人は見た目が100パーセント最終回ネタバレ感想!純と榊の恋の結末は?

  • この記事を書いた人:波波

いよいよドラマ『人は見た目が100パーセント(ひとパー)』も2017年6月15日放送の第10話で最終回を迎えました。

8話ではめでたく相思相愛のカップルになった純(桐谷美玲)と榊(成田凌)でしたが、9話では榊がまさかの二股男だったという本性が判明して大波乱の展開でしたね!

しかも二股を全く悪い事と認識していない特殊なタイプの男性で唖然としました…。

最終回、純と榊はどのような結末を迎えるのでしょうか?

そして聖良(ブルゾンちえみ)と丸尾(町田啓太)の関係に進展はあるのでしょうか?

それでは人は見た目が100パーセント(ひとパー)最終回の感想をネタバレありで紹介していきます!

スポンサーリンク

人は見た目が100パーセント10話感想!(ネタバレあり)

純が榊と別れたことを満子(水川あさみ)と聖良(ブルゾンちえみ)に報告すると、二人はこれで良かったのだと喜びます。

でも、一人になると榊との思い出が雪崩のように押し寄せてきて辛くてたまりません。

掃除をしてみたり、要らない物を捨てたり、色々やってみてもどうしても眠れないという純に、二人は毎日美味しいものをたくさん用意したりして元気を出してもらおうと頑張ります。

しかし、仕事の帰り道に会った榊に「僕はまだ城之内さんのことが好きです」「逢いたかったです。城之内さんも同じ気持ちですよね?」と言われ、結局関係を戻すことにしてしまいます。

そしてそのことを満子と聖良に伝えます。

「榊が好きだという気持ちを無理矢理忘れようとして苦しい思いをするより、それを受け入れて幸せな時間を大切にしたい」と言う純に、満子はそれは逃げではないのかと言います。

しかし純は、「これは私の問題。私が誰と付き合おうと二人には迷惑はかからない」と否定します。

この言葉に傷ついた満子は「勝手にすればいい、私たちには関係ないことなんだから」と部屋を出て行きます。聖良も後に続きます。

この時の満子は本当に哀しそうな眼をしていましたね。

本気で純のことを心配しているのがよく伝わってきました。

純はビューティ研究を続ける二人から離れ、榊とレストランに食事をしに行きます。

そして彼に創立記念パーティにどんな格好をしていったらいいのか分らないと話します。

榊はビューティ研究なんてする必要ない、できないなら得意な誰かに任せればいい、と言って彼女のために洋服を選びプレゼントしてくれます。

でもその買物の間も、もう一人の彼女と電話で話をする榊を見てしまい、どうにも苦しくなった純はやっぱり全てを受け入れることなんてできない、と言い出します。

すると榊は、「人は変わらないものなんです。だったら最初から無理しないで受け入れる方がよっぽどお互いのためじゃないですか」と。

結局純は何も言えなくなってしまいます。

なんだかどんどん榊が嫌な人間になっていきますね。彼の本音の部分が見えてきたような気がします。

人は変わらない、だから無理はしない。何かそういう痛い経験をして、そのような考えを持つに至ったのかもしれません。

でもその考えを貫き通すことで周りの人を傷つけるのはどうかと思います。

パーティ当日、純は榊のヘアメイクと選んでもらった服で会場に行くと、庶務の素敵女子たちから絶賛されます。

社長の松浦にも服を褒められますが、自分で選んだわけではないので戸惑います。

「きれいになるってどういうことなんでしょうか?」と純が松浦に尋ねると、「もう分かってるんじゃない?」という答えが返ってきます。

翌日、純は八王子製紙に研究関連の書類を取りに行きます。

久々に訪れたその場所で、純は元上司から「八王子製紙にいた頃と全然雰囲気が違う、人って頑張れば変われるものなんだね」としきりに褒められます。

丸の内に異動する前の自分と、そこから3人で力を合わせて頑張ってきたことを思い出す純。

彼女の中で答えが見つかったようでした。

再び榊に会った純は言います。

「太陽に背を向けるんじゃなくて、太陽に向かって生きて行きたい。変われますよ、人は。一緒に悩んだり喜んだり、そうやって一緒に頑張ってくれる人がいれば。私は変わりたい。これからも変わり続けたいです」

以前は太陽を避けるようにビクビクと生きていた純が「太陽に向かって生きて行きたい」と宣言するところはとても感動的でした。

人は変わらないと信じる榊と、人は変われると悟った純。二人の間にはどうしても埋められない隔たりがあるようでした。

それに気付いたのか、榊は自分から純に別れを告げたのでした。

研究室に戻った純は、自分は一番大切なものを見失いかけていたと満子と聖良に謝ります。

そして今までいつも一緒にいてくれてありがとう、と素直に感謝の言葉を伝えます。

すると、辛かったのによく頑張ったね、と労ってくれる二人。

やさしく抱きしめてくれる満子に涙が止まらなくなります。

このあたりは私も見ていて涙…でした。

普段からの三人の仲の良さが伝わってくるようで温かい気持ちになりました。

二ヶ月後、いよいよ研究してきた新しいファンデーションの発売日となり、三人は店舗の視察に出かけます。

その途上で、榊に褒めてもらった「髪きれいですね」という言葉をこれからもお守りにしたいと純は語ります。

褒められる言葉はすごいパワーを持っている。“似合う”“お洒落”と褒められることは物をもらうよりも気分が上がる。

それを知ってしまうともうビューティ研究はやめられない。

そうしてこれからも研究を続けていく三人なのでした。

ラスト、三人の服装はこれまでより少しだけお洒落になっていましたね。

きれいになるということは、ただ見た目を磨くということだけではなく、その努力の過程で身に付ける自信だったり、外見の変化を褒められることでもっと向上していこうという気持ちになれたり…そういうことなのでしょうか。

『人は見た目が100%』…見た目を磨くために、自分を変えようと努力することこそ大切という意味なのかなぁと感じました。

人は見た目が100パーセント(ひとパー)見逃し動画を無料かつ安全に見る方法は?

ドラマ『人は見た目が100パーセント』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンド(FOD)は、現在31日間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全に『ひとパー』の見逃し動画配信を見たいという方は是非チェックしてください。

また、岸根香澄(足立梨花)と森村美優(岡崎紗絵)が主演のスピンオフドラマ『決戦はアフター5』も見放題プランで配信中なので、こちらも要チェックです!

フジテレビオンデマンド(FOD)はこちら

スポンサーリンク

人は見た目が100パーセント10話ネットの反応や感想は?

最後に純を見る榊の目は正にそんな感じでしたね!

人は変わらないと頑なに自分のスタイルを通して周りの人を傷つける彼にも変化の時が来るといいなぁと思います。

これは香水を研究した時に國木田に言われてしまった言葉ですね!

ひとパーでちょいちょい出てくるシュールなアニメが大好きでした(笑)いつも体を張って笑いを取ってくれたこのお二人にも感謝です(笑)

面白かった、大好きだったとドラマ愛を感じるツイートもたくさんありました♪

私もあのビューティ研究は個人的にかなり参考になりました。

ノンホールピアスを買ってみたりして(笑)丸尾くん(町田啓太)と聖良の関係はあれから詳しくは描かれなかったので、続編もあったらいいですね!

最後に國木田さん…カツラ変えてきたww 実は同クールのドラマ『緊急取調室2』にも出演されていました。

全く雰囲気の違う役柄で最初は分りませんでした。

アドリブの帝王というイメージがついてしまいましたが、この方の演技力には惹きこまれるものがありました!

スポンサーリンク

まとめ

ラストはやっぱりこうなったか!という感じでしたが、後味の良い結末だったと思います。

自分が変わることができたのは一人じゃなく、仲間がいたからと気付いた純。本当に大切なものに自分で気付いて、前を向いて、一歩踏み出せた純はとてもキレイでした!

お化粧するのは大変だし、洋服や美容院にもお金がかかるし、女性として見た目を気にすると大変なことはたくさんあります。

でも、最後に三人が語っていたとおり、誰かに褒めてもらえる言葉がモチベーションになって、もっともっとキレイになりたいと向上心を持つことができるのも女性です。

コツコツ頑張るって悪いことじゃないな、キレイになりたいって頑張る女性は可愛いな、と前向きにさせてくれるこのドラマが大好きでした!終わってしまうのがとっても寂しいので私も続編希望です!!

なお、当サイトでは『人は見た目が100パーセント』の後番組となるドラマ『セシルのもくろみ』についても、随時情報をアップしていきますので、引き続きご覧ください!

『セシルのもくろみ』関連記事一覧はこちら

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA