孤独のグルメシーズン6 第6話ネタバレ感想!高田馬場ミャンマー料理詳細

  • この記事を書いた人:YUKIKO

今回は、初登場ミャンマー料理にゴローの反応はいかに!!

軽快なリズムと共に始まる『孤独のグルメSeason6』 高田馬場編、いったいどんな料理がゴローを待ち受けているのでしょうか。

心の声は今回も私たちを楽しませてくれることを期待しながら見ていきたいと思います。

それでは『孤独のグルメSeason6 』第6話ネタバレと感想をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

『孤独のグルメシーズン6』6話ネタバレと感想、高田馬場ミャンマー料理・シャン料理

仕事でが高田馬場駅に降りるとふんわりと甘い香りが…。

近くのメロンパン専門店からのにおいにお腹がすくも食欲をグっとこらえ、今回のクライアントの待つ空手道場へ急ぐことに。

到着してすぐに鈴木師範代(高橋努)に声をかけようとするものの、鈴木の鬼のような厳しい姿に声がかけられず稽古が終わるまで静かに待つことにします。

一生懸命稽古指導する姿を見ながら待っているとようやく 稽古が終わり頼まれていた品を渡すと、鈴木は意中の女性に今日のデートで告白しようとしていて、その時のプレゼントなのと打ち明けられ思わず微笑んでしまうゴロー。

稽古中はビビっていた生徒たちが突然強気になり応援し始め、鈴木は稽古中とうって変わって可愛く照れる姿にゴローは見た目とは違う可愛さに「鬼の師範代も恋愛には素人』とにやけてしまいます。

高橋努さんの使い方がうまいですね!!こういう見た目とは違う可愛らしい内面を持っている役をさせたら天下一品ですよね。思わず頑張れ!!って言いたくなりますよね。

ちゃちゃっとすませるはずが 道場を出ると既に午後3時半。

昼食の店を探し始めるも時間が悪かったのかどこも準備中の時間帯でがっかりしながらもさがしていると通し営業をしている「ミャンマー料理・シャン料理ノング・インレイ」を見つけ、シャン料理?が気になり中をのぞくと店員にみつかり本日の昼食はシャン料理に決定!!

壁に貼られたメニューには竹虫、カエル、コウロギなどが書かれてあり多少の不安がよぎる中メニューを開き見てみると多彩なメニューの数。

シャン料理のシャンがわからず店員に聞くもまったくどんな料理かわからず、ひとまず気になるものを注文してみることに。

どんな料理でどんな味かもわからないとなると出てくるまでのお楽しみ感が凄くて待ち遠しいやら不安やらでもどかしい…

最初に運ばれてきたのはお茶葉サラダ、ちょいピリ辛な豆とトマトと茶葉の不思議な食感と味ながらもどこか懐かしんでしまうゴロー。

するとシャン風豚高菜漬け炒め、もち米が運ばれてきた、もち米と高菜が合うとすっかり気に入りシャンの攻撃が止まらない様子で 思わずもち米をお代わりして共に完食するしすっかりミャンマー味にハマったゴローは「牛スープそば」を追加。

完全にシャン通になっていくゴローが面白すぎます!!

テーブルに並ぶミャンマーの調味料で味を変えながら楽しみ大満足で完食、その後デザートが気になり、ミルクティーとイチャクゥエ(揚げパン)を注文。揚げパンをミルクティーにつけながら食べ切り、大満足の五郎でした。

ふらっとQUSUMIでは皮なし豚のソーセージにセミ炒め、お肉のカレー(マトン)セットにミャンマービール。

どれも味は気に入ったようですがカレーのルーが少なめに不満の様子でした(笑)

今回のお店紹介♪

孤独のグルメseason6 第6話登場【ノング インレイ (Nong Inlay)】

【TEL】
03-5273-5774

【住所】
東京都新宿区高田馬場2-19-7 タックイレブンビル1F

【交通手段】
JR山手線「高田馬場駅」早稲田口より、徒歩1分
西武鉄道 新宿線「高田馬場駅」早稲田口より、徒歩1分
東京メトロ 東西線「高田馬場駅」2出口より、徒歩1分

【営業時間】
11:30~23:30(L.O.23:00)

【定休日】
年中無休

食べログはこちら

東京都新宿区高田馬場2-19-7

関連記事:孤独のグルメシーズン6ネタバレ感想記事一覧

スポンサーリンク

『孤独のグルメシーズン6』6話ネットでの感想や評価

想像力が豊かになればなるほど躊躇してしまいますね…

孤独のグルメファンはそもそもサラリーマンが飯食うだけの番組にハマってるんですからファンもメニューもマニアックですよね(笑)

久住さん、チャレンジャーですね!!こういう所もこの番組の面白いところですよね。

スポンサーリンク

『孤独のグルメシーズン6』7話のあらすじ

今夜もお付き合い頂きましてありがとうございましたm(_ _)m
来週5月19日(金)深夜0:12は
「渋谷区道玄坂の皿うどんと春巻き」
ゲストは窪塚俊介さん、川上麻衣子さん。
来週も見てくださいね〜

次回もがっついてくれそうなメニューに加えて、ゲストの窪塚俊介さんと川上麻衣子さんがどのようにゴローと絡むのかとっても楽しみですね

まとめ

今回のミャンマーシャン料理、いつも以上にゴローががっついていたように思えたのは私だけでしょうか。

行ったことのない国の料理が日本で味わえるなんて嬉しい事ですが、内容が全く想像つかないのはちょっと怖いですよね…

しかも空腹の冒険ともなればゴローのようにちゃちゃっと注文できる自信はありません。

これまでの孤独のグルメシリーズでも初登場のミャンマー料理にこれから人気に火が付くかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA