CRISIS(クライシス)1話ネタバレ感想と考察!平成維新軍の正体は?

  • 編集長りとぽん
  • この記事を書いた人:編集長りとぽん

2017春ドラマの中でも注目度の高い『CRISIS(クライシス) 公安機動捜査隊特捜班』が2017年4月11日(火)からスタートしました。

小栗旬さん×西島秀俊さんW主演に加え、田中哲司さん、野間口徹さんという名バイプレイヤー、2017年最もブレイクが期待される女優の1人である新木優子さん(大山玲)が華を添えるという鉄壁の布陣で個人的にも非常に期待しているドラマです!

こちらの記事ではドラマ『CRISIS(クライシス) 公安機動捜査隊特捜班』第1話の感想をネタバレ若干ありでご紹介していきます。

スポンサーリンク

ドラマ『CRISIS(クライシス)』第1話の感想!(ネタバレ若干あり)

放送開始10秒で映画のような映像の質感から「これ、間違いないやつだ…!」と確信しました。

冒頭10分ほどは予告編などでも流れていた新幹線でのアクションシーンからの稲見朗(小栗旬)の川へのダイブシーンまでのスピード感のある展開は相当気合入ってましたね。

小栗旬さんも田丸三郎を演じる西島秀俊さんもスーツのピチっとしたフォルムから、このドラマ『CRISIS(クライシス)』に向けて相当、体作りをしてきたのが分かりましたね。

男性の私でも「ドキッ」としてしまったので、女性はたまらないでしょうね…!

特捜班の個性的な面々をまとめる吉永三成を演じる田中哲司さんの落ち着きがありながらも押しの強さを感じさせる声も良かったです!

爆発物処理のスペシャリスト・樫井勇輔役の野間口徹さんの飄々としている演技も最高でしたし、天才ハッカー・大山玲を演じる新木優子さんも強者揃いの中で素晴しい演技(と圧倒的な美しさ!)で輝いていましたね。

全員が曲者でプロフェッショナルな5人組、女性が1人いるという構造が、戦隊モノに通じる部分があるので、男性は間違いなく好きな作品でしょうし、女性はキャストの色っぽさに惹かれるはずなので、視聴率もかなり期待出来そうですね!

ネットでは放送開始前から設定やキャストから過去に放送されたドラマ『SP』や『MOZU』のパクリ?との前評判も多かった作品ですし、放送中も多少そういった意見も見られましたね。

私も多少そういった印象を持ちましたが、十分に見どころのある作品なので、そういったことは関係なく2話以降も見ていきたいと素直に思いましたね!

スポンサーリンク

真犯人・平成維新軍の正体を考察!

1話のメインストーリーの事件を裏で操った黒幕・真犯人として名前の出てきた「平成維新軍」が今後のドラマ『CRISIS(クライシス)』の根底を支えるひとつのポイントになっていきそうですね。

ちなみに明らかに伏線と思われるこのシーンについては以下の記事で掘り下げています。

第1話を見た感想としては自身直轄の秘密部隊として、公安機動捜査隊特捜班を指揮している鍛冶大輝(長塚京三)が明らかに裏がある雰囲気だったので、平成維新軍と何かしらリンクしてきそうな雰囲気を感じましたね。

また、『CRISIS(クライシス)』第1話のラスト流れた、2年前の回想シーンで小栗旬さん演じる稲見朗(いなみあきら)が過去に人を亡き者にしていることから、稲見朗が何者なのか?という点も徐々に明かされていくことでしょう。

第1話終盤で鍛冶大輝(長塚京三)と青沼祐光(飯田基祐)が特捜班を「骨折をしている競走馬」という表現をしていたことが気になりましたが、第1話だけでは正直、予想や考察をする素材が少なすぎますね…!

稲見朗の過去と平成維新軍は別軸の話として展開していきそうな気がしますが、どうでしょうか…?

スポンサーリンク

ドラマ『CRISIS(クライシス)』第2話のあらすじ

2017年4月18日(火)21時から放送の『CRISIS(クライシス) 公安機動捜査隊特捜班』第2話のあらすじを紹介しましょう。

ある日、田丸(西島秀俊)は外事警察時代に知り合ったフリージャーナリストの男から、「国家の危機に関することで話がある」と連絡を受け、会う約束をする。

しかし、待ち合わせ場所に現れた男は田丸の目の前で何者かに毒物を注射され、絶命。

特捜班は、身の危険を感じていた男があらかじめ田丸に送った1枚の写真と、死ぬ間際に口にした「アリス」という言葉を手掛かりに捜査に乗り出す。

写真には、ごく普通の一軒家が写っていた。吉永(田中哲司)は樫井(野間口徹)と大山(新木優子)に家の特定を急がせるとともに、田丸と稲見(小栗 旬)には殺された男の自宅を捜索するよう指示。

しかし、稲見に見張りを任せて、一人部屋へ入った田丸は、男の遺品を持ち去ろうとしていた侵入者と鉢合わせ。

突然の攻撃に必死で応戦するも、一瞬の隙をつかれて取り逃がしてしまう。

やがて、田丸の異変に気付いて駆けつけた稲見は、侵入していた男が殺し屋だと察知。激しい攻防戦を繰り広げるが……。

何者かがジャーナリストの死因を隠ぺいしようとしていることから、特捜班は今回の一件に政府が関与しているとにらむ。

そしてようやく写真の家を見つけ出すが、そこに人が住んでいる気配はない。不審に思った吉永が近所の住民に話を聞くと、住んでいた家族は数日前に突然引っ越したことが分かり――。
公式サイトより引用

『CRISIS(クライシス)』第2話もアクションシーンと謎解き要素が詰め込まれた濃い内容になりそうですね!

まとめ

ドラマの視聴率低迷が深刻化するフジテレビが猛プッシュしている『CRISIS(クライシス) 公安機動捜査隊特捜班』。

私がオリジナルストーリードラマ好きということもありますが、月9『貴族探偵』よりも回を重ねるごとに注目度を高めていきそうな雰囲気を感じさせてくれる第1話でした。

これから2017春ドラマが続々とスタートするので、現段階での判断は難しいですが、個人的トップ3には入りそうな気がしています…!

ドラマ『CRISIS(クライシス)』第2話にも期待です!

なお、ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』は地上波放送後、フジテレビオンデマンド(FOD)でも見ることが出来ますので、見逃してしまった方は是非チェックを!

フジテレビオンデマンド(FOD)はこちら

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA