リバース5話ネタバレ感想と考察!嘘をついているのは浅見?村井?

  • fodoctor
  • この記事を書いた人:Ryota

TBS金曜ドラマ『リバース』の第4話のラストでは、何と広沢の死の現場に村井もいたのでは…?という疑惑が浮上し、急展開を見せました!

原作とはかなり乖離してきてはいるものの、ドラマとしては極めて高水準の仕上がりになっていると思われますので、今後どうなっていくのか…ますます目が離せなくなってきていますね。

それでは今回の『リバース』第5話がどうなったのか…感想を多少のネタバレありでご紹介していきます!

スポンサーリンク

TBS金曜ドラマ『リバース』第5話の感想(ネタバレあり)

予想通り村井の告白シーンからスタートしたドラマ『リバース』の第5話は、さらにドラマティックな展開を迎えることになりました!

村井を中心に描かれて回となりましたが、演じている三浦貴大さんの演技が光っていますね!

低く柔らかで落ち着いた口調で話す三浦貴大さんは、まさに村井にピッタリで父・三浦友和さんをどことなく彷彿とさせてくれます。まあ、当然といえば当然なのですが(笑)

そして不倫騒動に一旦の決着が見えたものの、不倫相手の会見を見ていた奥さんの香織(趣里)の表情が何とも言えず怖いですねー・・・。

ドラマ終盤で謎の失踪を遂げた村井ですが、この件に奥さんが絡んでいるのか、それもと広沢の事件絡みなのか…気になる所です!

また今回でもう一点重要だったのは、美穂子のストーカーが実力行使で襲い掛かってきたことでしょう。

何とか深瀬が間に合い、美穂子を救い出したシーンは鳥肌が立ちましたね!今回の事件を機に深瀬がどんどん変わっていっており、その変化を藤原竜也さんが上手く表現しているといえますね。

村井の失踪の件同様に、このストーカーは本当に単なる美穂子のストーカーなのか、それとも広沢の件と何らかの関わりがあるのか、この辺りを曖昧に描いているのがドラマ制作陣の巧みな手腕の為せる業といったところでしょうか。

さらに急展開としては、このストーカーに襲われる直前に深瀬にさらなる脅迫メールが届いたことも挙げられますね。

10年前の事件を、これ以上詮索するな」という文言で、周囲の人間へ危害を加えることすら示唆されていました。

重要なのは、(仮に広沢が本当に殺されたのだとすると)深瀬にメールを送って来た主はこの広沢殺しの真犯人ということになりますね。

そして、告発文の送り主は広沢が殺されたと思っており(もしくは知っており)、そのことを恨んでいる人物。

ということは、このメールの送り主と告発文の送り主は全く別になります。

そこで今回の第5話のラストで浮上してきたのは、「浅見」でしょう。小笠原や村井に圧力をかけたり、また谷原の様子を頻繁に見に行ったり(謹慎中ということもあるので一概には言えませんが)と、何やら怪しげに描かれていました。

さらなる決め手として、広沢の事件を今度は村井の視点から見たバージョンで描かれており、つまり村井か浅見(+谷原)のどちらかが必ず嘘をついている訳です。

まぁただ第5話の時点で怪しげに描かれているということは、つまり犯人ではないという穿った見方も出来るのですが(笑)

いずれにしても誰かが嘘をついているのは確実で、そこに小笠原や美穂子といったピースがどうハマるのかが今後のキーポイントになりそうです。

ただし…これは再三こちらの記事でもお伝えしていることですが、完全に原作との乖離が進んでいるという現状が少し歯がゆくなってきましたね。

今回の第5話に至っては、ほぼ全編に渡って原作にはないストーリーとなっており、もはや方向性すら異なってきているので、これをまた元の道に戻すのか、それともこのまま突っ走るのか…。

ラストで深瀬が務めていたニシダ事務機器が倒産してしまうという展開ももちろん原作にはないもので、これはおそらく深瀬に自由な時間(次回で愛媛へ向かうため)を与える算段ではあるとは思いますが、いささか強引すぎやしませんかと思ってしまいました…。

これは原作の時間軸をずらしてしまったり、様々な設定を変更をしてしまった弊害だと思われますが、その他にもこの倒産が何らかの布石になっているのでしょうか。(それは無さそう?)

とにもかくにも、これで全体の半分が過ぎただけに、次回の以降の展開がより一層重要になってくるでしょう!

スポンサーリンク

TBS金曜ドラマ『リバース』第5話ネットの反応や評価は?

まずはこちらのツイートをご紹介。この方の仰る通り、村井と浅見は真っ向から食い違っている訳で、この2人のどちらかは確実に嘘をついているということになりますよね~。

さて、お次はこちら。確かに村井の奥さんの存在は非常に不気味です…。恐らく彼の失踪には奥さんが関与しているというのが私の予想なのですが…どうでしょう。来週に期待です!

最後にこちらをご紹介。あの黒服のストーカーが浅見だという説がTwitter上で飛び交っている一方、美穂子の謝り方が不自然だという意見もちらほら見られました。

この美穂子の件に関しては私も同じことを感じましたね。一体何について謝っているのか分からない、そんな雰囲気が伝わって来たので、彼女の動向を注意して見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

TBS金曜ドラマ『リバース』6話のあらすじ

2017年5月19日(金)22時00分から放送予定のTBS金曜ドラマ『リバース』第6話のあらすじをご紹介します。

地味ながらも真面目に勤めていた会社が、突然倒産してしまった深瀬(藤原竜也)。職と共に、同僚にコーヒーを振舞う大切な時間も奪われてしまった。10年前の事件について浅見(玉森裕太)と谷原(市原隼人)の隠蔽を疑っていた村井(三浦貴大)が突然行方不明になり、また、相変わらず谷原も意識が回復しないままだ。周りの人間に次々と悪いことが起きていくことに不安な日々を過ごす明日香(門脇麦)だが、広沢(小池徹平)の死について、兄である村井にある疑惑を抱いていた。そして、深瀬に当時の記憶を話し始める。

そんなある日、久しぶりに美穂子(戸田恵梨香)と顔を合わせる深瀬。ぎこちない会話が続く中、精神的にも疲弊していた美穂子が実家の大阪に帰るかもしれないということを知り、動揺を隠せない。そんな深瀬だが、事件の真相と自分の知らない広沢の素顔に迫るため、謹慎中の浅見と共に広沢の故郷・愛媛へと向かう。ほどなく愛媛へ着くと、広沢の母・昌子(片平なぎさ)と父・忠司(志賀廣太郎)が快く二人を迎え入れてくれるのだが…。

公式サイトより引用

以上が第6話のあらすじになっていますが、ようやく深瀬が広沢の地元である愛媛に向かうことになるようですね。

「ようやく」と私が言ったのは、広沢という人間を知ることで彼を「rebirth(再生、復活)」するという本質にやっと立ち返ってくれるからであるに他なりません。

ただ、これが単なる犯人探しに終始してしまうと非常に残念なのですが…。

今回の第5話で大学時代の広沢の彼女は「高校の同級生」というキーワードも出てきていたので、来週は何やら重要な回となるかもしれませんね!

まとめ

疑惑が疑惑を読んでいるTBS金曜ドラマ『リバース』は、回を重ねるごとにより複雑に様々な思惑という名の糸が絡まり合う良質なサスペンスとなっています。

原作とはかなり大きくかけ離れてきましたが、ここからが製作陣(特に脚本)の腕の見せ所だと思いますので、今後も『リバース』を注目していきたいと思います!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA