リバース左利きが真犯人?8話ネタバレ感想や考察!原作との比較も

  • fodoctor
  • この記事を書いた人:Ryota

広沢の彼女が美穂子だったという衝撃的な展開で幕を閉じた先週放送のTBS金曜ドラマ『リバース』。

劇的な展開を見せる一方で視聴率の方は振るわず、7.3%という結果に終わってしまいました。最後の最後でのあの展開でしたので、おそらく今週はもっと上昇を見せると思われます!

ということで今回の『リバース』第8話がどうような展開を迎えることとなったのか…キーワードは「左利き」…感想を多少のネタバレありでご紹介していきます!

スポンサーリンク

TBS金曜ドラマ『リバース』第8話の感想(ネタバレあり)

先週の放送では広沢の元彼女は越智美穂子で、なおかつすでに4人に接触していたことが判明したドラマ『リバース』。

谷原には草野球チームで、村井は事務所のボランティアとして、浅見には電話で広沢のことを尋ね、そして深瀬とは彼女として、それぞれ近づいていた美穂子。

事の次第を小笠原に報告した深瀬は、事故現場に落ちていたテントウムシ(30という数字のイラストあり)のキーホルダーの新情報を受け取ることに。

それは、大量生産品ではなく、長野県のNPO法人で限定数製造されていたものであることでした。

ここで一つ気になったのは、広沢が深瀬に語っていたあることです。

それは、いまだ就職の決まっていない広沢が「行政法人」の試験を受けている所だと語っていた部分。

このキーホルダーが2点を繋ぐものなるのか…気になる所ですね。

さて、今回はその他にも村井についての新事実も判明しましたが…。先週の予告ではかなり煽っていた分、ちょっと拍子抜けといった感じでしょうか。

あの時村井が電話していたのは浅見で、事故があったという連絡を受けていた所でした。

谷の方へ降りていくと、そこには転落した車があり…。怖くなった彼は父親に電話し、助言を求めます。

「火をつけて証拠を消せ」だとか「見捨てろ、そんなものは」と並びたてる父でしたが、そんなことを村井が出来る訳もなく、車へ向かって駆けだした瞬間…。

車は爆発、炎上してしまったというのが事の次第でした。そのことを明日香に告白した村井。

もちろん後ろめたい事実であることは間違いないのですが、これまでの煽りからすると相当弱いですよね。

やはり連続ドラマというものの性質がここに顕著に表れていると思います。

1時間の放送後、1週間もの間引っ張り続けなくてはならない分、その放送分のラストで必ず劇的な展開を持ってこなくてはならないのが連続ドラマの悲しい性で…。

要はフリに対してあまりにもオチが弱いのですが、こうなることは致し方ないと取る風潮があるようにしか思えません。

1週間引っ張って次週の視聴率にさえ貢献してくれればそれで御の字だと、そうなることを成功だとする流れが民放の特にGW帯の連ドラには見られがち。

そういった側面を『リバース』にはあまり持ち込んで欲しくはないと思っていましたが…物語が佳境へ向かうにつれてこの傾向がかなり強く見られているのは非常に残念なところですね。

さて、話が脱線してしまいましたが、今回美穂子は「まだ会えていない人がいる」といって再び舞い戻ってきました。

会えていない人=浅見」で、階段の所で後ろから突き落とすかのように見られた瞬間!深瀬がその手を掴みます。

実際は広沢が借りていた本を返そうとしただけで、この部分も先週の予告で見られたシーンだったので、あまりにも思わせぶりでしたね。

そうして、クローバーコーヒーにて深瀬に全てを告白する美穂子。

告発文も全て自分の仕業だと認めました。この部分、実は原作と微妙に異なる部分があるんです。

ドラマでは、美穂子が告発文を送るきっかけがゴミ袋の中に入っていた「人殺し」という紙を見つけたことでした。(これは美穂子のストーカーが貼ったもの)

そして自ら勤め先のパン屋に「深瀬和久は人殺しだ」という告発文を送ることにつながっていきます。

一方の原作は、最初の貼り紙はなく、このパン屋への告発文がストーカーの仕業であるということ。

つまり、ドラマでは完全に確信犯で深瀬に詰め寄ったということになりますね。(原作はそれとは少しニュアンスが違う)

この点をなぜ変更する必要があったのか、いまだに理解出来ません。なぜ原作のままではダメだったのか…。脚本の意図が不明ですね。

さらに、広沢の事故から3年後だった原作と、10年後であるドラマのこのギャップもいまだに納得のいく説明がありません。

なぜもっと早い段階ではなかったのか。なぜ気持ちが冷めてしまいそうな10年後だったのか。この点も脚本の意図が現時点では全く不明。

谷原のホーム突き落としの件に関しては全く原作の通りですので、この点は問題ないと思われますが、なんと美穂子がこの件で警察に出頭すると言い出し…。

追いすがる深瀬には、「あなたのこと、好きでもなんでもなかった」と言い放ち、タクシーで去っていきました。

もちろんこれが美穂子の精一杯の強がりであり、これ以上巻き込めないという深瀬への愛から来るものであることは間違いないでしょう。

しかし、物語の怒涛の展開はこれで収まらず、なんと小笠原がフルフェイスのヘルメットを被った何者かに刺されてしまうという大事件が勃発!

今週もやはり連ドラらしく、ラストで劇的な展開を持ってきましたねー。

本来、(原作で)最後の最後になるはずだった深瀬と美穂子がクローバーコーヒーで語らうシーンがもうこの段階で出てきてしまっており、ここからは完全にドラマオリジナルの展開を迎えるはずですので、今後も注視していきたいと思います!

関連記事:リバース小説ネタバレとラスト結末!原作の真犯人と事件の真相は?

『リバース』8話の見逃し動画を無料で見る方法は?

『リバース』は放送終了後、1週間はTverで限定無料配信されますが、その後は削除されてしまいます。

1週間以上経過した回を安全かつ無料で見る方法はU-NEXTがオススメです

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『リバース』はポイントレンタル配信されているので、登録時にもらえる600ポイントを使えば無料で『リバース』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

U-NEXT無料お試しはこちら

スポンサーリンク

TBS金曜ドラマ『リバース』第8話ネットの反応や評価は?

さて、今秋の第8話での注目はやはり小笠原(武田鉄矢)を刺した犯人は誰かということで…

Twitter上では左手で刺していたこと(左利き)、そしてバイクのナンバーが「30」だったことで大いに盛り上がっていますね!

このように、村井犯人説がかなり有力視されている一方で、第一秘書の甲野(山崎銀之丞)や浅見なのでは?と推理している方もいて、みなさんこの急展開は予測不能だったようですねー。

また、こういったドラマオリジナル要素に対しては…

このように見る方も一定数いらっしゃるようで、ラストで原作の人間ドラマ性を好まれている方を唸らせることが出来るのか?という点も注目ですね!

スポンサーリンク

TBS金曜ドラマ『リバース』9話のあらすじ

2017年6月9日(金)22時00分から放送予定のTBS金曜ドラマ『リバース』第9話のあらすじをご紹介します。

新たな犠牲者が出てしまったことに不安を抱える中、その不安を煽るかの如く深瀬(藤原竜也)の元に脅迫メールが届く。すでに正体が明かされたはずの告発文の送り主だが、脅迫メールを送ってきたのは別の誰かなのか――?

そんなある日、10年前の事故現場で不審な行動をとっていた疑いのある村井(三浦貴大)は、浅見(玉森裕太)、谷原(市原隼人)ら皆の前で重い口を開きはじめる。あのとき村井は何をしていたのか? 村井から語られたこととは…!?

一方、事件の真相を追い、自分の知らなかった広沢の一面を知るたび、深瀬はさらに広沢のことを知りたいと思うようになっていた。そんな中、警察署に出頭してきた美穂子(戸田恵梨香)は、深瀬に対し思いがけない言葉を投げかける……。

公式サイトより引用

以上が第9話のあらすじになっていますが、今回は告発文ではなく第5話で登場した「10年前の事件を、これ以上詮索するな」という脅迫メールの主に迫るようですね。

この件が別の誰かであることは分かっていましたが、何やら村井に関係があるそうで…。

ここからもう一捻りも二捻りもありそうなドラマ『リバース』。そろそろ本当のクライマックスを迎えることになりますので、注目して見ていきたいと思います!

まとめ

こちらの記事で何度も指摘している原作との乖離ですが、どんどんと本質からかけ離れて行ってしまい、単なるサスペンスドラマになってしまっているのは、少々残念なところでしょうか。

私個人は特に原作ファンという訳ではない(もちろん読んではいますが…)ので、特に思い入れがある訳でもありませんが、ドラマオリジナル要素が強い部分のストーリーがどうしても弱く感じてしまうんですよね。

果たしてラストでこの印象を覆すことが出来るのか?!

今後も『リバース』を注目していきたいと思います!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA