孤独のグルメシーズン6 第2話の東京新宿豚バラ生姜焼き詳細!感想も

  • この記事を書いた人:YUKIKO

本日も軽快な歌と共にはじまりました!!

『孤独のグルメ Season6』第2話。

前回の大阪お好み焼き&串カツにも完全にやられてしまいましたが、本日は豚の生姜焼き定食(東京・新宿)ということで見る前からとても楽しみでした。

豚の生姜焼きって聞くだけであの香ばしいにおいが漂って豚の生姜焼き定食登場前にすでに飯テロにあっています!!

スポンサーリンク

『孤独のグルメシーズン6』1話登場店詳細と感想

仕事を軽快にこなす井之頭五郎(以下、ゴロー)ですが、店主の竹内さくら(東風万智子)に指摘され配色のセンスの無さに苦笑い…

早朝4時からさせられていた仕事も無事終わりお腹がすいてきたゴローはお店探しを始める。

朝早くから働いていたので喫茶店のモーニングでは物足らない気がするのでここはガッツリご飯と行きたいところ!

食堂を探しているとたどり着いたのは「淀橋市場」…

その中にある「伊勢屋食堂」を見つけ、今日の朝食は市場飯に決定する!!

慣れた感じで注文する市場で働いているのであろう男性たちの中、種類豊富なメニューを前に悩みつつ、五郎は豚バラ生姜焼定食と納豆、たけのこの土佐煮、明太子、それにトマトの酢漬けを注文した。

ゴロー’sセレクションが出そろったところで、いきなりの豚バラ生姜焼きの強烈な破壊力に圧巻!

これぞまさに定食界の別格!と称賛するゴロー。

味付けのたれもよし!付け合わせの漬物もうまし!お味噌汁も抜群で次々と食す中、3切れにカットされた明太子にもお店の気配りを感じる。

たけのこの土佐煮、明太子、それに初めて食べるトマトの酢漬けを味わい食堂での生姜焼き定食に大満足しながらも最後に残された納豆を食べるためご飯をお代わりする。

存分にまぜおいしさを引き出した納豆をご飯にかけ、残りのおかずと共に一気に食べてしまうゴロー。

今日の朝ごはんに大満足のゴローは今日も仕事に励むのでした。

伊勢屋食堂

【住所】
東京都新宿区北新宿4-2-1

【交通手段】
JR大久保駅 徒歩5分 
JR新大久保駅徒歩7分
バス停:新宿消防署 徒歩2分

【TEL】
03-3364-0456
※予約不可

【営業時間】
朝5:00~16:00(月〜土)
朝食営業、ランチ営業

【定休日】
日曜日、祝日 ※休市日

食べログはこちら

東京都新宿区北新宿4-2-1

ふらっとQUSUMIのコーナーでは久住さんも『伊勢家』にお邪魔しています。

久住さんが注文したのはチャーシュー麵と小鉢2品。

このチャーシュー麺のスープが絶妙と大絶賛で通う気満々のご様子。

ゴロー同様『伊勢家』の魅力にはまったようですね!!

関連記事:孤独のグルメシーズン6ネタバレ感想記事一覧

スポンサーリンク

『孤独のグルメシーズン6』1話ネットでの感想や評価

なんだかいい感じで豪華な組み合わせになっています!!

かき混ぜているだけなのになぜか面白いゴローさん。

定食界のランキングが見てみたいですね!!

スポンサーリンク

『孤独のグルメシーズン6』2話のあらすじ

来週は第3話「目黒区三田のチキンと野菜の薬膳スープカレー」
ゲストは谷村美月さん、山崎樹範さん。
来週もよろしくお願いします〜

季節もあったかくなってきた今日この頃。

スープカレーでちょっと汗をかきながらすする姿が目に浮かびます。

しかし予告だけでも美味しそうですね!!

まとめ

今回のメニューは始まる前から期待していましたがやはりパンチ力は凄かったですね。

明日の晩御飯は絶対!豚の生姜焼きにしようと思ってしまった私は完全に飯テロにやられてしまっています。

毎週金曜日に『孤独のグルメ Season6』を見て翌日の晩御飯のメニューが決まるそんな週末を最終回まで続けていくことになりそうです。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA