CRISIS7話ネタバレ感想!8話あらすじや無料見逃し動画配信情報も

  • この記事を書いた人:Keiji

骨太刑事ドラマとして好評なフジテレビ2017年春の火曜21時ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』。

第7話は平成維新軍と名乗るテロリストとの攻防が繰り広げられた回でした。

平成維新軍は「坂本」や「西郷」「高杉」など歴史上の人物を文字ったコードネームがあり、まさに日本に革命をもたらそうとしている少年テロリスト集団です。

この国の大人たちに恨みを持っておりますがなかなかの天才集団で公安も苦労した相手でした。

公安メンバーの新木優子さん演じる大山が過去坂本と交流があったようで、そちらも気になるところです!

今回の『CRISIS』はいったいどうなるのか!?

ドラマ『CRISIS(クライシス)』第7話感想とネタバレ、第8話のあらすじをご紹介します。

スポンサーリンク

ドラマ『CRISIS』第7話感想とネタバレ

まず平成維新軍はどこで銃を手に入れたのかが純粋な疑問ですが、テロを実行に移すその行動力と用意周到さは戦慄するものがありました。

坂本がこの国の未来を思う気持ちは私的には正直甘いなと感じるところもありましたが、彼には彼の味わってきた苦労があるのでしょう。

第7話は結構心理戦という感じでまた別の『CRISIS(クライシス)』という感じがしました。

大山(新木優子)にフォーカスが当たる回ということで、珍しく稲見(小栗旬)と田丸(西島秀俊)の活躍が少なかったので、ファンの方は少し寂しかったかもしれませんが、ドラマ全体を俯瞰すると良いスパイスになる1話だったと思います。

大山の因縁はもう少し過去を掘り下げてくれたら感情移入できたところですが、そこは視聴者が色んな目線でとらえるべきところなのかもしれません。

脚本だけに頼らず自分でも感じ取れといったところでしょうか?

こういった攻防も描けるのは『CRISIS』の魅力でもあるので、これはこれで楽しめた方も多いのではないでしょうか。

伏線を張った割にはこの前の兄弟の方がインパクトがあって鬼気迫る感じが出ていたのでそこは若干の肩透かし感がありましたが、大山が意外に強かったというのは新たな発見でした!

さすがにそこは公安のメンバーということですね。

また、第7話での稲見の表情はどこか意味深だったのも気になりましたね。

平成維新軍を全否定しているというわけではなく、どこか憂いているような感じがありました。

今後なにか変化があるかもしれませんので第8話にまた期待です!

スポンサーリンク

ドラマ『CRISIS』第7話のネットの反応は?

ドラマ『CRISIS』第7話のネットの反応はどうだったのでしょう。
順番に見ていきましょう。

意外にも坂本の話に共感している方もいるようです!たしかに同世代の人間から見たらまた見方も変わってくるのでしょうか。それを変えようと思って動いたのはある意味尊敬に値する行為かもしれません。

射撃に関しては私と同様疑問がある方も多いのではないでしょうか。いったいどこからなのと何のための射撃訓練なのか、そこにはいまだに疑問が残るところです。平成維新軍の他のメンバーももう少し掘り下げれるとより良かったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

第8話のあらすじ

2017年5月30日(火)21時放送の『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』第8話のあらすじをご紹介します。

公安の協力者として新興宗教団体“神の光教団”に潜入している林智史(眞島秀和)から、妻の千種(石田ゆり子)を介して「重大な情報を手に入れた」と連絡を受けた田丸(西島秀俊)。数日後、極秘裏に林と会った田丸は、教団が画策しているテロの情報を教える代わりにスパイを辞めたいと取引を持ちかけられ、動揺する。任務から解放されれば、林は千種の元に帰ることになるからだ。

さらに林は、テロを阻止した後、自分たち夫婦を保護すると、事前に覚書を交わしてほしいと要求。田丸から話を聞いた青沼(飯田基祐)はその条件を承諾するが、一方で、田丸と千種の関係を不安視していた。

林の情報によると、テロの決行は2日後で、標的は文部科学大臣。青沼からテロ情報の報告を聞いた鍛治(長塚京三)は、意味深な表情を浮かべながら特捜班に警備を一任することを決める。

テロ決行当日、稲見(小栗 旬)はいつもとどこか違う田丸の様子が気に掛かる。その頃、大臣が登壇予定のイベント会場には、“神の光教団”の元信者がカバンを手に身を潜めていた。そして大臣が到着すると、警備の目をかいくぐり、会場内で歩みを進める大臣に急接近。カバンの中から何かを取り出そうとするが、次の瞬間、駆けつけた稲見と田丸によって間一髪拘束される。大臣の危機を未然に防ぎ安堵(あんど)したのもつかの間、男からカバンを奪い取って中身を確認した田丸は、教団の真の狙いに気づき、ぼうぜんとその場に立ち尽くしてしまい…

次回の『CRISIS』は田丸と関係のあるストーリーになりそうです。

実際公安のメンバーの過去はいまだ謎に包まれていて知りたいとは思っていたので、次回それが少しでも明らかになるかもしれません。

これは『CRISIS』第8話も期待できそうです!

まとめ

今回のドラマ『CRISIS』は何かもっと大きな事件への架け橋のような感じがしました。

平成維新軍をも飲み込むような大きな陰謀が今後明らかになるのかも知れません。

そんなドラマ『CRISIS』の第8話は田丸が活躍しそうですね!

何やら教団の大規模なテロのようですしアクション満載かもしれませんのでみなさん期待して次回を待ちましょう。

ド派手なことをやらかすかもしれません。

なお、ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』は地上波放送後、フジテレビオンデマンド(FOD)でも見ることが出来ますので、見逃してしまった方は是非チェックを!

フジテレビオンデマンド(FOD)はこちら

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA