フランケンシュタインの恋1話ネタバレ感想!キノコが気持ち悪い…

  • 編集長りとぽん
  • この記事を書いた人:編集長りとぽん

2017年春ドラマの中で最も遅いスタートとなったドラマ『フランケンシュタインの恋』第1話が4月23日(日)22時よりスタートしましたね!(第2話以降は22時30分スタートです)

綾野剛さんと二階堂ふみさんをメインに、柳楽優弥さんが脇を固め、音楽はRADWIMPSということで個人的に好きな要素が詰まっているドラマなので、非常に楽しみにしていました。

こちらの記事ではドラマ『フランケンシュタインの恋』第1話の感想をネタバレありでご紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ『フランケンシュタインの恋』第1話の感想(ネタバレあり)

まず、『フランケンシュタインの恋』第1話のざっくりとした感想…

ドラマの内容としては良さそうなのですが、嫌悪感を抱かせるシーンが多い…!

まず、出だしで二階堂ふみさんが演じる津軽継実が大学生3人に危険にさらされるシーン。

私はテレビの規制が増えて、表現の幅狭まっている現状には否定的なのですが、ああいうシーンはやっぱり気分悪いですね。

綾野剛さん演じるフランケンシュタイン(深志研)の登場シーンを演出するためには仕方なかったのかもしれませんが、ドラマの内容的には津軽継実が山で遭難してそれを助けるとかでも成立したんじゃないかなぁと。

そして、もうひとつおそらく多くの方が嫌悪感を描いたのはキノコを使った演出。

深志研(綾野剛)がお風呂に入って首からキノコが生えてくるシーンや、布団にしめじが生えているシーン、ラストシーンで継実のお姉さんに触れてキノコの菌が体に回って倒れるシーンなど、生理的に厳しいという方も多いのでは?

私がうっすらと集合体恐怖症的なところがあるので、余計かもしれませんが、ちょっときつかったですね…

1話はキャラクターの印象付けのためにこういった演出が多かったものと信じたいところです。

とはいえ、公式WEBサイトのヴィジュアルなどを含め、深志研という生物とキノコとの関係性はドラマ全体の肝になりそうなので、ある程度は出てくるでしょうね。

ドラマのストーリーとしてはある意味王道のラブストーリーに設定で変化球を付けた内容なので、恋愛もののドラマが好きであれば楽しめるでしょう。

綾野剛さんと二階堂ふみさんという組み合わせが好物という方もかなりいるでしょうし!

そしてドラマ『フランケンシュタインの恋』第1話のポジティブ感想としては、綾野剛さんがかわいすぎる!

男性の私が見ても「かわいいかよ!」とツッコミたくなるシーンが満載だったのでファンの女性はたまらないでしょうね〜

入浴シーンの筋肉・肉体美もスゴかったのでこのサービスショットは毎週見たいという女性も多いことでしょう。(キノコの演出が無ければ…)

あとは前半の自転車のシーンもかわいかったですし、何といっても「天草に聞け(訊け)♪」は配信されればダウンロード1位になりそうな中毒性がありましたね!

二階堂ふみさんはアンチの方も割といる女優さんですが、やはり画になりますし、今回のドラマ『フランケンシュタインの恋』は古着を取り入れたレトロなファッションもかわいいので、アリなのではないでしょうか?

ちなみに二階堂ふみさん演じる津軽継実のトレードマークになりそうな革のリュック?バッグ?については以下の記事でご紹介しています。

第2話以降では深志研の正体、津軽継実との恋が中心に描かれていきそうですが、1話でしきりに継実の体調(頭の病気?)を姉・晴果(田島ゆみか)が気にしていたので、今後のストーリーの中で継実が病魔に襲われるという展開へのフリのような印象を持ちました。

少しネガティブなネタバレ感想となってしまいましたが、キャストは抜群の作品なので、2話以降もしっかりチェックしていこうと思っています!

スポンサーリンク

ドラマ『フランケンシュタインの恋』第2話のあらすじ

2017年4月30日(日)22時30分から放送の『フランケンシュタインの恋』第2話のあらすじをご紹介しましょう!

津軽(二階堂ふみ)と稲庭(柳楽優弥)の2人の抱擁を見た深志研(綾野剛)は、嫉妬の感情からか、変態してしまう。

深志研はその体で晴果(田島ゆみか)に触れてしまう。彼女は顔を半透明の白いキノコに覆われ、意識不明の状態に。津軽と稲庭が倒れている晴果を見つけて、病院へ運ぼうとする。

津軽から「あなたは何者なんですか?」と問い詰められた深志研は、何も答えられない。

医師の診断によると、晴果は激しいアレルギー症状であるアナフィラキシーと見られた。

しかし、これまで健康だった晴果にアレルギーはなく、原因はまったく分からなかった。津軽は、深志研が晴果の症状に関わっていると考える。彼女は稲庭に、深志研を探してきてほしいと頼む。

稲庭は深志研を探し始めるものの、彼はすでに姿を消した後だった。稲庭工務店の人々に話を聞くと、深志研が使った布団にたくさんのシメジが生えていたことが分かる。稲庭は、そのシメジを研究室へ持っていき、鶴丸(柄本明)に相談する。

津軽と晴果の祖母・叶枝(木野花)が、晴果が運び込まれた病院に駆け付けた。津軽は叶枝から、叶枝の祖母の妹が晴果と似たような症状に陥って命を落としたことを聞かされる。

一方、森に帰った深志研は、120年前に起こった悲しい出来事を思い出していた。そんな中、彼の前に津軽が現れる。彼女は深志研に、何があったのかを話してほしいと訴える。

しかし、深志研は「ぼくをもう見つけないでください」と言い残して森の中へ去ってしまう…。

第1話のラストでのシーンが第2話のストーリーの中心となっていきそうですね。

基本的にはシリアス寄りのラブストーリーがハマるキャストと作品コンセプトだと思いますが、重くなり過ぎず、気持ち悪くなり過ぎず、どういうバランスで2話以降展開していくのか、制作チームのセンスが問われますね。

ちなみに第1話は22時スタートでしたが、2話以降は22時30分スタートなので、要注意です!

スポンサーリンク

まとめ

2017年春ドラマも『フランケンシュタインの恋』が始まったことで、ひと通り出揃いましたね!

個人的にはかなり期待していた作品なだけに第1話はちょっと残念なところが特に目についてしまいました…

最後まで見続けるとは思うのですが、そこまではハマれないかもしれません…

ちなみに同じ日本テレビ系の『母になる』も1話を見た時は似たような印象だったのですが、2話でグッと印象が良くなったので『フランケンシュタインの恋』にも期待したいところです!

なお、ドラマ『フランケンシュタインの恋』は放送終了直後からHuluで見逃し動画配信がスタートします。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会にどうぞ!

Hulu無料お試しはこちら

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA