を知っている人物が鍵になると睨んでいたとおりではありました。

8話で黎のクローゼットに入っていた手の骨を見て号泣していたので晶子は犯人ではないと除外してしまいましたが、あれは朔が勝手にやったことにショックを受けていたのですね。

病院の階段からの転落も晶子の自作自演でしたし、その他の出来事も最初から怪しかった晶子がほとんどやったことだったので意外性に乏しかったですね。

虎太郎は自分で指輪を抜き取っただけ、思わせぶりだった香坂も日記のコピーはポストに入っていただけ、茜もただ怪しい空気を醸し出していただけ。

二重人格オチはミステリー的には禁じ手ですが、うまくやれば結構印象的なラストになるのでそれ自体は否定しませんが、今回はやっぱり先の展開が見えてしまったのと、共犯が晶子だったので意外性がなかったのが残念…。

終了してすぐに動画配信という宣伝が出たのも、かなり批判が集まっています。

本編はこれで完了してスピンオフ配信というのなら納得もできるのですが、『脅迫の全貌が明らかに―――』というテロップがあったので本当のラストは動画で、という意味なのでしょうか?

『愛してたって、秘密はある。(愛ある)』”本当の完結編”と銘打たれている「僕は誰だ?」が配信されるHuluは2週間無料で見られ、その期間内に解約をすれば料金は一切かからないので、完結編も地上波同様無料で見られるのですが、時間の兼ね合いからか、それをしっかり告知しないことで、最後に批判が集まってしまったのは残念でしたね…

Huluで『愛してたって、秘密はある。』完結編「僕は誰だ?」を無料で見る

ドラマ『愛してたって、秘密はある』9話(前回)ネタバレと感想はこちら

愛してたって秘密はあるネタバレまとめ

ドラマ『愛してたって、秘密はある。』視聴率一覧はこちら

スポンサーリンク

『愛してたって、秘密はある。(愛ある)』最終回(第10話)ネットの反応や感想は?


そうですね、やはり二重人格説で全てを片づけてしまうのは残念。

最後にミステリーとしてもうひと捻り欲しかった。

そして完結させてからの動画配信なら納得もできるのですが…。


確かにあの宣伝さえ見なければ綺麗に終わっていたと思います。

完結している、していないはよく分りませんが、ただ誤解を招くような宣伝の仕方は避けた方が良かったかもしれません。


全ての謎が解けてみると晶子さんが不憫すぎる結果に…。

香坂弁護士の力強い励ましが救いでしたね。


名前の意味についてのツイートもちらほら。

黎(朔)と爽は対をなす名前だったのですね。


福士くんのもう一つの人格の表情や喋り方、何もかも別人なのはすごかったですね!


え、待って、それなんですか?!自分の宣伝する商品オチ(笑)

スポンサーリンク

ドラマ『愛してたって、秘密はある。(愛ある)』見逃し動画を無料で見る方法は?

ドラマ『愛してたって秘密はある(愛ある)』は放送終了直後からHuluで見逃し動画配信がスタートします。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 過保護のカホコ
  • 脳にスマホが埋められた!
  • ウチの夫は仕事ができない
  • 愛してたって、秘密はある。
  • 孤食ロボット
  • わにとかげぎす

などが見放題となっています。

また、2017年夏ドラマで最も視聴者を釘付けにした作品『愛してたって、秘密はある。』の完結編『僕は誰だ?』も、もちろん無料で見られます!

もちろん、無料トライアル期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

Huluで『愛してたって、秘密はある。』全話を無料視聴する

※紹介している情報は2017年9月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

まとめ

黎の罪を暴こうと黄色いバラを贈ったり庭を掘り返したりしていたのは、他ならぬ黎のもう一つの人格の朔、そして彼に協力する晶子でした。

黒幕が二重人格の自分というのはもう少し捻りが欲しかったですが、最終的に黎が父には父の苦しみがあり、それゆえに母に暴力を振るっていた弱い人間だったのだということを受け入れ、自分の罪を償う決意ができたという心の成長には感動しました。

また黎の心が壊れてしまわないように一生懸命結婚を阻止するしかなかった晶子、たとえ殺人を犯していても二重人格でも黎の全てを受け入れる決意をした爽にも胸を突かれました。

果凛や虎太郎、立花家の家族など、それぞれのキャラクターが魅力的で人間ドラマとしても魅力的だったなと思います。

ドラまる
『愛してたって、秘密はある。』最終回はちょっと賛否分かれてしまったけど、毎回ドキドキする展開で、犯人をあれこれ予想するのも面白く、3ヶ月間楽しませてもらったね!
ラマちゃん
なんだかんだ言っても福士蒼汰くんの怪演がすごく気になるので、Huluオリジナルの完結編「僕は誰だ?」見ちゃうわね〜

もちろん、2週間以内に解約して無料で…(笑)

Huluで完結編「僕は誰だ?」を無料で見る

ドラマ『愛してたって、秘密はある』9話(前回)ネタバレと感想はこちら

愛してたって秘密はあるネタバレまとめ

ドラマ『愛してたって、秘密はある。』視聴率一覧はこちら

Huluで『愛してたって、秘密はある。』全話を無料視聴する

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA