リバース9話感想と原作ラスト結末の魅力がドラマに無い理由を考察

  • fodoctor
  • この記事を書いた人:Ryota

美穂子が広沢の彼女だったという衝撃の告白から、さらに先週のラスト小笠原が何者かに刺されてしまうというドラマティックな展開を迎えることとなったTBS金曜ドラマ『リバース』。

SNS上でも大いに盛り上がりを見せる一方で、相変わらず視聴率が上がらない(先週の第8話は7.5%)のが何とも不思議な現象ではあるのですが…。

さて、ということで今回の『リバース』第9話がどのような展開を迎えることとなったのか…感想を多少のネタバレありでご紹介していきます!

スポンサーリンク

TBS金曜ドラマ『リバース』第9話の感想(ネタバレあり)

『リバース』第9話では冒頭から深瀬に脅迫メールが送られてきました。その内容は…

10年前の事件を追いかけるな。警告を無視すれば、次の犠牲者が出る」というもの。

その一方で村井が事件当時の状況をみなに説明し、美穂子は警察に出頭と様々な展開が巻き起こっていました。

この冒頭部分(先週から引き続いてですが)に強く感じられたのが、原作っぽさがまるでないということ。

この辺りの展開が全てオリジナルだからという訳では決してなく、何だか原作の良かった部分が感じられず、果たしてこれが良い脚色だといえるのか…甚だ疑問が残りますね。

また、浅見の脅迫文の一件でビールをかけたのが相良たちだったというのは全く納得がいかないもので、なんでそんな変更をする必要があったのか全く意味が分かりません。(原作では美穂子が全てやった)

さて、その辺のことはとりあえず置いておいて、今回は小笠原を刺した犯人が判明しましたね。

SNS上で随分話題となっていましたが、大方の予想通り犯人は村井議員の第一秘書・甲野ということが判明。

村井のお膳立てにより彼の告白を引き出すことに成功しましたが、何より甲野を演じた山崎銀之丞さんの熱演が光っていました!

脇役ではあるものの、常に存在感を放ち続けている山崎さんの「目」の演技が素晴らしく、本当に引き込まれてしまいましたね!

ただし、祖の熱演とは逆にストーリーとしては非常に稚拙で、こんなことをする必要があったのかと思わざるを得ません。

村井の自殺を示唆するような演出も含め、制作陣のあざとさがかなり目立ってしまい、先週の予告でこのシーンを挿入していたことも含め、がっかり感が否めないといった所でしょうか。

その後、このメールの一件が一応解決を見せ、テントウムシのキーホルダーがNPO法人「グリーンネイチャー」のものであることが小笠原の調査によって判明し、全体像が把握できつつあったと所へ…。

第9話最大の見せ場、いや『リバース』最大の見せ場といっていい衝撃的シーンが訪れます。

それは、広沢の死の真相。

ハチミツ、コーヒー、蕎麦アレルギー

この死因は全く原作の通りで、深瀬がこの衝撃の事実を知った時点で原作は幕を閉じます。

しかし、今回私がここで論じたいのは、なぜこれほどまでに結末が弱くなってしまったのかということです。

なぜドラマ版では原作程の衝撃を引き出せていないのか、それには明確な理由があると思います。

それは、ドラマ制作陣が原作の本質を見誤った、もしくは意図的に無視したためでしょう。

重要なのは、原作で「犯人探し」なるものはほとんど行われないということです。

もちろん告発文の犯人を捜そうとして、深瀬が行動を始めることには違いないのですが、途中から論点は「広沢由樹はどういう人間だったのか?」ということにシフトしていくことにあります。

読者の念頭には、そもそも広沢を誰が殺したのかなどといった考えそのものがないのです。

あくまで、“広沢由樹”という人間像を「Rebirth(再生)」することに重きが置かれているという点が非常に重要で、この点に終始することで読者は完全にミステリであることを忘れさせられます。

これもある種のミスリードであるといえるでしょう。そうして、“広沢由樹”という人間を浮かび上がらせた末に待っていたのが、あの「蕎麦アレルギー」の一件だったのです。

酒を飲んだこと以外の何かしらの要因があるとは全く思ってもいなかった(思わされていなかった)読者に与えた衝撃は計り知れないもので、これぞ“イヤミス”そのものだったのですが…。

話をドラマ版に戻しましょう。ドラマでは「広沢由樹を殺したのは誰だったのか」という点に終始していました。

視聴者は常にその視点から外れることなく考え続けているという時点で、原作の方向性と全く変わってしまっていたのです。

制作陣がこの原作の本質を見誤ったとはとても思えません。ではなぜドラマではこのような設定変更がなされたのか。

そこには「連続ドラマ」というものの性質が大きく関わって来ます。

連続ドラマは、大体1時間の放送の後、1週間の間が空くもの。そこに大きな弊害があるのです。

制作サイドとしては、1週間視聴者を引っ張り続けるための何かしらの劇的な要素が無くてはいけません。

しかし、原作通りに事を進めていくと、それが出来ない。

だからこそ、毎回ラストでドラマティックな展開を持ってくるため、あのような脚色を施さなくてはならない。

つまり、ラストの衝撃度を和らげてしまうことになっても、毎週視聴者を繋ぎとめていくことの方が重要視されるのが連続ドラマだということなのです。

もちろん、テレビ局も慈善事業でやっている訳はないでの当然そういった方針を取らざるを得ないでしょう。

しかし、2017年が原作者の湊かなえさんにとってデビュー10周年というアニバーサリーイヤーであったことも鑑みれば、もう少し原作重視の姿勢を取っても良かったのではと思わざるを得ません。

ドラマで本作に初めて触れた方にとっては確かに衝撃的だったかもしれません。しかし、原作での衝撃度はさらに上回っていたのです。

原作で描かれていた伏線もなぜか描かれなかった(広沢の実家で蕎麦をふるまうシーンがある)こともあり、連続ドラマだからと割り切ればいいものの、どうにも納得のいかない第9話となってしまいました。

【関連記事】
リバース小説あらすじ!原作タイトルの意味も考察!

リバース結末ネタバレ解説と感想!ドラマ最終回ラストも考察!

『リバース』9話の見逃し動画を無料で見る方法は?

『リバース』は放送終了後、1週間はTverで限定無料配信されますが、その後は削除されてしまいます。

1週間以上経過した回を安全かつ無料で見る方法はU-NEXTがオススメです

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『リバース』はポイントレンタル配信されているので、登録時にもらえる600ポイントを使えば無料で『リバース』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

U-NEXT無料お試しはこちら

スポンサーリンク

TBS金曜ドラマ『リバース』第9話ネットの反応や評価は?

まずはこちらから。原作では「広沢を殺したのは…、俺だったかのか。」という深瀬の言葉で幕を閉じるので、次週の最終話は完全なオリジナルストーリーとなります。

さて、お次はこちらをご紹介。原作を読んでおられる方で、私は個人的に同意しますね。なぜこの結末を最終話のラストに持ってこないのか?それこそが“イヤミス”じゃないか?と思うのですが…。

続いてはコチラ。まだ回収していない伏線であるこのキーホルダーがどう絡んでくるのか気になる所ですよね。

そしてさらに、小笠原が追っていたチンピラたちですが、彼らと窃盗団、そしてNPO法人に何らかの繋がりがあるのか?ラストは完全オリジナルなだけに、制作陣の手腕が試されていますね!

スポンサーリンク

TBS金曜ドラマ『リバース』第10話(最終話)のあらすじ

2017年6月16日(金)22時00分から放送予定のTBS金曜ドラマ『リバース』第10話のあらすじをご紹介します。

唯一の親友が死んだ原因……その想像だにしなかった事実に大きなショックを受けた深瀬(藤原竜也)。一方、真相を知らない浅見(玉森裕太)、村井(三浦貴大)、谷原(市原隼人)らは、急に音信不通になった深瀬のことを心配するが、時間が経っても連絡は取れないままだった。

そんな中、美穂子(戸田恵梨香)は、広沢(小池徹平)の事件を忘れさせないために今まで自分がしてきたことを謝るため、浅見、村井、谷原、そして谷原の妻・明日香(門脇麦)らと会うのだが……。

公式サイトより引用

以上が第10話(最終話)のあらすじになっていますが、ここからは完全にドラマオリジナルのストーリとなっていますね。

元々、原作では描かれたなかった部分に触れることは放送開始前から謳われていましたが、全ての真相を深瀬が広沢の両親に話すことになるのでしょうか。

サスペンス要素ばかりが強調されて、ヒューマンドラマ部分が大きく削られていた分、何とかラストではその点を重要視して欲しいものですね。

まとめ

原作通りの「蕎麦アレルギー」の結末にもってきたドラマ『リバース』でしたが、何とも強引さが否めず、あまり納得がいっていないというのが正直なところでしょうか。

いまだ回収されていない伏線もありますので、完全オリジナルストーリーとなる最終話でどのような展開をも迎えることになるのか…

注目していきたいと思います!

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • ドラマは、それぞれの人間性を掘り下げ、非常に丁寧に作られていると思います。
    蕎麦アレルギーについては、最初に読んだのが小説ならばその衝撃は小説の方が、最初にドラマで見たならドラマの方が大きくなるのは当然では?
    小説の読後感が悪く、湊かなえ原作のドラマは見ないと言う人もいる中、ドラマで少しでも救いがあるように脚色してくれることを、私は願っています。

  • コメントお待ちしています!

    CAPTCHA