ドラマ櫻子さんの足下1話ネタバレ感想!原作ファンの評価や反応も

  • この記事を書いた人:まひまひ

2017年4月23日。いよいよ、今夜、漫画やアニメで人気の『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』が始まりました。

原作との違いが気になるところですね。

そんな、第1話のネタバレをしたいと思います。

藤ヶ谷くんの人気も高いですし、観月ありさの櫻子さん役も興味深いですね。

スポンサーリンク

『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』第1話。ネタバレ

自然の森博物館に勤務を始めた館脇正太郎(藤ヶ谷太輔)が、標本師である九条櫻子(観月ありさ)のとこを訪ねた。

ビビりの館脇は、櫻子さんの家に入った途端、入り口にあった動物の骨の標本に驚く。

キツネの骨を診てもらっていた館脇だが、「キツネの骨のあった所に案内しろ!」と慌てて部屋から出てきた櫻子に言われ、館脇と櫻子は、櫻子の爆音で音楽が鳴ってる車で山林に向かう。

爆音の車の中から、キツネの骨を見つけた山に行くことになったことを職場に電話すると、森の植物などの写真を撮ってくるように言われる館脇。

山林に着くと、勢いよく、山林の中を歩いていく櫻子さん。後を写真を撮りながらついていく館脇。

そして、白骨化した死体を見つける。

人間の骨にまたまた、ビビる館脇。

なんと、キツネの骨の中に人間の指の骨が混じっていたために山林まで案内させた櫻子さん。しかも、その骨は、歯がピンク色に染まっていた。

そうこうしてるうちに刑事の山路(高嶋正宏)がやってくる。

第一発見者として疑われる櫻子さんと館脇。

標本師として、死亡したのは、6か月〜7か月で20代の女性と見抜く櫻子さん。

そこへ、衣服の近くに免許証が落ちていたと中を見ると、それは、館脇の親が管理してるマンションの住所で「三島貴子」だと判明。

そのマンションには、館脇も住んでいて、三島貴子とは、顔見知りだったことでショックを受ける館脇。

マンションの清掃をしてた時に、三島貴子に話しかけられ、三島貴子の部屋でお茶をご馳走になりながら、就職に悩んでる館脇の相談に乗ってくれたりもしていたのだ。

そして、三島貴子の部屋に行くことになった櫻子さんと館脇。

山路に櫻子さんは、歯がピンクになってるのは、窒息死した証拠だと告げる。

窒息死の場合、口の中の血管が切れて、歯がピンクに染まるという。

館脇は、三島貴子は、誰かに恨まれるような人ではないと強く言うが、実は、2年前に三島貴子の婚約者の会社が倒産していて、それが、計画倒産ではないかと言われていたので、そのことで恨まれてるかもしれないと山路は言う。

それで、三島貴子は、住所を転々としてたという。

櫻子さんは、部屋の横だおしになっていた鉢植えが気になっていた様子。

館脇は、貴子は、優しい人で計画倒産に荷担するような人じゃないという。

しかし、櫻子さんに、白骨死体を見た時に薄み悪いと思ったんだろう?と言われ、落ち込む館脇。

貴子の婚約者だった藤木の職場に山路達が藤木に会いに行くも、藤木に会えず、藤木は藤木で刑事が職場に来てたことで逃げてしまう。

落ち込んでいた館脇だったが、貴子がなぜ死んだのか気になり、櫻子に「貴子さんがなぜ死んだのか、調べるのを手伝ってください。」とお願いする。

「では、事件の骨集めといこうじゃないか!」と櫻子さん。

そんなとこでTVに貴子の妹のゆきがマスコミに囲まれてるとこが映っていた。

ゆきは、人間が何か、後ろめたいことなどがあるときにやる腕をひたすら撫でていた。

その行為を見た、櫻子さんが、何か、隠してることがあるという。

その頃、公園のベンチに座っていた藤木が警察に連行されていた。

「骨がまだ足りない!最後の骨を探しに行くぞ!」

と、櫻子は言い、館脇が、死体を発見した時に撮っていた写真を見る。

そして、館脇の職場の磯崎(植物オタク)(上川隆也)のところに来て写真を見せ、「この植物の名前は何だ?」と聞くと磯崎はベラドンナと答えた。

ベラドンナは、館脇の撮った写真のように1本で咲くことはなく、密集して咲く花でその花は、毒性があるという。

櫻子さん、手を合掌させ、指を1本づつ合わせ、謎解きポーズに入る。

「骨がすべて繋がった!!」
と櫻子さん。

そして、貴子のマンションに行くとそこにゆきが荷物整理をしに来ていた。

ゆきは、お姉ちゃんは、一人で苦しんでいた。

私は、何もすることができなかったと言うと櫻子さんが、「今、何もすることができなかったと言ったな!」と…

そして、謎解きを始めた櫻子さん。

ゆきと藤木が男女の関係になっていてゆきは、藤木の子供を妊娠していた。

そのことが、貴子にバレて、貴子は、藤木に掴みかかるも、顎をチェストにぶつけてしまう。

それが、亡くなる直前に出来た、顎の傷だった。

貴子は、鉢植えで育てていた、ベラドンナの苗の毒で自ら命を絶ったのだ。

館脇が撮った写真のベラドンナは、貴子の部屋の鉢植えのものだった。

そして、そこへ山路が来てゆきに事情を聞こうとするも貴子は、自殺だと告げる。

後日、貴子の衣服からベラドンナの花が見つかり、自らで命を絶ったということの裏付けががされた。

貴子が亡くなったという事実を受け入れられずにいる館脇。

事件は解決し、お礼に館脇は櫻子さん宅を訪ねた。

ケーキをお土産に持っていくと櫻子さんは、とびっきりの笑顔で喜んでいて館脇は、「骨と甘いものの時しか笑わないのか?」と少し人間らしい櫻子さんを見て、ホッとしたのだった。

そして、最後に意味ありげに櫻子さん宅の家政婦(鷲尾真知子)さんが、櫻子さんに館脇の名刺を見せて「あの青年、正太郎っていう名前見たいですね…」と櫻子につぶやく。

スポンサーリンク

『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』第1話 感想

櫻子さんのやってる標本師という仕事は、日本では、櫻子さんしかいなくて櫻子さんもドイツで学んだとのこと。

いまいち、標本師と科捜研の女の違いが、私には、わからなかったのですが、標本師というのは、骨しか相手にしない仕事っていう解釈でいいのかな。

なんか、最初、すっごいビビりだった藤ヶ谷くん。

きっと、キスマイファン(Kis-My-Ft2)が泣いて喜びそうなぐらい出番も多くて、ビビりなのに、しっかり自分の意見を持ってるという最初と最後でだいぶ印象が違いましたね。

それにしてもキツネの骨と人間の指の骨1つを比べても、普通は、あの小さい骨が人間の骨だとはなかなか気づかないとこを気づいてしまうとこがさすが、櫻子さんって感じですね。

あと、観月ありささんは、気の強い役がよく似合いますよね。

しかも、今回は、黒づくめの服で割とスタイルの良さが強調された衣装で

観月ありささんのかっこよさも引き出されてたと思いました。

これから、どんな事件が待っているのか、藤ヶ谷と櫻子さんの関係は?と楽しみですね。

スポンサーリンク

ネットでの反応

おお。ドラマ派の方ですね。

結構、アニメとか漫画のファンが多いのでとても貴重な意見だと思います。

なんか、時々、藤ヶ谷くんとのシーンで桜が散るのは、そうゆうことだったんですね。

全然気づきませんでした。

原作ファンからの意見ですね。

なかなか、原作越えするのは、難しいですが、私は、結構好きです。

藤ヶ谷くんと観月ありささんのコンビいいと思うんだけどなぁ…

原作の忠実にって原作ファンは思うかもしれないですけど、私は、ドラマは、ドラマで別の面白さがあるんじゃないかなぁと思ってます。

藤ヶ谷くんのファンからのリピリピシーン必須の部分でしたね。

世の中の藤ヶ谷くんファンがどれだけ、「キャーーーー」ってなったことでしょう…

うーん。厳しい意見ですね。

櫻子さんが骨を発見したシーンですね。

なんか、これを見て、あまりにも綺麗な頭蓋骨なのでびっくりしました。

藤ヶ谷くんのファンにとっては、待ちに待った、放送でしたね。

『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』第2話も楽しみですね。

ドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』第2話のあらすじ

九条櫻子(観月ありさ)の邸宅に招かれ食事を終えた館脇正太郎(藤ヶ谷太輔)は、立ち寄ったコンビニの前で幼い少女を見かける。

深夜にも関わらず、少女はパジャマ姿、素足のままで、何を聞いても要領を得ない。

親の姿もなく交番も遠いため、正太郎は山路輝彦(高嶋政宏)に連絡を取ると、少女を連れてひとまず櫻子の邸宅へ戻る。

その後、山路と近藤卓也(細田善彦)がやって来るが、少女は直前まで合コンをしていて酒臭い山路を嫌がり、なぜか櫻子になつく。

櫻子は少女が過去に左手を骨折していたが、適切な処置がされていなかったことを見抜く。

さらに、背中には引っかいたような跡も残っていた。

翌日、櫻子と少女と出勤した正太郎は、磯崎齋(上川隆也)や志倉愛理(新川優愛)らに、身元が分かるまで少女をここに滞在させてほしいと頼む。

少女は博物館の骨格コーナーを見て回ると、クジラの標本に目を輝かせる。
櫻子は、クジラの巨体さえも一切の無駄なく支え動かすことのできる骨のすばらしさを説明。
少女も興味を示す。

その頃、近藤が少女の身元を突き止めた。正太郎は、櫻子、愛理とともに、柚胡香(吉澤梨里花)という少女の自宅へ向かうことに。

正太郎は、山路らを待ったほうがいいのでは?と言うが、櫻子は呼び鈴を押す。
返事はなく、ドアの側には鍵が落ちていた。

不審に思った櫻子がドアノブを回すと開き、中からは異臭がした。
驚く正太郎に、櫻子はこれは血のにおいだと言い…。

公式サイトより引用

まとめ

なかなか、原作ファンの声が厳しい中ですが、私は、ドラマも面白いなぁと思いました。

原作には、原作の良さがあり、ドラマには、ドラマの良さがあると思います。

これから、藤ヶ谷くんと観月ありささんの関係がどこまで分かち合えるのかとか気になりますね。

それにしても骨を見ただけでいろんなことがわかってしまうというのは、すごい!!と思っちゃいました。

原作ファンが今後、どれだけ、納得できる作品になるかも興味深いですね。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 原作無視しすぎて開始から10分くらいできった。全て原作通りとは言わないが無視しすぎドラマにする意味がない。つまらん。

  • コメントお待ちしています!

    CAPTCHA