母になる5話ネタバレ感想!なう先輩母親役女優はICONIQ!6話あらすじも

  • この記事を書いた人:しいろ

2017年春ドラマ、沢尻エリカさん主演の『母になる』の5話が、2017年5月10日(水)に放送されました。

多少のネタバレありで、感想を紹介していきます!

また、視聴率は以下の記事にまとめていますので、こちらもあわせてご覧ください。

スポンサーリンク

『母になる』5話の感想(ネタバレあり)

結論から言うと…涙なしでは観られない展開でした!

4話の最後で、育ての母親・麻子(小池栄子さん)から突き放されたショックから施設に戻る決意をした広(道枝駿佑さん)ですが、木野(中島裕翔さん)が目を離しているうちに消えてしまいます。

実は、広は養護施設の先輩であった今偉(望月歩さん)と一緒にいました。

今偉はひょんなことから自分の母親の居場所を知り、広に探すのを手伝ってもらう約束をしていたのでした。

実はその今偉にも思惑が。

今偉は自分のためではなく、広のために自分の母親と会う決意をしたのでした。

今偉の母親の居場所を突き止めた今偉と広と木野。ようやく今偉の母親と会うことができましたが、自分勝手な母親に今偉は冷たい態度をとられてしまいます。

今偉の母親に腹を立てる広でしたが、今偉は「それでも産んでくれた母親はたった1人のかけがえのない存在だ」と訴えます。

そう。今偉はこのことを広に伝えたくて、傷つく覚悟で母親に会いに行ったのです。

そのことで、ようやく産みの母親である結衣(沢尻エリカさん)と向き合う決意をした広。

結衣に対してもようやく年相応の素顔を見せるようになり、家族としての距離も徐々に縮まっていきました。

広が結衣に照れながらも花束を渡すシーンは、本当に暖かい気持ちになりました!

今まで苦悩していた結衣の姿を観ていたから尚更ですね。

沢尻エリカさんの優しい笑顔が印象的なシーンでした!

一方、麻子にも変化が。酔いつぶれた柏崎オートの従業員・琴音(高橋メアリージュンさん)を送り届けたことをきっかけに、麻子は陽一と結衣がいる柏崎オートの従業員として働くことに…!

麻子が広の祖母・里恵(風吹ジュンさん)と距離を縮めていくのを観て、ドキドキした人も多いのではないでしょうか?

波乱の展開が続く『母になる』。

広も結衣と素顔で接するようになり、結衣と陽一もやり直すことになり…と、だんだんと家族としての距離は縮まってきましたが、まだまだ乗り越える試練は多そうですね…!

今後の展開に期待です!

『母になる』見逃し配信動画はこちら

ドラマ『母になる』5話のネットの感想や評価は?

まさに!と全力で同意したくなるこちらの感想。

今偉の辛さは想像を絶するものだったはず。

それでも広のために動いてくれたんですよね。

今偉は16歳という設定ですが、なんて大人な16歳なんでしょうか…。

こちらの方も、今偉(なう先輩)を絶賛してますね!

本当にいい人すぎました。若い子なのになんて人間ができているんだろうと…。

望月歩さんの演技も素晴らしかったですね!

ちなみにナウ先輩の母親役を演じていた女優・伊藤ゆみさんは以前にICONIQの名前で音楽活動をしていた方ですね。

整った顔立ちに坊主頭という衝撃のビジュアルで話題になったので、アラサー以上の方はご存知なのではないでしょうか?

また、麻子の行動に首をかしげる感想も多く見られました。

麻子は広のことを3話で突き放していますし、普通だったら働かないはず…と思いますが、やはり愛情が捨てきれないのでしょうか。

少しでも広に関わることができれば…という考えからの行動なんでしょうね。

それでもやっぱり結衣のことを考えると複雑ですね…。

案の定、麻子の姿を認めて怒りが隠せない結衣でしたが、麻子の過去を知ったときに、どのような反応を見せるんでしょうか?気になりますね!

スポンサーリンク

ドラマ『母になる』6話あらすじ

2017年5月17日(水)22時より放送のドラマ『母になる』第6話のあらすじをご紹介します。

柏崎オートに再び麻子(小池栄子)が現れ、ここで働くことになったと言い出す。
唖然とする結衣(沢尻エリカ)と陽一(藤木直人)は、その麻子が刑務所にいたことを知り、さらに驚く。

木野(中島裕翔)によると、2年前に麻子がおこした事件は、つきまとう男の暴力から広(道枝駿佑)を守るためだった。麻子が起こした事件の真相を語る木野。

そして麻子が本当の母親だと思っていた木野が、刑務所に面会に行ったのは広に託されていた手紙がきっかけだった。そこには想像をはるかに超える事実が隠されていて…。

ついに語られる麻子の壮絶な過去と、広との真実。
その全てを知ってしまった結衣は…。

公式サイトより引用

スポンサーリンク

まとめ

『母になる』5話のネタバレあり感想と、6話のあらすじをご紹介しました。

ようやく家族として形となってきた柏崎家…と思いきや、陽一の実家・柏崎オートで麻子が従業員として働くことに!

しかも麻子は人を手に掛けた罪で服役していたようです。

予告を見る限り、その原因は、どうやら広にありそうでしたが…?

また、その広の元にも、ジャーナリストを名乗る怪しげな男の影が!

幸せがやってきたかと思えば、次々と問題が勃発する『母になる』。

広と結衣、陽一は今後どうなっていくのでしょうか?

そして麻子の過去とは一体?

ますます盛り上がりを見せる『母になる』、これからもしっかりチェックしていきます!

なお、ドラマ『母になる』は地上波放送直後から、Huluで見ることが出来ますので、見逃してしまった方は是非チェックを!

Hulu無料お試しはこちら

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA