CRISIS5話ネタバレ感想!見逃し動画配信情報や6話あらすじも

  • この記事を書いた人:Keiji

回を追うごとに陰謀が見えてきたドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』。

今回は小栗旬さん演じる稲見がとある反社会組織に潜入捜査をする、という回でした。

しかし、ただの潜入捜査で終わる『CRISIS(クライシス)』ではないと皆さんもお思いではないでしょうか。この潜入捜査、石黒賢さん演じるあの官房長官ともつながりがあったのです!

視聴率も10.3%と先週よりも好評な、ドラマ『CRISIS』の第5話のネタバレを含む感想を、ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ドラマ『CRISIS』の第5話感想(ネタバレあり)

「本当にこの犯人は悪なのか」、「力がなければ我慢するしかないのか」、ドラマ『CRISIS』第5話は、主人公稲見の感情の揺さぶりが激しい回でした。

今回の『CRISIS』は、政治家を恐喝している疑いのある反社会組織に稲見が潜入捜査をして、その中で様々な葛藤や迷いがある回でしたね、いつものような激しいスタイリッシュなアクションは少し影を潜めていて、私もじっくり見入ってしまうような感慨深い回でした。

杉本哲太さん演じる反社会組織組員の沢田と接していくうちに、面倒見の良さや人柄に徐々に親近感が芽生え、「本当に悪なのか」感情が揺れ動きます。

あるとき、反社会組織の仁愛興業が薬の取引をする情報を稲見が得て、逮捕のチャンスに班員たちは動き出そうとしますが、上層部から今夜は逮捕を見送る、という命令がありました。

この時にやはり何かが絡んでいて、仁愛興業ははめられているな、と感の良い方はすぐに分かったのではないでしょうか?結局ここで取引に、おそらく政府の刺客であろう輩が現場を襲撃するわけでした。

結局官房長官が裏で動いて仁愛興業を潰すために利用されていた班員たちですが、それを知った稲見の感情を考えると、本当の正義はいったい何だったのか…非常に深いテーマを描く1話でしたね。

最後の鍛冶さんが、変えたければこれぐらいできるようになれ、と言わんばかりのやり返しには、心がスカッとしましたが、やはりそれぐらいにならないと何も変えられない、悪いと思っていても黙って見過ごすしかないのか、と考えさせられました!

なお、ドラマ『CRISIS(クライシス)』第5話の動画は放送終了一週間以内はフジテレビオンデマンドで無料で見ることが出来ますので見逃してしまった方は以下リンクよりどうぞ!

フジテレビオンデマンド(FOD)はこちら

ドラマ『CRISIS』の第5話に対するネットの評価は?

こちらのツイート通り、今回は本当に稲見の感情の動きに注目してほしいところなんです!意外にアクションがもっとほしかった、というような意見が少なく、今回は今回で、演技に対する評価が高い意見がとても多かったです。

こちらもそうですね、本来捕まえるべき存在のはずの沢田の死に対して感情をあらわにする稲見を演じた小栗旬さんの演技のすさまじさが今回のポイントですね。潜入捜査とは実際どれほどつらいのか、自分には想像がつきません。

いつも思いますけど、『CRISIS』は多分映画化するのではないかと思っているんです!絶対クオリティの高い映画ができるのでは?と思っているのですが、それもまた大人の陰謀により実現可能なのでしょうか。いずれにせよ『CRISIS』次回第6話も見逃しません!

スポンサーリンク

ドラマ『CRISIS』第6話のあらすじ

2017年5月16日(火)21時より放送の『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』第6話のあらすじをご紹介します。

11年前に地下鉄車両内で無差別爆弾テロを起こし、容疑者として指名手配されていた里見修一(山口馬木也)が、都内のコンビニに突如姿を現す。里見が再びテロを計画しているのではないかと危惧し、里見の逮捕に躍起になる警察。鍛治(長塚京三)も、警視総監の乾 陽一(嶋田久作)から特捜班をうまく使うよう圧力をかけられる。

その頃、とある地下鉄の駅構内には、当時テロを計画したカルト教団の信者・羽田(山口翔悟)の姿が。羽田は駅に厳戒態勢が敷かれていることを確認すると、警察から身を隠している里見の潜伏先へと向かう。

特捜班のオフィスでは、大山(新木優子)がネット上にワナを張り、早くも里見の居場所を突き止めていた。吉永(田中哲司)から指示を受けた稲見(小栗 旬)と田丸(西島秀俊)は早速現場へ急行。車でアジトを出た里見らを、待ち構えていた稲見と田丸が追跡を開始。しかし、その動きを察知した里見らは巨大なホームセンターへと逃げ込む。追いかける稲見と田丸の前に里見を守ろうとする羽田らが立ちはだかり、激しい攻防戦を繰り広げる。その隙に里見は現場から立ち去り、形跡一つ残さず姿を消してしまう。そのあまりに完璧な逃亡ぶりに違和感を覚えた稲見は、「何か知ってるんでしょ?」と田丸に問いかけて…。(出典:番組HP)

次回は西島秀俊さん演じる田丸の過去に触れていくストーリーが期待されますね!そして次回はテロリストとのアクションシーンが盛りだくさんなのではないでしょうか。

一話完結で来ている『CRISIS』ですが、裏で大きな繋がりが見え隠れするのでそこも解明していきたいと思います。

まとめ

相変わらず好調なドラマ『CRISIS』ですが、アクション以外の面白さを今回は見せてくれました。これぞ役者!というような演技に大変好評のようです。

これから班員たちの過去が見えていくのが非常に楽しみであり、どんな伏線が張られているのか、みなさんも楽しみなのではないでしょうか。

それにしても毎度テロリストたちはなぜあんなに強いのか、そこには少し引っかかるところがありますが、次回もドラマ『CRISIS』を楽しみに、チェックしていきますので皆さんもお見逃しなく!

なお、ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』は地上波放送後、フジテレビオンデマンド(FOD)でも見ることが出来ますので、見逃してしまった方は是非チェックを!

フジテレビオンデマンド(FOD)はこちら

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA