母になる視聴率一覧まとめ!ドラマ初回から最終回まで更新中

  • この記事を書いた人:DRAMAP編集部

2017年春、日本テレビ系列水曜日22時のドラマ枠は、少子化が問題になる現代社会で母とは何か?を問うドラマ『母になる』が放送されます。

メインキャストは沢尻エリカさん・小池栄子さん・板谷由夏さんという、演技派女優が揃っていることもあり、視聴率にも期待が出来そうな2017年春ドラマ『母になる』の視聴率を初回(1話)から最終回まで随時更新していきます!

なお、母になる視聴率一覧はページ下部に掲載しています。今すぐご覧になりたい方はこちらをクリック!

スポンサーリンク

2017春ドラマ『母になる』視聴率はどうなる?

まずは日本テレビ水曜ドラマ枠で2016年に放送されたドラマの視聴率を振り返っていきましょう。

2016年冬ドラマ『ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜』視聴率一覧

初回(第1話)視聴率 9.6%
最終回(第10話)視聴率 10.5%
全話平均視聴率 9.76%

2016年春ドラマ『世界一難しい恋』視聴率一覧

初回(第1話)視聴率 12.8%
最終回(第10話)視聴率 16.0%
全話平均視聴率 12.88%

2016年夏ドラマ『家売るオンナ』視聴率一覧

初回(第1話)視聴率 12.4%
最終回(第10話)視聴率 13.4%
全話平均視聴率 11.59%

2016年冬ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』視聴率一覧

初回(第1話)視聴率 12.9%
最終回(第10話)視聴率 12.3%
全話平均視聴率 12.37%

冬ドラマ『ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜』の視聴率が低かったものの、後の作品は、共通して初回から最終話まで視聴率が高い傾向にあるようです。

実は、そんな私もこの水曜枠のドラマ全部見てました!!

『世界一難しい恋』では、嵐ファンにはたまらない大野智さんが出ていましたので、その為に見ていたという方も多かったのではと思います。

同じクールの日曜劇場(TBS)『99.9』では嵐の松本潤さんが主役で出演しており、全話平均視聴率が17.1%と同クールの民放ドラマトップを記録しました。やはり嵐の影響力はスゴいですね…!

『家売るオンナ』では、北川景子さんとDAIGOさんの結婚直後ということもあり、初回から注目が集まりました。

北川景子さんが目を見開いて「ゴーー!!」というセリフは、インパクトがありましたね…!

最終回では最高視聴率も叩き出し、続編希望の声が出るほどの人気作となりました。

『地味にスゴイ〜』は、石原さとみさんのファッションや髪形が可愛すぎる!ということでTwitterで毎回トレンドワード入り、視聴率以上にSNSで盛り上がった印象が強いですね。(これは2017冬ドラマ『東京タラレバ娘』にも通じるところがありますね!)

秋ということもあり、スカーフを毎回上手く使っていて、それを参考にしたファッションをしている子を街中で良く見かけました。

ちなみに2017年冬のドラマ『東京タラレバ娘』の5話までの視聴率推移は以下のようになっています。

2017年冬ドラマ『東京タラレバ娘』視聴率一覧

初回(第1話)視聴率 13.8%
第2話視聴率 11.5%
第3話視聴率 11.9%
第4話視聴率 11.4%
第5話視聴率 11.5%

人気マンガが原作ということや、タラレバ娘3人の引きの強さから初回は高視聴率を叩き出していますね。

2話以降は若干視聴率が落ちてしまっていますが、Twitterやネットの実況板などはしっかりと盛り上がっているので、後半の視聴率巻き返しも期待出来そうです。

春スタートの『母になる』はここ数作の日本テレビ水曜ドラマとは傾向が異なりますが、同枠は過去に『Mother』や『Woman』といったシリアスな作品を生み出し、多くの視聴者の心を掴んでいます。

2017春ドラマ『母になる』は沢尻エリカさん主演という事や、同枠のメイン視聴者層である20〜40代女性の興味を引く「育児」がテーマという事から初回(第1話)視聴率は強気に13%超えと予想します!

スポンサーリンク

『母になる』制作陣から視聴率を予想!

2017春ドラマ『母になる』の主要制作スタッフは以下の方々になります。

脚本:水橋文美江
演出:中島 悟 他
チーフプロデューサー:西 憲彦

脚本を担当される水橋文美江(みずはしふみえ) さんは、日本テレビでは『ホタルノヒカリ』『ホタルノヒカリ2』、他局では『サザエさん』など幅広く手掛けてらっしゃいます。

直近担当した連続ドラマ作品は2016年春ドラマの『早子先生、結婚するってほんとですか?(フジテレビ)』ですが、平均視聴率が同枠史上最低の5.58%とかなり低い数字でしたので、今回の『母になる』で良い結果(視聴率)を残したいと最も強く思っているのは水橋さんかもしれませんね…!

ちなみに2016年の24時間テレビ内で放送されたドラマスペシャル『盲目のヨシノリ先生~光を失って心が見えた~』でも脚本を担当しており、演出家の中島悟さんやチーフプロデューサーの西憲彦さん、そして主役の沢尻エリカさんとスタッフ・主演キャストが再集結した形になっています。

『盲目のヨシノリ先生』は2017春ドラマ『母になる』への助走の意味も込めていたのかもしれませんね!

制作チームから『母になる』の視聴率を予想すると少し苦戦する可能性もありますが、社会派のドラマは発信することそのものにも意味がありますし、放送を重ねる毎に話題になるというケースもあるので、是非良い作品を作って欲しいですね!

スポンサーリンク

まとめ

日本テレビの水曜22時ドラマ枠は、毎回そのクールでもトップレベルの視聴率を記録することがほとんどなので2017春ドラマ『母になる』も期待したいところです!

沢尻エリカさん・小池栄子さん・板谷由夏さんという3人の演技は女優が母としてどのような姿で映るのか、演技にも注目して観ていきたいですね。

そして、子役が出るドラマはその子が将来有名になることも多いので、そこも注目ポイントのひとつです。

2017春ドラマ『母になる』放送開始後は視聴率や感想などを全話更新していきますので、是非チェックのほど、よろしくお願いします!

ドラマ『母になる』視聴率一覧

第1話(2017年4月12日放送)視聴率

10.6%

母になる1話感想とネタバレはこちら

第2話(2017年4月19日放送)視聴率

10.7%

母になる2話感想とネタバレはこちら

第3話(2017年4月26日放送)視聴率

9.3%

母になる3話感想とネタバレはこちら

第4話(2017年5月3日放送)視聴率

7.9%

母になる4話感想とネタバレはこちら

第5話(2017年5月10日放送)視聴率

8.3%

母になる5話感想とネタバレはこちら

第6話(2017年5月17日放送)視聴率

9.5%

母になる6話感想とネタバレはこちら

第7話(2017年5月24日放送)視聴率

7.9%

母になる7話感想とネタバレはこちら

第8話(2017年5月31日放送)視聴率

9.2%

母になる8話感想とネタバレはこちら

第9話(2017年6月7日放送)視聴率

8.4%

母になる9話感想とネタバレはこちら

最終回 第10話(2017年6月14日放送)視聴率

9.7%

母になる最終回(10話)感想とネタバレはこちら

※ビデオリサーチ社調べ・関東地区
※ドラマ『母になる』の視聴率は放送翌日の木曜午前10時前後に発表となります。

なお、当サイトでは日本テレビ系列水曜22時のドラマ枠で2017年夏(7月〜9月)に放送される『過保護のカホコ』もしっかりととりあげていきますので、是非引き続きご覧ください!

過保護のカホコ関連記事一覧はこちら

ドラマ『母になる』見逃し動画を全話無料で見る方法は?

なお、ドラマ『母になる』は放送終了直後からHuluで見逃し動画配信がスタートします。

Huluは日本テレビ系列のドラマが充実しているので、2017年春ドラマは

・母になる
・恋がヘタでも生きてます
・ボク、運命の人です。
・フランケンシュタインの恋
・架空OL日記
・残酷な観客達

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、2週間の間は『母になる』全話をキレイな画質で安全に見放題なので、違法アップロードされた動画をウイルスの心配をしながら見るよりも圧倒的にオススメです!

Hulu 今なら2週間無料トライアル実施中

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA