犯罪症候群ネタバレ最終回まで更新!環(渡部篤郎)の目的や正体は?

  • この記事を書いた人:Keiji

2017春ドラマ『犯罪症候群』が4月8日(土)よりスタートしました。

前クールでは田中麗奈さんの怪演が話題になった『真昼の悪魔』が放送されていた、フジテレビ土曜日23時40分からのオトナの土ドラ枠なので、期待している方も多いのでは?

こちらの記事ではドラマ『犯罪症候群』のネタバレと感想を随時更新していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『犯罪症候群』1話の感想とネタバレ

まず最初に…

これ、毎週見ちゃうやつですね!

『オトナの土ドラ』は東海テレビ制作ということで、失礼ながら少し安っぽい作りの作品が多いのですが(だからこそ『火の粉』や『真昼の悪魔』といった独特な作品が生まれているのですが…!)今回の『犯罪症候群』はWOWOWとの共同制作ということで、いつもの『オトナの土ドラ』よりもキャスト・映像など、クオリティの高いものになりそうと思っていたら予想通りでした!

キャスト陣は年齢層高めなので、20代以下の方には響かないキャスティングという印象もありますが、実力は揃いなので、30代以上のドラマ好きはがっつりハマる方も多いのではないでしょうか?

余談ですが、玉山鉄二さんとミムラさんが出演していて、サスペンス要素がある作品ということで、2016年夏に日本テレビで放送されたドラマ『そして誰もいなくなった』を思い出しました。

ドラマ『そして誰もいなくなった』に出演していた、藤原竜也さんが『リバース』、二階堂ふみさんが『フランケンシュタインの恋』と、2017年春ドラマ出演が重なっていますね。

さて、ドラマ『犯罪症候群』1話を見た感想ですが、ストーリー全体を通してポイントは渡部篤郎さん演じる環敬吾(たまきけいご)は何者なのか?というところになりそうですし、多くの方が気になったポイントだと思います。

ドラマ『犯罪症候群』は貫井徳郎さんのシリーズ小説

・失踪症候群
・誘拐症候群
・殺人症候群

をミックスし、実写化した作品となっています。

フジテレビ土曜23時40分から放送されている『オトナの土ドラ』は玉山鉄二さん演じる武藤隆(むとうたかし)を主役にし、全8話構成となります。

その後、6月11日(日)からWOWOWでSeason2と位置づけられたシリーズが全4話構成で放送される予定となっており、こちらは谷原章介さん演じる鏑木護(かぶらぎまもる)が主役となります。

ドラマの公式サイトを見るとSeason1は『失踪症候群』と『誘拐症候群』が原作、Season2は『殺人症候群』が原作ということです。

私は原作の小説は読んでいないのでネタバレを調べたところ、主要な登場人物数人の要素を玉山鉄二さん演じる武藤隆に詰め込んでいるようです。

そのため、ドラマ『犯罪症候群』は原作小説とは多少違った展開になる可能性もありそうです。

環敬吾(渡部篤郎)に関しても原作小説では事件解決のために手段を選ばないキレ者という印象のようですが、ドラマ『犯罪症候群』の1話では何か裏があるような雰囲気を過剰に演出していた印象だったので、ドラマとしてのストーリーを膨らますために原作にはない設定が今後出てきても不思議ではありませんね。

ただ、Season1〜Season2を通してストーリーの原動力は「被害者が加害者に復讐をすることは正義か悪か」という問いに集約していくことは間違いないでしょう。

小説版の『殺人症候群』のラストは割と救いの無い展開になっていくようで、ドラマなので改変が入ると予想しているブログなどもありましたが、公式サイトで「悲劇的な結末を迎えることに…。」との表記があるので、結末のベクトルとしては小説から大きくズレたものにはならないと予想します!

スポンサーリンク

ドラマ『犯罪症候群』2話の感想とネタバレ

『犯罪症候群』第2話は放送スタートが少し遅かったにも関わらず、Twitterでの反応や当サイトへのアクセス状況からすると、見ている人が結構多い印象ですね!

ゴールデンタイムに放送してもおかしくないクオリティなので、当然ですが…!

2017年春ドラマも半分くらいは1話が放送スタートした状態ですが、刑事ドラマが当たりのクールになりそうですね。

さて、『犯罪症候群』第2話はミムラさん演じる磯村咲子が自身の行動が誘拐事件をサポートしていたことに気付いて行動を始めたことでストーリーが一気に動きましたね。

要潤さん演じるジーニアスのLINEの返信がくる長さで咲子の心理を読んだり、完璧なタイミングでLINEを退会したりと、全てお見通し感がスゴかったです。

ここからジーニアスがどのように追い詰められていくのかが見どころのひとつですね。

ただ、『犯罪症候群』は黒幕と言いますか、最大の謎であり闇を感じさせるのは警察内部の環(渡部篤郎)という構造になっているのがストーリーに厚みを出しているのが非常に上手いです!

同じフジテレビ系列で放送中の『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』も特捜班を動かしている長塚京三さんが怪しいので、この作りは今っぽいのかもしれませんね。

第2話の段階では環の狙いが未だにはっきりしませんが、鏑木護(谷原章介)との接触も始まりましたので、第3話も目が離せません!

スポンサーリンク

ドラマ『犯罪症候群』3話の感想とネタバレ

2017年4月22日(土)23時40から放送された『犯罪症候群』3話の感想とネタバレをご紹介していきましょう!

3話最大のネタバレとしては要潤さん演じるジーニアスがあっさり逮捕されたことでしょう…!

2話後半の段階でジーニアスの弟・後藤俊和(生島翔)と武藤(玉山鉄二)が接近しはじめていたので、その予兆はあったのですが、ちょっと予想外でした。

一連の小口誘拐は3話で完結ということになりましたが、3話ラストでミムラさんが演じる磯村咲子がお母さんの介護を笑顔で出来るようになっているシーンには救われました。

あのブザーの音は見ていて結構辛かったので…

フジテレビ系列で放送されている『犯罪症候群』は全8話構成、その後のWOWOW版(ストーリーの中心が谷原章介さん演じる鏑木護に変更となります)は4話構成ということで、3〜4話でひとつのストーリーが完結するという作りになりそうですね。

ドラマ『犯罪症候群』4話からはZECKというバンドを中心とし、若者の失踪に関するストーリーとなっていくようです。

武藤の娘・真梨子の登場シーンも増えそうですね。

犯罪症候群4話の感想とネタバレ

『大人の土ドラ』としてフジテレビ土曜23時40分より放送された、『犯罪症候群』の第4話の感想とネタバレをご紹介します。

さて今回は、主人公武藤が環に『小沼』という人物を探してくれという依頼を受けたことから、物語は様々に絡み合ってくる展開を見せました!そして武藤の娘の真理子がどう考えても事件に巻き込まれるフラグがビンビンでした!

小沼は実は吉住という人物で、本当の小沼はいずこへ?小沼に変わって新しい人生を歩みだした吉住は、やり直せるはずだったのですが・・・やはり『自分』というものからは逃げることができない、ということですね。

『戸籍交換』、という複雑な人物展開に最初は私も困惑しましたが、これは最後まで見てからまた見返すと新しい発見が見つかるパターンのやつですね!伏線回収は私の大好物なのです。

引き込まれる物語というのは、一回では理解できないような内容の物が多いのではないでしょうか。だからこそいつの間にか続きが気になってしまうし、録画して何回も見てしまうんですよ。

『犯罪症候群』最大の謎とも言える環の謎が全て明らかになった時、いったいどんな伏線がつながってくるのか、楽しみにしていたいと思います。次は、多分娘の真理子に何かしらありそうですね。

ZECKというバンドが娘に近づいてどうするのか、この繋がりは見物ですね!

犯罪症候群5話の感想とネタバレ

毎回毎回登場人物と、思惑の繋がりが魅力的な『犯罪症候群』の第5話の感想とネタバレをご紹介します。

娘の真理子に危険が迫る中、それを案じつつも小沼を探す主人公武藤ですが、やはりすべてはつながっていて、結局環にいいように利用されていた武藤でした。小沼は『おにぎり』と呼ばれる薬物を、ZECKのメンバーに売っていて、足がつかないように戸籍交換で逃げた、というわけです。

真理子を探せばZECKにたどり着き、環もZECKを見張っていて、結局環のシナリオ通りの結果になったのでしょうか。武藤になにをさせたいのか・・・環が最後のあたりに言った『私の替わりなどいくらでもいますよ』という言葉が、何か環の本質を垣間見るヒントになった気がします。

前回の第4話と5話での繋がりが強いので、第5話が楽しみでなりませんでしたが、期待通りの展開でした。今回は今回でいろいろ考えさせられるところがあって、環がなぜ娘の情報を知っていたのにかかわらず、武藤に伏せていたのか、というところで引っかかるところがあります。

武藤が大事にしていることと、環が大事にしていること、それぞれの正義の違いがどういった終着点を迎えるのか、今後も目が離せません!

犯罪症候群6話の感想とネタバレ

前回第5話で、環とはもう関わらないと決めた玉山鉄二さん演じる武藤。そして警察と関わらず仕事をしていく最中、絵本作家の高橋と進行を深めることになります。

ある日突然高梨の息子の和樹が何者かに誘拐されるという事件が起こり、身代金の運搬役に指名された武藤は、またしても環と関わることになってしますのです。

大切な人同士を天秤にかけることになるのは、見ていてつらいものがありました。そして誘拐犯のピエロが怖すぎます・・・私は個人的に〇カオワのピエロを思い出しました。

大企業の息子である高梨は、妻の美和と一緒になるために家庭を飛び出したのですね!私的に冒頭の、武藤がお金を投げ捨てるシーンは、武藤が抱いている信念の強さが垣間見れて、お気に入りのシーンです。

しかしながら、その信念の強さが、警察に誘拐犯と共犯ではないのか、と疑われてしまうことになり、ここでもやはり環が絡んでいるようで、とことん武藤さんが大好きなようですね・・・

今回は特に色々報われなさ過ぎましたね、武藤になにかしら救いがあればいいのですが、それはどうやらもっと先になりそうですかね。

武藤と環の切っても切れない縁が、今後どういった具合に絡み合うのか、まだまだこれでシーズン1だというから驚きです!今後どれだけ面白くなるのか?見逃せません!

なお、ドラマ『犯罪症候群』は地上波放送後1週間以内はフジテレビオンデマンド(FOD)で無料で見ることができますので、まだ見ていないという方は以下のサイトから早めにご覧ください!

フジテレビオンデマンド(FOD)はこちら

犯罪症候群第7話の感想とネタバレ

前回の放送では、誘拐された高梨家の息子和樹の遺体が発見されたという衝撃の事実を環から知らされた武藤・・・というところで幕を閉じました。

今回は武藤が鏑木とこの事件の真相を辿るという回ですが、結局警察というものから離れることができずに奔走する武藤。この事件の真相に果たして武藤は辿りつくことができるのか!?という結末が楽しみな回となりました!

法を遵守するべきか、手段を選らばずに解決を優先するのか、揺れ動く武藤の感情が印象的でした。今回の環は何やら意味深な言動と行動をとっていて不思議な説得力があり、武藤も思わず環の提供する情報に手を出してしまいました。

高梨と武藤がよく重なっていて、感情だけで動いた結果かえって周りを不幸にしてしまうものなのでしょうか・・・その点にはとても考えさせられるものがありました。その答えはこのドラマの結末だけでは出るものではないかもしれません。

事件はなんとか解決して娘とも和解できたので結果はハッピーエンドという形、というわけにはいかず、環がやはりまた動き出す様子が見て取れました。

次はいよいよ犯罪症候群シーズン1の最終回!「感情」という大きなテーマが見えた犯罪症候群の次回から最後まで目が離せません!

犯罪症候群第8話の感想とネタバレ

大人の土ドラ『犯罪症候群』、今回でシーズン1の最終回となりました。

まずは第8話を見て思ったのが、今回で初めて『犯罪症候群』とはこういうことなのか!ということです。

シーズン2に向けてこれから、という最終回でしたので、WOWWOWで放送されるシーズン2も是非見たいところです。

今回の話は、玉山鉄二さん演じる武藤が追っていた誘拐事件の本当の真相にたどり着き、そして悲劇は起こる、さらにそれに絡んでいたのは渡部篤郎さん演じる環さんだけではなく意外な人物であった・・・ということなんです!

前回の高梨家誘拐事件は、竜雷太さん演じる父親の高梨道治さんが犯人につかませた身代金に細工をしていて、あたかも偽札であると見せかけた、という驚愕の真実が明らかになりました。

なぜそんなことをしたかというと、孫の命とお金、二つを天秤にかけた際にやはりお金の方に傾いたからではないでしょうか。そしてその細工が、孫を死亡させる、という悲しい結末に繋がるわけです。

高橋光臣さん演じる息子の高梨道則が、その真実を知ったとき、ひどく激昂し、「復讐」という形で殺害します。

ここで暗躍していたのが環ではなく、なんと谷原章介さん演じる鏑木が所属する組織であったということが今回の最大の山場ではないでしょうか。鏑木たちの組織が、高梨道則を復讐させるように仕向けたということです。

人を犯罪に向かわせる感情は憎しみであり、「憎しみは風化しない」という言葉は、このドラマのタイトルである『犯罪症候群』というタイトルとの繋がりを連想させる言葉なのではないでしょうか。

復讐請負人、ともいえる鏑木達と、武藤は間違いなく対立していくことでしょう。その物語がシーズン2なのではないでしょうか。

環はまだ信用できませんが、武藤と手を組んでこれからも協力していく、という人物図になりました。

犯罪をなくしたいと思う武藤たちと、復讐請負人として暗躍する鏑木達、これからが『犯罪症候群』のスタートかもしれません!

まとめ

フジテレビはドラマの視聴率低迷への危機感からか、2017年春ドラマはかなり早い段階から作品とメインキャストを発表していましたが、オトナの土ドラ『犯罪症候群』に関してはドラマの放送開始が早いにも関わらず、情報解禁が遅かったので、ドラマの存在自体に気づいていない視聴者もいると思います。

東海テレビとWOWOWの共同制作ということで、非常に質の高いドラマになっていきそうなので、非常にもったいない…!

そのような方々がドラマ『犯罪症候群』の存在に気付くきっかけにこの記事がなることを願いつつ、毎週の放送を楽しみにしていきたいと思います!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA