リバース最終回の感想!ドラマオリジナル犯人やラスト結末ネタバレも

  • fodoctor
  • この記事を書いた人:Ryota

先週の第9話のラストで広沢が蕎麦アレルギーの持ち主であり、あの時渡したコーヒーに「蕎麦のはちみち」を手渡してしまったことを深瀬が知るという衝撃的な展開を迎えたドラマ『リバース』。

視聴率の方も10.4%と急回復を見せ、今回の最終話の期待の声がSNS上でも大いに寄せられていましたね!

原作では第9話までのストーリーで終了していただけに、今回全てオリジナル脚本となる『リバース』最終話を一体どう締め括ることになったのか…感想を多少のネタバレありでご紹介していきます!

スポンサーリンク

TBS金曜ドラマ『リバース』最終回10話の感想(ネタバレあり)

広沢の死の要因となったのが蕎麦のハチミツだったのでは?という疑いが高まった先週の第9話。

今回、とうとう最終話を迎えることになりましたが、この第10話のエピソードは原作にはない部分なので完全なオリジナル脚本ということになりますね。

まず序盤では「蕎麦のハチミツ」の件で責任を感じた深瀬が飲めないお酒を大量に飲み、倒れてしまっているという所から描かれることに。

アルコールに対するアレルギー(蕁麻疹が出るということは深瀬本人が語っていた)を持つ深瀬にとっては、なかば自殺未遂ともとれる行為でしたが…。

あまり劇中ではそのような取り扱いはされず、命の危険すらあったと思うのですが、単に深酒してしまったくらいの感じで…何だかなあといった感じでしたね(笑)

そして、美穂子が谷原・浅見・村井・明日香に直接会って謝罪するという運びになりましたが、何といってもこの最終話の見所はその後の展開でしょう。

テントウムシのキーホルダーを調査していた小笠原から、事件の真相が分かったという連絡を受けたのです。

まず、第一にあの別荘のある地域では窃盗事件が頻発していたことは、第1話ですでに伝えられていました。

そして、後に逮捕されることになった3人の窃盗犯の内のひとりがあのキーホルダーの持ち主だったのです。

彼らは別荘の管理事務所にアルバイトとして潜り込み、深瀬たちとは鍵を手渡した時点で接触。(しかし、特に彼らを狙うつもりはなかった)

仕事を終えた窃盗犯2人は、今回でこの場から逃げ出すことを計画していたものの、あいにくの悪天候で迎えの車が来ず、立ち往生してしまうことに。

そんな時に路上に鍵付きで放置されていた村井の(実家の)車を見つけ、ちょうど広沢と遭遇してしまったのです。

鍵付きで放置してしまっていたという伏線はすでに張られていましたので、この点はドラマ制作陣の確かな手腕が窺い知れますね。

さて、広沢は車に乗り込む前にすでにコーヒー(蕎麦のハチミツ入り)を口にしていましたが、この時点では特に症状は出ていませんでした。

目の前で窃盗犯に車を奪われた広沢が追いすがると…突然アレルギー症状が現れ、崖から転落。

広沢の遺体が事故現場から離れた場所で発見されたことの説明がこれでつきましたね。

一方の窃盗犯はあの現場で事故を起こし、証拠隠滅のため火をつけ崖下に車を落としました。

以上が、あの事故現場の全ての真相だったのだと小笠原は4人に伝えたのです。

この話を聞いた第一印象は、この件って必要?ということでした。

第6話の愛媛編(深瀬が広沢の同級生たちに会う物語)のボリュームを削ってまで、何故このエピソードを入れ込みたかったのでしょうか?

多少サスペンス性を(雀の涙ほど)高めはしたものの、それほど重要なことだったとはどうしても思えません。

制作陣の意図は何だったのでしょうか?4人の罪を軽くするための緩衝材として入れなければいけなかったのでしょうか?

もちろん、その後4人は罪が軽くなった訳ではないことは強調していましたが、これが原作とは異なる結末だったのかと思うと、何とも煮え切らない思いでいっぱいになってしまいますね。

4人は広沢の両親に謝罪へと訪れますが、案の定受け入れられはしませんでした。

その時の片平なぎささんの怪演を凄まじく、おそらく今回全話(全キャスト)を通じて最高の演技を披露してくれたと思います!

この両親の謝罪で許されることはないという描き方は、素晴らしかったと思いますが…やるのならもう少し丁寧に描いて欲しかったというのが正直なところですね。

最終話はエピソードが盛り込み過ぎていて、全体としたかなり駆け足に進んでいったので、どれも中途半端感が否めませんでした。

『夜行観覧車』に出演していた杉咲花さんと、『Nのために』で成瀬慎司役を務めた窪田正孝さんが同じキャラとして登場したことを含め、ちょっと盛り込みすぎたかなといった感じでしたね。

最終話のラストで、深瀬が輸入食品の会社に再就職が決まり、谷原は本社復帰、浅見は相良と若い、村井は政治家ではない自分の道を歩むことを決意と、最後にはハッピーエンドを迎えることになりました。

そういう展開にしたいのなら、何故湊かなえさんの作品を原作として選んだのだろう…?と素朴な疑問が沸いてきますね…(笑)

湊かなえさんの持ち味ってこういうことではないのでは?と思うのですが…。

ドラマ公式サイトには、湊かなえさんがデビュー10周年を迎えることもしっかりと記載されています。

そんなアニバーサリーイヤーにも関わらず、原作とは完全に趣の異なる脚本を書くというのはある意味挑戦的ではありますよね(笑)

湊かなえさんの後味の悪さをあまり好まれない方がいらっしゃることは重々承知しておりますし、その結末を良い方向へ向かわせたいのも十分理解出来ます。

原作の方向性を変更したいと考えるのなら、全く異なる圧倒的に強烈な結末を用意するか、もしくはあくまで「原案」扱いで端から手を加えてしまうか、どちらかしかないと思いますが、やや中途半端感は否めないといった印象でしたね。

あくまで個人的な意見ですが、原作に忠実に作ってくれたら、もっと衝撃度は高かったのになぁと思わざるを得ない最終回でした。

【関連記事】
リバース小説あらすじ!原作タイトルの意味も考察!

リバース結末ネタバレ解説と感想!ドラマ最終回ラストも考察!

『リバース』最終回の見逃し動画を無料で見る方法は?

『リバース』は放送終了後、1週間はTverで限定無料配信されますが、その後は削除されてしまいます。

1週間以上経過した回を安全かつお得に見る方法はU-NEXTがオススメです

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『リバース』はポイントレンタル配信されているので、登録時にもらえる600ポイントを使えば無料で『リバース』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

U-NEXT無料お試しはこちら

スポンサーリンク

TBS金曜ドラマ『リバース』第10話(最終話)ネットの反応や評価は?

最終話を迎え、リバースロスに陥る方々が続出しておりますが、一体ネット上ではどのような声が上がっているのでしょうか?

大方が高い評価を与えていましたので、その中か少しだけご紹介させていただきます。

まずはこちらから。今回のこの片平なぎささんの演技は震えるほど素晴らしいものでした!まさにこれぞ怪演といった感じでしたね!

続いてはこちら。広沢の母(片平なぎさ)からは決して許されることはなかった4人でしたが、個人的にもこの考えには賛成で、Twitterでも同様の意見が多数見受けられましたね。

お次はこんな意見をどうぞ。

原作ではドラマ第9話の終わり方をしていたことで、もやもやしていた方がかなり多かったようですが、その一方で…

…このような反対意見も割と少数ですが寄せられていました。個人的には後者の方々に賛成ですねー。人によって見方は全然異なるのが興味深い所です。

さて、最後にこちらのツイートをご紹介。ラストで登場した窪田正孝さんのことに関するツイートはこの方だけでなく、非常に多く寄せられていましたね。これまでに『夜行観覧車』や『Nのために』を観て来た方たちにとってはたまらない展開だったのだと思います!

スポンサーリンク

まとめ

個人的な不満は多々あれど、SNS上での人気は非常に高く(視聴率的にはあまりよくなかったが)、ドラマとしては成功したといえるのではないでしょうか。

最近は原作ありきのドラマ作品は、常に原作と闘い(良い意味でも悪い意味でも)続けてなくてはならないのが辛い所ですが、今回の『リバース』は概ね原作ファンからの受けも良かったようですね。

今後も湊かなえ作品が続々映像化されることは間違いないと思われますが、今度こそ“イヤミスの女王”らしい切れ味鋭い締め括りに期待したいと思います!

スポンサーリンク

3 件のコメント

  • まとめ毎回楽しみに拝見させて頂いておりました。
    リバース、終わりましたね。まさに駆け足でしたね。もう一週やってもいいくらいに。

    個人的には、9週で本編終わって、10週は小池徹平語りの広沢くん視点の10年前の様子などを中心に放送しても面白かったんじゃないかな?と思いました。
    (で、最後はハチミツコーヒーではない死因で) 皆に何ともいえないやるせなさで終わるのも面白かったかな?っと思いました。 
    今回の最終話を深瀬君には一年くらい失踪してもらって、一年後くらいに2時間スペシャルとして放送すれば、皆に湊ワールド感じてもらいつつ無事ドラマとして完結したのではと感じました。

    何にせよ、キチッとした原作があるドラマはやっぱり面白いですね。

    • まーさん

      コメント、ありがとうございます!

      編集長のりとぽんです。

      『リバース』は原作が素晴しいだけに
      ドラマにした際に、その良さが完全に出なかった部分があるのは
      否めないというのは私も毎回のまとめを書いていたライターも同様の感想でした。

      しかし、原作を意識せずに単純にドラマ単体で見れば
      非常にしっかりと作られたドラマ、さすがTBSというのが
      私個人としての感想でもあります。

      ここらへんは私とライターで
      若干感想に違いがあるかな?という点です。

      当サイトは複数のライターが参加しているので
      (ひとつの作品は1人のライターが担当するようにしています。)
      記事によってニュアンス・考え方が違いますが、
      ドラマの楽しみ方は人それぞれ、感想も多様性があって然るべきなので
      今後もその違いを楽しんでいただければ幸いです。

      今後ともDRAMAPをよろしくお願いいたします!

  • リバースロスファンとしては、とうとう終わってしまったって気分です 
    藤原竜也、片平なぎさ、武田鉄矢は、本当に名演技でした(-ω☆)素晴らしいかったです。湊かなえさんの原作は知りませんですが、ストーリーはスッキリまとまった終わり方で良かったと思いますが、広沢君単独のスペシャルドラマみたいな物を手掛けてくれると嬉しいかと思います。

  • コメントお待ちしています!

    CAPTCHA