フランケンシュタインの恋RADWINPS主題歌の歌詞や発売日情報

  • fodoctor
  • この記事を書いた人:Ryota

2017年春の日本テレビドラマ『フランケンシュタインの恋』は綾野剛さんが1年半ぶりに連続ドラマの主演を務めるということで早くも話題となっていますね(日本テレビ系日曜22時30分から放送)。

2017年3月13日には公式サイトにて主題歌がRADWIMPSの『棒人間』に決まったとのことで、さらに注目度はましています。

こちらの記事では『フランケンシュタインの恋』の主題歌に決定したRADWIMPSの『棒人間』の歌詞や発売日情報について掘り下げていきます!

スポンサーリンク

2017年春ドラマ『フランケンシュタインの恋』の主題歌はRADWIMPS


日本テレビの2017年春ドラマ『フランケンシュタインの恋』の主題歌はRADWIMPSの『棒人間』に決定しました!
(2017年3月13日付公式サイトにて発表)

2016年は映画『君の名は。』で劇中音楽を担当したことで超絶な人気を博したRADWIMPSですが、ドラマ主題歌は今回の『フランケンシュタインの恋』が初めてとのこと。

ご存知の方も多いと思いますが、まずRADWIMPSがどんなバンドかということについて掘り下げていきましょう!

2017春ドラマ『フランケンシュタインの恋』を手がけるRADWIMPSの紹介

RADWIMPSは、ボーカル&ギターの野田洋次郎さん(全楽曲の作詞・作曲を担当)、ギターの桑原彰さん、ベースの武田祐介さん、ドラムの山口智史の4人組ロックバンド。

しかし、現在はドラムの山口さんが2015年9月23日より無期限休養中ということで、サポートメンバーの森瑞希さんと刄田綴色さん(元・東京事変メンバー)が参加しています。

2016年末の紅白歌合戦でもこのお2人がドラムを担当されていました。

映画『君の名は。』で最終的には劇中音楽の全てを担当することになったRADWIMPS。そもそもの発端は、新海誠監督直々のご指名があったことからのようですね。

『前前前世』などが収録された(主題歌と劇伴22曲)アルバム『君の名は。』は、2016年8月24日発売(EMI Records)されるや否や、初週に5.8万枚、2週目に3.9万枚を売り上げ、オリコン週間アルバムランキングで2週連続1位を獲得するなど大ヒットとなりました。

2016年11月23日に発売されたRADWIMPSのアルバム『人間開花』(メジャー6枚目、通算8枚目)には、オリジナルバージョンの『前前前世』や『スパークル』が収録されるなど、こちらも2016年度年間15位(オリコン)を記録します。

そして、何を隠そう今回『フランケンシュタインの恋』の主題歌に決定した『棒人間』という曲はこのアルバム『人間開花』に収録されている曲なのです!

ちなみにアルバム売上年間15位というと大したことのない記録のようにも見えますが、上位はジャニーズやアイドルなどで埋め尽くされており、ロックバンドとしては14位のBUMP OF CHICKENに次いで2位ということになります。

また、発売時期の近かった『君の名は。』が年間6位にランクインしていることも考えると、年間15位という記録は大健闘といえるでしょう!

スポンサーリンク

2017年春ドラマ『フランケンシュタインの恋』の主題歌が決まった経緯は?

プロデューサーの河野裕英さんは、主題歌を決定するにあたって…

「ギターとドラムとベース、そしてボーカルがしっかり聞こえてくるロックバンドの音で、ドラマを締めくくりたい」

との考えがあったそう。そんな中で、ちょうど発売されたRADWIMPSのアルバム『人間開花』に収録されていた『棒人間』を河野プロデューサーが聴いたことで…

「驚きと感動とで背すじが震えました。その音と歌詞の世界は、このドラマの全てを表現していたからです。この歌を物語にすればいいんだ、と思いました」

という流れになったんだとか!

主演の綾野剛さん自身もRADWIMPSとプライベートで親交が深いようで、いつか一緒に仕事がしたいとの思いがあったようで、このようなコメントを残されています。

プライベートでも仲良くさせていただいているRADWIMPSと、作品を通して共鳴できることを光栄に思っております。昔からRADWIMPSの生み出す世界が好きで、いつか一緒にひとつの作品を創れたらと野田洋次郎くんとも想いを膨らませていました。今回、それが実現できて心から感謝ですし、なにより「フランケンシュタインの恋」が描き成す世界と、RADWIMPSが織りなす主題歌「棒人間」は、まさに色とりどりの点と点を線として繋ぎ、物語をさらにドラマチックにしてくれる楽曲だと確信しています。ドラマと主題歌の融合を是非に心から楽しみにしていてください。

このようにプロデューサーの河野さんと主演の綾野剛さんのプッシュもあって実現したRADWIMPS初のドラマ主題歌。

『フランケンシュタインの恋』は映画的なキャストが揃っており、個人的に春ドラマの中でも期待値の高い作品でしたが、より楽しみになりました!

スポンサーリンク

2017年春ドラマ『フランケンシュタインの恋』の主題歌『棒人間』の歌詞は?

RADWIMPSのアルバム『人間開花』に収録されている『棒人間』の歌詞はこちらをご参照ください。

その上で、ボーカルの野田洋次郎さんは公式サイトにこうコメントを残していますね。

「僕は人間じゃないんです」

人間が歌うからこそのこの「棒人間」という楽曲だと思っていたので最初この曲でお話を頂いた時は少し驚きました。
ただ、人間だらけの中で懸命に生きるたった一人の「自分」という主人公の物語なのだとしたら、それは僕たちもフランケンも一緒なのかもしれません。
どんなふうに現代を生きる怪物とこの楽曲が共鳴するのか、今からとても楽しみです。

というように、おそらく制作段階での歌詞の解釈としては、“人間ではない”というのは文字通りの意味ではないと推測されます。

社会の荒波に揉まれる内に失われていく人間性と、それを取り繕うために被る仮面について歌っているのではないでしょうか。

そのことは歌詞の中の…

笑顔と同情と謙遜と 自己犠牲、朝起床に優しさと
優に1億は超えそうな 必要事項を生きるのです

…という部分や…

大切な人を幸せにしたり
面白くもないことで笑ってみたり
そのうち今どんな顔の自分か
わからなくなる始末です

…というあたりで非常に明確に表れていますね。

確かにこの歌詞は人間そのもの(特に現代社会の)を描いたものではあるのですが、ドラマ『フランケンシュタインの恋』のフランケンシュタインの人間への渇望や羨望、人間との同化を望む心の底からの思いとも重なる部分が非常に大きいと思いますので、本当にピッタリの楽曲が選出されたということでしょう!

『フランケンシュタインの恋』の主題歌RADWIMPSの『棒人間』の発売日は?

『棒人間』が収録されているアルバム『人間開花』は、2016年11月23日にEMI Recordsより発売中です。

初回限定盤はCD+DVD仕様となっており、幕張メッセで行われたワンマンライブの映像と、新海誠監督による『スパークル [original ver.]』のミュージックビデオが収録されている特別版となっているのだとか。

ちなみに2017年2月22日には、限定生産でアナログ盤!(収録曲は通常盤CDアルバムと同じ)が発売されたようで、RADWIMPSファン垂涎ものとなるに違いありません!

まとめ

日本テレビの2017年春ドラマ『フランケンシュタインの恋』は綾野剛さん主演というだけで、それはもう尋常じゃないほどの盛り上がりを見せているのにも関わらず、さらに超人気バンドRADWIMPSの楽曲まで加わるというのですから、まさにもう鬼に金棒ですよね。

楽曲とドラマがどういったハーモニーを奏で、どのような展開を見せていくのか、本当に楽しみです!

ちなみにRADWIMPSのボーカル・野田洋次郎さんは2017年春に『100万円の女たち』というドラマに主演し、こちらも話題となっています。

当サイトでは『フランケンシュタインの恋』『100万円の女たち』どちらも優先度高めで随時記事を更新予定です!

2017春ドラマ『100万円の女たち』関連記事一覧はこちら

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA