母になる8話ネタバレ感想!広の彼女?女子高生・桃役の女優は誰?

  • この記事を書いた人:しいろ

ドラマ『母になる』の8話が、2017年5月31日(水)に放送されました。

多少のネタバレありで、感想をご紹介していきます!

スポンサーリンク

『母になる』8話の感想(ネタバレあり)

いつも多角的な方面から『母親とは?』という疑問を投げかけてくれる『母になる』。

8話は『子どもを信じる』ということをメインにした話でしたね。

特に『怒る』と『叱る』の違いに着目して、そのことを描いていました。

木野(中島裕翔さん)の過去と関係する『母親』になれずに虐待を繰り返してしまった人や、広(道枝駿佑さん)がお好み焼き屋のおばあさんにお世話になっていたエピソードを通じて、「自分のことしか見えずに『怒る』のではなく、子どものことを思いやって『叱れる』人が、今の世の中には必要なのかな…」と感じました。

そんな思いやりを受けることができた子どもは、大人の想像以上に強く育つものです。

その子どもの『強さ』を信じることができるかどうかが、『母親』の分かれ道なのかもしれない、と考えさせられました。

まだまだ結衣と麻子(小池栄子さん)との溝も深いことから、今後も色々な形で『母親とは?』という問いを投げかけてくれそうな『母になる』。

次回からの展開も非常に楽しみですね!

ドラマ『母になる』8話見逃し動画を無料で見る方法は?

なお、ドラマ『母になる』は放送終了直後からHuluで見逃し動画配信がスタートします。

Huluは日本テレビ系列のドラマが充実しているので、2017年春ドラマは

・母になる
・恋がヘタでも生きてます
・ボク、運命の人です。
・フランケンシュタインの恋
・架空OL日記
・残酷な観客達

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、ドラマが後半戦に入ったこのタイミングは無料お試しでこれまでの流れをおさらいするのに、ちょうど良い時期ですね!

ドラマ『母になる』8話のネットの感想や評価は?

8話のキーパーソンとなる木野を演じる中島裕翔さんの演技力に、多くの絶賛の声が寄せられていました!

特に「最低の母親がいるって言えば良かった!」というシーンの力のこもった演技は、つい見入ってしまうほど迫力がありました。

泣きそうになりながら過去を悔いる木野の言葉は感情がたっぷりこもっていましたし、その後に虐待をしていた母親を慰める様子も、優しくて温かい人間性を感じさせましたね。

1人の人間の多面的な部分を表現するのが上手だな〜と心底感動しました!

この『母になる』の演技を観て、中島裕翔さんは今後がますます楽しみな役者さんだなと思いました。

これからは『母になる』のストーリーだけでなく、中島裕翔さんの演技も楽しみにしていきたいと思います!

そして今回、中島裕翔さんの演技力に続いて注目を集めていたのが、広の同級生である繭(藤沢遥さん)の告白シーンでした!

一生懸命さに、つい応援したくなるシーンでしたよね。

初々しい告白でしたが、広はあっさりと「ありがと!じゃあね!」と流してしまいました…(笑)

「いくらなんでもその反応はないだろう!」とツッコミを入れたくもなり、繭が哀れでもあり…。

繭も「人生終わった…」と嘆いていましたからね。

まだまだ人生を終わらせるには早すぎる年齢なので(笑)、繭にはめげずに広にアタックしてもらいたいものです!

繭の恋がどうなるかも、陰ながら見守っていきたいところです。

スポンサーリンク

ドラマ『母になる』9話あらすじ

2017年6月7日(水)22時より放送のドラマ『母になる』第9話のあらすじをご紹介します。

広(道枝駿佑)が学校をサボって、女子高生の桃(清原果耶)と一緒にいたことがわかりショックをうける結衣(沢尻エリカ)。
聞きつけた里恵(風吹ジュン)が、家族会議を開くと言い出し、広に関わる人みんなを柏崎オートに集める。しかしそこには結衣に対する里恵の別の思惑があった。

そんな中、広は桃を花火大会に誘う。心配する結衣は、木野(中島裕翔)に相談するが、それでも落ち着かず、家族会議には呼ばなかった麻子(小池栄子)に思わず連絡してしまう。広をめぐり再び言い争う二人だったが、心配する気持ちは共有するのだった。
麻子は働き口を見つけたので東京を離れると告げ、お互いに連絡先を消去する約束をして別れる。

一方、結衣とは対照的に、陽一(藤木直人)は広の恋を微笑ましく見守っていた。
しかし、約束の時間に帰ってこない広に対しこれまで見せたことのない父親の顔を見せる。
そしてようやく広が重い口を開き、桃との事を語りはじめて…。

公式サイトより引用

スポンサーリンク

まとめ

『母になる』8話のネタバレあり感想と、9話のあらすじをご紹介しました。

8話ラストでは、登校していたと思われていた広が実は学校に行っていなかったことや、女子高生と一緒に行動していたことが判明します!

この女子高生・桃は何者なんでしょうね?

「広ちゃん」と呼んでかなり親しげでしたし、広が繭の告白をあっさり流したところから、「もしや彼女?」と疑ってしまいますが、単純に施設の先輩だったりするのでしょうか…。

そのことでどうやら家族会議が開かれるようですが、予告からするとあまり穏やかでなさそうな雰囲気です。

しかも麻子が東京を離れる決意をかためている様子も見られましたし、まだまだ柏崎家が落ち着く日は遠そうです…。

事件を追っているジャーナリストの問題も、結局はまだ解決してませんしね。

ちなみに、『母になる』第9話の中心になりそうな女子高生・桃を演じている女優(子役)は清原果耶(きよはらかや)さんです。

朝の連続テレビ小説『あさが来た』でふゆ役、2017年3月公開の映画『3月のライオン』では川本ひなた役を演じ、2018年公開の映画『ちはやふる -結び-』への出演も決まっている注目の若手女優さんですね!

まだまだ越えるべき問題は山積みの『母になる』、9話も絶対に見逃せません!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA