小さな巨人9話ネタバレ感想!本当の敵と味方は誰?最終回あらすじも

  • この記事を書いた人:しいろ

2017年春ドラマ、長谷川博己さん主演の『小さな巨人』の9話が、2017年6月11日(日)に放送されました。

多少のネタバレありで、感想を紹介していきます!

スポンサーリンク

『小さな巨人』9話の感想(ネタバレあり)

9話も引き続き熱い展開が続いた『小さな巨人』。

1回の放送の中でも話が二転三転し、非常に見応えがありましたね!

8話ラストで、江口(ユースケ・サンタマリアさん)殺害容疑をかけられていた横沢裕一(井上芳雄さん)の逃亡の手助けをしていた山田(岡田将生さん)。

まさか一番身近な存在である香坂(長谷川博己さん)の家に逃げ込むとは思ってもいませんでした…!

まさに「灯台元暗し」といったところでしょうか。

そして語られた山田の過去。

山田は17年前に、部下が亡くなった事件を隠蔽した父親を許せずに警察官になったんですね。

そしてその事件と、今回の事件が密接に関係していました。

さらに明かされる、香坂の父親と富永(梅沢富美男さん)、そして現一課長である小野田(香川照之さん)の関係。

小野田は香坂の父親を内部告発したことでのし上がっていたんですね。

しかし、小野田はずるいですね〜!

山田に取引を仕掛けたり、香坂と厚い信頼関係にあった渡部(安田顕さん)に見張りをつけたり…。

やり口の汚さについ拳を握ってしまうほどです!

特に山田の「17年前に起こった事件の真実が知りたい」という弱みにつけこんで、横沢裕一の居場所を吐かせようとするシーンは、小野田の憎々しさがよく表れていました(笑)

しかし、それに屈しなかった山田は凄いです!

彼なりの『正義』を感じさせるシーンでした。

そして『正義』と言えば、香坂の『正義』が揺らぐ結果となってしまいましたね。

まさか本当の裏切り者の正体が、香坂の父親であるとは思いもしませんでした。

しかも、17年前に山田の父親に事件の隠蔽を指示されたのは香坂の父親だったんですね…。

小野田はそのことを告発したのでしょうか。

だとしたら、小野田は小野田なりに『正義』を貫いたという見方もできるかもしれません。

ここまで来ると、本当に誰が『敵』で、誰が『味方』なのか、すっかりわからなくなってしまいますね。

本当の『敵』と『味方』は、一体誰なのか?

そして香坂は、この事件を経て何を『正義』と思うのか?

次回も絶対に見逃せませんね!

『小さな巨人』見逃し動画を無料で見る方法は?

『小さな巨人』は放送終了後、1週間はTverで限定無料配信されますが、その後は削除されてしまいます。

1週間以上経過した回を安全かつ無料で見る方法はU-NEXTがオススメです

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『小さな巨人』はポイントレンタル配信されているので、

登録時にもらえる600ポイントを使えば無料で『小さな巨人』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

U-NEXT31日間無料お試しはこちら

スポンサーリンク

ドラマ『小さな巨人』9話のネットの感想や評価は?

毎回、一定数『顔芸』について言及されている『小さな巨人』ですが(笑)、9話は特に顔に力が入っている印象を受けました。

特に香坂と小野田の対峙シーンは凄まじかったですね!

「覚悟はあるのか!」「覚悟はある!」のやりとりから、ラストの衝撃的な事実が明かされる部分まで、まさに顔芸のオンパレードでした。

これほど顔に力が入った演技を観られるのは、もしかしたら『小さな巨人』だけかもしれません(笑)

しかし、本当に俳優の皆さんの迫力が凄まじくて、手に汗を握るばかりでした。

次回の演技も非常に楽しみにしています!

また、今回は岡田将生さんの演技についての感想が非常に多い回でした。

特に言われていたのが、「堺雅人さんのような雰囲気を感じる」という意見ですね。

特に、小野田に対して怯まない姿勢はまさに堺雅人さん演じる『半沢直樹』を彷彿とさせました!

回を重ねるごとに『正義』を貫く姿勢を見せる山田をしっかりと演じられている岡田将生さん。

今までも様々なドラマで活躍していましたが、この『小さな巨人』でますます評価を上げられるのではないでしょうか?

岡田将生さんの今後の活躍にも期待ですね!

スポンサーリンク

ドラマ『小さな巨人』10話あらすじ

2017年6月18日(日)21時より放送のドラマ『小さな巨人』第10話のあらすじをご紹介します。

元捜査二課の刑事・江口(ユースケ・サンタマリア)が殺害された事件の真相究明に努めていた香坂(長谷川博己)ら豊洲署員たちであったが、事件の鍵を握る横沢裕一(井上芳雄)の身柄と早明学園の裏帳簿を小野田捜査一課長(香川照之)率いる捜査一課に奪われてしまった。

香坂は、この事件と17年前の事件に関係していると疑う小野田を問い詰めると、17年前に金崎玲子(和田アキ子)から賄賂を受け取り、裏帳簿に名前を記されているのは父親の敦史(木場勝己)だと打ち明けられる。

愕然とする中、留置場に入れられ、山田(岡田将生)も逮捕されてしまう絶体絶命の状況に追い込まれる。

だが、藤倉(駿河太郎)が、事件の夜に富永専務(梅沢富美男)が電話をしていた相手を調べ上げると…。

公式サイトより引用

まとめ

『小さな巨人』9話のネタバレあり感想と、10話のあらすじをご紹介しました。

いよいよ次回10話が最終回となる『小さな巨人』。

9話のラストでは、今まで『正義』だと思っていた自身の父親が『裏切り者』であったという事実を突きつけられ、ひどく動揺していた香坂でした。

このことに、香坂はどのように立ち向かっていくのでしょうか。

そしてまだまだ、底知れない小野田の存在。

小野田もまだまだ何か隠し持っているような予感がします。

果たして小野田の真意はどこにあるのでしょうか。

その全ての謎が、次回解き明かされることを期待しています。

意外な展開の連続である『小さな巨人』、一体どのような結末を見せるのでしょうか。

最終回も絶対に見逃せません!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA