ドラマ『あいの結婚相談所』2話ネタバレ感想と見逃し動画無料視聴方法!

  • この記事を書いた人:YUKIKO

『あいの結婚相談所』会計事務員・土師野(はしの)郁江役の前田美波里さんが8月8日に69回目の誕生日を迎えるとあって、ひと足早く山崎育三郎、高梨臨らレギュラーキャストとスタッフがお祝いしたそうです。

サプライズでのお祝いだったようでキャストの方の仲の良さがうかがえますね。

そんな『あいの結婚相談所』今夜は2話!!早速ネタバレあり感想ありでお届けしていきたいと思います。

それでは早速、2017夏ドラマ『あいの結婚相談所(あい婚)』第2話のネタバレを感想ありでお届けしていきます!

スポンサーリンク

2017夏ドラマ『あいの結婚相談所』2話ネタバレと感想

有希(釈由美子)はずっとストーカー被害に悩まされており、誰かにつけられていたり、家の前に人形が置かれていたり、その日も、郵便受けに、「ずっと見ているからね」と言う新聞の文字が張られた紙が入っていました。

そのマンションにあいの結婚相談所のチラシをポスティングをしていたシスター・エリザベス(高梨臨)は、その紙を見てる有希に、チラシをわたしました。

引き続きポスティングしていると一人の男が出てきて、「勝手なことをするなよ」とシスター・エリザベスに文句を言って外に出て行きました。

その日の午後、有希があいの結婚相談所にやってきました。

自宅マンションで託児所を経営する園田有希の条件は近隣在住、年収400万円以上それと私を守ってくれることでした。

「私を守ってくれる人?経営者のあなたが男性の保護を頼るようには見えませんが」と藍野(山崎育三郎)が言うと、「そんな、私だって守ってもらいたいときくらいあります」といい「ですよね~」とシスター・エリザベスが同調するとチッと藍野に舌打ちされます。

舌打ちをされるシスター・エリザベスの表情が可愛い♡

そして有希は、自分がストーカー被害にあってると告白しました。

藍野は、「わかりました。そんな有希さんをしっかり守れる方を探していきましょう。ただ、結婚が必ずしも幸せな人生を保障するとは限りません。本当によろしいんですか?」と確認すると有希は「はい、よろしくお願いします」といい、200万円を藍野に渡しました。

外に出て有希のプロフィール写真を真壁男夢(中尾暢樹)と橘シャーロット麻理子(山賀琴子)と撮影している中、シスター・エリザベスが藍野に「これって、有希さんがほかの男性とお見合いするようになったら余計にストーカー行為がひどくなっちゃうんじゃないですか?」と心配すると「それでは、安全に安心してお見合いできるようお守りください」と藍野が言うと「私がですか?私がもしストーカーに襲われたらどうするんですか?」と女に守らせることに反抗しました。

すると藍野は「言葉を選ばずに言うと、それは自意識過剰です、紅クラゲのような下等な生き物は死ぬことがありません、よってシスターも多少の事では死ぬことはありません」と笑って去って行ってしまいました。

藍野さん、シスター・エリザベスには手厳しい!愛情の裏返し??

有希が自宅の託児所で仕事をしてると、HPに「すぐ近くに来ているよ」と言うメッセージが届き、インターホンが鳴り出てみると隣のご夫婦が「変な物が置いてあるから」と廊下を見ると菊の花がおいてありました。

そして藍野は、真壁と麻理子に、近所のアパートから有希のマンションを監視して怪しげな人物を探るように命じ、二人は近くのマンションから出入りする人物を調べていました。

調べたデータの写真を見て会計事務員・土師野郁江(前田美波里)が「こうやってみるとみんな怪しく見えるわね~」というと以前ポスティングしていたシスター・エリザベスに文句を言ってきた男も写っておりシスター・エリザベスは「こないだもめっちゃ感じ悪かったし、あ~こいつがストーカーですよ!絶対!」と文句を言っていると藍野は「シスター・エリザベス、人を見かけで判断しちゃいけません、例えば巨大な口と歯を持つウバザメは実はプランクトンを食とする穏やかな性格の持ち主です」とウバザメのフィギアを撫でながら言いました。

それでも「いやでもこの顔、絶対何か企んでますよ」とこの男が気に入らないシスター・エリザベスが言うと郁江は「でもこのマンションに出入りする人とは限らないんじゃない?」と言います。

すると藍野は「いいえ、きっとこの中にいます!託児所の玄関の前に人形や花が置かれていたそうですがそれができるのは中に入ることのできるマンションの関係者だけです」と言ってある写真をじ~っと見つめます。

藍野は、その日の夜、いつものように有希の相手を探し始めそして一人の人物の選びました。

早速、有希その男性のプロフィールを見せに行きその男性は、奥崎(柏原収史)というひとで、不動産会社に勤めてるイケメンでした。

有希は奥崎のことを知っていて、託児所をはじめるときに物件を世話してくれた人だったそうで「こんな偶然ってあるんですね」とまんざらでもない様子でした。

この偶然はイケメンだったらうれしい偶然ですよね~♪運命感じちゃうかも…

さっそく、藍野は「契約の時にもお話しましたが当相談所では恋愛禁止を禁止させていただいております、愛ほどよこしまな感情はありません、冷静で主観を取り除いた状況でなければ人の本質は見えません、お二人にはパソコンを使ってお見合いをしていただきます」というと有希は「こんな形で、本当にお互いのことがわかるんですか?」と聞くと「直接会えばわかると?では、どうして今までそうなさらなかったのですか?」と言い返しました。

有希は「なかなか出会いがなくて」と答えると藍野は「それは違います。当相談所にいらっしゃる恋愛弱者の皆さんは、総じて、出会いがないとおっしゃる。しかし、じつは、出会ってるのに見えてないことが多いんです!外見や物腰で相手を判った気になり、自分には合わないと自分の視界から排除する。その人の本当の姿をみないうちに…シスター、できた?シスター」とネットの配線に苦戦するシスター・エリザベスを急がせます。

ようやくネットがつながると、二人は会話を始めました、「お久しぶりです覚えてますか?」という有希に奥崎も有希のことを覚えていました。

有希は高校時代にいじめられていたとか、奥崎も恋愛に疎いと言う話しをしてると、天井からものすごい音が聞こえました。

藍野とシスターは急いで上に向かい三浦秋信と杉山詩織という表札のある部屋入ると、喧嘩中でした。

三浦を見たシスター・エリザベスは「この人、ストーカー、変態」と罵声をかけますが藍野に「この人はストーカーじゃありません」と言われます。

実は詩織は2週間前に相談所に来たお客様で三浦と2年ほど一緒に暮らしているのですが、会社を辞めてから無職状態なので、詩織が婚活すれば自立してくれると思って、結婚相談所にやってきたそうで、それがバレてしまい喧嘩になっていたようでした。

翌日、三浦が相談所にやってきて、「詐欺だろ、あんたら今すぐ契約を取り消したい」と言いますが藍野は「杉山詩織さんから何も言われれておりませんし、入会金の200万もお支払いいただきご紹介もさせていただいていますので本人の許可なく勝手に解約することはできません」というと三浦が「詩織がほかのやつと結婚したいと思っているはずがない」と言いました。

それを聞いた藍野は「言葉を選ばずに言いますと、あなたはニセクロスジギンポと同じです!ニセクロスジギンポこの意味がわかったら、解約を考えましょう」といいました。

シスター・エリザベスが、アパートで見張ってる二人のところに差し入れを持って訪れ、新しい人物の写真を見てると、奥崎の姿も映っていたのでシスター・エリザベスは、「この人は違うよ、うちが紹介した人だから」と言いますが、二人は、いつもうろうろしていてめちゃくちゃ怪しいとシスター・エリザベスに話しました。

すぐに人を信じてしまうがすぐにそれが崩れるわかりやすい性格のシスター・エリザベスに一番親近感がわくのは私だけ??(笑)

有希が仕事をしてると、再び写真がポストに入っていたと保育士が持ってきて「すごく至近距離からとられてますよ、もう1度警察に相談した方がいいですよ」と言いました。

すると、火災発生のベルが鳴り響き園児たちを連れて非難する姿を向かいのマンションから見ていたシスター・エリザベスは慌てて有希のもとに向かうと藍野に止められ非難訓練と教えられ、安心しているとそこには奥崎の姿がありました。

なぜ奥崎がそこにいるのかと不審に思うシスター・エリザベスに藍野は疑問に思い聞きますが「なんでもありません」とごまかされてしまいます。

奥崎は有希に声をかけて公園に連れ出し、「こんなとこで奥崎さんに会えるとは思っていませんでした」と有希が言うと「たまたま近くを通りかかって…」と奥崎が言い「よかったです、画面だけだと中々わかりずらいですもんね」と返すと「実は僕も両親が共働きで保育園に預けられていたので有希さんの事を身近に感じ応援しています」と奥崎が言ってると、そこに突然、藍野が現れて「規則違反ですよ。偶然でも、直接会うことは禁止です」と言って帰っていきました。

藍野の前に三浦が現れ、ニセクロスジギンポの意味が分かったと言います。

「大きな魚に付いている寄生虫を食べるフリをして近づき実際は大きな魚のうろこを剥ぎ取り食べる魚、それが自分と同じだと言いたいんだろう」といい藍野は、「正解です、そこに純粋な愛はなく依存して束縛し相手を利用しあなたを例えるのにぴったりの魚だと思いませんか?」というと三浦は「それは違う!俺は詩織を大切に思ってる、幸せになってほしいと本気で思ってる」と力を込めて言うと「ならば、これからどう行動するべきかわかってらっしゃるんではないですか?」と言い藍野は行こうとすると、マンションから本物の火事が起きました。

出火元は有希の託児所からのようで現場に駆け付け消火すると、束ねた新聞紙がこげていました。

シスター・エリザベスは「住民はみなマンションの外に居ましたよね?」というと藍野は一人だけマンションに入っていった人がいると言い何か知っているようでした。

事務所にオーナーの都築賢一郎(鹿賀丈史)がやって奥崎の写真を見て「第一印象で言うとこいつだな!なんかしつこそうな目をしてる。」というとシスター・エリザベスは「目って…オーナーともあろう人が人を見た目で判断しないでください、奥崎さんは本当に真摯でいい人なんですから」というと、賢一郎は「だって、一人だけマンションに入っていったんだろう?」と聞くと藍野は「そうですね、間違いありません」と言いました。

賢一郎は自分の持ってきたブータンのお土産を見て「あ~あ売れ残ってるね」と言い、賢一郎の「売り残り」と言う言葉で藍野は何か気がつきました。

そして、張り込んでる二人からも連絡が入り奥崎が双眼鏡で見てる写真を入手し、藍野は有希に、ストーカーは奥崎で2年前から思いを寄せていたと言います。それを聞き興奮したシスター・エリザベスは「ストーカー野郎だったなんて、最低じゃないですか!有希さんこんなやつとのお見合いは取り消しましょう」と有希に言います、その言葉を聞いて、有希は奥崎の話を断るといいました。

シスター・エリザベスはそのまま有希をマンションまで送っていき、藍野は事務所に戻ってオルガンを弾き、歌を歌って、「結ばれました」とつぶやきました。

奥崎は、インターホンを押し「有希さん、どうして、もうお会いできないんですか?どうか、もう一度僕の話を聞いてもらえませんか?お願いします」と言い、「わかりました」といって、有希はロックをはずしました。

張り込んでる二人は、奥崎がマンションに入っていくところを見て、シスター・エリザベスに連絡をしシスター・エリザベスはすぐにマンションに走っていきました。

有希が外に出ると誰もおらず階段まで行くと、誰かに突き落とされてしまいそこに、奥崎がやってきて助け起こしてると、シスター・エリザベスがやってきて「このストーカー野郎」と言って奥崎のかおをひっぱたきました。

驚きながら奥崎は「何するんですか?」と言いますがシスター・エリザベスは「有希さん大丈夫ですか?」と有希の心配をすると奥崎が「大丈夫です!」と割って入り「あんたが言うな!」とシスター・エリザベス怒り、「何もやってないんで」という奥崎の言葉は信じませんでした。

とりあえず、有希の部屋に入ると、シスター・エリザベスは奥崎を言いたい放題問い詰めますが奥崎はストーカーのことを否定します。

そこに、藍野も入ってきて「それは違いますよ、奥崎さんはさかのぼること2年前、物件を紹介した時から有希さんに好意を抱いた。でもその時は想いを伝える勇気がなかった、するとある時ブログを見て有希さんが何者かに嫌がらせを受けていることを知った、他にも怪文書やいたずらがあると管理人から聞いた奥崎さんはずっと有希さんを心配していた。そして私が有希さんを紹介した後、奥崎さんは小型カメラを設置しようとした」と藍野は今までの奥崎の行動を説明しました。

すると奥崎は「はい、このマンションには防犯カメラがありませんでしたから、管理人さんの許可をもらって小型カメラを置かせてもらてたんです」というと藍野は「そしてこの小型カメラには見事、放火犯、有希さんを突き飛ばした犯人が写っていました、2年前から数々の嫌がらせをしてきた犯人はこの人たち!!」と。

そこに出てきたのはお隣に住むご夫婦でした。

すべて自分たちがやったと佐藤夫婦が白状し嫌がらせのきっかけは託児所の騒音で、売りに出そうとしている自分たちの部屋の価値が託児所の雑音で下がるのを恐れて、有希に嫌がらせをして出て行くように仕向けたようでした。

「でも夜に有希のあとをつけていたのは奥崎さんですよね?」とシスター・エリザベスが言うと藍野は「言葉を選ばずに言うとあなたは一見ストーカー野郎です」「ぼくは、あなたを守りたかったんです、でも結果的に怖がらせてしまってすみませんでした。」と奥崎は謝りました。

清々しいまでに藍野さん、言いたいことを言ってくれました(拍手)

「どうしてそこまで」と有希が聞くと、藍野は、「有希さんはショウドウツバメの話をしっていますか?ストーカーする鳥として知られています、ショウドウツバメは産卵期間中、オスはパートナーの後をついて飛んでメスを守ります、奥崎さんは自分の思いを告げられず、ストーカーに間違えられるほど不器用な男です!でも、有希さん、あなたのことを誰よりも思っていたことは確かです」と説明しました。

藍野は二人を公園に連れ出しそこで藍野は「こんな時にあれですが…」と新しいお見合いの男性のリストを有希に渡し、それを見ていた有希は手が止まります、そこには奥崎のデータも混ざっていて藍野が間違って入れてしまったと奥崎の紙を取ろうとすると、有希は、「待ってください!わたしこの人がいいです、この人のことをもっと知りたいです」と言います。

「ほんとにそれでよろしいですか?」と確認し藍野は「奥崎さんは、いかがですか?」と奥崎にも聞くと奥崎は「有希さん、僕とよかったら、そのおつき、おつきあ…」と告白しようとしたそのとき、藍野が歌を歌い始めてダンスを始めそして、4人でダンスを始めました。

数日後、藍野とシスター・エリザベスは三浦の家に行きました。

三浦はイメージが変わっていて、すっかり前向きになったようでした、詩織の結婚が決まったので気持ちを入れ替えたようでした。

話を聞いてみると二人は、兄妹で小さい頃、両親が分かれたので別の苗字になっていただけで恋人同士ではないとわかったところで今回は終わりました。

2話もとっても面白かったですね!!

個人的に私は藍野さんの「言葉を選ばずに言うと」とズバッと言いたいことを言ってくれるところが好きです♡

藍野さん場合はいつも言葉を選んでない気もしますが…(笑)

それに前回も今回もシスター・エリザベスが惚れる人は最終的にみな、いい人ですよね!!

ドラマ『あいの結婚相談所』第1話(前回)のネタバレと感想はこちら

ドラマ『あいの結婚相談所』第3話(次回)のネタバレと感想はこちら

ドラマ『あいの結婚相談所』視聴率一覧はこちら

スポンサーリンク

『あいの結婚相談所』2話ネットでの感想や評価

藍野さん演じる郁三郎さん、チャーミングでほんといいですよね~♡

ファンじゃなくても十分に楽しめるドラマです!

イケメンは何人いても見飽きないのだ~♪

スポンサーリンク

2017年夏ドラマ『あいの結婚相談所』見逃し動画を無料で見る方法は?

『あいの結婚相談所』は放送終了後、1週間はTverで限定無料配信されますが、その後は削除されてしまいます。

1週間以上経過した回を安全かつ無料で見る方法はU-NEXTがオススメです

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『あいの結婚相談所』はポイントレンタル配信されているので、

登録時にもらえる600ポイントを使えば『あいの結婚相談所』の見逃した回を無料で見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

U-NEXT31日間無料お試しはこちら

※紹介している情報は2017年7月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

『あいの結婚相談所』3話のあらすじ

元アイドルで女優の祥子(内山理名)が「あいの結婚相談所」にクレームをつけにやってきた。数年前に離婚した元夫からモラハラ被害を訴えられ、テレビでは毒舌を吐きまくるお騒がせ女優の祥子。実母の通夜にこっそり参列したところを、なぜか突然現れたシスター・エリザベス(高梨臨)に相談所への無料登録を勧められ大騒ぎに。その一部始終を週刊誌に記事を書かれ怒りが爆発したのだった。

それでも今回は特別に入会金0円でぴったりのお相手を見つけると余裕しゃくしゃくの藍野(山崎育三郎)。祥子は「上等じゃないの」と半ば挑戦するかのように再婚相手を探すよう依頼する。

祥子の条件は「自分がアイドルだったことを知らない人」。祥子は、元夫がアイドルとしての自分しか愛してくれなかったことが離婚の原因だったという。藍野は、奈良(金井勇太)という条件にぴったりの男性を紹介。奈良に好感を抱いた祥子は、その後もパソコンで会話を続け、次第に仕事にも前向きになっていく。しかし、祥子はそんな奈良がある女性と一緒にいるところを目撃してしまい…!?

番組公式サイトから引用)

次回のゲストは内山 理名さんと金井 勇太さんです。

内山 理名さんが毒を吐きまくるおさわがせ女優の役ということでどんな演技を見せてくれるのかとっても楽しみですね!!

毎回出てくるいきものに関する豆知識も興味津々です。

最近のドラマは動物が目につきますね(笑)

まとめ

今回のお話は、私はお隣のご夫婦が登場した時からストーカーの犯人ではないかと読んでいました!!

見事大正解でした♪

でも奥崎さん演じる柏原収史の演技にちょっとストーカーっぽいと途中心変わりも起きましたが、ここは役者さんにやられたって感じでしょうか。

藍野さんとシスター・エリザベスのやり取りはもっと見ていたいくらい可愛く面白いですね!!

それではまた次週を楽しみに待ちたいと思います。

ドラマ『あいの結婚相談所』第1話(前回)のネタバレと感想はこちら

ドラマ『あいの結婚相談所』第3話(次回)のネタバレと感想はこちら

ドラマ『あいの結婚相談所』視聴率一覧はこちら

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA